柯文哲台北市長のアジア歴訪の感想とその他のニュース

柯文哲台北市長が3月26日から始めたマレーシア、タイ、インド三カ国の歴訪を終えようとしている。今日歴訪の感想を発表した。台北市の新聞稿から


東南アジア訪問の感慨が深い 柯文哲:価値によって導く政治を創造したい
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/4/1

柯文哲率いる台北市政府の東南アジア訪問も残り2日となった、柯文哲一行は今日(1日)、インド時間午前(第一次世界大戦)戦争中尊い命を失った兵士たちを記念する有名なランドマーク「インド門」を参観し、すぐに南デリーの私立病院 Max Super Speciality Hospital を訪問、訪問終了後、柯文哲はもうすぐ終わろうとしている東南アジア行について感想を発表した。

「今回の八日間の新南向の旅も今日ほとんど終わりに近づいた、この数日三つの国の首都と都市を歩いた、マレーシアのクアラルンプールから、タイバンコク、インドのニューデリー間で、実際歩いてみて多くの感想がある。訪問後台湾の第一線の外交がたしかに相当困難だと感じることができた、だから私はこれらの在外大使館の職員と当地の華僑に非常に感謝する、特に台湾の商人とここで勉強する学生の努力と大きな助けに感謝する、今回の訪問旅行を順調にでき多くの目的を達成できるようにしてもらった」

「事実上、今年の最重要な出来事は2017台北ユニバシアード だ、私は常に言っている、台北ユニバーシアードのスローガンは「台湾が歩み出て 世界がやって来て 世界に台湾を見せる」 実際今回の新南向の旅もこの種の態度を持っていた、台湾は外国との間で何重もの困難があるけれどもしかしやはり歩み出なければならないためだ、出た時我々は世界に台湾を見せ、台湾に来てもらうことができる、当然主要な目的は台湾を世界で見られるようにすることだ」

「この三カ国を訪問した後、私は一つの深い感慨を抱いた、台湾では夜まるで喧嘩のような政治討論番組を見ることがあるけれども、これらの国家の政治家或いは何人かの学者にとしては、実際は非常に台湾を羨ましがっている」

「これらの国家にはどこも、民族、宗教、果ては文化面での争いや違いが引き起こす衝突があり、だから台湾は過去二、三十年各種の衝突に直面したけれども、平和的に通過したと見なされているからだ」

「台湾の政治環境はアジア全体から言うと、ほとんどトップだ、それ故今回私は新しい言葉を思いついた、「Value driven politics」、価値によって導く政治。台湾は過去この二、三十年、民主と自由で多元的に開放することが目的となり、この種の普遍的価値で、過去直面した民族抗争或いはイデオロギー上の抗争を克服した」

「しかし我々は皆一歩々々通り過ぎたのだ、29日の夜五月天(Mayday)が大安森林公園でコンサートを開いた、台北市は当時臨戦態勢で、3万5千人のコンサートを終えた後は、大安森林公園はきっとひどいことになっているだろうと考えていた。結果は一切元のままだった、これは国民の素養を表している、既に人々に羨ましがられる程度になっているのだ」

(以下略、ここまでで四分の1ぐらい)



その他のニュース
斷交台灣與中建交有代價! 美判兩非國還台64億 自由時報
台湾と国交断絶して中国と国交を結んだアフリカの国が台湾からの借款を返済するようアメリカの裁判所が認めた。台湾との国交断絶を考えている国への警告となる。

惡臭夜襲高市 11區民徹夜難眠 自由時報
高雄市の三分の一の住民がアンモニア臭で一昨日の晩眠れなかった。原因はゴミの埋め立て場の火事のためだった。過去何度も原因不明の火事が起きている。
スポンサーサイト

柯文哲台北市長が移行期の正義批判等のニュース

東南アジアを訪問している柯文哲台北市長は、旅行二日目の27日マレーシアの学生との食事会に招かれ演説をした。その中で台湾の脱蒋一族化などを批判した。同時に国民党も批判した。
首度表態反去蔣化 柯文哲:這不能解決台灣的問題 蘋果日報
柯文哲反去蔣化 時代力量批「他真的不了解轉型正義」聯合報
反去蔣化挨罵 柯P反去蔣化挨罵 柯P:什麼都跟綠一樣乾脆入黨 自由時報

演説で市長は言った、
台湾のこの400年の歴史は政府が変われば文化も変わってしまった、新政府は前の政権を全面否定してしまい、台湾文化をどんどんねじ曲げてしまった。その結果台湾人は二つのことしかできなくなる、一つは(前政府時代の)自分のすべてを否定して自己批判する、もうひとつは反抗して結果皆殺しにされる。

