2017年8月22日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(河野太郎外相がアフリカ開発会議の閣僚級会合に出席)

2017年8月22日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(河野太郎外相がアフリカ開発会議の閣僚級会合に出席)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1486512.shtml 中国外交部


問:共同通信社の報道によると、日本の河野太郎外相はアフリカ開発会議(TICAD、Tokyo International Conference on African Development)閣僚級会議に出席する。彼は会議で中国の海洋活動強化に対して、「法治」と「航行の自由」の重要性を呼びかけ、参加国との認識の共有を図る。中国側はこれに対して何か論評はあるか?
河野太郎外相はあすからアフリカ訪問 対中、日本の立場説明へ 対北制裁履行も求める 産経ニュース

答:私は関連報道に留意している。読んで字のごとく、東京アフリカ発展国際会議(TICAD、日本名「アフリカ開発会議」)の目的はアフリカ国家が平和と発展を実現するのを支えることであるはずだ。もしあなたが言及した報道状況が真実なら、日本側の動機は不純だというしかない。

現在、中国とASEAN国家の共同の努力の下、南シナ海情勢は安定沈静化しており、また前向きに発展する良好な状態を呈している。我々は日本側に中日関係を改善する態度表明を具体的な行動で実行し、真に言行を一致させ、地域の国家が南シナ海の平和と安定を守る努力を尊重し、またこのために建設的なことを多くなすよう要求する。



その他
48萬人按讚的柯P「王八蛋」留言不見惹 不是北市府下的手 蘋果日報
スポンサーサイト

2017年8月21日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(日本のイージス・アショア導入とカナダオンタリオ州の南京大虐殺記念日制定)

2017年8月21日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(日本のイージス・アショア導入とカナダオンタリオ州の南京大虐殺記念日制定)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1486239.shtml 中国外交部


問:18日米軍ダンフォード統合参謀本部議長は東京で日本の自衛隊の河野克俊統合幕僚長と会談した。日本の防衛省のイージス・アショア導入を早めたいとの希望に対して、ダンフォードは、アメリカは協力する、米日の弾道ミサイル防衛能力の統合は重要だと言った。中国側はこれについてどう論評するか?
日米どちらかへの攻撃は双方への攻撃と同じ=米軍統合参謀本部議長 ロイター

答:中国政府は、弾道弾迎撃ミサイル問題は世界戦略の安定と大国の相互信頼にかかわり、慎重に処理しなければならないと、一貫して考えている。各国は自国の安全保障の利益を考慮しなければならないし、その他の国家の合理的な安全保障への懸念も尊重し、世界戦略の安定と各国の安全を守ることが損なわれないという原則に共に従い、共同で平和と安定、平等相互信頼、協力・ウィンウィンの国際安全保障環境も守らなければならない。

指摘しておかなければならないのは、歴史的原因に由って、日本の軍事安全保障分野の関連動向はアジアの隣国と国際社会に注視されている。米日同盟の相互軍事協力の展開は第三国の利益を損なわず、地域の平和と安定を損なわないことを確保しなければならない。米日双方が慎重にことを行ない、この地域の平和と安定を促進するために建設的な働きを発揮し、相反することをしないよう希望する。

問:カナダオンタリオ州政府はこの前オンタリオ州議会に議案を提出し、12月13日を「南京大虐殺記念日」とするよう要求し、オンタリオ州議会は9月議案を審議する。日本のメディアが20日報道し、日本の自民党は一部の議員がカナダ政府とオンタリオ州議会に遊説し、記念日設立を阻止すると決定した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
南京大虐殺巡りカナダ州議会に意見書 自民有志14人 日本経済新聞社

答:我々は関連報道に留意し、カナダオンタリオ州議会の関連方面の動議に対して歓迎を表明する。今年は南京大虐殺80周年だ。南京大虐殺は日本軍国主義が第二次世界大戦期間犯した重大な犯罪であり、抹殺できない無残な歴史だ。歴史の教訓を深く汲み取り、歴史を鑑とすることによってのみ、本当に戦争の悲劇の繰り返しを避けることができ、本当に平和を守り、未来を切り開くことができるのだ。

2017台北ユニバーシアード開幕式での妨害活動のその後の波紋

昨日の2017台北ユニバーシアード開幕式で反年金改革、反蔡英文総統、反民進党、反台湾独立、反日本と思われる人々の抗議によって開幕式が妨害され遅れた。
ユニバ開会式、抗議団体が入場妨害 のぼりに反日的文字も 中央社
柯文哲台北市長は記者会見を開き抗議団体を非難した。下の新聞稿には出てこないが別の報道では市長は抗議団体に対して「王八蛋(馬鹿野郎)」という言葉を使っている。台北市の新聞稿から


