台北市スマート支払いのために「pay.taipei」を開設

台北市の新聞稿から


台北市は支払いプラットフォーム「pay.taipei」を推進 柯文哲:電子商務に物流を加えるのは世界経済の潮流
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/6/25

台北市長柯文哲は今日(25日)午前台北市政府公共費用スマート支払い導入記者会見に出席し、挨拶で表明した、
「私はもう亡くなったアップル社設立者の一人 Steve Jobs が iPhone を発明した時も世界中が iPhone のために変えられるとは思わなかったのを思う。当時実際新しい発明はなかった、既にあるものを全部集めてその後世界は変わったのだ」

「今回のイタリア訪問で、WiFiがある場所でありさえすれば、私は指示を出して、市全体が滞りなく運営できた、この一切は携帯と通信ソフトで処理した、実際非常に便利だ、携帯は既に世界全体を変えた、私達はこの事実に向き合わなくてはならない」

「今日このスマート支払いプラットフォーム「pay .taipei」にはいくつかの特色がある、これが台北市の費用納入プラットフォームの統合、駐車、水道、聯合医院の費用納入等というだけでなく、台北市の関連財務支払いでありさえすれば、全てこのプラットフォームに統合し、支払い業者に直接統一されたプラットフォーム窓口を探させる、一々接続させる必要はない」

「支払いプラットフォームを開設した後でありさえすれば、納入時間と空間の制限はなくなる、たとえ真夜中であっても支払いでき、且つコンビニまで行く必要はない、そしてどんな時間どんな場所であっても支払いできる、最も重要なのは商業行為を変える事だ、支払いは更に便利にスムーズになる」

「私は電子商務に物流を加えることは、将来5年内にきっと台湾と世界の経済潮流を変えると確信している。今回上海に行き二都論壇に参加し、既にある市政交流に加え、もうひとつ重要なのは電子商務と物流だ、中国大陸はこの面で進展が相当早い、後発組の強みだ」

「明らかに大陸はこの面で台湾より進歩している、私は対象が誰であれ、自己より素晴らしくあリさえすれば台湾は学ばなければならない。これもまた今回の上海訪問の重要な目的の一つだ」
(以下略)


北市推pay.taipei 停車費、水費都可行動支付 自由時報電子報https://www.youtube.com/watch?v=im7IAEdS7Sc
スポンサーサイト

台湾新移民閩南語研究学習班

台湾に来ている新移民が閩南語の勉強をしその成果を発表する会に柯文哲台北市長が参加している。台北市の新聞稿から


新移民閩南語研究学習班の成果発表に出席 柯文哲:台北市は新移民に優しい都市だ
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/6/23

柯文哲台北市長は23日106年新移民生活適応補助指導課程閩南語研究学習班の成果発表会に出席し、挨拶で学習者に対して15課閩南語を勉強しただけで閩南語が上手で驚きだ、15課でこのように上手になるのは簡単ではないと言った。また台北市は一つの民主、自由、多元、開放の都市だ、その中の「多元」、「開放」は新移民に優しい都市ということだと言った。

柯文哲曰く、
「統計データによると、台湾の新移民は50万人以上、台北市は約3万5千人、最も多いのは、大陸籍の新移民で3万人以上、第二位はベトナムで920人、第三位はマレーシア245人、第四位はインドネシア籍の208人だ。新移民は家庭を離れて台湾に来た暮らしにも慣れていない、これに対して、台北市には新移民に手当する多くの政策がある、その中の一つが閩南語研究学習班だ。閩南語を学ぶ良い点は、第一に姑との関係が良くなる。第二はこの社会に溶け込むことができる。最大の良い点は、野菜の市場に行って野菜を買うのが比較的簡単になる。私はまた台湾雪巴(シェルパ?)協会会長張雪霸先生と中華民国セパタクロー協会理事長葉正彦先生の方たちの援助に感謝する、8月19日2017台北ユニバーシアードが開催される、私はみなさんが引き続き援助し、ユニバーシアードを成功に導くよう希望する」

