比のドゥテルテ大統領南シナ海仲裁裁判判断は棚上げすると再度表明

フィリピンのドゥテルテ大統領は17日、中国が南シナ海で作った7つの人工島に防空武器システムを配備した事を聞かれ、「この政治ゲームにおいて、現在、私はあの仲裁判決を棚上げする。私は中国に対していかなる無理強いもしたくない」と言った。
地方政府に自治権を増やすことに関して「連邦制が唯一の解決方法だ。もし2018年までにこの事がなったら、私は大統領をやめる」と言った。
また16日夜にはアメリカ政府海外援助機構MCCが先週フィリピンの人権状況を来年3月まで見るため援助を延期したことに対して、「上等だ、私は歓迎する。我々はアメリカの金は必要ない、中国がたくさんくれる、中国には善良な魂がある。アメリカのお金がなくても、我々は生きていける。アメリカは必要ない。米軍は我が国を離れる準備をしろ。さよなら、アメリカ」と言った。しかしトランプ次期大統領に対しては「我々は同じような言葉を使って話す。私は彼の言い方が好きだ、私と同じだ」と言った。
全力親中 杜特蒂:擱置南海仲裁 自由時報
杜特蒂:擱置南海仲裁 不強迫中國接受任何事 聯合報

濫用止痛藥 菲強人杜特地健康啟疑慮 newtalk
の記事ではAFPを引用してドゥテルテ大統領が強力な痛み止めの fentanyl を使っていて医者に止められたと言った。偏頭痛持ちで脊髄に問題があり、血栓閉塞性脈管炎があると言った。

「中国が支援してくれる。米国よ、さようなら」 ドゥテルテ比大統領、米兵地位協定の破棄示唆 産経ニュース
スポンサーサイト

トランプ次期大統領が中国の南シナ海政策を批判

アメリカのトランプ次期大統領がtwitterで南シナ海問題について、「南シナ海の真ん中で巨大な軍事施設を建設してよいか我々に尋ねたか、私はそうは思わない」と書き込んだ。
推特發文狂嗆中國 川普:南海擴軍也沒問美國 自由時報
トランプ
トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり ロイター

トランプ氏関連の多くの質問と回答が今日の中国外交部のサイトに掲載してあるが、すべて訳す時間も能力もないので、今日のtwitterでのコメントについて直接聞いた部分だけ訳すと
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1421442.shtml 中国外交部


問:トランプは蔡英文と通話した後またソーシャル・ネットワーキング・サービスで文を発表し、中国の金融政策を疑問視し、中国が故意に人民元の為替レートを切り下げ、アメリカからの輸入産品に対して高額の関税を徴収しまた南シナ海で巨大な軍事施設を建設したと非難した。中国側はこれについてどう解読するか、また何か回答することはあるか? 中国側は彼のこの行為は彼個人が引き起こした間違いと考えるか、またはアメリカの次期政権の対中政策が大きく変わる信号と考えるか? 中国側は依然としてトランプは中国政府にとって信用でき、将来4年間協力できる大統領だと考えているか?

答:第一の質問に関して、私はみなさんは非常にはっきりとわかっていると考える、それは長年の間中米経済貿易関係の本質はずっと高度な共存共栄関係だったと、そうでなければ今日のこのような状況にまで発展することは不可能だった。この良好な発展の勢いを維持したければ、中米双方は両国関係の重要な原則を堅持する基礎の上に、継続して共同で努力しなければならない。

トランプ次期大統領とそのチームの幾つかのやり方の背後の原因に関して、我々は憶測はしない、しかし我々は必然的に中国に関わる問題に対して立場と態度を表明する。


川普再嗆中國 南海擴軍也沒先問過美國 20161205 公視晚間新聞 https://www.youtube.com/watch?v=JTjc35fCVak

キューバのカストロ首相が死去

キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が、キューバ時間の25日夜10時29分に死去した。享年90歳だった。キューバ政府は今日11月26日から12月4日まで全国の集会や上演活動を暫時停止させ、あらゆる公共機関、軍で半旗を掲げ哀悼の意を表すと宣言した。カストロ前議長の葬儀は12月4日に行われ、遺灰はキューバ東南部のサンチアゴ市の霊園に葬られる。
卡斯楚逝世 古巴舉國治喪9日 喪禮12/4舉行 自由時報

同じ共産党政権の中国習近平主席は今日弔電を送った。
习近平致唁电:伟大的卡斯特罗同志永垂不朽 環球網
http://world.huanqiu.com/article/2016-11/9736501.html

