国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2017-05-25)(上)

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2017-05-25)
http://www.gwytb.gov.cn/xwfbh/201705/t20170525_11789421.htm
注意! 中国共産党は中国と台湾が実質的にそれぞれ別の国になっていることを否定するため台湾(中華民国)を「台湾地区」「台湾島」等と言って国家扱いしなかったり、台湾に関係する単語に「」をつけたり、中国を台湾に対する本土という意味で「大陸」(これは国民党も同じ)等と表現します*がここでは原文どおりの表現を使っています。またこの記者会見のテキストでは中国寄りの質問しか掲載されていません。また中国共産党と国民党が主張する「九二共識」は李登輝元総統ら当時の関係者はでっち上げだと否定しています。日本李登輝友の会
*)http://www.takefoto.cn/viewnews-6
《权威发布》 20170525 国台办举行新闻发布会 | CCTV-4 https://www.youtube.com/watch?v=LAltXrkHY1k


5月25日午前10時、国台弁(国務院台湾事務弁公室)は新聞発布庁で定例新聞発布会を挙行した。発言人安峰山はまず24日全国台湾同胞投資企業懇親会が北京で成立十周年慶祝大会を開催した関連状況を発布した、その後最近の両岸の注目の問題について記者の質問に回答した。

安峰山:各記者諸君、おはよう。みなさんが国台弁の今日開催の定例新聞発布会に出席したことを歓迎する。私はまずニュースを一つ発表する。5月24日、全国台湾同胞投資企業懇親会が北京で成立十周年慶祝大会を開催し、全国台企聯会員と代表、台湾の重要工商団体責任者等400人余りが出席した。習近平中共中央総書記が特別に祝電を送り、全国台企連全体会員と広大な台湾企業家に熱い祝賀と真摯な挨拶を表明した。中共中央政治局常委、全国政協主席兪正声が出席している慶祝大会の台湾企業家代表と会談し講話をした。習総書記の祝電と兪主席の講話は、全国台企連と広大な台湾企業家に対しての重視と深い思いやりを十分に体現しており、また全国台企連の発展のために方向を明確に指し示した。具体的には大陸の明確で一貫した台湾に対する大きな政策方針を体現し、新情勢下両岸の経済社会の融合を促進し、台湾同胞が大陸で発展することを歓迎支持する政策主張を表明した。一つは我々は「九二共識」を堅持し、「台独」に断固反対し、両岸各分野の交流協力を引き続き促進し、絶えず両岸経済社会融合発展を深め、両岸同胞の幸せと身内の情を増進させ、台湾同胞が共同で両岸運命共同体を建設するよう団結させる。二つは
陸委會籲對岸 勿對台商施壓 中央社(陸委会が対岸に呼びかける、台湾企業家に対して圧力をかけるな)


スポンサーサイト

2017年5月中国国防部定例記者会見-日本関連抜粋

2017年5月中国国防部定例記者会見-日本関連部分の抜粋
http://www.mod.gov.cn/shouye/2017-05/25/content_4781393.htm 中国国防部


2017年5月国防部例行記者会
時間:2017年5月25日15:00-15:55
場所:国防部国際軍事合作弁公室
発布人:国防部新聞局副局長、国防部新聞発言人任国強上校(大佐)

記者:日本の岸田文雄外相は数日前、日本が朝鮮の継続する挑発行為に対応する時、全面的十分なミサイル防衛システムを持って、安全を保障しなければならないと言った。またあるメディアが、日本はアメリカ製の陸上型「イージス」システムの導入に傾いており、「THAAD」システムを採用するつもりはないと報道した。お聞きするこれについて何か論評は有るか?
陸上型イージスがTHAADより優勢 日本のミサイル防衛強化策 newsweek

任国強:我々は関連動向に留意している。中国側は、弾道弾迎撃ミサイル問題は、ことは戦略の安定と国家間の相互信頼に関係しており、慎重に処理しなければならないと、一貫して考えている。特に歴史的原因に由って、日本の軍事安全保障分野の関連動向はアジアの隣国と国際社会に注視され続けている、日本は弾道弾迎撃問題で慎重に事を行わなければならない。

記者:(第一の質問は略)、第二の質問、日本政府は18日釣魚島(尖閣諸島)付近の海域で小型無人機一機が中国海警船から飛び立ったのを発見し、日本の航空自衛隊が戦闘機を緊急発進させ対応した。お聞きする中国側の今回の無人飛行機飛行の目的は何か? 中国側は日本の航空自衛隊の行動に対してどう応える?

