台北市の宿泊施設が年増10%

台北市の新聞稿から


台北市のホテルの増加率が10%で宿泊者の増加率より高い
布機關:臺北市政府觀光傳播局
發布科室:觀光產業科
發布日期:2017/10/19
聯絡人:陳雅慧

個人旅行客の増加に連れて次々と新しい観光スポットが観光客の人気を呼び、台北市のホテルも新規開業が増えている、106年前半だけで新たに24軒増え、ほぼ年10%の増加率だ。台湾宿泊業サイトの統計資料によると、106年6月台北市のホテル宿泊者はもべ123万5,679人で去年同期比で9万3,934人の増加、8.23%の成長で、再度新記録を創った。ベットで計算したユースホステルは既に60軒あり、台北市ホテル581軒の10分の1を超えており、格安航空便の普及に連れホテルとホテル宿泊の様態も多元化している。

台北市政府観光伝播局主秘蕭君杰は語る、
「台北市は去年より今まで総計105の新造ホテルがあり、ただ12軒は営業をやめた、原因を分析すると家主が引き続き貸さなかった、建物が壊され改築、都市再開発或いは財産権でもめた、その中でもあるホテルは一般ホテルをやめて観光ホテルに変える申請をした」

「個人旅行の比率が上昇し、リピーター観光客の増加に連れて、華山1914文化創意產業園區、芝山文化生態綠園、白石湖吊橋、西門紅樓等のような新興の観光地が観光客を惹きつけ、観光客の訪問比率がどこも大幅に成長した。多くの観光客は台北の再訪、路地の探索、地方の文化観光をするようになった」

「近年来観光伝播局は積極的に近隣市場に働きかけ、日韓、ホンコン・マカオと大陸、東南アジア、欧米、イスラム圏の市場に強力に売りだし、全力で台北市観光を広めた。また積極的に大陸を含む東南アジア地域に本市の観光を売出し、一定の成果をあげた。来年度は更に地球規模に拡大し、戦略的に広めていく、また観光活動補助金を利用し、ホテル業者のパッケージ活動を奨励し、民間の力を借り、本市観光を推進し、この機会に民間と政府の協力の機会を切り開き、共同でセールスを行い、更に国内外の観光客が台北観光体験に引き寄せられるようにし、観光産業を活性化し、観光客、業者、市政府の三者が利益を得るようにする」


その他
連署成功!去中國化 網友提案台灣與日韓同時區 蘋果日報
台湾は現在中国と同じ標準時になっているが、標準時を日韓と同じ時間に変えて脱中国化をしようという呼びかけへの署名が行われ5千人を超えたので政府の機関が回答するらしい。

中国系の新聞は当然反発している。
挖歷史說真相 連署改時區去中國化太好笑!  中時電子報
スポンサーサイト

中華民国106年9月税関輸出入貿易統計速報

中華民国106年9月税関輸出入貿易統計速報.。中華民国財政部統計処の新聞稿から


106年9月税関輸出入貿易統計速報
発布日期 106年10月11日
発布單位: 財政部統計処
連絡人  統計処 梁冠璇 科長

一、輸出:
9月輸出289..0億米ドル、史上最高、先月比4.1%増、前年同月比28.1%増;第3季輸出837.6億米ドル、前年同季比17.5%増;1月から9月までの累計2,314.8億米ドル、前年同期比14.3%増。

輸出金額と年増率
saieibunn11.png

主要国家に対する輸出(美国はアメリカ、東協はASEAN)
saieibunn8.png

二、輸入:
9月輸入222.1億米ドル、先月比0.7%増、前年同月比22.2%増;第3季輸入659.9億米ドル、前年同季比11.4%増;1月から9月までの累計1,908.8億米ドル、前年同期比14.7%増。

輸入金額と年増率
saieibunn12.png

主要国家からの輸入
saieibunn9.png

2017年主要国家/地区の輸出入の年増率(出口は輸出、進口は輸入)
saieibunn10.png
表はすべて添付の新聞稿pdfから

新聞稿総合分析から
一、世界経済の回復がより広がるに連れて、各家電製品の牽引効果が現れ、非家電製品の購買意欲もまた良く、9月輸出は289.0億米ドル、史上最高だ。また去年台風の影響と中秋の連休で就労日数が減っていたため、前年同月比も28.1%の激増で、最近7年来最大の増加幅だ。輸入は輸出の需要が強く、基準時期が極端に低いため、年増22.2%。1月から9月の累計輸出入は前年同期比で14.3%、14.7%の各増だった。

