台湾の歴史教科書草案で中国史を東アジア史の中に入れて客観的に扱う

十二年間国民基本教育社会分野過程綱要草案が明らかになった。報道によると、過去の学生が大量の知識を暗記し、且つ漢族中心史観に立っていたのに対して、新しい課程綱要では八単位を六単位に減らし、内容を減らし、過去よりも現在に近い時代を詳しく、台湾の最近5百年の歴史に重点を置く、また学生を主体とし、中国は東アジアの歴史の脈絡の中において討論する、世界史でも台湾と世界の相互作用を重視し、台湾を主体として次の世代の史観を構築するという。
社會新課綱 中國史放東亞脈絡討論 自由時報

草案によると、歴史の過程綱要では台湾史、中国史、世界史と明確に分けずに、混ぜあわせて三つの分野に分ける。各分野2単位にし、各単位で一個の導論、三つの主題、一回の歴史考察で構成する。例えば台湾関連分野の導論は、まず学生を「どう過去を認識するか?という思考に導き、三つの主題は「多元的な民族社会の形成」、「経済と文化の多様性」、「現代国家の造形」で、台湾は多民族社会だが、過去の歴史課は漢族を主体としていた、今回の新課程では原住民族を単独の項目とし、現代原住民族の境遇と権利の伸長を理解する。
別の現代国家の形成部分では、「台湾澎湖金門馬祖はいかにして一体となったか?」「自治と民主追求の軌跡」を討論させ、学生に国際情勢と台湾の地位、日本統治時代の政治と社会運動、戦後民主化等を理解させる。

第二の分野は中国史を含む、しかし中国自体の歴史を詳しく学ぶわけではない、「中国と東アジアの歴史交叉」を重視し、主題は「国家と社会」、「人々の移動」、「現代化の歴程」を含み、華人の移動、華商の世界に対する衝撃、共産主義の中国での発展歴程と東アジアに対する影響、地域統合と経済貿易統合等を重点とする。

第三分野は「台湾と世界」で、「イスラムと世界」の章では、イスラム文化の発展と拡張、西側との相互作用を理解する。

この草案は既に国家教育研究院課発会の審査に送られ、来月7月に公告、9月に公聴会、来年初めに教育部課審会審議に送る予定だ。

台湾新课纲草案把中国史放东亚史讨论 网友:数典忘祖 環球網
http://taiwan.huanqiu.com/article/2017-06/10868226.html
中共の中央委員会の機関紙『人民日報』の国際版環球時報のweb版環球網も取り上げているが、否定的なネットの意見を拾い上げ、脱中国化、台湾独立の動きの一環だと非難している。
スポンサーサイト

頼清徳台南市長国民に団結して蔡英文政権を支えようと呼びかける等のニュース

台湾のマスコミは戦後の国民党独裁の影響で国民党系が多い(台湾のほかの重要な部門でも似たようなものらしい)。しかし数少ない民進党系の台湾人寄りの放送局民視放送局の新ビル完成式典に蔡英文総統始め柯文哲台北市長など政治家も集まり完成を祝った。
民視數位總部落成 總統盼民視發揚創辦人「顧台灣」精神 総統府新聞
呼應總統團結說 賴清德籲全民當政府後盾 新唐人亜太台
外交困境 賴清德籲團結作政府後盾 nownews

そこで蔡英文総統は、「台湾人の総統として、私は全ての圧力を担ぎあげる、更に私はこの(中国大陸ではない)台湾本土の力が、私を一人にせず、必ず団結し、必ずみんなで、改革の政府に更なる支持を与えてくれる事を知っている」と言った。
頼清徳市長は、「中国の台湾を飲み込もうという企みは終始変わっていない、蔡英文総統と台湾の朝野は絶えず善意を示し続けたが。なお台湾の国際環境に圧力を加え続けている。蔡総統は現在直面する苦境を人民にはっきり話さなくてはならない。中国は恐るるに足らず、ただ恐れなければならないのは台湾が団結しないことだ、台湾が団結できさえすれば、人民が政府の後ろ盾となることができさえすれば、私はこのような状況に向き合うことができると信じる。この点が重要だ」と言った。

現場觀察》朱立倫與鄭文燦、賴神有說有笑 柯P成邊緣人 newtalk
の記事では、柯文哲台北市長、朱立倫新北市長、鄭文燦桃園市長、頼清徳台南市長が並んで座っていたが、柯文哲台北市長だけ仲間はずれのようになっていたと観察している。記事の写真を見る限りではただの印象批評のようだが、朱立倫市長は国民党、その他は民進党と立場や組織がはっきりした市長に比べ、柯文哲市長は無党派で、謂わば右も左も蹴っ飛ばす立場のためそういう傾向は確かにあるのかもしれない。

民視20週年台慶 蔡總統親自出席祝賀-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=GWdFgrQyt8c


