台湾国慶日前夜祭で蔡英文総統が「台湾は過去一年良くなったこれからも良くなる」

明日の国慶日を前にして、今日国慶晩会が開かれた。これまで台北で開かれていた前夜祭がはじめて台北を出て台中市の台中体育運動大学で開かれた。
國慶晚會在台中 蔡英文:讓下一代看到希望 自由時報
蔡英文総統は挨拶で
「今年の国慶日の主題は『2017一緒に更に良くなる』だ、過去この一年台湾は確実に進歩した、ユニバーシアードは台湾が一流のスポーツ大会を開く能力があると証明し、選手は世界記録まで出し、素晴らしい成績で史上最高の成績だった」

「来年は台中市が世界花卉博覧会を開催する、その次の年には東アジアアジアユースゲームズも台中で開かれる、台中市の林桂龍のリーダーシップの下、再び台湾の美しさと親しさと情熱を全世界に紹介すると信じている」

「台湾の都市が順番に国際舞台に立つ、台湾人もまたこれにより更に自信を持っていく、自分の国家に栄光と誇りを感じ、みんなで団結し、世界に向かって大きく歩み出す、『これがより良い台湾で、圧力を恐れない台湾だ』」

「過去一年経済は好調で、失業率は下降、景気の指標を示す各項目は上向きで、国家の経済はプラスの循環に向かい、政府は年金改革、司法改革を推進したことには、一定の進展があり、税制改革法案も発表した、どの改革も台湾をさらに合理的にし、公平正義の制度にした」

「台湾経済は良くなり、生活も良くなった、若者は仕事があり、老人は介護され、これこそより良い台湾で次の世代に希望の台湾を見せる、台湾は今改変進歩しており、決心しさえすれば、台湾は必ずどんどん良くなる、『Better Taiwan』更好的台灣」

國慶晚會在台中 蔡英文:讓下一代看到希望 自由時報電子報https://www.youtube.com/watch?v=N4MLmPWLvCQ
スポンサーサイト

柯文哲台北市長「老人の日」の行事に出席

柯文哲台北市長が老人の日の行事で夫人の陳医師と同席することになった。台北市の新聞稿から


第52回老人の日大会に出席 柯文哲、敬老の精神を持ち続けるよう希望
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/10/8

台北市長柯文哲は今日(8日)全国各界が祝う第52回老人の日大会に参加し、挨拶で語った、
「中華民国老人福祉協進会は民国55年より始まり、全国模範老人と敬老モデルを表彰する活動を続けてきた、今年は31人の模範老人と19人の敬老モデル、5人の孝行な学生だった、これは敬老の精神の提唱に対して相当助けになると考える」

「台湾は将来5年内に、65歳以上の人口が20%を越える、それゆえ将来何年かして台北市は突然高齢化社会に入る。その主要な原因は第二次世界大戦後のベビーブームと少子化の関係が人口構造を比較的特殊に変えたからだ。この急速な高齢化の社会の中で、もし老人を長生きするだけでなく健康で楽しくさせるのなら、政府と民間が一緒に努力することが必要だ」

「去年も同じ場所で同じ表彰をした、しかし今年とは違う人を表彰した。私は毎年の開催を通して『吾が老を老として、以て人の老に及ぼす』の精神を引き続き推し広め、敬老の精神を伝え続けていくことができるよう希望する」

「この機会を借りて広告し市政府の政策を宣伝させてもらうと。医師として、意外に思ったのは去年肺炎が台湾の十代死因の第三位になったことだ、第一位はがん、およそ20%を占める、第二位は心臓病、第三が肺炎だった。私はいつ肺炎が第三位になったのか思っていたが、人口の高齢化のせいかもしれないと思い至った、人は老いると風邪をひきやすい、抵抗力も衰える、この時もし肺炎にかかると重症化し、脳に障害を与えたり、臓器に悪影響を与え透析などの重い後遺症を残す可能性があり、更に重い時は死亡するときもある」

「だから、今年の10月1日から、65歳以上の老人は必ず予防接種を受けるよう、もし以前肺炎レンサ球菌ワクチンの予防接種をしていなければ、今回するのが良い。老人にはインフルエンザの予防接種をして、もうひとつ肺炎レンサ球菌のワクチンを打てば二重の保障になる。老人には健康で長生きしてもらわなければならない、健康であってこそ楽しいからだ、それゆえ健康が重要なのだ」