任国強:第二の質問に関して、我々も関連報道に関して留意している。釣魚島とその付属の島は古来より中国の固有の領土だ、中国の関係する公務活動は中国の主権の範囲内の事だ。日本側の関連行動に対して、中国軍隊は全工程監視をしまた必要な処置措置を採った。

記者:数日前ある日本のメディアは、中国が海南島に红旗-9防空ミサイルシステムを配備したと報道し、またこれによって、中国側は既に南シナ海に「飛行禁止区域」の設定を始めたと考えている。お聞きする事実か?
中国が海南島にミサイル配備、米軍けん制か 産経ニュース

任国強:我々は関連報道に留意している。中国が海南島で武器を配備することは完全に中国の主権の範囲内のことだ。いわゆる「飛行禁止区域」に関して、完全に日本の某メディアの憶測ででっち上げだ、何もないところからでっち上げるスケールの大きさに私は非常に驚かされた。

記者:アメリカ「ニューヨークタイムズ」は20日、2010年から中国はアメリカのCIAの中国スパイ網を潰したと報道した。日本のメディアは22日、6名の日本男性が中国でスパイ活動に従事して勾留されたと報道した。お聞きするこれについてどう評するか?
中国、CIA諜報活動を破壊=情報提供者を殺害・収監―米紙 YAHOO!

任国強:あなたが提起した質問に関して、我が外交部の同僚が回答した、あなたに主管部門に尋ねるよう勧める。中国の法律によって、およそ中国の国家の安全に危害を及ぼす行為はすべて法に依って処罰される。

2017年5月25日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(日中韓サミット)

2017年5月25日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(日中韓サミット)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1465186.shtml 中国外交部


問:報道によると、楊潔篪国務委員が来月、ドイツでのG20期間開催されるかもしれない中日首脳会談と日本で開催される中日韓サミットの準備をするため、日本を訪問する。関連状況を紹介してください。

答:私はあなたが言ったその報道がどこから来ているのかわからない。中日間のハイレベル交流の状況を含む、中国首脳の外遊に関して、一旦確定したら我々はすぐに情報を知らせる。

あなたが今言った中日首脳がG20期間会談するかどうか、中日韓サミットが開催されるかどうかに関して、私はあなたに提供できるいかなる情報も持ち合わせていない。しかし我々はここで何度も言ってきた、ハイレベル交流を保持することは、中日両国に対して、或いは中日韓三国間に対しての協力関係を問わずプラスになる。同時に、関係国はみなこのために努力し、必要で丁度いい条件を創らなければならない。

国民党主席引き継ぎ7月繰り上げを否定

台湾の国民党は5月20日に党首選挙を行い、呉敦義氏が次期主席に決まった。中国国民党新聞稿から


106年中国国民党主席選挙結果公告
中國國民黨文化傳播委員會 106.05.20

106年中国国民党主席選挙中央選挙監察委員会招集人許水德は今日(20日)106年党主席選挙結果を公布する、呉敦義同志は合計14万4,408票獲得し、52.24%の得票率で国民党主席に当選した。

別の5人の選挙参加同志の得票結果は、1號洪秀柱5萬3,063票,得票率19.2%;2號韓國瑜1萬6,141票,得票率5.84%;3號潘維剛2,437票,得票率0.88%;4號郝龍斌4萬4,301票,得票率16.03%;5號詹啟賢1萬2,332票,得票率4.46%。

今回の党主席選挙総選挙人数は47萬6,147 人,投票數27萬6,423票,投票率 58.05%,有效票27萬2,682票,無效票3,741票。
 
(以下略)


呉敦義新主席のwikiによると、就任は2017年8月20日とある。がこれを7月に繰り上げるというニュースがあったらしいが
黨主席提前7月交接?國民黨否認 新唐人亜太台
の記事では国民党はそれを否定した。

