八田與一の銅像の首が切られる等のニュース

戦前の台湾で農業水利事業に大きな貢献をした人物として知られる八田與一氏の銅像の首が切られる事件が起こった。台南烏山頭ダム園区內に設置してあったが、今日早朝わかった、頭部はまだ見つかっていない。頼清徳台南市長に報告され、ただちに警察に捜査本部が設置された。また嘉南農田水利会に5月8日の命日の追想会前に修復するよう要請された。楊明風嘉南農田水利会会長は早ければ一週間で修復したいと言った。最近柯文哲市長の移行期の正義批判に反発して、台湾独立派が蒋介石の銅像の首をはねるという事件があったばかりだ。今度は台湾の教科書にも載っている戦前の日本人の銅像の首がはねられたということは、台湾独立派(台湾独立派は反中国なので自然に親日本的と見なされるし実際そういう人が多い)に反発する中国系の人間によるものかと邪推したくなるが、証拠があって言っているわけではないので実際のところはわからない。
八田與一雕像遭斷頭 水利會:最快一週復原 自由時報
八田與一雕像遭「斷頭」 賴清德:警方全力偵辦,5月8日追思會之前修復 風傳媒

追記:翌日の17日犯人がFacebookで犯行声明を出し、警察の事情聴取を受けている。犯人は台北市の元市議李承龍で中華統一促進党という中国と台湾の統一を目標にしている中国系の団体に所属している。白狼という中国系暴力団の幹部が代表を務めている団体だ。犯人はやはりみんなが心の中で想像した立場の人間だった。wikiによると李承龍は本省人とあるが思想的には中国系のようだ。

その他朝鮮半島関連のニュース
美國副總統彭斯抵韓 將與韓國代總統會談 自由時報
アメリカの副大統領が韓国に到着し三日滞在する。その後日本、インドネシア、豪州などを訪問する。

美軍如攻擊 北韓擬從南韓挾持外國人質 中央社
アメリカが北朝鮮を攻撃したら、金正恩は特殊部隊を韓国に送り込み、韓国にいる外国人観光客などを人質に取る可能性があるという。韓国にいる元北朝鮮の特殊工作員が Daily Mail に語った。

北韓試射失敗 陸專家竟讚金正恩智慧 中央社
北朝鮮の今日のミサイル発射は失敗に終わったという、世界は北朝鮮の技術が未熟なためと理解した。しかし中国の軍事専門家羅富強は逆に、これは金正恩の計算によるものだと考えている。目的はミサイル発射によってアメリカを恐れていないという態度を見せる、しかしアメリカが北朝鮮に出兵するリスクを失敗によって最小限に抑えたという。

朝鮮半島緊張 鴨綠江畔北韓士兵淡定 中央社
中国大陸と北朝鮮国境の遼寧省丹東鴨綠江河畔でAFPの記者が観察すると、北朝鮮の兵士に緊張感は見られなかった。

朝鮮半島危機 呂秀蓮:蔡英文處變不驚還是麻木不仁? newtalk

朝鮮半島危機因應 軍方回報「戰爭可能性極低」上報
スポンサーサイト

陳菊高雄市長が民進党の食事会で激怒?

今日の各紙の報道で陳菊高雄市長が民進党の食事会で党中央の人間が外部にデマを言いふらしたと激怒したと報道している。ただ民進党の発言人はこの報道を否定している。
總統午宴變調 陳菊怒轟黨中央? NOWnews
陳菊在小英面前怒轟黨中央? 與會者:餐會不歡而散 聯合報
菊姐怒了!傳總統官邸宴重砲轟黨中央 自由時報

報道を要約すると、2月19日に農會(戦前の農会の流れをくむ台湾の農協のような組織らしい)の末端の代表選挙が行われ、従来通り国民党系が勝利し、民進党系は農会では多数派に成れなかった。陳菊氏や頼清徳氏の新潮流系派閥の林宜瑾中常委が中常会で蔡英文系派閥の選対会召集人陳明文に対して敗戦の責任を陳菊と頼清徳両市長に押し付けようとしてうわさを流していると非難、その後陳明文は辞意を表明した。蔡英文主席は揉め事を収めようと、2月27日官邸に各派閥の幹部を集めて食事をして、陳明文に対しても慰留した。

しかし、当日陳菊市長は会で、色をなして怒り、党中央は外に対してうわさを流すべきではない、私が今回の農漁業会選挙中、子分の劉世芳を高雄市長にするため、高雄の国民党王金平系の蕭漢俊を応援し、民進党系の李清福を応援しなかったとなどと言っていると言った。現場の雰囲気が凍りつき、蔡英文でさえ口を挟めず、皆は顔を見合わせ言葉がでなかった。(話としては面白いが、あくまで報道で、本当か嘘かはわからない)最後は新潮流系の亜東関係協会会長邱義仁氏が場を収めた。党中央とは陳明文氏と民進党秘書長洪耀福氏のことらしい。

