台湾国慶日前夜祭で蔡英文総統が「台湾は過去一年良くなったこれからも良くなる」

明日の国慶日を前にして、今日国慶晩会が開かれた。これまで台北で開かれていた前夜祭がはじめて台北を出て台中市の台中体育運動大学で開かれた。
國慶晚會在台中 蔡英文:讓下一代看到希望 自由時報
蔡英文総統は挨拶で
「今年の国慶日の主題は『2017一緒に更に良くなる』だ、過去この一年台湾は確実に進歩した、ユニバーシアードは台湾が一流のスポーツ大会を開く能力があると証明し、選手は世界記録まで出し、素晴らしい成績で史上最高の成績だった」

「来年は台中市が世界花卉博覧会を開催する、その次の年には東アジアアジアユースゲームズも台中で開かれる、台中市の林桂龍のリーダーシップの下、再び台湾の美しさと親しさと情熱を全世界に紹介すると信じている」

「台湾の都市が順番に国際舞台に立つ、台湾人もまたこれにより更に自信を持っていく、自分の国家に栄光と誇りを感じ、みんなで団結し、世界に向かって大きく歩み出す、『これがより良い台湾で、圧力を恐れない台湾だ』」

「過去一年経済は好調で、失業率は下降、景気の指標を示す各項目は上向きで、国家の経済はプラスの循環に向かい、政府は年金改革、司法改革を推進したことには、一定の進展があり、税制改革法案も発表した、どの改革も台湾をさらに合理的にし、公平正義の制度にした」

「台湾経済は良くなり、生活も良くなった、若者は仕事があり、老人は介護され、これこそより良い台湾で次の世代に希望の台湾を見せる、台湾は今改変進歩しており、決心しさえすれば、台湾は必ずどんどん良くなる、『Better Taiwan』更好的台灣」

國慶晚會在台中 蔡英文:讓下一代看到希望 自由時報電子報https://www.youtube.com/watch?v=N4MLmPWLvCQ
スポンサーサイト

蔡英文総統外国企業招致論壇に出席、今年の台湾経済は好調と宣言

中華民国行政院の新聞稿から


総統が「2017年台湾グローバル企業誘致論壇」に出席
中華民國106年10月06日

蔡英文総統は今日(6日)午前「2017年台湾グローバル企業誘致論壇」に出席し、政府の経済成長推進と投資機会を創造する上での政策と貢献を説明し、また台湾の経済がどんどん良くなり、グローバル企業が台湾を投資計画の中に加え、台湾を協力のパートナーとして選択するよう希望すると強調した。

総統が英語で挨拶した時、まず経済部が苦心して今回の論壇を開催し、彼らの優れたチームワークが、世界に台湾が素晴らしい投資環境を持つことを示してみせたことに感謝した。総統は今回のグローバル企業誘致論壇に参加するため、世界各地から来た全ての企業を歓迎し、また台湾企業の台湾回帰も歓迎した。

総統は言った、
「過去14年来、グローバル企業誘致論壇は台湾の投資環境の素晴らしさを示してみせる最も良いプラットフォームであり続けた。今年、私は更に自信を持って皆さんに訴える、現在が台湾に投資する絶好の機会だ」

「多くの鍵となる指標は台湾経済がしりあがりの状態だと示している。輸出統計は既に12ヶ月以上成長している。GDPの成長も予想より良い。失業率も26ヶ月以来の最低に下がった。数十年の後、私達はついに再度投資と雇用機会が台湾に帰ってきたのを見る」

「TSMC(台湾集積回路製造)とWinbond Electronics Corp(華邦電子股份有限公司)は最近別々に台南と高雄で百億ドルを超える投資案を発表した。これらはどれも台湾経済発展の展望に対する最もよい評価だ。この先数年、政府は全力を尽くして経済の成長原動力を確保するだろう」

政府の経済成長推進と投資機会の創造の上での政策と貢献について、総統は強調した、
「第一、政府は引き続き産業の構造転換を進める。5+2イノベーション産業*は産業構造転換の過程において新しい原動力を注入するためだ、戦略的投資によって、新しい経済発展のモデルを形作りたい、特にIoT、スマート機械、グリーンエネルギー、バイオ産業、国防、新農業、循環経済(Circular economy)この七項目は台湾において既にサプライチェーンの優位性があり、同時に将来性のある産業だ。私達は最近また国家的な投資会社『台杉投資管理顧問股份有限公司』を成立させて、科学技術と産業イノベーションの過程を加速させる。その他、長期的なインフラ投資も相当重要で、政府は数千億の特別予算を組んで、台湾の鉄道、グリーンエネルギー、水環境、デジタル、都市と地方の生活基盤整備を強化する。
*)「五加二」產業是什麼?http://pocketmoney.tw/5plus2/

