台湾模範教育者列伝、「全ての子供をファラデー少年にする」

中華民国教育部(文部省)の新聞から写真も
b8dc4c3d-9f17-4d53-b2e5-61fc2d9867ae.jpg


教育者ブログ人物模範 光武国中校長林茂成:子どもたちをファラデー少年にする!
師資培育及藝術教育司 聯絡人:蔡雅智
上版日期:106-09-26

「知識は持ってきて使う、能力は使って人を助ける」 新竹光武国中林茂成校長ははじめは化学を学んでいた、卒業後教授について中央研究院へ行き学術研究に身を投じ、一日に平均三言も話さなかった。誰も現在の彼を想像しなかった、現在の彼は、教師から校長になり、「ファラデー少年探求授業」を通して毎年季節ごとに分けて子供を連れて山に登り、渓流を遡り、自転車で台湾を周り、光武国中を毎年数百名の学生が押し寄せるため人数を規制する学校にした。

林茂成によれば、中興大学化学系を卒業後、中央研究院で毎年朝7時から夜8時9時まで研究生活をしていた。「当時の私は教師になりたいとも思っていなかった」 3年が過ぎ、彼は毎日三言も話さず、人との交流も殆ど無いことに気づいた、それゆえ進路を変え、いつも話ができる仕事に変えることにした。そして彼はまず私立学校に採用された、進学至上主義の教育環境の中で、林茂成は子どもたちの学業以外の生活に関わる必要はあまりなく、思い通りに高得点を取る子供を作り出すことができた。このように私立校の他の教師と同じような林茂成であったとしても、公立学校の仕事へのあこがれは強かった。

民国89年、彼は願いどおり光武国中に入った、もともと点数至上主義の私立高校から逃れたいとの考えから、天国に来たわけだが、あにはからんや、校門に一歩入ったら、言葉遣いの汚さ、喫煙喧嘩の学生たち、このような環境は彼を驚かせ、思わず自分は私立校の教育が合っていたのではないかと疑い始めた、過去林茂成は私立校の学生に試験のテクニックを教えるのに長けていた、例えば難しい化学原理を彼独自の方法で学生に憶えさせていた。今これらの技術は光武国中に来て、ほとんど無用の長物になった、生き生きとした授業を試みたが、それでも6,7人の子供は机に突っ伏して寝ており起こしても起きない。一部のベテラン教師は退職までの日にちを数えながら過ごしている、全校の雰囲気は相当悪かった。

しかし、これらの手のかかる学生たちと過ごしていて、林茂成はだんだんと気づいてきた、これらの子どもたちは別に根っからタバコや乱暴狼藉が好きなわけではない、育った環境と家庭の違いから違う個性になったのだ。彼は語る、「どの子も唯一無二の一冊の本だ、教育者がしなければならないのは自分が好きな本だけを選ばない、そして我慢して目の前の一冊ごとの本を読み切り、各子供の成長の様子を認識し、その後本の中に入って、主人公と相互交流をする」

「学習者の生活経験から出発することによってのみ、学習の興味を掻き立てることができる」 学生との距離を近づけるため、林茂成が校内で行った最初の科学展のテーマは「防弾ガラス」だった。彼は笑って語る、「当時私は学校の子どもたちがBB銃で卵を割るのが好きだということを観察し、霊感がひらめき、子どもたちにBB銃でも割れない防弾ガラスを作らせようと決めた」「当時子どもたちはこれを聞き、目を丸くし、積極的に次に何をするのか聞いてきた」 林茂成が最も人に賞賛されたのが「ファラデー少年探求授業」だ。だんだんと子どもたちを連れて山登りを開始し、徐々に渓流上り、緑島に行き、自転車で島を一周等の移動学習授業に発展していった。彼は考える、「学校内での運営とか、校舎が新しい古いとか、設備がいい悪いとかは絶対に問題ではない。鍵は子どもたちが自分のいるコミュニティーと学校から出発して、生活と環境の中で学習できるかどうかだ」

林茂成の観察によれば、子どもたちはファラデー少年探求授業の中で変わっていき、彼と周りの人の想像をはるかに越えていった。例えば、某年彼は子供達を連れて司馬庫斯の渓流上りをした、冷たい河の水が不思議にも校内の子供達の元々あった派閥の対立を氷解させた、いつもはしょっちゅう校内でいがみ合っていた子供達が、大自然の挑戦に向き合った時、突然助けあうことを体得した。
この体験の後、林茂成は校内の教師が渓流上りに行くよう手配し、また子供達に教師のコーチをさせた。教師たちは帰って来て、元々彼らの眼中にはただの乱暴者だった子供が、渓流上りの過程の中で、意外にも必死で教師の安全を守りたがった。このような体験は教師たちに子供達に対する新しい見方を構築させた、「子供達の内面にも善良純真な一面があるように見える、大人は安易に子供達を見捨るべきではない」

