馬英九前総統が東呉大学で講演

馬英九前総統が今日東呉大学の「厳家淦法学講座教授」を担当し、午後2時から初めての講演をした。テーマは「台湾の国際法的位置付け」。会場は、満員で馬前総統は一時間近く Power Point を使いながら講演した。講演内容は台湾が1642年のオランダ人の殖民からの392年の歴史を話し、台湾の国際法における地位の変遷を整理した。
馬英九首場演講大爆料 馬習會1分鐘內決定互稱先生 蘋果日報
又自吹自擂?馬英九上課自爆馬習會秘辛 自由時報
228事件有正面效應?馬英九:推動縣市長民選 自由時報
「毛澤東後悔改名」,和陸生激辯馬英九爆料 風傳媒

馬英九は(中国国民党員、中国人としての史観を)語った、
 清朝は牡丹社事件(ぼたんしゃじけん)の時台湾は「生番係(こ)れ我化外之民」と言われた、馬関条約を調印し、台澎金馬は日本に割譲された。台湾民衆は抗日をした、盧溝橋事変の1937年に比べ、台湾人の抗日は大陸の人よりも42年早かった。後中華民国が建国され対日抗戦、1941年「馬関条約」廃止に至り*、1950年朝鮮戦争勃発、トルーマンアメリカ大統領が「台湾の地位未定」を宣言、続いてサンフランシスコ平和条約、1952年中華民国と日本が台北賓館で日華平和条約に調印、台湾と澎湖人民は中華民国国籍を具え、且つ台湾澎湖、南沙、西沙群島は中華民国版図に帰った。
*)国民党政府が1941年日本に宣戦布告をし、すべての条約の廃止を宣言したことを言っているらしい。

最後に馬英九は九二共識の歴史的背景を語り、三国演義の冒頭の「天下大勢,合久必分、分久必合」を強調し、いつも戦争を経てきたが、我々は現在最も重要なのは将来どう処理するにせよ、戦争をしてはいけない、平和が最も重要な価値だ、それゆえ私は台湾海峡の平和、東シナ海の平和から南シナ海の平和までどれもこのように考えている。九二共識は双方に相互信頼の基礎をもたせ、過去8年両岸関係は66年来最も良い時期だった、誠意を披瀝し私心を挟まなかった、こそこそと人目を忍び、謀略を廻らすことに心を砕いてはいけない*、且つ九二共識は李登輝元総統が審議決定した原則だ、私或いは国民党が考えだしたのではない**。
*)今の民進党政権を攻撃しているのだろう。
**)九二共識はない 日本李登輝友の会李登輝元総統は否定している。

東吳大學嚴家淦法學講座.馬英九教授.台灣的國際法定位 9/26/2016 第一節(完整版)https://www.youtube.com/watch?v=dc769IsumFA


その他のニュース
中國、大陸和內地等等稱呼背後的不同涵意 風傳媒
民進党と国民党では中国の呼び方が違う。民進党系は中国を大陸とは言わないというブログ記事の転載。
スポンサーサイト

馬英九総統の捜査開始

今日羅瑩雪法務部長(大臣)は立法院司法及び法制委員会で国民党の林德福委員の質問に答えて、送られてきた案件を調査していると答えた。
馬英九涉大巨蛋案?羅瑩雪:北檢已在辦 自由時報
大巨蛋案 羅瑩雪:檢方偵辦中 蘋果日報
大巨蛋案 羅瑩雪:北檢分案偵辦 聯合報
馬英九涉大巨蛋案?法務部:檢方已在偵辦 中時電子報
馬英九疑涉大巨蛋案 羅瑩雪:北檢偵辦中 NTDTV

今日立法院で国民党の林德福委員は羅瑩雪法務部長(大臣)に質問した。質問内容は、「メディアの報道では台北市廉政委員会は春節前、馬英九総統が台北市長時代台北ドーム入札に関わった疑いがあるという資料を法務部に送ったという、法務部は再度「捜査機関ではない」として受け付けなかったのか?(原文は法務部是否再以「非偵查機關」退案?)」というものだった。