台美高層互訪有望!美眾院通過台灣旅行法 newtalk
アメリカの下院外交委員会アジア太平洋小組は15日、「台湾旅行法」(HR535)草案を通過させ、来月下院外交委員会に送る予定だ。この草案では、アメリカ政府がアメリカと台湾各レベルの公務員と相互訪問を奨励しなければならない」と指摘している。

パナマが台湾と国交断絶

台湾と国交があった中米のパナマが13日中国と国交を樹立し、中国政府の台湾は中国に属するという主張を受け入れ、台湾との国交を断絶した。台湾もその後パナマとの国交を断絶した。
パナマ断交 蔡英文総統「決して脅しに屈しない」中央社
パナマ国交断絶 台湾の元外相らが懸念 「断交ドミノの可能性も」中央社
パナマが中国と外交関係樹立、台湾と断交 ロイター
台湾と国交のある国 日本外務省
總統針對巴拿馬共和國宣布與我國斷交發表談話 台湾総統府
巴拿馬與中華民國斷交影響 這篇一次看懂 中央社

台湾の各行政機関の反応。パナマは台湾の中米での重要な貿易相手国の一つだ、2003年自由貿易協定(FTA)に調印した。95%以上の品物で関税がゼロになっている。台湾の経済部は外交部と協力して協定の関連処理を進め、全力で中華民国の権益を守ると言った。台湾の外務大臣はパナマとの協力援助を即日停止し、大使館、技術援助全て引き上げると言った。台湾にあるパナマ大使館の台湾人職員は寝耳に水だが、失業だと言った。長栄集団はパナマに会社や埠頭を所有しているが、外交関係の影響は受けないと言った。教育部は現在191名のパナマ学生がおり、59名が外交部の奨学生だ、パナマには12名の台湾人学生がいる、自費の学生は影響ないが、奨学生は処理の仕方は各国違っているが外交部の原則に従い処理すると言った。漁業署はパナマとは公的な協力はないので、漁業の影響は少ないと言った。

巴拿馬轉向 專家:北京或踩美敏感神經 中央社
ロイター社の報道によると Carnegie-Tsinghua Center for Global Policy の中国とラテナメリカ関係の専門家 Matt Ferchen は中米のその他の国家も影響を受けて台湾が追い込まれるおそれがあるが、そうなると中米をアメリカの裏庭と考えるアメリカの議会、軍、政府の敏感な神経に触れることになるかもしれないと言った。

馬政府時期巴拿馬幹了這件事 呂秀蓮早知不妙 自由時報
呂秀蓮元副総統は国民党はパナマに国交断然されたのは民進党が九二共識を認めないからだと、謗(そし)っているが、馬英九政権時代パナマ訪問をしたが副大統領との食事の約束を急にキャンセルされ、議員もこなかった、あの頃から微妙な状態だったと言った。国内で分裂している場合ではない、中共が喜ぶだけだ、台湾の為を思い団結して国交断絶のドミノ倒しを防ぐべきだと言った。

最具實力邦交國 我經營巴拿馬多年難敵現實 https://www.youtube.com/watch?v=F_7sVICd-iI

北部豪雨災害対策本部を蔡英文総統が視察

台湾では1日から豪雨が続き死者が2名となっている。新北市「三芝区の2日午前0時から3日午後4時20分までの降水量は656.5ミリに」なった。
台湾の豪雨 死者2人、行方不明1人 引き続き大雨に警戒 中央社
蔡英文総統は今日午後桃園市の第三作戦区(北部)災害対策センターを視察した。
総統府新聞稿から


総統が第三作戦区(北部)災害対策本部を視察
公布日期  中華民國106年06月03日

続けて豪雨が台湾を襲っていることに対応して、蔡英文総統は今日(3日)午後馮世寬国防部長同伴で、桃園に行き第三作戦区(北部)災害対策本部を視察し、国軍がはじめに地方政府を助け災害防除と救助、避難任務を遂行したことを賞賛し、また政府は更に危機感を持って随時洪水対策をし旱魃への準備作業をする、そうしてこそ国民の生命財産安全を保障できると言った。

総統は到着後まず「災害状況」、「作戦区防災編成チーム」と「災害救助執行概況」の概略を聴取し、また台北防災区とテレビ連絡をし、台北地域災害状況と災害救助の様子を理解した。

総統は挨拶で表明した、「昨日早朝から台湾各地は次々と大豪雨が発生し、超大豪雨という状況だ。気象局の予報情報を通して、中央と地方政府は緊密に連携し全力で災害状況を掌握し急いで対応する」

「国軍がはじめに人員装備の配置を完成させたことは非常に良かった、特に土石流と冠水地区にはじめに予め兵力を配置し、十分に地方政府を助け、災害防止救助避難を行ったことが良かった」

「とりわけ国軍第三作戦区の部隊も速やかに防災救助作業に投入され、基隆、新北と台北市の被災地区を助け、災害復旧作業を展開した。第三作戦区の部隊だけでなく、国軍全体も全力で災害に対応した。災害が発生したところに、国軍も行き、国軍を見れば、国民は安心する。私は全ての防災救助の支援をする国軍の兄弟姉妹に感謝する」