これに対して当日出席していた立法院長蘇嘉全氏は怒るようなことはなかった。大げさだ。討論はあったが、皆平静で、陳菊氏も穏やかだったと言った。
農會選舉挑戰藍天 綠挫敗 中時電子報

農会の選挙の後も農会の83%は国民党系で勢力図に変化はなかった。国民党寄りの聯合報の記事では民進党系は敗北ではない、国民党の基盤が強いだけだ、よく善戦したほうだと書いている。台湾の日本の農協に当たる組織では依然として国民党の影響力が強いということがわかる、また農会選挙を主導した新潮流系派閥への批判も他派閥からあるようだとわかる記事だ(wiki)。
陳菊當小英面轟黨中央? 陳明文:沒內鬨-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=hEAuccg5Z1g

柯文哲台北市長が台南市を訪問して頼清徳市長と交流

頼清徳台南市長は最近まで台北市で次期台北市長選に立候補するのではないかと言われていた。頼清徳市長は最近否定して台南市で市長を続けると言った。今日柯文哲台北市長は台南市を訪れ交流活動を行い、頼清徳台南市長とも会った。
台北市の新聞稿から


台南市政府と市政交流 柯文哲:2017台北ユニバーシアードで台南の人々が共同で大会を盛り上げるのを歓迎する
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/3/4

台北市長柯文哲は4日一級部局長クラスを率いて台南を訪問し、午後台南市庁舎に到着し市政交流を進めた。
柯文哲は表明した、
「台南市は台湾の文化古都だ、頼清徳市長の下、これらの歴史文物は観光の一環として整備融合され、地域の特色を具えた観光コースとして発展している。今回の訪問は特に台南市政府と台北市の都市観光、科学技術特区の開発、人間中心の交通、2017ユニバーシアードの経験を共有する」

「台湾は小さい、南北は協力し、互いに切磋し、学習できる多くの機会がある、今日両方の部局長が名刺交換して知り合うよう希望する」

「今年はユニバーシアードが台北市で集中して開催されるが、台南の人々も8月19日から30日まで共に大会を盛り上げるよう協力してもらいたい」

「台北市長になって2年、もし台湾社会を変えたことがいくつかあると言えるとしたら、私達が政治文化を変えることに力を尽くしたはずだということ、簡単に言えば『正しいことをして、間違ったことをしない』だ。私は市議会で何度も言った、『政治の目標は公務員は人民にサービスし、政府は信頼され、司法は公平、法律は人民に守られ、監獄は有罪の人を閉じ込め、警察は悪人を捕まえる』、ただ現在私は『警察は悪人を捕まえる』ことのみこの一点のみ達成していると考えている、その他はどれもまだ改善の余地がある、それ故私は一生懸命実践においてこの政治目標を提起している」

「私はアダム・スミス(原文は亞當史密斯)の信徒だ、各人が自分の最大利益を追求することが、合わさって国家の最大利益になる。それ故各部局長が自分が最も良いと考えることを全力で行い、それが合わさることが台北市政府の人民に対する最大のサービスになる」

頼清徳台南市長は歓迎の挨拶をして特に台北市政府に感謝を表した、
「去年台南で発生した大地震の時、台北市警察消防、義勇警察は、現場に災害救助協力に来てもらい、また台北市民に温かい寄付をしてもらった、どれも台南市の地震に対する相当大きな援助だった」

「地震の直後に柯市長に思いやりの電話を貰った、柯市長は台南市に必要なものは何でも台北市は必ず援助すると言った、このような台南市民と一緒に立つ暖かさに私は感動した」

「今日の双方の交流には三つのはじめてがあった、第一は、初めてこのような大規模な市政府の団体が台南市に来て市政交流をしたこと、これは歴史上初めてだ。第二、台北市は台湾北部の経済的に重要な首都だ、そして台南は台湾南部の文化的な首都だ、それ故、今日の市政交流も台湾で初めての南北二つの首都交流だ。第三の初めては、柯文哲は外科出身の市長、私は内科医出身の市長、南北二つの内科外科医師の市長交流だ」

会の後両市長はインタビューに答えた
記者:柯市長は意見交流の中で話したのは台北市の医療制度のほうが比較的完備していると考えてか?

柯文哲:私が指摘したのは台北市聯合医院のことだ、聯合医院は総合的な政策の推進において比較的うまくいっている。

(以下略)


曾爆賴清德志在2020 柯文哲受訪尿遁逃離-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=rADuwKNzyKU


頼清徳台南市長が新北市市長選挙への出馬を否定

総統選挙への出馬を噂されていた頼清徳台南市長は、1月に総統選挙への出馬を否定した、しかしその時は台北市長選挙と新北市長選挙への出馬に関してははっきりとは否定しなかった。頼清徳台南市長、「2020年総統選挙問題」はない 今日市長は、新北市長選挙にはでない、台南をしばらくは離れないと言った。
賴清德表態續留台南 推薦吳秉叡選新北市長 自由時報
賴清德不征討新北市? 推吳秉叡是適合人選 ETtoday