これに対して羅瑩雪法務部長は、「現在台北地検で調査している、私は個別の捜査に介入はしないので、具体的な進度について聞いてはいない。台北地検によると、検肅黒金專組検察官呉曉婷がその案件を調査している」と答えた。

台北市廉政委員会が疑いが有るとしたのは当時の馬英九台北市長と元台北市政府財政局長の李述徳氏だ。

立法院サイトにある今日の質疑 要Flash
http://ivod.ly.gov.tw/Play/VOD/86378/300K/N 

台北市は去年一度司法機関に送ったが調査をされなかった、今回もう一度送ったということだろう。
台北市廉政透明委員会が台北ドーム案件を司法に送るよう市に建議

馬英九総統、太平島の視察を延期

現在中華民国が実効支配している太平島へ馬英九総統が今日視察に訪れる予定だった。しかし天候が悪いという理由で延期になった。メディでは天候だけでなくアメリカからの圧力で中止したのではないかと記事に書いている。
天候、美國? 誰擋了馬總統登太平島? 聯合報
美方態度、氣候因素 馬英九視察太平島延後 NOWnews
美方施壓 馬英九不登太平島? 香港南華早報
http://www.nanzao.com/tc/hk-macau-tw/151903c9b927959/mei-fang-shi-ya-ma-ying-jiu-bu-deng-tai-ping-dao-
马英九推迟赴太平岛计划 台媒:或与美国施压有关 環球網
http://taiwan.huanqiu.com/article/2015-12/8157056.html

馬英九総統は12月中旬、南沙諸島(スプラトリー諸島)の北部に位置する諸島最大の島太平島に視察に行き、埠頭の完成式典や灯台の点灯式などに出席する予定だった。その他にも、太平島の主権が中華民国にあると宣言したり、「南シナ海平和イニシアチブ」を再度表明したりする予定だった。しかし馬英九総統の予定は既にその他の予定に変わっていて、関連の予定は延期が確定しているという。

国家安全会議の人間によると、馬英九は必ず行くが、しかし12日ではない、気候条件が良ければ総統は島に行くと言った。しかし消息筋の話では、延期の理由はアメリカ側からの圧力や来週公表されるアメリカの台湾への武器売却が関係しているという。聯合報の報道では、国家安全会議の秘書長高華柱氏が先週密かにアメリカを訪問してから急に予定が変わったという。

昨日台湾の内政部が新聞(ニュース)を発表している。総統の代わりに内政部長らが行く予定で実際今日行ったようだ*。
*)敏感!太平島碼頭竣工 總統沒來 聯合報


内政部の太平島視察
104-12-11 18:04 PM 発言人室

内政部は今日(11日)表明する、もし天候の状況が許せば、内政部長陳威仁と海岸巡防署長王崇儀は、明日(12日)交通部、科学技術部、経済部、衛生福利部と環境保護署の官員を招集して飛行機で我が国南沙太平島に行き、交通基礎施設の修復工事と新しく出来た灯台完成式典を主催する。各部はまた如何に太平島を平和な島で、島生態系の低炭素の島に造るか、関連科学技術、環境保護、医療及び生態研究等の各平和的用途の関連計画を提出するだろう。

内政部は指摘する、太平島埠頭と滑走路は長年存在するが、長年修理をしていないので、使用に不便で、速やかに修理して、対外の交通と運輸補給を便利にし、島の周辺海域での人道救援に従事する能力の強化ができるよう待たれていた。新しく灯台を建設したことは、10海里以内の付近の船舶の航行安全を守るためだ。

内政部は強調する、我が国の計画は太平島を平和な島で、島生態系の低炭素の島に造り、馬英九総統の提起した「南シナ海平和イニシアチブ」を具体的に実施し、また国際社会に向って中華民国は「平和を打ち建てる者」の役割を演じて、「主権の争いを横に置き、共同で資源を開発する」方式で南シナ海の争議を処理することで、南シナ海を本当の「平和と協力の海」にするよう願っていると表明することだ。