二、9月の主要輸出製品の中で、電子部品が出荷ピークにあたり、規模ははじめて百億ドルを突破し年増20.8%。機械は海外投資とスマート製造設備の需要が順調で年増56.5%。プラスチック製品、卑金属とその製品の輸出は原油価格と鉄鋼価格の上昇に連れて34%を超えた。1月から9月の累計は、電子部品、機械輸出額が両方新記録を創ったため、それぞれ15.5%、21.4%の大幅成長で、最も注目される結果となった。

三、9月は主要な輸出市場に対してどこも20%以上の成長だった、その中の欧州は39.9%の増加で99年6月以来最高。中国大陸と香港、日本に対する輸出規模は斉しく新たに高いレベルに達し、それぞれ29.6%、25.6%の成長。アメリカに対する輸出は史上第3位の高さで年増20.6%、アジアに対する輸出もまた新記録を刷新し28.1%の増加。1月から9月の累計は中国大陸と香港、ASEANが各17.4%、16.3%で最大の増加幅で輸出を牽引する二大エンジンだった。

四、今年の景気は着実な回復傾向から成長の加速に向かい、モバイルデバイスのイノベーションとグレードアップ効果とIoT、車用電子部品、人工知能(AI)、スパコン等の新興のビジネスチャンスが広がり、加えて中国大陸と欧米で年末の買い物シーズンが来る、どれも我が国の輸出の原動力を増やすのに役立ち、一年間の輸出入両方が最近6年で最大の増加速度に達することが期待できる。


下次發布日期: 106年11月7日下午4時

蔡英文総統外国企業招致論壇に出席、今年の台湾経済は好調と宣言

中華民国行政院の新聞稿から


総統が「2017年台湾グローバル企業誘致論壇」に出席
中華民國106年10月06日

蔡英文総統は今日(6日)午前「2017年台湾グローバル企業誘致論壇」に出席し、政府の経済成長推進と投資機会を創造する上での政策と貢献を説明し、また台湾の経済がどんどん良くなり、グローバル企業が台湾を投資計画の中に加え、台湾を協力のパートナーとして選択するよう希望すると強調した。

総統が英語で挨拶した時、まず経済部が苦心して今回の論壇を開催し、彼らの優れたチームワークが、世界に台湾が素晴らしい投資環境を持つことを示してみせたことに感謝した。総統は今回のグローバル企業誘致論壇に参加するため、世界各地から来た全ての企業を歓迎し、また台湾企業の台湾回帰も歓迎した。

総統は言った、
「過去14年来、グローバル企業誘致論壇は台湾の投資環境の素晴らしさを示してみせる最も良いプラットフォームであり続けた。今年、私は更に自信を持って皆さんに訴える、現在が台湾に投資する絶好の機会だ」

「多くの鍵となる指標は台湾経済がしりあがりの状態だと示している。輸出統計は既に12ヶ月以上成長している。GDPの成長も予想より良い。失業率も26ヶ月以来の最低に下がった。数十年の後、私達はついに再度投資と雇用機会が台湾に帰ってきたのを見る」

「TSMC(台湾集積回路製造)とWinbond Electronics Corp(華邦電子股份有限公司)は最近別々に台南と高雄で百億ドルを超える投資案を発表した。これらはどれも台湾経済発展の展望に対する最もよい評価だ。この先数年、政府は全力を尽くして経済の成長原動力を確保するだろう」

政府の経済成長推進と投資機会の創造の上での政策と貢献について、総統は強調した、
「第一、政府は引き続き産業の構造転換を進める。5+2イノベーション産業*は産業構造転換の過程において新しい原動力を注入するためだ、戦略的投資によって、新しい経済発展のモデルを形作りたい、特にIoT、スマート機械、グリーンエネルギー、バイオ産業、国防、新農業、循環経済(Circular economy)この七項目は台湾において既にサプライチェーンの優位性があり、同時に将来性のある産業だ。私達は最近また国家的な投資会社『台杉投資管理顧問股份有限公司』を成立させて、科学技術と産業イノベーションの過程を加速させる。その他、長期的なインフラ投資も相当重要で、政府は数千億の特別予算を組んで、台湾の鉄道、グリーンエネルギー、水環境、デジタル、都市と地方の生活基盤整備を強化する。
*)「五加二」產業是什麼?http://pocketmoney.tw/5plus2/