「人はいつも『活動活動』と言う、この言葉は面白い、『活きて』いくなら『動』かなくてはならないためだ。それゆえみんなに家を出て歩くよう勧める。私は今日一日医師を担当し、老人の家を訪問する、私はいつも先輩たちには話しかける、外に出て歩いてくださいと。家でテレビばかり見ないでください、というのはテレビを見始めると、長い間見て眠り、最後にはテレビに見守られる。またこのようなため、480元の敬老カードは現在使用範囲を拡大されてバス、鉄道、猫空ロープウェイ、YouBikeですべて使える、来年は観光バスも使えるよう考慮している」

「これらのことをする目的はただ一つ、皆さんが機会を見つけては外に出て活動するように奨励するためだ、たくさん街に出て歩いて人と交流する、人と話せば頭ははっきりしてくる、これが健康にとって良い」

その後柯文哲は万華区に行き引き続き一日地域医師を担任し、中風で寝たきりの老人を訪問した。台北市聯合医院和平婦幼院区の陳佩琪医師も招かれ医師に付き添い出席した。彼女は語った、「医師は医療問題に対して詳しい、特に小児科医師はワクチンに対しては熟知している分野だ。65歳以上の老人は、もしまだ肺炎レンサ球菌のワクチンを打っていない場合急いで受けるように、50歳以上の老人もインフルエンザワクチンを打てる」
(以下略)


偕妻探視失能老人! 柯P力推居家醫療服務https://www.youtube.com/watch?v=u1piiXJ7n_o


その他
容安瀾建議台灣不獨?總統府:個人說法 沒有評論 中国時報
アメリカ国務省元報道官が蔡英文総統が「一つの中国」を認めたり台湾独立の否定をすれば習近平主席の達成したい目標を満足させられる、台湾独立は現在予定していないなどと言ってみたらどうかなどとシンポジウムで発言した。

頼清徳首相が連休中の高速道路夜間無料を決定

頼清徳首相が中秋節と国慶節の大型連休中の高速道路夜間通行を無料と決定した。交通部長は夜間通行を奨励すべきではないと反対だったが、首相が話し合い二人の決定という形で決まった。
行政院の新聞と新唐人亜太台の記事國道夜間免費 賴清德:與賀陳旦共同決定
行政院の新聞から


交通部台湾区国道高速公路局交通管理センターを視察 頼首相:民衆が国民への利便性提供措置と公共交通機関をより使用するよう願った
日期:106-10-04 資料來源:新聞傳播處

国慶節連休の国道交通の渋滞状況を考え、行政院長頼清徳は今日(4日)「交通部台湾区国道高速公路局交通管理センター」を視察した時表明した、
「今日は中秋節で、二日後は国慶節の4連休になる(10日火曜が国慶節で土日月火のこと)、これは大きな挑戦だ、交通部は国民の利便性を考えたサービスを計画提供している、国民は十分に理解して、全力で各種の情報を組み合わせ適切に応用して、4連休の交通混雑を安全に克服するよう願う」

「予防は治療より重要で、高速公路局が慎重に準備する措置は以下:
第一、夜間無料のほか、日中の非混雑時利用の料金減額を初めて実施する、多くの国民がバス鉄道を利用するよう希望する。
第二、高速道路の渋滞時の時間と場所について、交通部は情報を提供するので、国民が里帰りの時間手段などの計画に十分利用するよう。
第三、国民が「高速公路1968」Appをダウンロードして、映像などで道路状況を確認するよう奨励する。
第四、高速道路がもし渋滞していたら、交通部が計画している代替道路が利用できる。
第五、もし事故等が発生したら、公路局が対応し、専門チームもいつも待機し問題を解決する。」
(以下略)


20171004中天新聞 國道夜間免收費打臉賀陳? 賴:兩人共同決定https://www.youtube.com/watch?v=-P0v4oExPik


その他
中秋節催旺家運 5大風水秘笈報你知 自由時報

中秋節の家運を盛んにする5つの風水秘策という記事があった
1,文旦で邪気を払う
文旦の皮と葉は家を浄化するらしい。
2,中秋に収入財産を増やしたいなら、家の台所、冷蔵庫、或いは家のお金をおいているところにりんご、柿、金柑、栗等の果物を置くらしい。
3,桂花は運を上げるらしい。出世、及第、読書など。
4,炭を置いておくとお金が儲かるらしい。
5,文旦を寝室に置いておくと子宝に恵まれるらしい。

蔡英文総統「国家祈祷早餐会(National Prayer Breakfast)」に出席

蔡英文総統は今日、台北国際会議センターで開催された「第17回国家祈祷早餐会」に出席した。台湾宗教のウィキによると、2001年から始まった会で、キリスト教の各宗派が参加し、陳水扁、馬英九、蔡英文総統はみな参加しているという。孫中山、蒋介石、蒋経国、李登輝は皆クリスチャンで、民主化人士も多くがクリスチャンだという。ウィキには「自2001年起,官方皆會舉行盛大的國家祈禱早餐會(國禱會)」とある。
総統府の新聞から


