十九大への台湾メディアの反応

中国共産党第十九回全国代表大会(十九大)が今日から始まった。台湾の主要なメディア、台湾で最大の発行部数で台湾人寄りの自由時報と国営通信だが台湾人寄りとも言えない中央社の今日の記事から十九大関連のものを要約してみる。

習近平新時代說法 陸學者指沒新意 中央社
習近平19大高唱「新時代」 中國學者:沒什麼創新 自由時報
十九大が今日から北京人民大会堂で始まった。習近平の32000字に及ぶ報告書について、北京の政治観察人士鄧聿文*の見方をイギリスのBBCが報道し、それを台湾のメディアが引用している。報告書を一言で言えば、四つの新「新時代、新思想、新目標、新精神」だという。習近平は偉大な新時代を切り開く、この偉大な新時代は新思想で指導し、新目標を具え、新精神を創る。この新時代は習近平が指導する。毛沢東が中国人民を立ち上がらせ、鄧小平が豊かにさせ、習近平が強大にする。鄧聿文は新思想の部分では何も新しい思想はなく以前の共産党のままだという。また共産党の規約に習近平の名前を書き込めれば毛沢東、鄧小平と並ぶが、書き込めなければ、江沢民、胡錦濤と同じレベルの指導者という評価になるという。
*)人物:鄧聿文自嘲「中國民間十九大的發言人」 聯合報

都是配合中共19大?富比世質疑中國經濟數據「特別亮眼」自由時報
アメリカの Forbes は十九大前の中国の経済統計データがよすぎるとして、当局が大会前に中共の印象を良くするため数字を操作しているのではないかと疑っている。

中共19大兩岸態度 習近平重申一中、九二共識 自由時報
習近平は両岸関係で以前と同じ原則を語った。曰く、中国は社会主義思想を堅持し、改革開放を続け、一つの中国の原則と九二共識を堅持し、台湾情勢の変化に適切に対応し、台独分裂勢力に断固反対し抑止し、台湾海峡の平和と安定を強く守る。九二共識は歴史事実であり、両岸は同じく一つの中国に属すると承認すれば、いかなる政党でも対話できる。両岸は運命共同体であり、血は水よりも濃く、台湾人民の生活方式を尊重する。台湾同胞の大陸での創業、就業、生活に、大陸人民と同等の利便性を与える。国家分裂の悲劇の再演は許さない、全ての分裂活動は必ず中国国民全体の断固たる反対に遭うだろう。いかなる台独分裂主義も打ち砕く自信がある、いかなる組織、政党、いかなる時いかなる形式でも中国国土の分裂を許さない。

習近平19大報告 談兩岸掀全場高潮 中央社
退屈な読み上げの中で香港台湾の分割を許さないという愛国心に訴える場面では場内が急に盛り上がり長い拍手が沸き起こった。
スポンサーサイト

G20ハンブルク・サミットの安倍・習会談で台湾問題に触れる

G20ハンブルク・サミットに出席している日本の安倍晋三首相と中国の習近平主席が8日午前(日本時間同日午後)会談した。会談では、日中の関係改善、北朝鮮への圧力、東シナ海問題、一帯一路、日本人拘束などの話をしたが、その中に台湾問題も出てきた。
習近平會安倍談台灣 籲日按規矩辦事 中央社
习近平会见日本首相安倍晋三 中国外務省サイト
http://www.fmprc.gov.cn/web/zyxw/t1476410.shtml

中国側公表の情報では、習近平主席は「中日の国交正常化以来、中日双方は前後四つの政治文書と四つの原則的共通認識を成立させ、歴史や台湾等の問題を適切に処理することについて、原則を確立した。これらの両国関係の政治的基礎にかかわる問題の上では、いかなる妥協もできないし、更にいささかの後退もできない。」と言った。安倍晋三首相は「日本が1972年の日中共同声明の中で明確に説明した台湾問題での立場は変わらない」と答えた。

