台湾蔡英文総統が「鄭南榕28周年記念追想会」に出席

総統府の新聞稿から


今日は台湾の初めての「言論自由の日」だ、蔡英文総統は午前「鄭南榕*28周年記念追想会」に出席した時、正義(原文は公平正義)の追求は私が一貫して持っている信念だ、政府は引き続き社会のセイフティネットの構築、長期介護改善推進、各種年金と退職制度の永続性構築等の民生に関する政策を通して社会正義(原文は公平正義)を具体的実践的に獲得していくと表明した。
*)2016年台北市言論自由日関連行事-鄭南榕と言論自由学術検討X音楽会

総統挨拶内容:
 多くの台湾の若者にとって、鄭南榕の最も有名な言葉は、「私がやり残したことは今度はあなた方自身がやる番だ」
 1989年、鄭南榕が道に殉じた時、残された多くのことは後の人に引き続き努力することとして渡された。その時の台湾は、国会は全面改選はなく、総統は直接の民選ではなかった。刑法百条、反乱処罰条例も人々の言論の自由を制限していた。
 しかし、二十八年後の今日、総統は既に直接選挙になり、また平和的に三回の政権交代を成功させた。まさに全世界で台湾といえば、我々の経済発展に加えて更に我々の民主の成果を思い浮かべるのだ。
 この二十八年来、我々は確かにいくつかの事をなしとげた。しかし、またいくつかの新たな問題もある、これらの新たな問題を解決することは、我々のこの世代の目標だ。
 現在台湾が持ついくつかの問題は鄭南榕が予見したものではない、しかし、私は信じる、鄭南榕があの言葉を話した時、彼が台湾人民に残したのは一つ、何が起こっても放棄してはならない、自己満足の期待と依頼をしてはならないということだ(當鄭南榕講那句話的時候,他留給台灣人民的,就是一個,不管發生什麼事,都不准放棄、不准自滿的期許和囑託)。
  
 昨日私は今日の主講者李筱峰教授の文章を拝読した。 
 私は強調したい、民主と正義の追求は我々が堅持し続ける価値だ。 
 民主は私達の血液に流れている、私達はひまわり学生運動の若い友人への告訴を撤回し、政府の民意に対する反省の態度を表明した。地方制度法を改正し、正副議長選挙を記名投票に変え、地方政治の不正資金を終わらせた。
 私達はまた「不当党産条例」を推進し、台湾の政党政治を民主国家の正しい軌道に戻す。二二八の時私は言ったが、私達は引き続き歴史的文書を精査開放する、また「移行期の正義促進条例」を優先法案にし、現在立法院では協議の最中だ。
 
 正義は私が就任以来、心に留めて決して忘れていないことだ、社会のセイフティネット構築、長期介護改善推進、公営住宅建設、各種年金と退職給付制度の永続性構築、また産業のイノベーション、政府の資源分配と建設の地域均衡も無論だ。これらの民生に関わる政策は現在の政府の政策の要だ、また社会正義の具体的実践だ。
 私達は同時に経済、社会、文化の各種政策を通して地方の連結を強化し、台湾に自己の過去を確立させ一緒に自分の未来に邁進させ台湾をすべての国民がこの地に居たがり、一緒に安心立命し、一緒に奮闘し続ける好国好民になれる国にする。
 台湾人には自分のこの場所の物語をしっかりと話し、且つ全世界に「私達の物語」を見せる能力が有る。私が率いる政府は台湾人に自己の認識を通してそこから世界を展望し、台湾を真に世界の台湾にさせる。

 去年、一昨年、私は各位に言った、私達は四月七日この日を国定の言論の自由の日にすると。これにより、今日ここで私達はすでに鄭南榕先生を記念するだけではなくなっている。
 この国定記念日の中、私達はお互いに注意し合わなければならない、自由民主は元来天から降ってきたものではない、民主を得たければ、自分の二つの手で戦い勝ち取らなければならない。外部環境は変わる、しかし最も重要なのはやはり自己の意志と決心だ。
 今日は台湾で初めての言論の自由の日だ。台湾総統として、私は努力し、引き続き民主と正義のため奮闘し、引き続き私達が得難く、永遠に大切な自由を守るため奮闘する。台湾人は民主人であり、自由人である、この政府は二千三百万の民主人と自由人のためとことん奮闘する。