第二、政府は人を引きつける投資環境を打ち立てている。資金募集、会社設立、外国人専門家の居留等に対して配慮し、引き続き国内法規の緩和を進める。またちょうど税制改革法案の計画も完成し、公平合理な国際競争力を具えた外国人も来たがる税制を打ち立てる。投資家が台湾を評価する時、速度と効率が彼らが関心を持つところだ、それゆえ私達は24時間回答するサービス窓口を設け企業が台湾で商売をするのが更に便利になるよう助ける。

第三、政府は台湾の地政学的位置を有効に利用する。台湾はアジア太平洋、ASEANと南アジア市場に連結した絶好の場所だ。去年5月から、私達は新南向政策を重点政策の一つにしており、新南向政策の強化によって、SASEAN、南アジア各国と一緒に長期的経済貿易パートナーとなりたい。新南向政策の初期の成果は既に投資、貿易、観光、教育等の面で展開されている。次の段階は、私達が人材育成、長期的パートナーシップを打ち立てることに努力して台湾の強靭な中小企業文化を共有する。私達はグローバル企業と台湾企業の協力でアジア新興市場の成長に共同で参加するのを歓迎する」

「皆さんは覚えているかもしれない、数年前、多くの人は私達の経済を良いとは思っていなかった、下がるGDP, 減少し続ける輸出、また地域間でどんどん強くなる競争圧力もあった。嬉しいことに、台湾は変わっている、私達の経済は原動力、強靭な成長を再び見つけ、産業構造転換、魅力的な投資環境、地域の連結の三つの面から見て、台湾経済は将来数年ますます良くなる」

最後総統は、グローバル企業が台湾を投資計画の中に含め、台湾を提携パートナーに選ぶよう要請した。
既に経済部が投資意向の22の企業と調印したことに総統は特に感謝を表明した。

経済部次長龔明鑫もここに参加した。


20171006 總統出席「2017 年臺灣全球招商論壇」https://www.youtube.com/watch?v=_ULOsTgZyBs

經部招商引資不間斷 22國際大廠投資臺灣  経済部
この経済部新聞によると経済部が調印した投資意向の企業は日独企業がそれぞれ6企業27%ずつで最多、アメリカ企業が18%など。

台湾の光学レンズが中国での輸入市場占有率で初めて首位になる

中華民国経済部の新聞から


我が国の光学レンズが中国大陸と香港の輸入市場占有率で首位、初めて日本を越える
發布單位:統計處 發布日期:2017-10-05 上午 09:00
發言人:經濟部統計處 王副處長淑娟

1,106年8月までに光学レンズの輸出は年増16.1%。光学レンズはカメラ、モバイル装置、自動車、監視カメラ等の面で広範に応用される。近年我が国光学レンズの輸出の伸びは急激で、100年と103年に飛躍的に伸び、それぞれ74.6%と61.5%の大幅増加をした。ただ105年世界的な景気の停滞を受けて、消費の不振のため7.3%の輸出減だった。最近次世代携帯がデュアルレンズ搭載が主流になり、加えて車用のレンズ等の需要が増大したことにより、106年8月までに光学レンズの輸出金額は12.8億ドル、前年同期比16.1%増、とりわけ韓国とベトナムへの輸出は倍の成長率になり、それぞれ129.3%と100.1%の増加だった。主要な要因は韓国のスマホが世界市場で一位となり、ベトナムでも近年ある国際情報電子業者が設備投資をしたために、我が国光学レンズの需要の大幅増をもたらした。

2,我が国光学レンズは中国大陸と香港を主要な輸出市場とする。105年我が国の光学レンズの輸出は、中国大陸と香港への販売が11,5億ドル62.9%を占め最多となった。韓国は2.4億ドルで13.2%で次、ベトナムは1.7億ドルで第三位。100年と比較して、中国大陸と香港への輸出が輸出の中で占める割合は百分の24.6の増加で最も多く、韓国とベトナムはそれぞれ百分の12.3と百分の9.1の増加、しかし日本への輸出は8.5%を占めるだけで、百分の30.7の大幅減だった、主要な要因はスマホの普及で、カメラレンズの需要が大幅に減少した結果だ。