今、探求授業は国外にまで展開されている、今年の夏休み林茂成は21名の子供を引き連れスイスの田舎へ行きバックパッカーとなった、子供達は自分で地図を見、行程を計画することを学んだ。
(以下略)

スポンサーサイト

台湾の古典の授業の割合はほぼ現状維持と決定

最近の台湾では高校の国語の授業で古文の割合を現行の45%から65%となっている割合から、減らすべきだと論争になっていた。減らすよう主張している人は台湾人意識の強い人が多く、台湾の文学作品などをもっと増やすべきだと主張していた。台湾で中国の古文教育の割合で論争。昨日その割合を決定する会議が開かれ、古文の割合はほぼ現状維持となり、大幅削減を主張していた人たちを落胆させた。教育部の新聞に結果が載っているが長い上に、固い文章なので、メディアの記事を要約すると。
課審制度漏洞 保送文言文派上壘 自由時報

結論は
文言文(日本の古典漢文)の割合は現行の45%-65%から45%-55%になった。
白話文(口語文)の割合は現行の55%-35%から55%-45%になった。
選文の篇数は9月23日に決定
中華文化基本教材 四書、諸子百家
文化經典教材《詩經》、《左傳》、《禮記》、《論語》、《孟子》、《老子》、《莊子》、《墨子》、《韓非子》等
白話文 台湾新文学作家(原住民作家も含む)の作品を主とする

ということらしい。
会議では表決で過半数を越えなければ研修小組草案と呼ばれる原案が通ることになっていた。文言文の表決では委員の合計48人,出席45人,過半数が23票で
1,文言文の割合を決めない:13票賛成,21票反対,11票棄権。
2,文言文の割合40-50%:21票賛成,14票反対,10票棄権。
3,文言文の割合30-40%:15票賛成,9票反対,21棄権。
4,文言文の割合30%以下:16票賛成,13票反対,16棄権。
となったため原案が採用された。
課審文言文比例維持不變的「功臣」:你知道有多少票棄權嗎? The news lens
高中國文課綱 文言文比例訂45%-55% 20170911公視早安新聞https://www.youtube.com/watch?v=DA0JWeOf8pE

公視新聞のアナウンサーは朝は中国語のようだ

台湾で中国の古文教育の割合で論争

台湾の高校の教科書の漢文の割合を巡って論争になっている。中国人意識の強い人は割合を高くするべきだと主張し、台湾人意識の強い人たちが、割合を減らすべきだと主張しているようだ。
台湾の高校教科書、古典漢語の割合めぐり議論に 中央社

今日「文學台灣」という雜誌社が文言文(日本語訳は漢文となっている)の割合を減らすべきだという立場から声明文を出した。135人の作家が支持する署名をしている。
鍾肇政等135位台灣作家連署 支持調降文言文比率 蘋果日報


文言文の比率を下げ、台湾新文学教材を強化することを支持する−この国の国語教育改革の主張

声明稿

教育部課審会の12年国教国語文課綱(指導要領)の審査によって、高中(高校)国文の文言文比率と推薦選文部分が連日各界の議論と注目を引き起こしていることに関して、台湾文学学会は既に、大幅な課綱の調整、具体的には、学生の学習の需要と教師の授業配分の自主性を考慮し、文言文教材の比率を適切に下方修正し、台湾文学教材を増やし、学生の文章読解への興味を掻き立てる、という呼びかけを提出している。これはこの国の国語教育改革の鍵となり、国民文化の人格形成に役立ち、読み書きの能力向上に対して更に役立つ。

この国の国語教育は長い間文言文に偏重されてきて、国民文化形成の足かせとなって、国民の魂の開放を阻害してきた。国語文の過程の修正の波は、文語文と口語の比率調整の論争に陥り、新しい視野を欠いている、これは戦後の国民党と国家が一体であった体制が残した弊害が病巣なのは確かだ。

国語文は象徴、道具、方法、精神の層で絶えず時代の変化の中で更新されてきた。中華文化は台湾文化の要素の一つであり、文語文から口語まで歴史であり、また現実だ、我々は否定しない。しかし中国五四運動の新文化運動・白話文運動、台湾の日本統治時代から戦後までの新文化運動及び現在の国内の各民族の言語復興運動、これ等全ても国語文に内包される重要な要素を形成しており、どれかに偏ることは良くない。もしなお文語文教材に偏るようであれば、すなわち守旧主義への依存であり、更には台湾の植民地意識、場違いな中国結びの再現となる。民主化に邁進し、国家再建を追求する台湾は、一日も早くこの種の首枷と桎梏を捨てなければならない。