 この後、総統は鄭南榕夫人だった、元総統府秘書長葉菊蘭同伴で、鄭南榕の墓「自由之翼記念碑」前まで歩き一礼し献花した。 
 鄭南榕基金会理事長許景河及び李筱峰教授等もこの行事に出席した。


鄭南榕殉道28週年紀念會 總統獻花追思-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=16vBjYZRQSg


その他のニュース
柯P跌倒照片瘋傳 網友暴動修圖 自由時報
スポンサーサイト

蔡英文政権の同性婚法案推進に法務大臣が反対意見等のニュース

同性婚に異性婚と平等の権利を与える民法改正案の成立を目指している蔡英文政権の法務部長(大臣)が同性婚に批判的な発言をした。邱太三法務部長は今朝24日憲法裁判所で同性婚について発言し、「我が国数千年来同性婚の仕組みはなかった」「もし同性婚のような民法の改正を行えば、衝撃は祖先の位牌にまで及ぶ、同性婚の先祖を子孫は男と書くのか女と書くのか?」などと行った。議会でこれについて質問された林全首相は、彼の話は行政院の立場ではない、私も報道を見て知った、詳細な背景はまだわからない、彼の詳しい意図もわからない、と言った。男の先祖を「考」女を「妣」と書くらしいので、大臣の発言を「我国千年論」と「考妣論」と言って批判が起きている。中華民国に数千年の歴史があるのかとか大臣を妣考邱(ピカオチュウ→ピカチュウ)と揶揄したりしている。
邱太三「考妣論」惹議 林全:非行政院立場 自由時報
「妣考邱」大暴走 陳芳明:暴露蔡政府危機... 自由時報
同性婚法案、司法法制委員会を通過 立法院外には支持・反対派が集結 中央社

その他のニュース
李明李明哲在哪?家屬向對岸要答案 聯合報哲在哪?家屬向對岸要答案
台湾の非政府組織の人権活動家李明哲氏が澳門から中国に入ったあと、行方不明になった。

中國冰球隊不滿部徽看板 教育部:不撤 自由時報
昨日の晩行われたU18国際アイスホッケー大会で中国チームが会場に掲示されていた「教育部體育署」の言葉が教育部は中国にしかない、一つの中国ではなく二つの中国を認めることになると反発した。また試合後両チームは乱闘になった。
冰上全武行! 中國選手粗暴揮拳 引發大亂鬥-民視新聞 https://www.youtube.comhttps://www.youtube.com/watch?v=G7M6WPjxW9c/watch?v=G7M6WPjxW9c


五毛食品 湧入大陸農村學校 中央社

https://twitter.com/iingwen/status/844175735862444033
蔡英文総統のtwitterで日本語の挨拶が掲載された

內蒙古居民樓瓦斯爆炸 3死25傷 中央社
中国のモンゴル地区の包頭市の古いビルでガス爆発が起こり、3人が死亡し25人が負傷した。

蔡英文総統が一貫道万民祭に出席

蔡英文総統が一貫道という宗教の祭典に出席した。総統府の新聞稿から


総統が「中華民国丁酉年一貫道万民祭天祈福大典」に出席
公布日期  中華民國106年03月05日

蔡英文総統は今日(5日)午前「中華民国丁酉年一貫道万民祭天祈福大典」に出席し、一貫道の社会の公益に対しての努力と貢献を評価し、また民間団体と政府が一緒に努力して、台湾社会を更に円満に、更に吉祥平安にするよう期待した。