ビデオは中華民国外交部による太平島の紹介と中華民国の領土だという広報のための動画



中華民国総統府の「馬習会」に関する新聞稿

11月5日の中華民国総統府新聞稿から


総統が出席した「両岸首脳会談」中外記者会
公布日期  中華民國104年11月05日

馬英九総統は今日(5日)午前「両岸首脳会談」中外記者会に出席し、今回のシンガポールへ行き中国大陸首脳習進平(原文のママ)と会う由来、目的及び特色、また今回の会談を借りて、引き続き台湾海峡の平和と繁栄を追求し、地域の平和と安定を促進し、両岸人民の福祉(幸せ・豊かさ)を増進できるよう願っていることを説明した。

総統は挨拶で、まず今回の馬習会の由来を話した。両岸首脳会談の考えは早くも2013年インドネシアのバリ島で開かれたAPEC会議期間当時、陸委会主委王郁琦と国台弁主任張志軍が初めて会った時だ、そして互いに役職名で呼んだ後両岸の官員が接触を始めた、ずっと下って(原文は直至今年)今年の5月23日金門、10月13日広州で開催された「夏張会」の中に至って、双方は再び首脳会談の可能性を持ちだした、「この議題はずっとくすぶり続けた」、十分に意思疎通並びに共通認識を成立させた後、シンガポールという「両岸関係の歴史を伝承する含意を持った」中台以外での会談を選択した、これにより今回の会談は「両岸関係、與時俱進、馬習會面、水到渠成(両岸関係は時代の流れと共に進み、馬習会談は水来たりて水路となるように条件が整って自然に成就した)」。

今回の会談の目的に談が及び、総統は言った、「今回の会談が『過去を回顧し、未来を向く。台湾海峡の平和を固め、両岸現状を維持する』ことができるよう期待する。政府は中華民国憲法の枠組みの下、海峡両岸の『統一せず、独立せず、戦わず』の現状を維持し、また『九二共識、一中各表』の基礎の上、両岸の平和的発展を推進する。過去七年半双方は23個の各分野を含む協定に調印し、巨大な平和の利益を創りだし、両岸の海を隔てた66年来の関係で最も平和的で安定した段階をもたらした。そして未来の両岸関係は、敵意を減らし(降低敵意)、正道を離れることを避けて負の面を減らし、交流を拡大し、協力を深化させプラスの面を増やす。この時開く『馬習会』は両岸首脳会談の常態化を打ち建てる第一歩で、両岸関係を更に推進する助けとなる」

総統は指摘する、「今回の会談の主要な特色に3つの『初めて』が有る、まず、両岸首脳66年来初めての会談で、歴史的な里程標で、両岸関係を更に改善する助けとなる。その次、両岸首脳は中国或いは台湾ではなく、第三の地区で会談する、これは史上初めてで、双方の関係が徐々に成熟してきたことを明らかにしている。第三、双方の会談は両岸の正式名称と肩書を用いず、初めて、『台湾指導者、大陸指導者』の身分の相互作用で、元の肩書を用いず、互いに『先生』と呼んで(第一次以「臺灣領導人、大陸領導人」的身分互動,不用原頭銜,而互稱「先生」)、実質的な対等と尊厳を達成し、双方が両岸の事務処理においての弾力性と実務的面を明らかに示した、これも両岸の『主権は相互に承認しないが、統治権力を相互に否認はしない』の理念のさらなる具体化だ」

総統は強調した、「今回の会談は双方協定調印はしない、共同コミュニケ或いは声明も発表しない、ただ各自意見が一致したプレスリリースを発表し、複雑さを低下させる(僅各自發布意見一致的新聞稿,以降低複雜性)。今回の馬習会談は『国家の必要があり、人民が支えることを願い、国会が監督できる』、どれも台湾海峡の平和と繁栄を持続追求し、地域の平和と安定を促進し、両岸人民の福祉(幸せ・豊かさ)の増進を達成することができる、『これが両岸関係不変の目標だ』(本次馬習會面,「國家有需要,人民願支持,國會可監督」,都可以達到持續追求臺海和平與繁榮,促進區域和平穩定,以增進兩岸人民福祉,「這是兩岸關係不變的目標)」

その後、総統は現場のメディアの質問を受け、また今回の会談の流れに関して、会談主題、国会監督、社会との意思疎通、主要友好国の反応及びその後の両岸相互の動き等の部分に対して回答した。

