中国軍機6機が宮古海峡通過

11月19日中国 のH-6爆撃機4機とTU-154情報収集機1機とY-8電子戦機1機が宮古海峡を南北に往復した。
防衛省統合幕僚監部発表.pdf
輸出入5
図は防衛省統合幕僚監部のpdfから

中国の環球網によると
http://taiwan.huanqiu.com/article/2017-11/11385471.html


中国国防部の発言人任国強は以前に言っていた、「中国軍機の宫古海峡空域での関連飛行活動は合法正当だ,中国の軍隊は今後情勢と任務の必要性に基づき,引き続き組織的に類似の遠海訓練を行うだろう。関係方面は大騒ぎや過度の解釈をする必要はない、慣れればよいのだ」と。


と書いている。

その他のニュース
共軍殲11B戰機7日墜毀 飛行員喪生 中央社
中国の殲-11B戦闘機が7日中国の西部戦区で飛行中隊長黃鵬が飛行中事故を起こし、黃鵬は逃げられず死亡した30歳だった。公式発表はないが、「紅網論壇」の情報では、西部戦区にいた湖南省澧県出身のパイロットだった。墓の写真によると新疆某所の「専門任務執行」時に事故が発生した。19日午後、黃鵬の遺体は家族が付き添い新疆和田空軍某所から出発ウルムチ、長沙を通って故郷に帰ってきた。

中國若攻台 美國學者分析:無法攻下台灣 自由時報
アメリカマサチューセッツ州タフツ大学のAssistant Professor Michael Beckley が最近 International Security の論文で、北京は隣国を打ち破る能力はないし、台湾を攻略することはできないと書いた。

スポンサーサイト

台北市でのRYLA(Rotary Youth Leadership Awards)

柯文哲台北市長は今日台北市で開かれたロータリー青年リーダー育成キャンプに出席した。例によって柯文哲節が炸裂しているので新聞稿から引用。
台北市の新聞稿から


RYLA(Rotary Youth Leadership Awards)ロータリー青年リーダー育成キャンプに出席 柯文哲まず基盤を固めてはじめて成功の可能性がある
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/11/19

台北市長柯文哲は19日午後、国際ロータリー3522地区17−18年度RYLAロータリー青年リーダー育成キャンプに出席し、現場の若者たちとどう夢を築くか、どう挫折に向き合うか、どう夢を実現するか(dream come true)を話しあった。柯文哲はみんなに訴えた、
「成功は偶然ではないんだ、真剣に、努力してやり、基盤をまず作り、待っていればOK、そうしてはじめて大成功する可能性がある、間違っても一夜で成功できると幻想を抱かないことだ、それはまったく不可能だ」

柯文哲は現場に到着した時、メディアが後ろにたくさん並んでいるのを見て笑って言った、「今日は休日ではないのか? どうしてこんなに多くのサメ(後ろに並んでいたメディアのこと)が来ているんだ」と言って会場の若者たちを笑わせた。

RYLA主委劉漢仲が対談相手になりまず初めに柯市長に若い時の夢はなにか聞いた。柯文哲はあっさりと言った「私は夢は何もなかった、以前台湾大学病院では仕事によって升等(昇進ではなく細かいグレードアップのようだ)した。私は規則が何かは知っていたが、いつも大してそれにこだわらなかった、それで私は台湾大学で10回升等してやっと教授に昇進した、この記録は恐らく破るのが難しいだろう、他の人はだいたい4回で昇進している、だから挫折はたくさん経験している。しかし私はどんな挫折にあっても、私は私だ、だから 蔡壁如(台湾大学時代から柯文哲と組んでいる現在は市長弁公室主任)が言うには私は敢然と間違いを認め、過ちを改めるのを拒絶し、我が道を行く人間らしい」

劉漢仲が続いて柯文哲に聞いた、柯市長は医者から市長選に出ると決心した、このような大きな変化とどう向き合ったのか? 柯文哲は答えた、「市長選当時、私は家族と何の意思疎通協調もしなかった、私の妻は私に対して何を決定しても全力で支持してくれる、その上彼女は私よりも金を稼ぐ、経済的に独立しており、また私を束縛しない。私の母は私が何をしようが反対する、私が本当にやり始めたら、応援団になり、最強の後方支援部隊になる、これは本当に世間の母親と一緒だろう。私が思うに、女性はみんなこんなものではないか、母親の子供に対して或いは妻の夫に対してのどちらにしろ、いつもはじめは反対し、本人がやり始めたら自然に支持する」なぜ台北市長になったかという質問に、市長は笑って言った、「全て国民党が悪いからさ」