その他のニュース
在日台僑團體大融合 將成立全台連 自由時報
日本の台湾系の華僑団体が連合して、これまでの中華系、中国人意識の強い団体とは別の台湾系団体を6月4日に作るというニュース。およそ二十の台湾意識の強い団体が連合して新しい団体「全日本台湾連合会(All Japan Taiwanese Union)」略称「全台連」を作る予定だ。現在の大中華意識の強い「中華連合総会」とは区別する。「全台連」の初代会長に内定しているのは在日台湾実業家趙中正氏だ。「全台連」の設立趣旨は「台湾優先、団結第一」。連合予定の団体は、在日台灣同鄉會、在日台灣婦女會、日本台灣醫師連合會、台灣獨立聯盟日本本部、日本台醫人協會、日本台灣語言文化協會、怡友會、台灣之聲、美麗島交流會、日本基督教團東京台灣教會、櫔木台灣總會、九州台日文化交流會、日台商務促進會、山梨台灣人分會、池袋台灣教會、新世代日台交流會等。ニュースでは華僑ではなく台僑としてある。「僑」の字は三省堂「漢辞海」では「異郷や外国に在住する人」とある。

陳佩琪為兩千萬鬧離婚?柯文哲反應出乎意料|三立新聞網SETN.com https://www.youtube.com/watch?v=PXXvHDPYCtU

柯P被爆向妻求援2千萬 被嗆乾脆離婚!自由時報
今年の台北ランタン祭は好評だったが、経費が1億2000万元かかりそのうち2000万元が超過している。柯文哲台北市長が妻に相談して家に2000万元ないのかと尋ねたら、妻に激怒され「頭は大丈夫か?」「すっぱり離婚しようか」などと言われたと週刊誌の「鏡週刊」に妻が友人に話したと書かれているらしい。記事は本当か嘘か知らないが、不正な金を貯めこんでいない清潔な政治家のイメージがあるようだ。

ケタミン乱用の後遺症で膀胱炎

台南市の最新消息から


刊登發佈日期:2017/5/23 上午 08:45:18
發稿人:心理健康科 柯妏潔
近年来台湾でのケタミン濫用事件が引き続き発生している。105年法務部の薬物取り締まり報告書によると104年薬物濫用尿検査認可機関のケタミン検出陽性反応の数は延べ32,406人だと明らかにした。ケタミンは現在三級麻薬に成っていて、現行法律規定では、一級(ヘロイン、モルヒネ、アヘン、コカイン等)、二級麻薬(アンフェタミン、大麻等)の販売と吸引をした者は皆刑事責任を負う。三級麻薬は(ケタミン、ニメタゼパム)ただ販売、20グラム以上を持っているだけで刑事責任を負うが、吸引者には無力で、威嚇力には限りがある。

阿偉(化名)は酒屋の息子で、3年来ケタミン吸引で合計6回捕まり台南市政府麻薬危害防止センターの追跡対象になっている。阿偉は仕事環境と交友関係でずっとケタミン吸引を続けてきたと認め、最近は小便の時痛みを感じ排尿に困難を感じている、病院で診察後、長期にケタミンを吸引し続けたため膀胱炎を発症したと思われる。阿偉は後悔先に立たずといった様子で、「ケタミン使用は一時、おしめは一生」は本当だった! と言った。本市の「ケタミン濫用危害調査」によると、ケタミン吸引時間が長くなればなるほど、量が多くなり、尿道炎発症率が高くなる、且つ心理面の合併症を起こす可能性がある。別に、多くの使用者は自身の膀胱機能が影響を受けていることに気づかない可能性が多く、それゆえケタミン使用でもたらされる体への危険性を重視しなければならない、発症していないのは時期が来ていないからだ、

Ketamine(愷他命、K他命)は俗にK仔、Special K或いは K という。非バルビツール酸系の麻酔剤としてフェンサイクリジン(PCP)の同属のarylcyclohexylamine類の構造で、人或いは動物の麻酔の即効、全身性麻酔剤に用い、病人に現実環境との乖離作用を生じさせる。ケタミン使用の副作用は心拍増加、血圧上昇、震え、筋肉が緊張して硬直する、間代性痙攣等。ケタミンの薬効は1時間維持、しかし吸引者の感覚、協調、判断力には16時間から24時間影響し、集中力、学習、記憶力を損ない、幻覚、錯乱、意識混濁、吐き気、嘔吐、複視、視覚がぼやけ、映像が曲がり、一時的な記憶喪失、平衡感覚失調等の症状が出る。長期使用すると耐性と心理依存性が出て強迫性の使用をし、止めるのが難しくなる。最近の研究では、ケタミン濫用は慢性間質性膀胱炎になり、膀胱壁の線維化が進み、容量が小さくなり、頻尿、尿意逼迫、下腹部疼痛、等の症状が生じ、重くなると尿量の減少、水腫等の腎機能不全の症状が出現し、膀胱再建手術をしなければならない。
(以下略)


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)