会の後メディアの取材を受けた:
記者:鄧家基副市長が海峡論壇に出席したことに関して

柯文哲:去年も鄧家基は行ったこれは慣例によって出席する

記者:元副総統呂秀蓮がが海峡論壇出席を批判したことに関して

柯文哲:先に手配があった、これは定例の交流だ、且つ鄧家基は昨日帰ってきた、まだ彼と遭う時間がない。

記者:二都論壇に関して

柯文哲:私の態度はまず善意を示す、そして人の誠意をみる。私は現在多くの人が間違っているのはみんな自分をハリネズミのように武装していることだと考える。これは必要ない。人に対して良くしてあげたため、人も自分に良くしてくれるかどうか、答えは決まっていない、しかし0.5%の人のために、99.5%の人を捨て去ってはいけない、しかし今のところ、上海への予定は完全に定まってはいない。どうして敢えて行くと言うのか、まだ完全に決まっていないのにという人がいる、しかし一旦やると宣言したら、私は上海側はきちんと手配して、悪いようにはしないだろうと信じる、だからまず人を疑う必要はない、自分をハリネズミのようにする必要はない

記者:今回の二都論壇出席を利用して、対岸に2017ユニバーシアード参加を呼びかけるか?

柯文哲:ユニバーシアードの議題はその時に話さなければならない、私は大陸側は故意にユニバーシアードを欠席しないだろうと信じる、世界の大国なのだから、ユニバーシアード一つに全く人を派遣しないと言うことはありえない、彼らにもいろいろ考えがあるが、最後は参加するはずだし参加すると信じる。

(以下略)


出席活動嚐美食新移民台語口音逗樂柯Phttps://www.youtube.com/watch?v=PS4OZMXtTGc

台北市模範警官表彰

台北市の新聞稿から


台北市年度模範警官表彰 柯文哲台北市の警察がスマート化に向かうよう期待
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/6/15

台北市長柯文哲は今日(15日)午後台北市警察局に行き「106年度金吾賞表彰式典」に出席し、金吾賞を獲得した模範的警官を表彰した。柯文哲は挨拶で強調した
「正義の高さは一尺、悪の高さは一丈、だから警察は必ず「悪よりも更に高く」なければならない、過去一年、私は台北市警察局で多くの帳簿の電子化、麻薬捜査センターと科学技術犯罪捜査隊成立を含むイノベーション、がなされたのを見た、これにより私は警察が更に時代に追いつくのを期待する、また邱豊光局長に台北市警察のスマート化を重点作業に加えるよう言っておいた」

「警察局が模範警官を表彰する時、感動するとところは、家族も招いて一緒に表彰するところだ、これらの家族はいつも黙々と献身してきた、私が台湾大学病院で仕事が忙しいため、子供の成長過程の中で「父がいなく」なっていた、このため賞をもらった警官を表彰するだけでなく、これらの家族の思いやりに感謝する」

記者が質問した
記者:市長のFacebookで警察デーの投稿文が反響を巻き起こした、しかし現在多くの警官が年金改革反対抗議運動対策のためずぶ濡れにならなければならない、あなたはこれらの雨の中で勤務する警官をどう取り扱うか?

柯文哲:私は簡単な報告を聴いた、また局長に、もし拒馬を設置しているのなら、できるだけ警官をずぶ濡れにしないように言いつけておいた」

記者:独立派が再び蒋介石の銅像を切りつけたが

柯文哲:台湾は成熟した社会だ、狛犬を切る、蒋介石の銅像を切る、八田與一の銅像を切る、これらの過激な行為はどれも社会の大多数の人の指示を獲得できない。

(以下略)


警察節快樂|柯P對人民保母的感謝 https://www.youtube.com/watch?v=aOdRxkBzcn4

台湾語文書画特別展記者会

台北市の新聞稿から


台湾語文書画特別展記者会見に出席 柯文哲:台湾語は文化の重要な一部分であり、また台湾の自信を現している
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/6/10

台北市長柯文哲は今日(10日)台北二二八記念館( 生活の知恵、土地の花−台湾語文書画特別展)記者会見、彼は挨拶で語った、「台湾は私達が育った場所だ、台湾語は私達の母語だ、しかしだんだんとこの母語の未来にいくつかの困難があるのに気付かされる、私の子供でさえ台湾語はあまり話せないのだ。実際言語は意思疎通の道具というだけでなく、文化の象徴だと考える、私がアメリカに留学していた時放送番組を聴いた、私はどの単語も聴いて理解はできたしかし、ほかのアメリカの同級生が大笑いしている原因は理解できなかった、これこそ彼らの文化を理解していなかったという関係のためだ、つまり言語は Language というだけでなくそれは更に Culture というものなのだ」