蘇貞昌元首相は数日前に、「もし頼清徳市長が故郷の新北市市長選挙に出るなら、私は支持したい、彼の選挙対策本部長になってもいい。もし頼清徳が来ないのなら、私は呉秉叡が最適な人選だと思う」と言った。これについて今日頼清徳市長は蘇貞昌元首相が自分を重視したことに感謝し、また呉秉叡立法委員の好意にも感謝した。しかし市長は全身全霊を市政に打ち込む、現在台南市は重大建設が進んでいる大事な時期だ、鉄道の地下化と去年の地震のビル倒壊等の再建作業を地震が責任を負ってやらなければならないと言った。また呉秉叡立法委員が新北市長に最適ではないかと言った。

その他のニュース
小英民調止跌 游盈隆:枯木逢春、離奇的轉變 自由時報
台湾の世論調査で蔡英文総統への支持度が回復した。41.4%の人が蔡英文総統の国家を率いるやり方に賛同し、41.3%が不賛同だった。賛同と不賛同の比率が一対一で去年11月の水準に回復した。

二二八消失的檢察官 著作入書傳世 中央社
台南市政府は今日呉園芸文センターで「明日に期待する人:二二八に消えた検察官王育霖」新書発表会を開催した。今日発表された本は、二二八事件70周年の今年はじめて王育霖氏の日記、手紙、詩文、評論を集め、また珍しい写真や王育霖氏の兄弟王育徳氏等の人の記念文集、と歴史学者が王育霖氏の夫人から聞き取った口述記録などをまとめてある。発表会には頼清徳市長、王育霖氏の夫人や子供が参加した。

柯文哲台北市長の人気が回復か

台北市は今日「台北エネルギーの丘」の名前で、全国で初めて埋め込み式太陽エネルギー発電所を開始した。柯文哲市長がらみでは今日はTVBSの主要政治家の人気度(聲望)調査で今まで世論調査で下がり続けていた柯文哲市長が第三位になったというニュースなどもあった。
公文上寫「10年後處理」...柯P再批前人不負責 自由時報
福德坑太陽能電廠 台北能源之丘啟用 中央社
政治聲望贏過小英 柯文哲:看看就好 自由時報
台北市の新聞稿から


「台北エネルギーの丘」開始記者会 柯文哲:非核故郷を推進しグリーンエネルギー台北を創る
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/2/17

台北市長柯文哲は今日(17日)「台北エネルギーの丘」開始記者会を主催し、挨拶で、非核故郷は一つの理想だ、しかし唯のスローガンではない、具体化し実践しなければならない、結局誰もがエネルギーは必要だが、どうきれいで安全グリーンエネルギーを手に入れるかが一つの努力目標となっている、と指摘した。

柯文哲は言った、
「『台北エネルギーの丘』は元は3ヘクタールのゴミ埋め立て場だった、現在表面には8,000枚の太陽電池パネルを設置し、去年(105年)の9月から工事を開始し、三ヶ月あまりで完成した。今年(106年)1月10日供給を開始し、データから見ると、自家供給以来、15万3000kWhの電力を供給した、今日の朝だけでも3,010kWhを供給し、グリーンエネルギーの模範だ」
「将来台北市政府は引き続きこのようなグリーンエネルギー方式に対応して、市政府が土地を提供し、民間の企業が資金を提供し共同で建設し、官民合同形式で台北市のグリーンエネルギーの発展を推進する。『台北エネルギーの丘』は全国で最大のグリーンエネルギー発電の太陽エネルギー発電所とみなせる」
「私は衷心からすべての『太陽エネルギーの丘』を推進した人に感謝する、わずか数ヶ月の時間で実施できたことは、台北市全体の効率が非常に良いことがわかる。背後の努力は推して知るべしだ、すべての同僚の払った苦労に感謝する、将来はここでレジャーや環境教育の要素も加えて、『台北エネルギーの丘』を台北市の環境保護の観光スポットにする」
(以下略)

世論調査の結果に対しての記者の質問
記者:あるメディアの調査では国内の政治家の中で声望が第三位だったが、自分をどう見るか?
(一位は陳菊高雄市長、二位は頼清徳台南市長、第三位は鄭文燦桃園市長と柯文哲台北市長、蔡英文総統は第十一位だった)

柯文哲:(笑)世論調査は株と一緒でちょっと見るのにはいいが、もし本気になってそこだけ重視していたら、正常な生活はできなくなる、毎日自分のできることに全力を尽くすことが第一だ。


首座「掩埋場」太陽能電廠 柯:公有屋頂也要做 https://www.youtube.com/watch?v=alRQw5mFqiE


A- A+ 朴裕河著《帝國慰安婦》讀後 從台灣人的觀點看日韓慰安婦的爭議 newtalk
台湾人から見た韓国の従軍慰安婦像などへのやや批判的な意見。この意見だけを盲信はしないが参考にはなった。

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)