総統は国民が心を一つにし、最大の力を結集し台湾のために頑張るよう祈った
中華民國106年09月30日

蔡英文総統は今日(30日)午前「第十七回国家祈祷朝食会」に出席し、国内外からきた信者と共に台湾のために祈った、また国民が心を同じく志を一つにし、最大の力を結集し、台湾のために頑張るよう希望した。

総統は挨拶で表明した、
「再び皆さんとお会いできて嬉しく思います、去年(105年)も信者の皆さんと一緒に私達の人民、土地、国家のために祈り、台湾が勇気を持って改革をし、絶えず上昇する国家となるよう祈りました」

「『国家祈祷朝食会』は基督教の世界の年に一度の盛大な集会で、また台湾社会が団結を見せる時でもある。全ての信徒、民族を問わず、党派を超えて、分野を超えて、一緒に台湾のために祈る。私は政府を代表して、皆さんが台湾社会の調和安定のためになされた努力に感謝します」

「過去の祈祷の主題はいつも国家の目下の期待に呼応していた、今年は『国家和して、万事興(おこ)る』を主題とする、これは台湾社会と人民の期待というだけでなく、政府が推進する改革が直面する重要課題だ」

「過去一年来、政府は多くの重要な改革を推進し、その期間確かに多くの圧力に直面し、改革の過程もまたいくつかの荒波をかぶった。しかしそれでもなお台湾の未来のため政府は揺るぎなくこの立場を守らなければならない。全ての不満は私が受け止め、改革の陣痛は私が引き受ける、これこそ総統として担わなければならない責任だ」

「台湾はより良く変わらなければならないし、またより多くの民間の力の投入が必要だ。私は特に今日の『国家祈祷朝食会』を借りて、全ての台湾人民のため幸せを祈る、またみんなが心を一つにして、最大の力を結集し、一緒に台湾のために頑張るよう希望します。『いつくしみと、まこととは共に会い、義と平和とは互に口づけし*』、台湾は必ず『国家和して、万事興る』ことができる」
*)詩篇 85:10

呉釗燮総統府秘書長、葉俊栄内政部長と各国駐台使節代表等を含む人々がこの活動に出席した。


20170930 總統出席「第十七屆國家祈禱早餐會」https://www.youtube.com/watch?v=th9zyEas7LI

頼清徳首相、翠山荘に李登輝元総統を表敬訪問す

行政院のビデオニュースから


106年9月24日李元総統に教えを請うこう 頼首相:政務に努め国民の期待に背かない
日期:106-09-24

行政院長頼清徳は今日(24日)李登輝元総統を表敬訪問した時語った、「李元総統は台湾で初めての民選総統で、静かな革命を推し進めただけでなく、台湾の民主を大幅に進歩させ、また台湾経済を大幅に成長させた、国民は皆彼を非常に尊敬している。私は新任の行政院長として、特に李元総統に教えを請いこい、且つ中秋節がまさに来たらんとするこの時蔡総統からの李元総統への早めの中秋節のお祝いも言付かっていた」

「李元総統は私に必ず目標とビジョンを持つよう願われた、そうしてこそ全国民に共鳴してくれるよう呼びかけることができると、また私が現在の台湾経済発展の苦境を突破するよう励まされた、とりわけ電力問題、李元総統は多くの日本の発展した再生エネルギーの経験を参考として提供され、電力問題がもし解決できれば、台湾への企業投資を奨励することができると話された。李元総統はまた半導体産業をうまく使い、次の段階のIoT産業の発展に利するようにしなければならないと建議された、これらの経験はみな非常に貴重だ」

「李元総統はまた私が能力のある人間を用い、教育、交通、治安、麻薬取り締まり等の問題に関心を寄せ、台湾社会を安全安心の社会にするよう期待された」

「李元総統は台湾の未来の発展と社会の安定に対する思いが言葉と表情に溢れていた、私は政務に努め、李元総統と全国民の期待に背かない」


賴清德拜會 李登輝哽咽讚:台灣難得人才-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=uOeOFApiygo

李登輝元総統はメディアの質問に答え、頼清徳首相は、台南市長時代の政治が良かった、台湾にとって得難い人材だ、国民が彼を応援しなければならないと言った。元総統は頼清徳首相は総統選挙に出るかと聞かれ、まだ早い結果が良ければ自然に支持されると言った。

賴清德請益 李登輝讚難得人才盼多給鼓勵 中央社
李登輝勉賴清德 突破台灣經濟困境首要須解決電力供應 自由時報

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)