「私は同時に考える、言語が表すのは民族文化の奥底だ、だから私は台北建成扶輪社と台北稻江扶輪社がこのような活動をすることに非常に感謝する」

「私は曾て「生意子難生(商売上手な子供を生むのは難しい)」を例にあげたことが有る*、しかし記者たちは誰もこのような台湾語を聴いても分からなかった。これらは全て私の母から習った、そしてこれらの俗語は大部分家庭の倫理や社会の様々な知恵を反映している。これこそ文化の一部分でありまた文化の現れだ。私がずっと、台湾を変えるには台北からはじめ、台北を変えるには文化から始めると繰り返してきたように、台湾語は文化の中の非常に重要な一部分だ、これは文化の基層の上に構成されるため、だから私は今日のこのような活動で、台北の文化の自信を表すことに非常に感謝する」
*)生意囝歹生 柯P一句台語考倒許多記者 民報

これより早く、柯文哲は早朝連外幹道舗装改修工事−中山北段路を視察に言った。

当該工事はユニバーシアード国際的重要大会がもうすぐなのに対応して、会場周辺と台北市主要幹道と連外橋梁で、台北市が老朽部分に対して舗装面を改修し、国外観光客と選手に台北市或いは台湾の大会で良い環境を体感できるようにする。

会の後記者が聞いた、早朝を選んでなぜきたかと、柯文哲は、特に変わってはいない、路面の舗装は夜の10時から朝の5時までだ、だからだ。朝早くは疲れないか? 外科医の時には、夜中でも起こされた、だから習慣になってる。

今日の視察の結果改善点はあるか? 台湾の工事品質は日本と変わらなくなっている、唯一違うのは、設計だ。道路の下に多くのパイプが埋まっているだからいつも道路を掘り返している。だからこれを総合して設計しなければならない。
(以下略)


起大早!視察道路優化 柯文哲:品質同日本https://www.youtube.com/watch?v=omOuIVB-Moo

ビデオでは市長は工事を見て50年前には考えられなかった、都市の改造には時間がかかるとも言っている。
1957-58 Taiwan https://www.youtube.com/watch?v=vZ9pms6ND2M

60年前の台北の写真

台北市議会での市長への質疑と答弁の要約

台北市の新聞稿から今日の議会での市長への質問と答弁の要約。


議員が公共住宅政策を質問 柯文哲:市政府がまず手本となる公共住宅政策を行う
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/6/9

台北市長は9日議会へ行き質問を受けた

市政府の公共住宅政策について

柯文哲:台北市政府はまず手本となる公共住宅政策を行う、公共住宅政策はずっと状況を見て調整中だが、数は下方修正はしない。

議員:信義区広慈園区改修案は、呉興街の交通に更なる渋滞をもたらすのではないか

林洲民都市発展局長:この案は北医大楼地下駐車場と周辺の駐車場及び両隣の捷運駅バス接続等を全て環境評価、交通評価で計画を整合し、工事完成後の交通問題を解決する。

議員:台北上海二都論壇がもし7月1日中共党の慶事の時にされたら、受けるのか。

柯文哲:二都論壇は時間はまだ確定していない。二都論壇は中共の党の慶事とは無関係だ、対岸は適当な時期に開催しなければならないと私は考えている、開催時期に関してはまだ双方の協議を通さなければならない、開催時期は私は別にこだわらない。

議員:もし大陸が柯市長に北京中共の党の慶事関連活動に出席を強要したらどう対応するか。

柯文哲:私は予測はできない、大陸側は私に中共の党慶事活動に出席させることはできないはずだ、二都論壇に対して、台北市政府は善意を表す、相手側も誠意を示すよう希望する。

議員:もし大陸側が市長に「中共創立記念日おめでとう」と言うよう要求したら、そのとおりにするのか。

柯文哲:私は言わない、双方の交際は相互尊重でなければならない、相手方は私の気性を知っているはずだ。

議員:今回の上海で開催される二都論壇では台湾メディアが会議場の外へ閉めだされることが再び起きてはいけない。

柯文哲:市政府大陸事務小組を通して、相手方に双方のメディアへの対応は公平な原則でなけれならないと伝える。

(以下略)


その他
千歲宴!四色牌賭場人客年齡加總近千歲! 台北市新聞稿

蔡英文說兩岸「維持現狀」 李登輝痛批:到現在還不改變 自由時報
蔡英文說兩岸「維持現狀」 李登輝痛批:到現在還不改變 https://www.youtube.com/watch?v=gvCM3AsX9PI

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)