習近平総書記が中央党校研修班と座談交流をした

習近平総書記は12日午前人民大会堂で、中央党校第一期県委書記研修班学員と座談会をした。
以下は「従政雑談」題された文章の一部だ


古代、人々は「七品芝麻官」を県令の身分の権力の小ささに喩えた、そこには貶める意味があった。しかし良き県長になることはそんなに簡単なことだろうか。私は曾て県委書記を受け持った、同僚と話すたびに、皆の思いは一致した、役職は大きくなくても責任は大きい。

もし国家を一枚の網に喩えるなら、全国3000以上の県(現在は2800余り)はこの網の上の結び目だ。結び目が緩めば、国家の政局は揺れ始めるだろう。結び目が牢固としていれば、国家の政局は安定する。国家の政令、法令は県を通じて実際に末端に行き渡り実行される。このように、全体と部分の関係から見れば、県一級(県以下村以上)の行政の良し悪しが、国家の盛衰安危に関係してくる。

一つの県はまた一個の小社会に喩えられる。「雀は小さいが、五臓は備わっている」、中央にどんな機構があっても、県単位でもやはりそれに対応した部門がある。県一級の仕事は、政治、経済、文化から大衆の衣食住行、生老病死まで全てに渉る。人によると、県レベルの仕事は、外交以外国家の各種事務すべて有ると言う。しかし時には県単位であっても海外の賓客を接待する機会があるかもしれない、開放政策が進むにつれて、海外から引きも切らず客が来ることも期待できる。県レベルのリーダーは外交知識も持つべきだろう。小さな県で十数万人、大きくて百万前後、一つの決断の影響は重大なものとなる、いい加減さは少しもあってはならない。海瑞は彼の「令箴」の中で言った、「官之至難者,令也」この意味は最も難しい官は県令だ、というものだ。このように、県レベルのリーダーは各方面の知識と高い能力がなければならない。そうでなければ任に耐えられない。

古人曰く、「宰相は州郡より起こる」。我々党と国家の多くの上級幹部もまた豊富な下積み経験を持っている。県レベルの職場は幹部を養成、鍛錬するのに格好の教室だ。現在県レベルの指導的立場の同志諸君、その持ち場は、努力学習し、積極的に仕事し、経験を蓄積する絶好の機会だと考え、十分大事にしなければならない。


http://news.wenweipo.com/2015/01/12/IN1501120062.htm 文匯報
http://news.sohu.com/20150112/n407731557.shtml 捜狐新聞

習近平マカオでレーザー銃を体験、大学での講演も

中国の習近平主席は12月20日午前マカオの中国人民軍澳門部隊を視察した。午前11時車で到着した。軍事展覧館一階の装甲兵射撃模擬訓練室では、士官兵士がちょうど模擬システムを利用して、射撃訓練を実施していた。彼は歩兵戦闘用車両射撃訓練模擬器に座り、仔細に装備性能を聞き、兵士の訓練状況を問いただした。レーザー模擬射撃システムの前では、非常に興味を持った様子でライフルと拳銃を持って射撃の要領を体験し、引き金を引いて標的に当てた。

習近平はその後澳門部隊全体の幹部に接見して講話をし、澳門部隊は国家主権の象徴であり、重要な立場で、使命は光栄であると言った。彼は兵士たちに愛国愛澳、滅私奉献でじっさいの行動で澳門民衆の幸福のため、人民子弟の手本となり、負託に背かず、使命を辱めず、祖国と人民のために更に新しい功績を建てるよう希望すると言った。