反年金改革団体が事件を起こしユニバーシアード開幕に影響した 柯文哲は厳しい言葉で譴責した:厳格に法を執行し絶対に大目に見ない

發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/8/20

昨日反年金改革団体が台北ユニバーシアード開幕式場外で事件を起こし、各国選手の入場に影響したことに対して、台北市長柯文哲は今日(20日)記者会見を開き、厳しい言葉で反年金改革団体を譴責した。彼は強調した、「台北ユニバーシアードは台北のユニバーシアードというだけではなく、みんなが慶事を迎える心境で待ち望んでいた国家的行事だ、このような慶事に家をぶち壊す者はいない、台北市政府は今日から抗議によって引き起こされた衝突事件に対して、厳格に法を執行し、絶対に容赦しない」

柯文哲は記者会見の中で、昨日の反年金改革団体がユニバーシアード開幕式の場外で、各国選手の入場に影響を与えたことに対して、四点の声明を以下の如く発表した:
一、昨日ユニバーシアード開幕式が妨害を受けた、これに対して抗議団体を最も厳しく譴責しなければならない。ユニバーシアードは台湾のユニバーシアードであり、国家の喜び事だ、反年金改革陳情団体は計画的に開幕演出を妨害し、重大な法律違反をしたために、その主張の正当性も喪失させた、これにより最も厳しい譴責を与える。

ニ、ユニバーシアード競技期間もし或る民衆が競技の進行に影響を与えようと企み、最悪選手の身に危害を加えようとしたら、警察側は必ず厳格に法を執行する、絶対に容赦せずユニバーシアードで再び類似の状態が発生しないようにする。

三、警察側は既に会場での抗議活動に対して検討しなおし、防護を強化し、類似の事件が発生しないよう防止している。

四、我々は現場の観衆が入場選手に熱烈な応援をし、開幕式を順調に進行させたことに感謝する。ユニバーシアード儀軌主管は市政府職員が緊急対応し危機を回避したことに対して賞賛した。

メデイアのインタビュー
記者:昨日の現場の警察側の警備が突破されたのか? 退職した元警察幹部の人脈を利用し警察側の計画を把握していたのではないか?

柯文哲:現在わかっているところでは、元警察幹部が警察側の情報を把握していたことはない、実際、ユニバーシアードの治安維持は、選手と来賓の安全確保を最優先にしている、このため選手の通り道は柵を設けており、その防衛線は突破されていなかった、ただこれらの抗議の人間が柵の外で叫び、ラッパを使用していることが、外国選手にとっては見たことのない台湾式の抗議活動のため恐怖を感じたのだ。昨日検討し、選手と民衆を隔てる柵を十分に広くし、民衆が選手の通り道に接近するのを減らすよう考えている。

記者:市長の言い方だと警備の責任者には何の問題もなかったということか?

柯文哲:警備のシステムにおいて、改めるべきところは改める、しかし私は反年金改革団体を厳しく譴責する、台北ユニバーシアードは台北のユニバーシアードというだけでなく、台湾のユニバーシアードであり、国家の慶事だ、誰にも破壊させはしない、更にどのように守るか、市政府の警備の準備は反テロを主にしてきた、抗議団体の破壊行為にではなかったのだ。

記者:台北市政府警察局長邱豊光には政治責任はないのか?

柯文哲:主催都市の市長として、政治責任は私が負う、(以下略)


怒批陳抗團體! 柯文哲:真是王八蛋 https://www.youtube.com/watch?v=GW1uVSqRhYc

反年改鬧場後 蔡英文邀柯文哲赴官邸開會 自由時報
被反年改誣陷丟煙霧彈 台灣國成員陳儀庭嗆提告 自由時報
開幕式で発煙筒が投げられ混乱に輪をかけたが、反年金改革団体はline上で犯人は台湾独立派だと名指ししたが、名指しされた本人がアリバイ写真を見せて濡れ衣だと主張している。
http://taiwan.huanqiu.com/article/2017-08/11148981.html