第二、政府は人を引きつける投資環境を打ち立てている。資金募集、会社設立、外国人専門家の居留等に対して配慮し、引き続き国内法規の緩和を進める。またちょうど税制改革法案の計画も完成し、公平合理な国際競争力を具えた外国人も来たがる税制を打ち立てる。投資家が台湾を評価する時、速度と効率が彼らが関心を持つところだ、それゆえ私達は24時間回答するサービス窓口を設け企業が台湾で商売をするのが更に便利になるよう助ける。

第三、政府は台湾の地政学的位置を有効に利用する。台湾はアジア太平洋、ASEANと南アジア市場に連結した絶好の場所だ。去年5月から、私達は新南向政策を重点政策の一つにしており、新南向政策の強化によって、SASEAN、南アジア各国と一緒に長期的経済貿易パートナーとなりたい。新南向政策の初期の成果は既に投資、貿易、観光、教育等の面で展開されている。次の段階は、私達が人材育成、長期的パートナーシップを打ち立てることに努力して台湾の強靭な中小企業文化を共有する。私達はグローバル企業と台湾企業の協力でアジア新興市場の成長に共同で参加するのを歓迎する」

「皆さんは覚えているかもしれない、数年前、多くの人は私達の経済を良いとは思っていなかった、下がるGDP, 減少し続ける輸出、また地域間でどんどん強くなる競争圧力もあった。嬉しいことに、台湾は変わっている、私達の経済は原動力、強靭な成長を再び見つけ、産業構造転換、魅力的な投資環境、地域の連結の三つの面から見て、台湾経済は将来数年ますます良くなる」

最後総統は、グローバル企業が台湾を投資計画の中に含め、台湾を提携パートナーに選ぶよう要請した。
既に経済部が投資意向の22の企業と調印したことに総統は特に感謝を表明した。

経済部次長龔明鑫もここに参加した。


20171006 總統出席「2017 年臺灣全球招商論壇」https://www.youtube.com/watch?v=_ULOsTgZyBs

經部招商引資不間斷 22國際大廠投資臺灣  経済部
この経済部新聞によると経済部が調印した投資意向の企業は日独企業がそれぞれ6企業27%ずつで最多、アメリカ企業が18%など。

アフリカウガンダが台北ユニバーシアードに不参加或いは中国軍機昨日に続き今月4度目の台湾周回示威活動等のニュース

アフリカウガンダの外交部がウガンダは「一つの中国」政策を順守し、2017台北ユニバーシアードに参加することを許さないとウガンダ教育省に公文を送付していた。
時尚 生活 社會 國際 財經 地產 政治 論壇 烏干達遵守「一中政策」 不准世大運代表隊來台參賽 蘋果日報
公文を発表しているウガンダの Director Media-communications IAAF World Cross Country Championships Kampala 2017| Vice President UJU| PR-consultant | God first の Norman Katende 氏のtweet
saieibunn4.png

本日午前昨日に続き中共の Y-8電子戦機2機が台湾の周りを飛行しその中の一機が台湾南部防空識別圏外がらバシー海峡を経て東北に向かい、宮古海域を通過し駐屯地に帰った。別の一機はバシー海峡を経て東南に向かい元の基地に引きかえした。7月に3回、今月に入って4回めの中共の軍機の台湾周回の演習飛行だ。
一週來第4次!中國軍機今天又來繞台演訓 自由時報
中華民国国防部新聞稿
日本の統合幕僚監部の発表PDF
saieibunn5.png
画像は統合幕僚監部のPDFから

その他のニュース
小英民調出現2字頭 總統府不評論 自由時報
台湾民意基金会の世論調査で、蔡英文総統の人気度が29.8%と20%台になった。

批藍營智商跟猴子一樣 柯P:打前瞻朝三暮四 自由時報
「解碼」市長批藍打綠 重新定義政治!柯諷國民黨 智商像猴子 中時電子報

不贊成學校委外掃廁所 柯P:違反教育宗旨 自由時報

中国の学者が蔡英文総統の中国への対応に理解と同情

アメリカの Evans Revere 元首席国務次官補代理は「2017アジア太平洋安全対話」シンポジウムに参加した。会の後 Evans Revere は取材を受け語った。彼は最近北京を訪問したばかりで多くの学者とあった。彼は北京はなお蔡英文総統個人とやり方に対して疑いを持っている。しかし彼が多くの学者達と話したところ、彼らは蔡英文総統の提出した両岸論述に理解を感じており、中には同情を感じている者までいた。しかしその同情は中共の指導層とは違っていると言った。しかし今年の中国共産党第19回全国代表大会の後、中共指導層が決定し自信ができたら、安定した関係になるよう希望すると言った。
北京對台施壓觀光與陸生 美國務院前官員:對兩岸沒幫助 蘋果日報
談蔡英文兩岸論述 美前官員:許多中國學者能了解 自由時報