總統府秘書長曾永權、國家安全會議秘書長高華柱、國家安全會議諮詢委員邱坤玄、總統府副秘書長蕭旭岑、陸委會主委夏立言及副主委吳美紅等を含む皆が総統に付き添い記者会に出席した。


馬英九総統、あす中国大陸の習近平氏と歴史的な会談へ 中央社
民進党の総統候補、当選後の習近平氏との会談「可能性排除せず」中央社
<馬・習会談>民進党が一定の理解示す 「常態化に反対しない」中央社


馬英九・習近平会談、シンガポールで7日開催

台湾の国民党馬英九総統が中国共産党の習近平総書記と会談すると発表された
馬英九総統、シンガポールで習近平氏と面会へ 台湾・中国大陸分断後初 中央社
<馬・習会談>台湾側は馬総統と政府関係者6人が出席へ 中央社
<馬・習会談>専門家、台湾と中国大陸の対話枠組み構築に注目 中央社

台湾野党民進党の総統候補蔡英文氏発表の談話文新聞稿(プレスリリース)から
蔡主席:厳粛に馬総統に注意を喚起する、台湾の未来は選挙の操作に使ってはならない


2015-11-04
民主進歩党主席と総統選挙候補者蔡英文は今日(4日)中常会前馬習会に対して談話を発表した、全文は下の如し:

メディアの皆さんこんにちは。
昨日夜、突然馬習会のニュースが伝えられた。全国民は私と同様にみな相当唐突に感じたと信じている。両岸指導者が会うことは大きな出来事で、台湾の尊厳と国家利益に関わる、このような混乱し慌ただしい状態の下、国民に知らせたのは、台湾の民主政治に対して傷になった。

私がまず強調したいのは、「対等尊厳」、「公開透明」、「政治に関わらない前提(原文は不涉政治前提)」に合致する原則の下、私達は両岸の間に正常な交流があるのを願っている、ただ台湾海峡の平和に貢献し、意思疎通と対話を増進し、双方に対して互恵のやりかたでありさえすれば、私達はずっといつも正面から取り扱っている常に建設的にとらえています*。
*)民進党日本語ページ

別の言い方で言えば、もし今日馬習会の手配が透明な協議過程ででき、協議の議題、お互いの約束の条件を国民に理解させることができ、民意及び国会の監督を受け入れ、且つ真に「対等尊厳」、「公開透明」、「政治に関係しない前提」この三原則なら、私は国民の疑いは最低に下がると信じる。

しかし、昨日から今日まで、既に多くの疑問の声が出現している。これらの人民の声に馬総統は必ず向き合わなければならない、この数年両岸政策の上で、人民は政府に対してまったく信頼を置いていない、また再び密室決定の過程を見せられるのを絶対に願っていない。

私はまた指摘しておかなければならない、馬総統はすぐに辞める総統だ。国民は、馬総統がまさにやめようとする時、個人の政治評価のため台湾の未来に制限をかけ、更に権利もないのに自分が責任を負えないことを約束することを絶対に許すはずがさない。

このほか、目下台湾選挙の敏感な時期にあたり、この時に馬習会をする選択をしたことは、選挙に影響を与える意図かどうか、社会の疑いを受けるは必定だ。もし国民党が総統選挙前に毎回いつも両岸議題を政治利用するのなら、それは長期的な両岸関係に対して実際マイナスの影響だし、また台湾人民の認証を得られるはずがない。

ここで私は厳粛に馬総統に注意を喚起したい、両岸関係は政党の利益の考慮から出なければならない、台湾の未来は一時的な選挙に利用してはいけない。私達は国民と同様、両岸関係が平和で安定した発展の方向に行くことを期待している、またこれにより、「対等尊厳」、「公開透明」、政治に関わらない前提」が従わなければならない原則で、また割愛されてはならない最低線だ。

私達は人民と一緒に立つ、私達は監督監視を続ける。謝謝皆さん。


<馬・習会談>野党の総統候補が馬総統を批判 「国民は絶対に許さない」中央社
民進党の新聞稿民主進歩党の馬習会に対する声明から


2015-11-04
馬習会の一事に対して、民主進歩党発言人鄭運鵬は今日(4日)五点の声明を下の如く発表した:

