2017台北自然生態系保全活動

台北市の新聞稿から


大自然のジュークボックス 台北の生物多様性を聴く
發布機關:臺北市動物保護處
發布科室:產業保育組
發布日期:2017/5/20
聯絡人:許萌芳組長

2017台北自然生態系保全活動 落ち着いて心で聴いてみよう

また522国際生物多様性の日がやってきた、台北市の一年一度の保全会「2017台北自然生態系保全活動」は、今日(20日)賑やかに行われた、今年の活動は「音と生物多様性」を主題とし、主催者の台北市動物保護処と七星生態系保全基金会が民衆が心を鎮めて身辺の音に耳を澄ますよう促し、長い間おろそかにしてきた聴覚を再び研ぎ澄まし、景色の中の音を守る重要性を体感するまたこの機会を借りて騒音管理と生態系が同居する都市の理想を宣伝指導する。

今年の活動は信義区四四南村で開催され、現場には35の生態系保全活動推進に努力している団体が集結し、この年度の盛会と市民の近距離での相互活動を通して、生態系保全推進の成果を見せる。台北市政府の家長柯文哲市長、環境保護処李応元署長、林務局廖一光副局長も開幕式に列席し、違う環境音に耳を澄ますことにより、脳波測定器で生理状態の変化を測り、自ら環境音の心身状態に対してもたらす影響を示した、これによって騒音管理と景色の中の自然音を守る重要性を広報した。今回現場に臨時に設置した聴力測定車で民衆は無料で聴力の検査をできた。

台北市動保処厳一峯処長は表明した、「台北市は生態系に優しい都市に向かって発展しなければならない、『傾聴』は保全の鍵となる能力だ! 台北市民が環境の声を傾聴し、自分の耳を開くことを通して、その他の生物の存在に気づき、その他の生物に自己『発言』の空間と力をもたせ、動物と相和し共生する環境を打ち立てるよう希望する」

七星生態系保全基金会執行秘書江孟蓉がさらに説明する、「声の再発見と学習を通して、人々は環境の中の全く違うものを発見し、もともとこんなに多種多様な生物が私達と同じ都市の中に生存していたと気づく。心の壁を突破する活動を通して各保全団体の努力の結果を認識できる他にも、民衆は更に台北市がビルが林立し人口が多いけれども同時に各種生物が共同で生存している家だと体感できる」


環評修法 柯文哲槓環保署長李應元-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=chR_QYAFsNo

ビデオで怒鳴っている人は、台北ドームの工事で遠雄建設が樹木を抜いて移動するのに反対している人だ。
スポンサーサイト

台北市立中山女子高級中学に男子大学生が侵入

台北市の新聞稿から


新聞稿1060515中山女中4月5日校内侵入事件の説明
發布機關:臺北市政府教育局
發布日期:2017/5/15

臺北市立中山女子高級中學新聞稿
發布時間:106年5月15日
聯絡人:張馨仁秘書

4月5日校内侵入事件の説明
106.4.5 午前11時20分頃、本校の白衣黒スカートを着て、背には緑色の中山女子高校のカバンを背負い、頭には黒い長髪のかつらをかぶった見知らぬ男子が本校に侵入した。本校の教師に発見され叫ばれ、すぐ逃げ出した。教師は追いつかず、すぐに職員室に連絡し対応した。

教師が通報に接したあと、最初に本校近隣の長安東派出所に通報、派出所もまず最初に警官を派遣して本校の対応に協力した。教師はすぐに校内を捜索、警官は連絡室で教師の連絡を待った。教師がその男子を探すと同時に、本校の「不審者校内侵入」システムを発動、侵入した男を興奮させないため、教室内部の放送システムを使用、全校生徒教師に不審者の校内侵入を通知、全校に警戒するよう呼びかけた。