2017台北ユニバーシアード開幕

今日(19日)2017台北ユニバーシアードが開幕した。
世大運開幕 柯文哲勉用運動寫熱血章篇 中央社
台北市の柯文哲市長は挨拶でまず
「蔡総統、国際大学スポーツ連盟会長、全ての審判選手、各国の来賓から世界各地の観衆の皆さん今晩は、私が台北市長柯文哲です、台北市民を代表して皆さんの2017台北ユニバーシアード参加を歓迎します。」と歓迎の挨拶を述べた。

「国際大学スポーツ連盟が我々にこの機会を与え、142の国家、1万1千名以上の選手と役員を台北に集結させ、民族と距離を越え、平和と友情を共に分かち合い、また我々主催都市台北の自身と情熱と活力を世界に向かって証明する機会を持たせてくれたことに感謝します」

「ユニバーシアードは台湾有史以来最大の国際スポーツ大会だ、台湾この美しい島には豊富な自然、多くの民族がある。台湾人民はいつも一つ一つの挑戦の中で困難を恐れず前進し、今日自由と民主を享受している。我々はそれを大切にし、また引き続き努力してそれを保つ」と言った。

反年改阻世大運選手進場 朝野齊聲譴責 中央社
選手の入場が蔡英文政権の年金改革に反対する人々(主に国民党系だろう)によって一時的に阻止された、政府や与野党全てがこの人々を非難している。

世大運開幕 抗議團體拿國旗與警爆衝突https://www.youtube.com/watch?v=S3WHDmEY6qw

2017年8月18日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(駐印日本大使のインド支持発言と日米防衛外務会談)

2017年8月18日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(駐印日本大使のインド支持発言と日米防衛外務会談)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1485770.shtml 中国外交部


問:インドのメディアの報道によると、日本の駐インド大使はインドのドクラムでの対峙事件での立場を支持し、武力で現状を変更するべきでないと考えていると表明した。またあるメディアは、アメリカが中国とインドは直接対話するよう呼びかけたと報道した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
にらみ合う中国・インドの軍部隊 国境紛争じわじわと再燃 newsweek
ブータンを挟んで対峙する中国とインド:「幸せの国」は戦場になるか YAHOO!
日本政府がインド支持? =期待表れか、大使館は否定―中印国境問題 YAHOO!

答:私は関連報道に留意している。日本の駐インド大使は本当にインドを助けたいと話したかもしれない、しかし私はやはり彼に注意を促したい、事態をはっきりつかむ前はできるだけ言いたい放題に言わないほうが良いと。私は数点強調したい。第一、ドクラム地区には領土紛争は存在しない、というのは中印国境のシッキムは双方が既に127年間定まった国境を共同で承認しており遵守してきたからだ。第二、不法な越境を通して混乱を引き起こし、現状を変えようと企んでいるのはインドだ、中国ではない。第三、中国側はインド側にただちに無条件で全ての不法な越境した人員と施設を引き揚げさせるよう要求する、これが当面の事件を解決し、双方が有意義な対話を展開する前提と基礎だ。

会の後或る記者が問うた:近日、米日外務・防衛相2+2協議の後、米日外務・防衛担当閣僚協議委員会が共同声明を発表し、「米日安保条約」第五条は釣魚島(尖閣諸島)に適用されると重ねて表明し、また南シナ海情勢に対して所謂「深刻な懸念」を表明した、中国側はこれに対して何か論評は有るか?
日米外務・防衛相協議 共同発表の全文 日本経済新聞社
日米安全保障協議委員会共同発表(仮訳) 日本外務省
日米が2プラス2、同盟強化と自衛隊の役割拡大を確認 ロイター

華春莹:中国側は米日の上述の言論に対して重大な懸念を表明する。中国の釣魚島(尖閣諸島)及び南シナ海問題での立場は一貫して明確だ。中国政府と人民の自国の領土主権を守る決心と意志は断固として揺るがない。所謂「米日安保条約」は冷戦時代の産物であり、日本の不法な主張の裏書のために用いるべきではないし、中国の領土主権と関連権益に損害を与えてはならない。現在南シナ海情勢は安定し改善している、中国とASEAN国家の関連対話と協議は絶えず前向きな進展をしている。米日は南シナ海問題の当事国ではない、理屈から言って当然慎んで、地域の国家の協議と話し合いを通した関連紛争の平和的解決の努力を尊重しなければならないし、相反することをしてはならない。中国側は米日が関連問題において責任を負った態度を取り、間違った言論を発表することを停止し、地域の平和と安定に役立つことを多くするよう強く促す。


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)