「今回の雨の勢いは本当に大きい、特に今日の雨の勢いは中南部と山間部に集中している、みなさんは絶対に気を抜くことはできない。私は特にいくつかの事項を提起し、全ての政府部門は全力で実行するように。第一、部隊は引き続き動員能力を確保し、災害救助に対応して、随時防災救助作業に投入する。第二、行政院各部会と地方政府は連携を保持し、十分に協力し、最大の能力で、災害救助、避難、応急修理、負傷者の救助等の作業を行い、また連絡を保持し、引き続き対外に説明し、社会大衆が災害情報を速やかに知ることができるようにする。第三、政府各単位は資源を統合し、災害後の復旧作業の準備作業をする。その中で、農委会は特に野菜価格の変化に注意する。このほか被災者を助ける救助関連と災害後の救済に対して予め点検しておく。政府の準備が十分であれば、人民も安心できる」

最後に総統は指摘した、「現在台湾は気候変動の挑戦に直面している、暴風雨の頻度が上がっている、水害発生の確率も上がっている。」「私達は更に強い危機意識で、洪水、旱害等の作業について、随時準備をする、そうしてこそ国民の生命財産安全を保障できる」
showImage3.jpg
写真は新聞稿から



その他
2男扮解放軍跪「日少女」 中媒、網友崩潰痛罵 自由時報
今年2月あった広州のアニメ博で日本のアニメキャラクター風の少女に中国の解放軍の制服を来た二人が跪いている写真が、中国で現在流れて非難を浴びている。
600_phpoHbkbK.jpg
写真は自由時報の記事から、ネットから採ったとある。

台南市の総統教育賞の学生等のニュース

台南市の新聞稿から


台南市逆風少年3名の学生が2017総統教育賞を受賞
刊登發佈日期:2017/5/19 下午 05:53:37

教育部は本日(19日)2017総統教育賞受賞者名簿を発表、台南市永仁高中(国中部)陳育煥、人徳国中呉芝穎、青草国小郭玟伶の3人の学生が選ばれ、7月7日蔡英文総統の表彰を受ける。

教育局は表明する、受賞学生は身は逆境にありながら、楽観的な心理状態で向き合うという選択ができ、また困難な環境の中で絶えず自己を充実させた、誠に見上げたものだ! これらの人徳優良、多才多芸、或いは得意分野の中で優秀な成績をあげ表彰された学生たちは、人間性の光り輝く面を表しただけでなく、更に学校全体及び社会に善良な気風を打ち立て、模範とするに値する。

別に本市の15名の初回審査通過学生も称揚し、引き続き前向き積極的な態度で人生に向き合うよう激励する、教育局は本年(106年)6月10日(土曜日)午前本市安平区新南国小で授与式を手配し、頼清徳市長自ら授与し、公開で学生の困難な環境を克服した優良事績を表彰し、もって大衆の模範とする。

本市が得た教育部2017総統教育賞学生資料は以下の如し:

一、永仁高中(国中部)-陳育煥
父親が早世し、母親は病があり、家庭の経済環境の困難……、種々の要素が陳育煥を一度自分を見失わせることになり、反抗的な自暴自棄の少年になった。国中に進学した後、彼は永仁高中慈輝班に入った、また運命のめぐり合わせで陸上部に入り、教師が諄々と善導し、ついに彼は新しく自分の価値を探し当てた。
陳育煥は体育面での成績が傑出しており、台南市106年中運会国男組陸上1500メートルで第一位を獲得して、成績は大会記録を作り、「逆風少年」と言われるに値する! このほか夜間に水電技能を学習し、専門分野を身につけたことは、進んで学び進んで行動する、真面目でまた孝順な子供だ。
グランドの上で逆風に向かって走り、自己を超越した陳育煥は自分の生命のために新しい一ページを書いた、彼の成長の記録はその他の迷える学生を導く最良の気風となる。

ニ、仁徳国中-呉芝穎
幼い頃から親一人子一人だったけれど、呉芝穎は家庭環境の困難を恐れず、補習をしない状況下で、母親に学業の心配をさせないため、常日頃から深夜まで勉強し、学業は終始第一位を保った、このほか、性格の謙譲穏やかな彼女は、校内の人間関係もよく、しばしば学級委員に選ばれ、且つ導師管理の協力班の成績も良い。
呉芝穎はあいた時間を利用して親族のステーキ屋を手伝い、母親の負担を軽減し、非常に孝行だ。このほか彼女は英語とフランス語を自習し、また校内外の演劇、美術、作文、科学展等の各種大会で素晴らしい成績を収めた、全身これ才気、光芒きらめくが如き女の子だ。
映画を愛し且つ演じる天分がある呉芝穎は将来の希望は第二の李安になることだ、(以下略)



その他
106年第1季國際收支
經常帳順差國家,金融帳淨資產多呈增加
中央銀行新聞稿

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)