総統は会場到着後、まず国家祭祀礼と初献礼、献香、献帛、献爵を行い、台湾のために祈った。その後挨拶で表明した、
「一貫道の歴史は長く、早期には信者は迫害を受けたけれども、先人たちは時勢を嘆き人を憐れむの精神を持ち、衆生を度し、世間を救い、戒厳令が解けた後、完全に宗教上の活力を発揮し、世界各地で発展した。」
「公益慈善において、一貫道は重要な役割を果たしている。慈善機構の設立、医療サービス、社会福祉、救難救助等の方面のどこでも、黙々と各持ち場で汗を流している一貫道信者の姿を見ることができる」
「特に重大事件、災害発生時、一貫道総会と各支部が積極的に災害救助を行っている。物資の援助或いは慰問を問わず、被災民と救助団体のため多くの協力をし、みなさんの熱心さと努力に非常に感謝する」
「近年来、台湾は多くの問題に遭遇し、私達は逐次、産業構造の転換、経済振興、社会正義の実現を通して、台湾を更に発展させる。ただそのためには民間団体、社会全体、政府が一緒に頑張ることが必要だ」
「一貫道の精神は私達に「世界は平和に、社会は最高善にならなければならない」、みんなは常に良い心を持ち、共同で努力して、国家社会をより良くしなければならないと呼びかけている。今日の幸せを祈る行事「世界を平和にし、人心を良くし、世界を一つに」の趣旨を持って台湾のために幸せを祈る、これは私を感動させる」
「宗教は社会を安定させる重要な力だ、みなさんの努力が台湾をきっと更に素晴らしくすると信じる」
立法院長蘇嘉全、監察院長張博雅及び內政部長葉俊栄等を含む人がこの行事に出席した。


一貫道祈福大典 蔡總統、洪秀柱出席-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=zL27Bxo2Mws


その他のニュース
陸2017政府工作報告 一分鐘看懂 中央社
中国の国務院李克強総理が今日第12期全國人民代表大会第5回会議で,2017年政府活動報告をした。これを一分間で読めるように箇条書きした記事があった。ただ中国政府の公表するデータや目標に掲げる数字は信憑性がないと言われている。

二二八事件70週年中枢紀念儀式蔡英文総統挨拶

1947年に起きた二・二八事件から70年を迎え、台北市内の公園で記念式典が開かれた。
二・二八事件:移行期の正義促進条例、今国会での成立目指す=蔡総統 中央社
総統府の新聞稿から


総統が「二二八事件70週年中枢紀念儀式」に出席
公布日期  中華民國106年02月28日

今日は二二八事件70周年だ、蔡英文総統は午後「二二八事件70週年中枢紀念儀式」に出席し、難に遭った英霊に献花拝礼し、また政府が極めて慎重な姿勢で二二八事件の責任の所在を処理し、二二八事件の中で「被害者だけがいて、加害者がいない」状況を変えると強調し、将来真相が完全に整理明確化され、加害者が謝りたいと願い、被害者と家族が許したいと願い、台湾の民主が更に前進できるよう希望した。

総統の挨拶内容:

 今日は二二八事件70周年です。ここ数日私はある人を思い起こしていた。その人は張炎憲先生*だ。私は今日の挨拶の始まりを、特に天上の彼に献じたい。
*)李登輝前総統が「馬関条約と台湾の研究会」で演説

 張先生は1947年、まさに二二八事件のその年に生まれた。彼は生前ずっと二二八の真相解明をしたいと努力し、彼は台湾の口述歴史の先駆者だった。彼はまた相当多くの時間を、二二八の責任の所在の整理明確化に費やした。
 もし彼が我々の傍を離れなければ、彼はきっとこの場に座り、私達と一緒に今日のこの日を記念していたと私は信じる。
 張先生は生前、二二八事件において「被害者だけがいて、加害者がいない」状況を変えなければならないと希望していた。今日ここに立って、私は天上の彼とこの場の全ての家族に訴えたい、私達は張先生の未完成の事業を受け継ぎ、再び前に踏み出すと。

 先週土曜日、文化部は「中正紀念堂」を変更するいくつかの構想を提出した。七十周年のこのときこそ、台湾社会は成熟した民主的メカニズムでこのことを討論すると私は信じている。
 数日前、国史館は新しい二二八書類集成を発表し、その中には多くの新しく発見された文書がある。これは私達の真相を追求する努力が絶え間なく続いていることを示している。
 また数日前、各機関の協力の下、国家公文書管理局が集積した二二八事件文書を全て秘密解除した。
中正紀念堂、権威主義体制の要素排除へ 国民党は反発 中央社
二二八事件:関連公文書を完全公開へ デジタル化も推進 中央社

 和解は必ず真相の上に構築されなければならない。明日、国家公文書局は新しい政治文書整理計画を始める。私達は過去各機関に残された全ての二二八事件に関するまた白色テロ時代の自白、筆録、監視尾行、判決、公文書を精査し、また内容を判読し、「国家移行期の正義調査報告」を書く基礎とする。
 将来、この調査報告の中で、一つの専門的部分を持って二二八事件を処理する特に章を割いて二二八事件を扱う(原文は未來,這一部調查報告裡面,將會有一個專門的部分來處理二二八事件)。且つ私が特に強調したいのは、私達は極めて慎重な態度で、二二八事件の責任の所在を処理する。