中央電視台のニュースによると、中共中央総書記、国家主席習近平は今日キューバ共産党中央委員会第一書記、国務委員会主席兼部長会議主席ラウル・カストロ氏に弔電を送り、中国の党、政府、人民、また個人の名義でフィデル・カストロ同志の逝去に対して、深甚なる哀悼の意を表し、その家族に心からのお見舞いを表明した。

習近平は弔電の中で、「フィデル・カストロ同志はキューバ共産党とキューバ社会主義事業の創立者であり、キューバ人民の偉大な指導者だった、彼は生涯の精力をキューバ人民が民族解放を勝ち取り、国家主権を守り、社会主義建設の壮麗な事業を建設することに捧げ、不朽の歴史的功績を打ち立て、また世界の社会主義発展のため不朽の歴史的功績を打ち立てた。フィデル・カストロ同志は我々のこの時代の偉大な人物で、歴史と人民は彼を覚えているだろう」と指摘した。

習近平はまた、「フィデル・カストロ同志は生前中国キューバ友好に力を尽くし、国交を樹立して56年来、中国キューバ関係は長足の発展を遂げた、これは彼の思いや苦心と密接不可分で、彼の逝去によって中国人民は一人の親密な同志と真の友人を失った、彼の光り輝く姿と偉大な業績は永久に歴史に残るだろう、偉大なフィデル・カストロ同志は永遠に朽ちることはない」と強調した。
震驚全球! 古巴強人卡斯楚過世 享壽90歲│中視新聞 20161126https://www.youtube.com/watch?v=x9nEYJvBNhE


亡命住民は“お祭り騒ぎ” 国内は喪失感大きく 産経ニュース

日本の寿司店が韓国の観光客に嫌がらせでわさびを大量に入れる?

日本に観光旅行に行った韓国人が特定の寿司店で寿司を食べたたところ中に大量のわさびが入っていた。これはたまたまではなく韓国人観光客にだけ嫌がらせで入れているらしいと、韓国で報道されていると台湾で報道している。
韓國旅日遊客被惡整 壽司遭店員放大量山葵 蘋果日報
這間日本壽司店超壞! 韓旅客po網被整照片 中華電視公司
日店員仇韓?壽司塗滿山葵惡整 網友PO照怒罵 中時電子報

韓国のメディア「fmkorea」の指摘によると、ある韓国人観光客が日本の某寿司店の心斎橋店(蘋果日報などでは店名が出ているのでリンク先に行けば見られる)で寿司を食べた時、店員は彼らが日本語がわからないと知ると、寿司の中にわさびを多く塗りつけて、観光客が食べた後の表情の変化を楽しんでいるという。リンク先に行けばその客がupしたわさびを塗られた寿司の写真が何枚もある。その後多くの韓国人が同じような目にあったことがあると書き込まれた。その他には「中国の観光客もたくさん被害にあっている」「その店は有名だ」「最低の行為だ」「日本なんかに遊びに行くからだ、自業自得だ」と韓国で書き込まれていると報道されている。

日本語の記事でその後の様子を伝える記事が10月3日にあったので貼っておく。
市場ずし難波店、外国人観光客に"わさびテロ"? 運営会社が事実認め釈明 The Huffington Post Japan

北朝鮮最高指導者金正恩が飛行機を操縦

12月30日、北朝鮮のテレビ局は金正恩がパイロットの指導のもと自ら飛行機を操縦する映像を放送した。画面の中で、金正恩は操縦桿を握り、資料をめくって見ていた。

実際に金正恩が操縦しているかどうか中国の専門家が画面を見て分析した。
それによると金正恩は確かに左側の機長の位置に座っていた。しかし、画面の中で実際に操縦桿を握っていた時は、地上にいる時と空を飛んでいる時だった。飛行機の離着陸の肝心の場面では、やはり右側の副操縦士が操縦したのだろう。実際のところ金正恩が座っていたAn-148のような現代の飛行機では、上空での巡航では経験のあるパイロットの指導の元なら、一般の人でも(飛行機が)一定の飛行をすることは可能だ。しかし着陸に入る時は経験のあるパイロットがしなければならない。また実際の民間航空機では副操縦士が実質的に操縦して、機長は責任を持って監督する立場だ。したがってこの金正恩の操縦する画面だけを見て、彼が実際に飛行機を操縦できると判断するのは非科学的だ。と専門家は言った。





http://nk.news.sohu.com/20150101/n407463886.shtml 搜狐
http://nk.news.sohu.com/20141231/n407456435.shtml 搜狐
http://mil.huanqiu.com/world/2014-12/5322841.html 環球時報

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)