劉漢仲が最近終わった台北ユニバーシアードについて、始まりは最後成功裡に終わるとは見られていなかった、市長はどう逆転勝利に導いたのか? と聞いた。柯市長曰く、「成功は偶然ではない、ただ失敗のみが偶然だ、成功したいなら真剣に努力してやらねばならぬ、ただ不注意によってのみ全軍全滅になる、不注意がなければ今回のような全軍大勝だ。ユニバーシアードの成功は、まず全ての施設を期日までに品質どおり完成し、FISU認証を通過し追加予算が何もいらなかったからだ、またこれは中華民国の工事史上奇跡だろう。その他1万名の選手の交通接続、食事衛生も問題なかった、これによって成功した、これらの基盤がまずできて、はじめて心配なしに大成功する可能性がある」「絶対に他人の成功を羨んではいけない、まず自分の基盤ができているか自分に問うのだ、とりわけ現在は10倍速の時代だ、多くの人は一夜にして成功する幻想を抱き勝ちだが、そんなことはまったく起こらない、基盤とbasicができていないのに、上っ面をどういじろうが何の役にも立たないんだ」

(以下略)

桜の花の国の女性失くしたiPhoneが戻ってきた

台北市の新聞稿から
今日は風邪をうつされて体調が悪いのでさっさと済ます。


桜の花の(国の)女性台湾を離れる前にiPhoneをなくし大安警察に助けを求め、二時間後旅の記録が戻ってきた
發布機關:臺北市政府警察局大安分局
發布日期:2017/11/17

深夜三名の日本国籍の若い女性が焦って大安分局安和路派出所に入ってきて助けを求め、簡単な英文で携帯をタクシーの中に忘れたと訴えた、ただどこから乗って、降りたのか、明確には説明できなかった。当派出所の今年(106年)10月卒業したばかりの警官荘景麟は様子を見て、自分が以前日本語に関心を持って勉強していたので、前に出てその中の一人の藤浦という女性が臨江夜市をぶらぶらしていて、タクシーからメトロに乗り換えようとして、タクシーを降りた時携帯をタクシーの中に忘れた、携帯の中には台湾旅行で撮った楽しい記憶がありまた携帯が機内モードになっているので接続と位置の特定ができない、どうしていいか分からず焦っていて、明るい派出所の看板を見て三人で飛び込んできたということを理解した。幸い分局長周煥興が所内に来て居て慇懃に対応し、警官に外国人が深夜携帯をなくし非常に焦っている、全力で助けてあげなさいと指示した。

警官陳韋辰はまず監視カメラを調べたが乗っていたタクシーの発見には至らなかった。ただ三人の日本の女性は札幌大学で学んでおり先生について団体で台湾観光に来て、明朝飛行機で日本に帰る、急いでホテルに帰り荷物の整理をしなければならぬという、それで慌ててホテルへの連絡法を残して去って行ったのだった。しかし彼女たちは台湾を離れる前に携帯が発見される望みを抱いていた。警官陳韋辰は異国で携帯をなくした焦りと辛さを自分のことのように理解し、なお希望を捨てず監視カメラを精査しその時間帯のタクシーを逐一探し、終に三名の女性を載せたタクシーを特定した。運転手に連絡した後当タクシーの腳踏板のところで携帯を見つけた。警官陳韋辰はただちにタクシーの運転手のところに行き携帯を受け取り、すぐにホテルに行き持ち主に返した。

藤浦女史は知らせを聞き二人の友人と玄関で首を長くして待っていた、藤浦は警官が見慣れた自分の携帯を持っているのを見て、適切な言語によるコミュニケーションはできなかったが、ただ驚きと喜びと感謝の情は言葉表情に溢れていた。陳警官は二時間でこの任務を達成し、台湾観光の日本人観光客に素晴らしい思い出をもたらし、心置きなく帰国の途につかせたのだった。


生物股長 - 櫻花 いきものがかり-さくら Ikimono-gakari sakura Live廣東話填詞https://www.youtube.com/watch?v=eBhTvJcra6o

ビデオはサクラつながりで貼り付けてみただけです。

2017年11月17日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(シリアでの化学兵器使用疑惑合同調査チームの任期延長問題)

2017年11月17日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(シリアでの化学兵器使用疑惑合同調査チームの任期延長問題)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1511665.shtml 中国外交部