 先週木曜、二二八事件と過去の白色テロ時代の真相を浮かび上がらせるため、行政院も与党立法院党団と討論の後、「移行期の正義促進条例」を今会期の優先法案とした。
 私はこの法案が今会期で通過立法されるよう希望している。私はこれがこの場の家族が期待していることだとわかっている。法案通過後、私達は一つの独立の機関に台湾の移行期の正義の作業を担当させる。
  
 私はある人々が、過去をもう持ち出してはいけない、皆は前に向かっていかなければならない、権威主義政権時代の統治者の善悪功罪は歴史の評価に任せよと言っているのを知っている。
 またある人は、現在経済に力を入れなければ追いつけない、なぜ移行期の正義などにうつつを抜かしているのか。またある人は、移行期の正義は政治闘争だと言う。
 これらの言い方に対して、私は言わなければならない、真相がなければ、過ぎ去るべきことは永遠に過ぎ去らない。経済に力を入れることは重要だ、公平正義(原文は公義)も重要だ、繁栄と公平正義が共存する国家こそが、私達が追求するに値する目標だ。
 移行期の正義の目標は和解であって、闘争のためではない、これは政府が堅持する原則だ。移行期の正義は一人一人の力が必要だ、全ての国民が一緒に過去に向き合ってこそ、国家全体が一緒に未来に歩むことができる。

 一週間あまり前、私は「国際ホロコースト記念日」の行事に参加した。その場で、私はイスラエル代表とドイツの代表と一緒に被害に遭ったユダヤ人に共同で哀悼の意を捧げ、共同で後の世代に対してこの歴史を繰り返してはならないと喚起した。
 ドイツ人は曾て加害者だった、ユダヤ人は曾て被害者だった。彼らが一緒に記念活動に出席できているのを見て私は感動した。
 これこそが台湾の移行期の正義の最も良い見本だ。私は希望する、ある日同様の場面が台湾に出現し、移行期の正義の後、台湾はいかなる政党も、再び権威主義統治の重荷を背負う必要がなくなることを。

 私は希望する、ある日真相は完全に整理明確化され、加害者は謝りたいと願い、被害者と家族もまた許したいと願う。
 私は希望する、ある日二月二十八日のその日が、国家が最も団結する時になる。私達は二度と互いに非難し合う必要がなくなり、また二度と誰も耐えきれず身を隠す必要がなくなる。
 何のタブーもなくなり、誰でも自由に話題にできる。台湾の全ての政党、全ての民族は一緒に善良な心で共同で苦難の過去に向き合うことができる。
 その日が来た時、私達は一つの違う国家に脱皮する。台湾の民主もまた更に前に一歩進む。

 七十年だ。この場の被害者と全ての家族は長い間待ってきた。私はもう一度、各位に衷心からのお見舞いを申し上げる。

この数日寒い日が続いた、しかし私達の心は春の来るのを期待している。二二八の先輩たち、世々代々の台湾人、台湾は是が非でも花開く暖かい春になって欲しいし、また花開く春になるはずだ(二二八的前輩們、世世代代的台灣人,台灣,一定要春暖花開,也將會春暖花開)。謝謝みなさん。

その後、総統は自ら「名誉回復証書」を3人の二二八被害者本人と5人の被害者家族に授与した。柯文哲台北市長、葉春栄内政部長、薛化元「財団法人228事件紀念基金会」董事長、「台湾二二八関懐総会」理事長潘信行,及び二二八事件被害者と家族等を含む人々がこの行事に出席した。


二二八70週年中樞紀念儀式 蔡英文.柯文哲同台 │20170228中視新聞LIVE直播 https://www.youtube.com/watch?v=Ac7IHnC2L_Q