3,中国大陸と香港の輸入における市場占有率は首位になった。105年我が国光学レンズは中国大陸と香港の輸入における市場占有率は35.6%となり、初めて日本を抜いて第一位に躍り出た。日本が33.0%でその次、韓国が9.0%を占め第三位。100年から我が国の市場占有率は年を逐って高まり、5年来百分の23.8の大幅増加、ベトナムでの増加は百分の2.0の増加、その他の主要輸入国家の市場占有率はみな減少し、また日本では百分の21.1の大幅減だった。

4,韓国の輸入における市場占有率は年を逐って増加している。別に各国の光学レンズの韓国での輸入市場占有率について観察すると、中国大陸と香港の105年の市場占有率は首位だったけれども、ただ既に30.2%に降下している。我が国業者は高度技術を持ち、近年の市場占有率が年々増加し、とりわけ105年は日本を超えて第二位になり、106年の8月までには市場占有率はさらに24,8%に達し中国大陸と香港の25.3%に迫っている、日本は近年下降の趨勢で、105年は13.2%を占め、第三位だった。


中国大陸での光学レンズの輸入市場占有率(経済部新聞から)
wHandNews_Image.jpg

その他
柯P是你? 日本吉他大師 跟柯文哲撞臉啦!自由時報
石黑一雄取材多元 國內文學界讚:大格局作家 蘋果日報

中華民国106年8月税関輸出入貿易統計速報

中華民国106年8月税関輸出入貿易統計速報.。中華民国財政部統計処の新聞稿から


106年8月税関輸出入貿易統計速報
発布日期 106年9月8日
発布單位: 財政部統計処
連絡人  統計処 梁冠璇 科長

一、輸出:
8月輸出277.7億米ドル、103年9月以来最も佳い、先月比2.4%増、前年同月比12.7%増、連続11ヶ月プラス成長;1月から8月までの累計輸出2,025.9億米ドル、前年同期比12.5%増。

輸出金額と年増率
Screenshot_20170908_204957.png

主要国家に対する輸出(美国はアメリカ、東協はASEAN)
Screenshot_20170908_203924.png

二、輸入:
8月輸入220.6億米ドル、先月比1.5%増、前年同月比6.9%増;1月から8月までの累計輸入1,686.9億米ドル、前年同期比13.8%増。

輸入金額と年増率
Screenshot_20170908_203643.png

主要国家からの輸入
Screenshot_20170908_204009.png

2017年主要国家/地区の輸出入の年増率(出口は輸出、進口は輸入)
Screenshot_20170908_204049.png
表はすべて添付の新聞稿pdfから

新聞稿総合分析から
一、世界経済の景気の安定回復の恩恵を受け、各電子端末製品の牽引効果が次々と現れてきて、非電子製品の購入意欲もまた良く、8月輸出は277.7億ドル、3年来最高、前年同月比12.7%増。連続11ヶ月プラス成長。輸入は輸出の需要拡大によって強く押し上げられ、半導体施設の投資購入の減少傾向を打ち消し、6.9%の成長。1月から8月の累計輸出輸入は;前年同期比各12.5%、13.8%の増。

ニ、8月主要製品輸出は多くが二桁の成長を呈し、その中の機械は海外投資とスマート製造と設備の自動化の需要が強く、26.8%年増は最もよく、プラスチック製品、卑金属とその製品輸出は原油価格、鉄鋼価格の上昇に従い、15%の増加、電子部品輸入は出荷ピークで年14.4%増、機械と電子部品輸出の輸出スケールは歴年単月の新記録、1月から8月の累計も、17.7%、14.7%。

三、8月主要輸出市場の中で、対ASEANが19.0%増、中国大陸と香港14.5%、規模は53.5億、113.9億ドル、別々に歴年単月第5と第3の高さを創った。対欧州7.7%増、アメリカ7.1%、日本6.2%、皆連続7ヶ月以上のプラス成長。1月から8月累計は地域全体の需要が増え、14.5%、総輸出の押し上げへの貢献率は8割に達した。

四、今年の世界の大きな流れはプラス成長の維持、モバイル装置のイノベーショングレーアップ効果とIoT、自動車電子部品、人工知能、スーパーコンピューティング等の新興ビジネスチャンスが上向きで、加えて中国大陸の10月1日ゴールデンウィーク、光棍節の購買の波と欧米の年末が来るため、皆我が国の輸出に有利だ、一年の輸出規模は期を追って高まることが予想され、6年で最大の増加速度になる。


下次發布日期  106年10月11日下午4時

頼清徳新内閣が発足 まずは来年度予算案の調整に着手 中央社

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)