台湾文学学会は大幅な課綱調整をし、台湾文学教育を強化し、世界と同期するよう要求する。創作者として、詩、散文、小説、評論、劇作で苦闘してきた台湾作家グループの私達は、この国の国語教育改革に関する主張を支持しまた呼応する。我々はこの国の国語教育が青少年を導き、国民養成課程の中で、台湾のこの土地と繋がり、台湾文学作品と一緒に呼吸し、更に世界文学の観照を経て世界を認識できるよう強く希望する。以下我々の三つの訴えだ

一、教科書の文言文の比率を下げ、国語の読み書きを活性化することを支持する。

ニ、台湾文学作品の国語教科書での分量を増やし、この国の国民文化人格の養成と台湾をシンクロさせ、この国の国民の魂と台湾のこの土地を繋がらせる。

三、台湾の国家再建に足並みを合わせ、この国の国語教育は台湾語、客家語と原住民の言語の教材を強化し、世界と同期しなければならない。

共同發起人
鍾肇政、林亨泰、鄭清文、趙天儀、李魁賢、東方白、岩 上、姚嘉文、張良澤、莊萬壽、
劉靜娟、楊青矗、吳 晟、呂興昌、陳 列、曾貴海、李敏勇、陳萬益 、康 原、陳芳明、
彭瑞金、鄭邦鎮、黃勁連、蔡文章、江自得、鄭烱明、邱各容、杭 之、蘇紹連、廖玉蕙、
應鳳凰、林 梵、阿 盛、李勤岸、利玉芳、宋澤萊、陳坤崙、李筱峰、林文義、詹明儒、
天 洛、 陳明仁、廖為民、黃 徙 、 林水福、林世煜、楊子澗、歐宗智、林文欽、陳寧貴、
林央敏、向 陽、謝振宗 、方 梓、夏曼·藍波安、莊華堂、初安民 、胡慧玲、江 昀、方耀乾、
果子離、林正盛、林美挪、陳建成、呂東熹、凃妙沂、江文瑜、張蕙芬、瓦歷斯·諾幹、
邱振瑞、蔡其達、楊 翠、魏貽君、陳 皓、張芳慈、廖志峰、陳 胤、鴻 鴻、郭珍弟、
郭漢辰、柯柏榮、李志薔、陳金順、楊允言、林裕凱、陳豐惠、陳 謙、施俊州、黃文成、
李癸雲、邱一帆、蔣為文 、胡長松、房慧真、李長青、許 赫、張耀升、鄭順聰、鄭秉泓、
吳錡亮、何信翰、伊格言、吳易澄、吳易叡、呂美親、黃麗群、周馥儀、陳夏民、王 離、
印 卡、沙力浪、陳允元、溫朗東、陳學祈、李屏瑤、神小風、廖亮羽、何敬堯、林立青、
羅毓嘉、徐珮芬、林佑軒、鄭清鴻、朱宥勳、盛浩偉、蔡宜文、陳 茻、吳曉樂、宋尚緯、
周芷萱、朱宥任、煮雪的人、劉宇均、李佳慧



文言文爭議 4萬多人連署「國語文是我們的屋宇」 中時電子報
中国系の新聞社のこの記事によると中国人意識の強い人たちが文言文の割合調整を慎重にするよう4万人あまりの署名を集めた。この記事によると中国では小学校で漢文が30%、中学校で50%の比率になっているという。

蘭女《電磁波讓細菌早衰》 赴日拿科學研究第1名 自由時報

台湾の甲子園を目指す黒豹旗高校野球大会

台湾教育部の新聞から


第五回黒豹旗申し込み開始 200校参加の目標突破
體育署 聯絡人:劉哲志 上版日期:106-08-27

2017年中信盃第五回黒豹旗全国高校野球大会は10月に開かれる、106年8月28日午前9時から9月12日午後23字59分まで申込受付をする、体育署は今回参加チームが200を越え、孤高野球大会参加記録の新記録になるよう期待する。

今回の大会は勝ち抜き戦及び木製、金属バットを分けず行う。球場は参加チームにできるだけ良い球場で競技してもらう、台北市立天母、台中市洲際、国立台湾体育運動大学、雲林県立斗六、嘉義市立、屏東県立、宜蘭県羅東、花蓮県立野球場などを含む。