台北市新聞稿

「機槍掃射無辜」 90歲老警備隊長憶228當年 自由時報

蔡英文総統が海外の二二八事件遺族と面会

蔡英文総統が海外の二二八事件遺族達と面会した。
二二八事件:蔡総統、遺族らと面会 政府による真相調査を約束 中央社

総統府の新聞稿から


総統が「2017年海外二二八遺族帰郷団」に接見
公布日期  中華民國106年02月23日

蔡英文総統は今日午前「2017年二二八遺族帰郷団」に接見し、政府は先頭に立って真相を調査し、真相を明らかにし、二二八事件の責任の帰属を追求し、そうすることによって「被害者だけがいて、加害者がいない」現状を変えて、台湾社会に教訓を刻み和解に向かって歩み出させて、一つの民主、公平正義と団結の国家を造ると強調した。

総統挨拶の内容:
 1992年、海外の二二八事件の被害者遺族が団体で台湾を訪れ始めた。25年後の今日、帰郷団は既に第7回になった。このように多くの先輩方が帰ってくるのを見ると、第二世代、第三世代の家族を連れていて、過去皆さんが民主と歴史の真相を追求した経験を次の世代に継承しようとしていて、私は敬服し感動する。

 今年(106年)は二二八事件70周年だ。70年前、権威主義政権の過ちにより、皆さんの家族親しい人を奪い、また台湾社会もほとんど一世代の英才を失った。こんにちに至るまで、すべての台湾人は二二八事件がもたらした後遺症を引きずっている。

 民主化以後、台湾人はやっと公開で二二八事件を討論できるようになった。政府は過ちを認め、謝罪し、碑を立て歴史の真相を調査し被害者の名誉を回復しそして賠償し、過去が残した傷と痛みを鎮めようと試みた。
 
 しかし私ははっきりとわかっている、ここに座っている各被害者の遺族にとっては、現在政府がしていることはまだ完全ではない。我々は、歴史は既に過ぎ去り、傷や痛みは棚上げにできるなどと絶対安易に語るべきではない。

 数日前、私はイスラエルとドイツの駐台部門が開催した「国際ホロコースト記念日」の行事に参加した*。行事の現場で、私はドイツの歴史の過ちに向き合う勇気をはっきりと感じた。
 今日に至るまで、ドイツ政府、学術界、民間は絶えず歴史の真相を積極的に発掘し、過ちの原因を細かく反省し、当時人権侵害をしたナチスの戦犯を起訴し続けることまでしている。
*)蔡英文総統が「国際ホロコースト記念日」行事に出席

 ドイツの経験は台湾にとって大きな啓発になる。歴史の真相の追求と歴史の記憶の保存はどれも長期的な社会の取り組みだ。 
 新政府は二二八事件の真相の調査を更に徹底させ、また更に公開透明にさせ、且つ事件の責任帰属を更に明確に更に詳細にできるよう、継続して努力する義務がある。
 
 それゆえ、私は関係部署に引き続き権威主義政権時代の書類を整理し、70年後なお放置されている真相を完全に白日の下に晒すよう要求している。
 例えば、文書局が既に収集した二二八事件書類の中に、いくつかまだ秘密解除されていないものが残っている。私の知るところでは、その中の4件は僑務委員会の書類だ。現在呉新興委員長、また私たち座っている田秋堇副委員長も含めて積極的に協力している、私達は速やかに書類の秘密解除を希望している。
 ちょうど今日、国史館は最新の6冊の「二二八事件書類集成」を発表した。将来更に多くの秘密解除になった後の書類発表の後、引き続いて整理、出版、を通して研究に開放し、社会大衆に二二八事件に対して更に精緻な理解をもたせる。

政府は先頭に立って真相を調査し真相を提示し、二二八事件の責任の帰属を追求し、「被害者だけいて、加害者がいない」現状を変える。この使命は私達は忘れないしまた回避しない。
 私達は台湾社会に二二八事件の過ちについて更に深く反省させ、その中から教訓を銘記し和解に向かって歩み出させて、一つの民主、公平正義と団結の国家を造る。このようにすることこそが二二八事件の被害者に対する、最も重要な説明だ(原文は這樣,才是對二二八事件的受難者,最重要的一個交代)。

 最後に、帰郷団の皆さんの行程が順調でありますよう祈っています、謝謝。

来賓一行は王文宏団長が率い、僑務委員会副委員長田秋堇が同伴し、総統府に来て総統に謁見した。


20170223 總統接見「2017 年海外二二八遺屬返鄉團」https://www.youtube.com/watch?v=sM7UUSgX14U

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)