正午ごろ学生が見つけた。学生はすぐに職員室に通報、教師はすぐすんなりと不審な男を捕まえ、派出所警官に引き渡し警官が連れて行き事情聴取をした、その後警官はすぐに不審者の男性の保護者に連絡、保護者に連れ帰り厳重に監視するよう要請した。

その後本校はすぐに校内安全を強化する会議を招集、会議中「入校観課規範」と「学生入校カード確認規定」修正を決定。詳細は以下:
1、4/6「学生入校カード確認規定」を発布、本校学生は7:45後、初めて校内に入ったものは皆カード確認記録を伝達し、学校についた時間の確認をし本校以外の人間が入るのを管理するのに役立て、教師と生徒の安全を守ることに協力しなければならない。
2、朝礼、教員会報、行政会報において指導されている協力事項は以下
(1)もし授業中「緊急事態」を放送した時、教室の戸や窓に鍵をかけ、学生に廊下側や窓際を離れて安全を確保するよう要求する。
(2)もし教室外の授業の時は、学生を近くの教室或いは安全な地点に連れて行き緊急事態の解除を待つ。
(3)もし下校時間の時は学生を近くの安全な地点(例えば教師の事務室、合作社等の場所)で事態の解除を待つ。
(4)緊急事態の対応措置が終わった後、「事態の解除」の放送をする。


男大生「體驗女校生活」 扮女裝闖女校閒逛一上午 蘋果日報
の記事によると侵入者は陽明大学の学生だった。

2017台北ユニバシアード関連行事

台北市の新聞稿から


ユニバーシアード参観を国際教育にするカーニバル活動 柯文哲:2017台北ユニバシアードは国際社会に加わる良い機会だ
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/4/15

台北市長柯文哲は15日午前、市民広場で開催された2017台北ユニバシアード応援団国際教育カーニバル活動に出席した、柯文哲は、グローバル化は世界の趨勢だ、2017台北ユニバシアードは台北市が世界と歩調を合わす機会だ、国際教育を地元に取り入れる事を通して、台北市をもっと国際文化を具えた都市にするよう希望すると表明した。
柯文哲は話した、
「今年3月教育局が開催した国際教育週間では、教師たちのユニバーシアードの宣伝を国際教育に溶けこませる特色をもった教育方法が、教師たちの発想と構想を通して、ユニバーシアードの精神と要素を、各学校の学習活動の中に溶けこませるよう希望した。この活動は高校が総盟主になることによって、その他の5つの学校が別々に五大州の盟主を担当し、各学校を組織する、アジア区、お城風の欧州区、ブッシュ風のアフリカ区、海洋風の大洋州区、94の学校が集まり、12万の教師と生徒が一緒に努力した。この活動に参加したすべての教師たちに感謝する外にも、今日は特にみなさんの努力の成果、ユニバシード、五大州を見てみよう」

「グローバル化は世界の趨勢だ、この趨勢の下、台北はいかに国際化するかは私達が考えなければならない、また国際化は学生を外国に出して参観させなければならないということではない、地元化された国際化教育を通して、台北市をもっと国際化された都市にすることだ」

「2017台北ユニバシアードは有史以来台湾で開催されるなかで最高最大規模の国際運動大会だ、今回のスローガンは『世界を招き入れ、台湾が歩みでて、世界に台湾を知らしめる』、大会では150の国家、12,000名の選手が台湾に来る、それゆえ今回の2017台北ユニバシアードは台湾が国際社会と歩調を合わすいい機会だ」

「ユニバーシアードは国際標準に合致する建物を建てることではない、人心を改造し、文化を高める機会だ、それゆえ文化を変え、台北を変え、更に台湾を変える、これは私が選挙の時から言ってきた台湾を変えるためにまず首都から始める、台北を変えるためにまず文化から始めると言ってきたことと合致する。国際教育の過程を通して、台北が更に国際文化あふれる国際化都市になるよう希望する」

記者との質疑
記者:昨日上海台弁主任李文輝が市を表敬訪問した、なぜ秘密にしたのか、まるで人目を忍ぶようだ。

柯文哲:朋友の交わりである以上、相手方を困らしてはいけない。目下両岸関係は緊張している、相手方が控えめを希望しているから、我々も彼らの希望に沿って控えめにした。みんな知っているんだから、こっそりではないよな。

記者:表敬訪問の中で台湾の人権活動家李明哲が中国に拘束されていることに不満を言ったか?