午後は澳門大学新校区横琴校区を視察した。鄭裕彤書院の大きくない教室で数十人の教師生徒と一緒に「中華伝統文化と現代青年」を討論した。

学生たちの発言を聞いた後自己の経験を話し始めた。
「中華文化は広大深淵、私は中華文化の熱烈な擁護者で、忠実な学習者だ」「小学の時水滸伝、三国演義を読んだ。文化が荒廃した時代、必死で探して読んだ。後に7年農民をしたが、ずっと読書を継続した。今も暇さえあれば中華文化の宝庫の大門を推し開いている。一冊の書物を手にした時無限の喜びを感じる」
講話の中で主席は聊斎と魯迅の随筆、二十四史、資治通鑑などを提示し
「これらの書は皆有益だ。これらの読書の過程で止揚を学び、エッセンスを取り、糟を捨て、本当の能力にしなければならない」
中華伝統の美徳に対して
「我々が格物致知、誠意正心、修身斉家治国平天下とよぶ、これらは中華文化の重要な構成部分だ、大事なのは我々がそれをどう把握するか、新しい時代の精神、内容にどう組み込むか、ようく理解して運用する」「人は信なくば立たない、一人でもそう、組織でもそう、民族、国家またしかり。信用を守る民族、国家が強くなる、国際社会の尊敬を得る」
その他「知行合一、学以致用」などを引用しながら民族を愛し、国家を愛するよう強調した。





http://news.sohu.com/20141221/n407137847.shtml 搜狐
http://politics.people.com.cn/BIG5/n/2014/1221/c70731-26247041.html 人民網

習近平キャンベラ連邦議会で演説

11月17日午後3:40分頃中国国家主席習近平はオーストラリアキャンベラ
連邦議会ビルで演説した。彼は中国を一人の大男に例えた、中国が発展
して来ると他の人はきっと大男を見かけて自分にぶつからないはずがな
いと考える。中国は平和的発展、共同発展、アジア太平洋協力の決心と
理念「三つの不動揺」を堅持することを強調する。中国はまた対話を通
して海洋紛争を平和的に解決する準備が整った、と言った。

この演説のテーマは「手を携え中国オーストラリア発展の夢を追い求め、
肩を並べて地域の繁栄と安定を実現する」習近平は胡錦濤に続いてオー
ストラリア連邦議会ビルで演説した二番目の中国元首だ。

習近平は演説の中で、中国人民は中国の夢を実現するためにたゆまぬ努
力をし、中国の夢は国家の繁栄と人民の幸福を実現しなければならない。
中国の発展目標は2020年にGDPを倍増し、10年で富強社会を建設する、21
世紀中葉には調和のとれた社会主義現代国家を建設している、と述べた。

彼は続けて言う、国際社会は中国の勃興に対して議論が沸騰している、
或る者は肯定し、或る者は恐れ、或る者は気に食わない、これはみな正常
だ。中国は13億の人口を有する大男だ、他の人はきっと自分にぶつからな
いはずがない、自分の道を塞がないはずがない、自分の地盤を占拠しない
はずがないと考える。中国は大男だがしかし「国は大なりと雖も、戦を好 めば必ず亡ぶ」
の道理を知っている。中国大陸は平和的発展の道を歩く事
を堅持し、また世界各国が皆平和的発展のこの道を歩くことを希望する。

習近平は強調する、中国は平和的発展を堅持しその決心は動揺しない。中
国は共同して発展することを堅持しその理念は動揺しない、中国はアジア
太平洋の協力発展の促進政策を堅持しその政策は動揺しない。

習近平は表明した、中国政府は既に関係国家と対話と協力を強化し、海上
航行の自由と安全を確保する準備をしている。中国は目的を求めるために
武器を使用しない、平和的方式を通して海洋紛争を解決する。

習近平は指摘する、中国は各国と一緒に地域全面の経済パートナー関係協
定が期日までに完成するよう話し合いを推し進め、シルクロード経済帯と
海上のシルクロード建設を加速させ、共同で海上航行の自由と安全を守り
、平和と安寧と協力して共に潤う海洋秩序を構築するだろう。

http://www.snslink.com/mainland/4ew0P.html
http://www.80sd.org/guoji/2014/11/17/70873.html
http://www.nanzao.com/sc/china/42519/xi-jin-ping-zhong-guo-liao-jie-guo-sui-da-hao-zhan-bi-wang
http://news.wenweipo.com/2014/11/17/IN1411170090.htm

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)