一、両岸間の正常な往来相互作用は、国家の自由と民主の発展のためにならなければならない、地域の平和と安全と安定のためにならなければならない、両岸の互恵往来のためにならなければならない、尊厳対等、公開透明及び民主監督の原則に合致しなければならない。

ニ、両岸の議題は国家利益に関わり、政党の考えを超越しなければならない、選挙操作をするために使ってはいけない。しかし、目下台湾は大選期間にあたっている、馬総統はこの敏感な時間を選んで会談をする、これでは選挙に影響を与える政治利用の意図を連想させないはずはない。

三、馬総統は曾て言った、もし馬習会をするときは、必ず「国家の必要、人民の支持、国会の監督の状況」下進めなければならないと、しかし馬総統は思いがけず出発前になって突発的に国民に告知した、まったく共通認識が醸成されていない状況下慌ただしい行事であり、再び馬政府の「密室作業」の習慣、民主への違背、監督の忌避を際立たせた、人民は受け入れがたい。

四、馬総統は二期目を目指す選挙期間中四年の間には絶対に中国側の指導者と会談しないと約束した、あにはからんや現在慌てて密室の取り決めで会おうとしている、私達は要求する、彼は国民に向かってはっきり説明しなければならないと、この会談の性質は何か? 目的は何か? 彼はなぜ何がなんでもこのように急いで、この時に習近平と会わなければならないのか? 彼と中国側との交渉の過程はなぜ? 会談の形式と段取りは? 彼は何を言って何をするのか? 

五、私達は要求する、身は現国家元首として、馬総統は必ず分際を守らなければならない、関係する予定と全ての言行は主権と国の格を明らかに示す事、及び公開透明の原則に合致しなければならない、絶対に主権を矮小化し、国の格と民主自由の価値を傷つけてはいけない、国際社会に間違った認知をさせてはいけない、更にいかなる政治的約束あるいはいかなる形式の文書に調印することもしてはいけない。





国民党の朱立倫主席の発言が国民党の新聞稿にあるもうひとつ新聞稿ででているがはじめの方から抜粋すると


朱主席は指摘した、「馬英九総統は11月7日対岸の国家主席習近平と会う、両岸の歴史上非常に重要な一歩だ、将来生まれるかもしれない問題或いは敵意を低下させることができる、またお互い対面し問題を解決できる。両岸関係の発展は必ず引き続き進行し、平和的発展を保ちながら協力と相互に利益を得る関係を推進しなければならない、「馬習会」が両岸関係未来の発展のため、国民党が堅持している政策の上で引き続き進展があるよう希望する」

朱主席は言った、「遺憾なのは民進党が全面的に出動し、攻撃甚だしくは侮辱という方法を使い両岸関係の進展に対して、ちょうど私は台南市議会に立っているが、なんと有る民進党の議員は群衆を率いて抗議のデモをしている、これは絶対に台湾民主に益はない、ともすればすぐにアカのレッテルを貼り、すぐに「売台」甚だしくは「台湾独立」を叫ぶべきではない、これは既に民主の枠を逸脱している、民主は相互に多元的な声を尊重しなければならない、これはみんなが共通に望んでいることだ、民進党は責任有る政党として、その全ての党員及び幹部の表現に対して、責任を負わなければならない」





中国外交部の記者会見から
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1311866.shtml


両岸指導者は11月7日シンガポールで会う。なぜ会う場所にシンガポールを選んだか?

答:中共中央台湾工作弁公室、国務院台湾事務弁公室主任張志軍が既に両岸指導者が7日シンガポールで会う事についてメディアの取材を受けた。今回の両岸指導者が会う問題については国務院台湾事務弁公室に聞いてください。

問:台湾民進党は今日大陸の意図は両岸指導者会談の手配を通して台湾地区指導者選挙の結果に影響を与えることだと言った、あなたはこれに対して何か反応は有るか?

答:今回の両岸指導者が会う問題については、国台弁に尋ねてください。私が指摘したいのは、両岸関係の平和的発展を維持することは、両岸の利益に合致し、また地域と世界の平和と安定に役に立つ。


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)