黒豹旗は「台湾甲子園」を目標とする、第4回黒豹旗は初めて全国22県市が皆参加し、チーム数は190チームを越えた、体育署は去年まだ申し込まなかった学校は今年きっと機会をつかみ、全国の各野球に対して情熱のある学生が皆一生の良い思い出を持つよう希望する。

全国高校学生は学校チームを通して参加できる、関係資料は、教育部体育署、http://www.sa.gov.tw か野球協会、http://www.ctba.org.tw)



その他のニュース
高級中等以下學校課程審議會審議大會召開106年度第5次及第6次會議審議新課綱語文領域國語文課程綱要 教育部
國文課綱文白比例 延到下月10日再議 自由時報
學者連署聲明 刪減文言文恐造成階層分流 自由時報
「文言文」相關新聞

教育部の教育課程審議会は国語の授業の文語文と口語文の教える割合の決定を来月10日まで延期した。報道では文語文を最高3割にまで減らすと言われていた。賛成反対と議論がある。

台湾の中学校学力試験で満点の学生の学習法

台北市の新聞稿で中学生の試験で好成績の学生の学習法が紹介してあった。


事後新聞稿1060722国中会考満点学生の学習法紹介、早寝早起き、すぐ問いを発することが相当重要
發布機關:臺北市政府教育局
發布日期:2017/7/22

臺北市政府教育局事後新聞稿 請轉交文教記者
業務聯絡:臺北市政府教育局綜企科 諶亦聰 科 長0953766325
新聞聯絡:臺北市政府教育局記者室
【發稿日期】:106年07月14日
【活動主題】:8位國中會考達人現身說法,教您如何「不用補習會可也可以5A++」
【活動時間】:106年7月22-23日(星期六-日)
【活動地點】:臺北市立建成國民中學3樓大會議室
(臺北市大同區長安西路37-1號)

台北市教育局は7月22日(土曜)及び23日(日曜)午前9時午後3時、建成国中3階大会議室を借り「『自己を学習の主人とするー補習会をせずに5A++にできる』教育論壇」を開き、8名の本年度国中会考(Comprehensive Assessment Program for Junior High School Students)の成績が5A++に達した学生で且つ自主的に学習活動を組み立てられる学生を招き、「補習をせずに学習できる」過程と心得を共有する、今日(22日)の学生は自分の学習進度を段取りするtips、読書のリズムの手配と生活習慣の養成等の実用且つ身近な学生の経験内容を説明した。参加の父兄と学生は盛んにメモをし、また壇上の学生と絶えず対談し、現場の参加者の多くが熱心に交流し、笑い声が絶えず、論壇を通して本市の父兄と学生は自主的な学習に対して更に深い認識と肯定的評価をした。

今日(22日)説明した学生は普段早寝早起きの習慣を身につけなければならない、そうしてはじめて授業を冴えた頭で効果的に学習し、悪性の循環を避けることができると提起した。別の学生は自分で携帯を使いたいのを我慢し、携帯を父母に預けて保管してもらう、一度携帯を探したが見つけられなかった、それでやっと心が落ち着いた、勉強が一段落した休日に、父母に携帯を出してもらった。また別の学生は疑問があった時すぐに先生に質問する、他の人に笑われるのではないかと気にしない、そうして勉強の理解の段階を上げる障碍を取り除く。

別の教師は国中(中学)段階の子供においては、依然父母の継続した手助けが必要だと説明した、ただ手助けの方法は一様ではないが肯定的な評価で子供を見なければならない。また中学段階での試験の圧力は男女によって違いがある、女子は比較的緊張しやすい、どう告げて、付き添い、圧力を解きほぐすか、どれも父兄のその段階ごとの宿題と言える。この他、ある教師は学生の教育に台北市のネット上でのクラウド学習プログラムを利用し、学生にネット上での学習、評価、を通して、自分で学習進度を掌握させ、各学生によって有効効率的な学習方法をさせている。

今回の論壇に参加した蘭雅中学の張誉声学生は、「毎晩12時前には必ず寝る、絶対に夜更(よふか)しして勉強しない」という信念を持ち、自分で読書計画を立て、一歩一歩完成させる。介寿中学の華群宇学生は、今回の試験の成績が良かっただけでなく、陸上の成績も良い、106年度の全国中学校運動会で好成績をおさめ、試験準備期間も、毎日自習時間を削って陸上の練習に参加しなければならなかった。三民中学の張琳翔学生は、学校の国際教育クラブに参加し、アメリカの学生との通信、イギリスの学生の接待等を通して、彼は語学面で長足の進歩を遂げ、これによって国際的視野を広げた。
(以下略)


GTV新聞 國中會考成績今出爐 逾2萬人拿5A 2017060909 https://www.youtube.com/watch?v=-te4YOrZOqg


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)