問:報道によると、国連安保理は、化学兵器禁止機関(OPCW)と国連シリア化学兵器合同調査機構への権限授与を延長することに関する二つの決議案を可決していない。中国側はこれに対してどう論評するか? 中国側はロシア提出の決議案に支持投票し、アメリカ提出の決議案に対しては棄権票を投じた。中国側のこれに関する考えを説明して欲しい。別に、日本は安保理がこの機構への権限授与を30日延長するよう要求した、中国側は支持するか?
シリアでの化学兵器調査、ロシアが延長に拒否権 国連安保理 CNN

答:中国側は国連安保理がシリア化学兵器合同調査機構延長問題についてまだ合意できないことに遺憾の意を表明する。

中国側はいかなる化学兵器の使用にも反対し、化学兵器襲撃事件について全面的、公正、客観的に調査を進め、専門の調査方法と確実な事実証拠に基づき、検証に耐えうる結論を引き出すよう主張する。安保理の団結を守り、大量破壊兵器拡散防止構想を守るため、中国側は各国が我慢強く協議をし、互いに歩み寄るよう努力し続けてきた。ただ遺憾にも、決議案はなお食い違いが存在する状況下で採決に付されてしまった。中国の常駐国連副代表呉海濤大使は二つの決議案の採決後説明的に発言した、中国側の立場は発言の中で既にはっきりと説明してある。

現在、シリア問題の政治的解決は鍵となる段階にあり、国連は月末に新たなジュネーブ和平協議を開催する。我々はシリア化学兵器問題がシリア問題を政治的に解決するという大局を妨害するのを望まない、関係各国が長期的視点で、一致団結し、シリア問題の政治的解決を推進するため建設的努力を共にするよう呼びかける。



その他
凱蒂佩芮被拒登陸 疑與曾穿太陽花裝有關 中央社

何處迎接2018年第一道曙光?臺北天文館精算大公開! 台北市

台北市議会の今日の質疑から

台北市の今日の新聞稿に柯文哲市長の議会での質疑が要約してあった。かんたんそうなものを選んで抜粋してみる。


議員は公立幼稚園の割合はいつ目標を達成するのかと聞いた 柯文哲:現段階はまず私立の幼稚園の学費補助の提供をする 107学年度施行開始予定だ
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/11/16

台北市長柯文哲は16日午後台北市議会に行き質問を待った、議員が彼に自分で最も良かった5つの局処を名指ししたがそれはなぜかと聞いた。柯文哲は工務局、交通局、社会局、労働局、衛生局を名指しした、しかし彼はまた市政府内部の横の連携にまだ改善の余地があると認め、局処の良い施政を増やすと言った。
施政缺乏亮點! 柯文哲:會改進 自由時報

議員が聞いた公立幼稚園は市長の選挙のマニフェストで設定した7割の比率をいつ達成できるのか。柯文哲が答えた、目標はそうだが、5,6年の時間がかかる、市も努力しているが確かに一日では達成できない。市の幼児に対する学費補助をする予定に関して、私が考えるに、実際教育基金も市で予算を組まなければならない、社会福祉政策もやらなければならない、しかし金持ちは排除しなくてはいけない、父母が共同で戸籍がある、幼稚園が台北市にある等が排除のメカニズムの条件だ。
搶私幼竟要徹夜排隊!柯P坦承:確實是目前最大的問題 ETtoday
北市公幼增480名額 設排富條款 聯合報

柯文哲は語った、補助の金は非営利と私立の間の格差解消にする、しかし私立幼稚園にはまだ1万の空きがある、だから私立を非営利幼稚園のメカニズムに入れなければならない、これは制度設計の必要があり、また誘引を高めて、そして幼児学費補助に関して、来年9月の107学年度開始に確定する。また最も大事な排除退場のメカニズムは7割に達したら退場ということではなく、前に話した私立幼稚園の非営利への転換問題だ。(柯文哲表示,補助的錢要去彌補非營利跟私立之間的落差,其實私立幼稚園還有1萬多個空位,所以應該要有把私幼轉成非營利幼兒園的機制,這還需要設計相關的制度,並提高誘因,而有關幼兒學費的補助,確定明(107)年9月的107學年度開始。他也提到,最關鍵的是退場機制,不是達到7成就退場,而是前面講的私立幼兒園的轉型問題)

議員が質問した、施政三年の感想は? 柯文哲曰く、つまずきながら歩いてきた、不満足のほうが多い。やらねばならぬ事が多くて、終わらない、将来一年の最も主となるのが、東区門戸計画、西区門戸計画の第二段階を続ける事だ、その他都市再開発、25の公営住宅の工事開始も重要だ、だから4年目もやることは多い、話しきれないほどだ。台北ドームについては、まだ遠雄建設の態度を見なければならない、私の姿勢はやはり安全、合法を追求していく。
(以下略)


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)