總統出席「2017亞太安全對話」論壇 強調將持續深化與亞太區域國家及全世界的關係 為亞太地區安全、穩定與繁榮努力 総統府新聞

ぞの他のニュース
郭文貴爆:中共藉由私生活及女兒 控制馬英九多年 自由時報
中国から指名手配されている、アメリカへ亡命している大富豪郭文貴が7日、中共の高官の話では馬英九前総統の私生活や娘をコントロール下においており、政策や陳水扁逮捕など中共の思い通りにできると言っていたと話した。これに対して馬英九事務所は何の根拠もない話で、脳内で創作した話だと言った。

南台灣首長攜手赴日拚觀光 賴清德:台灣精神是特色 自由時報
南台湾の4首長が昨日の東京での「台南高雄屏東澎湖四県市観光招待会」に続き今日、東京秋葉原神田万世橋の「南高屏澎四県市連合観光行販売靜態展開幕式」に出席した。出席したのは、台南市長賴清德、高雄市長陳菊、屛東県長(県知事)潘孟安、澎湖県長陳光復と台湾の駐日大使謝長廷元首相。

司法改革国是会議準備委員会第六回会議を蔡英文総統が主催

台湾総統府の新聞から


総統が司法改革国是会議準備委員会第六回準備委員会議を主催
中華民國106年07月10日

蔡英文総統は今日(10日)午前司法改革国是会議準備委員会第六回準備委員会議を主催し、彼女は司法改革は市民の角度から出発しなければならない、一般人が見てわかる言葉を使わなければならない、討論の成果によって改革の方向を示し、市民の期待に答えられなければならないと強調した。

総統挨拶内容:
今日の始まりに、私は各位に私の真摯な感謝を表したい。

去年の11月から現在に至るまで、みなさんは非常に多くの時間を準備作業に費やした、40回の分科会議を開き、司法改革に対して、非常に全面的な討論をし、また多くの豊富な堅実な提言をした。

各位の心からの貢献によって、はじめて現在の成果があり、私達はこれらの貴重な意見を基礎として、集約取りまとめ作業を進め、司法改革の議題の中の特に重要なものを整理できる。

今日の会議で私達はこれらの集約された重点議題を取りまとめる。

なぜ司法改革は集約されなければならないか? それは市民の司法に対する信頼を上昇させるため、私達が提出する対策が市民の要求と心に呼応し、明確で分り易くならなければならないからだ。

私は何度でも強調する、司法改革は市民の角度から出発し、一般人が見てわかる言葉を使い、私達の討論の成果を提出する。もし司法改革が社会との意思疎通ができなければ、私達は専門的には得点をあげても、社会との意思疎通で失点をして、このような各位の努力は全て無駄になるからだ。

つまり私達の改革の方向は市民の期待に応えることができる方向に向かわなければならないのだ。その中でもいくつかの重点は避けることはできない、第一、「裁判の透明化と裁判所の親しみやすさ」、第二、「裁判官と検察官の推薦選抜と淘汰メカニズムの改革」、第三、「専業と中立の司法体系を作る」、第四、市民が審判に参加する制度を作る」。これらの重点は、私は関係部門が具体的改革方法を提出するだけでなく、更に明確な改革日程を示すよう希望する。

これらの原則と基礎、及び分科会の討論の結果を基に、事務方は取りまとめの枠組みを組み立て、関連議題を整合した。私達の今日の会議の最も重要な仕事は、整合した後の文書を討論し、これらの文書が将来(8月)の総括会議の討論の基礎となるようにすることだ。

司法改革は複雑に入り組んでいる、しかし私達は一歩一歩進み、一歩一歩改革の理想に近づき、司法を市民の拠り所にする。

再度準備委員各位の努力と忍耐に感謝する。会議を始めよう。謝謝。


建立人民參與審判制度 蔡總統司改明確宣示-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=paoz4fnLeSU

司改會議8/12總結 讓國民法官走入法庭 中央社
この記事で今日の会議では12の重点議題に集約されたとある。市民参加の司法制度、公開透明を強化した司法、法律専門家の養成抜擢の改善、専業と中立の司法体系を打ち立てる、不適の司法官を監督淘汰する、証拠第一主義と冤罪防止、プライバシーと弱者の権利の保護、未成年保護のメカニズムを作る、犯罪取締の効率化と刑事政策の検討、実践修復主義の社会正義、社会の動きに沿った法学と法治教育、訴訟濫用防止と司法秩序の効率化などと要約してある。市民の陪審員参加や裁判官や検察官の若手の実務能力経験重視や出世する人間が例えば国民党寄りの人間だけなどを防ぐ等のことだろう。8月12日に総括会議がある。
台湾における司法改革の挑戦.pdf 国立情報学研究所

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)