柯文哲:話したけれど、不満を言ったわけではない、我々は善意で注意してあげたんだ。

記者:上海側はどう回答したか?

柯文哲:彼らは持ち帰ると言った。

記者:昨日の会談では何を話したのか?

柯文哲:二都論壇の細部、時間、場所、分科会の司会者、参加人員、テーマ、双方の表明するもの等々今から初めて二ヶ月、細部を詰めていく。

記者:昨日あなたは自由時報の取材で、中国代表団が台湾に来た時トラブルが起きるかもしれないと言ったのはどんな意味か?

柯文哲:現在両岸関係はの相互信頼は脆弱だ、この前のアイスホッケーの乱闘騒ぎのようにちょっとした事で喧嘩になった、それゆえ両方が極端に不信感を持っている場合、刺激的なことをしないように、例えば周子瑜事件しかり、李明哲事件もしかりだ。当然中国当局が人を捕まえる権利については我々も認めるが、しかし文明国家のやり方を用いるかどうかだ、一定時間内に公表しなければならないし、家族は面会できる等々の多くの最低限の基準がある。それゆえ上海側の代表団に言った『あなた方はどうしてこのような過ちを犯すのか』と」

(以下略)


上海台辦主任李文輝 密會柯P! https://www.youtube.com/watch?v=94R3gr4nb9Q

アジアで流星群、彗星、木星、三種類の天体観測の季節等のニュース

台北市の新聞稿から


流星雨、彗星と木星、三種の天文美景が一度にたっぷり見られる!
發布機關:臺北市立天文科學教育館
發布日期:2017/4/14
聯絡人:張桂蘭ˋ李瑾

4月22日はこと座流星群*の極大期だ、光害がなく、天気が晴朗の状況下なら、毎時十数個の流星が見える予定だ。流星雨に加えて、最近夜空に双眼鏡でも見ることができる三つの彗星が出現した**。更に加えて縞模様と大赤斑のきれいな、最も鑑賞に適した木星***、三種の天文美景をあなたは一度にタップリと鑑賞できる! 台北天文館は特に4月15、22、29日(土曜)夜19時から21時まで第二観測室を開放し、みなさんに高倍率のプロの天体望遠鏡を通して木星を鑑賞してもらう、お見逃しなく。
*)4月こと座流星群(Lyrids) 流星電波観測国際プロジェクトホームページ
**)2017年4月 パンスターズ彗星が増光して6等台 AstroArts
***)月が木星に接近(2017年4月) 国立天文台

こと座流星群

こと座流星群は4月16日から25日までの間出現し、極大時は毎時は約十数個あり、且つ平均の明るさは一般の流星群より高い。夜22:30後翌日日が昇る前まで鑑賞できる。

双眼鏡で見ることができる三つの彗星

最近三つの彗星の明るさが6−8等に達し、光害のない地方では双眼鏡で見ることができる。それらの区別はPanSTARRS彗星(C/2015 ER61,PanSTARRS)、Lovejoy彗星(C/2017 E4, Lovejoy)と41P/Tuttle-Giacobini-Kresak彗星だ。

その中のPanSTARRS彗星が最も明るく、約6.5等、みずがめ座に位置し、日の出前2時間東方の低空に出現する。Lovejoy彗星はやや暗く、約7.5等、アンドロメダ座に位置し、夜明け前一時間前後東北の地平線付近に出現する、観察は比較的困難だ。41P彗星の等級は約7.5等、北天のりゅう座に位置し、ほとんど一晩中見ることができる。

空が暗くなった後東南の方向で最も明るい白色の星が木星だ。4月8日は木星の衝だけれども、木星の最接近の時は既に過ぎた、ただなお観察に非常に適している。天体望遠鏡を通して木星表面の赤斑と美しい縞模様と衛星を見ることができることは最も喜ばれる天体現象の一つだ。


吉田拓郎「流星」wowow https://www.youtube.com/watch?v=43RRfD2eUvE


その他のニュース
大事要發生了? 外媒:金正恩下令60萬人撤離平壤 自由時報
金正恩が60万人に平壌退去命令と外電が伝える。60万人の多くが前科が有るという。

朝鮮半島局勢緊張 日政府討論如何撤走6萬日僑 自由時報
日本は昨日国家安全保障会議を開き韓国の6万人の日本人を有事の際どう引き上げさせるか話し合った。

朝鮮半島情勢升溫 國安會開會因應 中央社
朝鮮半島の緊張が高まっているため、台湾の呉釗燮国家安全会議秘書長は今日各機関のトップを集めて対応策を協議した。

台北市でおむつをつけた幼児が迷子

台北市の大通りをおむつをつけた裸足の幼児が通りを彷徨っていた。警官が保護したが親がどこにも見当たらなかった。台北市の新聞稿から


おむつをした子供が裸足で大通りをぶらつく 父子が派出所で対面
發布機關:臺北市政府警察局萬華分局
發布日期:2017/4/11

106年4月7日14時春の午後、人々が行き交う広州街で一人のおむつをつけた子供が裸足でひょこひょこと大通りを歩いていた、傍に見守る大人の姿はなく、周辺の商家が男の子が危険な目に遭うのを恐れてすぐに管轄の万華分局昆明街派出所に保護をして欲しいと連絡した。警官陳亮宇は通報を受けただちに現場に赴き、男の子を連れて行き社会局に連絡した。

その男の子は約三歳、大きな目をくるくる動かし派出所内の警官たちを好奇心いっぱいに観察していた。人に会えば笑い、可愛らしい顔で人気者になった。男の子は靴も履かずただおむつだけをしていて、最初は通報地点周辺に住んでいる家族が通報して来るだろうと予想し、陳警官は男の子の家族は非常にあせっているだろうと考え、すぐに現場周辺に返り周辺を調べた。しかし焦っている親は発見できず、商店の人に携帯で撮った子供の写真を見せても誰も知らなかった。陳警官は派出所に帰る前に子供がお腹を空かしているだろう考えまたおむつだけでは寒いのではないかと思い、自腹でパンツ(ズボン)と食べ物飲み物を買った。30分ほどして、一人の男が血相を変えて派出所に飛び込んできて子供がいなくなったと言った、男の子は父親が現れたのを見て、3才児らしい表現でパ、パパと叫びながら、必死で椅子から這い降り父親に向かって突進して行った。父親は子供がおやつを握りしめているのを見て、安心して派出所内に座り目を赤くしていた。父子が抱き合い話す情景に、所内の人も感動した。

子供の父親は、男の子は父がトイレに入っている間に玄関から出て行った、子供が誘拐される記事を何度も見ていたので、居ても立ってもいられなかった、だから各派出所を訪ねて回った、こんな短時間内に警察に安全に保護されちゃんと面倒まで見てもらっていて非常に感動し、また警察が人民の保母の役割を十分に発揮していることに感謝すると言った。万華分局は保護者たちに呼びかける、ドアや窓をしっかり閉めて、常に子供に注意して、子供を一人で出して危険な目に合わさないように。


自腹でパンツや食べ物を買うところは烏龍派出所の警官のようだ。
烏龍派出所310-正直的阿兩(ビデオと新聞稿は関係は無い)https://www.youtube.com/watch?v=xEajiNSfPLU

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)