例えば国民党が台湾に来た時、自分たちは大陸の黄金を持って来たと言って、その結果台湾の経済が急成長したと言っていた。「これは大嘘だ」 第二次世界大戦終結時、台湾は中国のその他の省と比べてGDP、電気使用量、用水量、全て中国では最高の地区だった。国民党政府になって前の政府を全面否定したからだ。最も悲惨なのは政府同士が憎み合っており、台湾人にとっては税金を納めるだけでなく、魂まで差し出さなくてはならないことだった。

自分が選挙に出たとき、皇民の子孫だと言われた、もし私の親が日本人だったとしても、親は選べない、それでも私が悪いのか? このように台湾は政権の移り変わりで分裂した社会になっている、貧富、南北、都市と農村、国民党と民進党、互いに絡みあい精神錯乱の国家だ。

自分が気に食わないと思えば、別の人を取り除く、脱蒋一族化は台湾の問題を解決する方法ではない、寛容が自由の基礎だ、マレーシアでさえマレー人と中華系の融和の問題がある、みんなは違う過去があるけれども、自分に問わなければならない、同じ未来に行きたいのか、現在みんなはお互いの違いばかり見ている、多くの相似点を見ていない。

これに対して民進党の国会議員段宜康、時代力量発言人吳崢などが、柯文哲はただ再選の事だけ考えているからそんな事をいう、移行期の正義を理解していない、ただ否定するだけのものではないんだと批判している。それに対して柯文哲市長は今日又反論して、

台湾人は誰でも自分の意見を言える、自分の立場は過去は違っても、同じ未来に行きたいかどうかということだ。私の最初の選挙と今度の選挙何も違わない、重要なのは台湾を良くするのにはどうするかだ、蒋介石の評価は歴史に任せるべきだ、初めから否定的な態度ではなく、みんなの討論評価によって最後は市場が決めれば良い。移行期の正義もいいが、勝利者の正義ではいけない台湾社会を前向きにしなければならない。平和的な態度で過去を処理し、実務的な態度で現在を処理し、前向きな態度で未来に対する。自分の家族も228事件の被害者だが、敵を赦すことは強者の表現だ。

その他のニュース
中國官媒po照片:台女持「台灣國」護照 在日闖關成功 台灣蘋果
去年頃だったか台湾の中華民国のパスポートの表紙に台湾国と書いたシールを貼ってあたかも台湾国があるかのような運動をしていた。結果東南アジアの各国の入国審査でパスポートが不正だとして突き返されそのニュースが当時流れていた。27日午前、中国の共産党の新聞環球網の記者が日本の羽田空港の手続きの列に、台湾人が台湾国のシールを貼って表面を改造したパスポートを持っているのを発見した。密かに観察していると何事もなく彼女は通関手続きをした。これを問題視して27日にさっそく記事にして騒いでいるらしい。

柯文哲台北市長がクアラルンプール訪問

台北市の新聞稿から


始めの訪問地クアラルンプールに着き肉骨茶を味わう 柯文哲:観光促進は多角的に取り組まなければならない
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/3/26

台北市長柯文哲は今日(26日)午後4時間以上飛行機で移動しマレーシアの首都クアラルンプールに到着した、第一弾の公開活動は新峰肉骨茶(Restoren Sun Hong)店に行きマレーシアの名物料理を味わった。

肉骨茶を味わった後、彼はインタビューを受けた。

問:今回マレーシアに来たのは台湾に来る観光客の数を増やしたいからか?(原文は媒體詢問這趟來馬來西亞是否有預計觀光客前往臺灣的成長數字?)

柯文哲:さっきマレーシアの大使と話したんだが、現在マレーシアの台湾にいる留学生は1万6千人だそうだ、だから事実上観光促進には多角的な取り組みをしなくてはいけない、直接観光促進をする他にも、別の方法、もっと多くのマレーシア人に台湾に進学してもらうのもありだ、彼らに台湾で学んでもらって、彼らの家族、友人の多くに台湾に来てもらう、そんなふうに観光促進には多くのやり方がある、外に出て見るといろんなアイデアが出てくる(有時候出來看一看會有不同idea)。

問:中国からの観光客が激減したのを補いたいのか?

柯文哲:中国からの観光客が減ろうが減るまいが、他の国からの観光客は増やさなくてはならない。

問:最初にすることが肉骨茶を食べるという、その心は?

柯文哲:私としては食べられさえすれば何でもいいんだよ。

問:この店は当地の有名店ですね

柯文哲:あそうなんだ。

問:食べてみて薬燉排骨に似てなかったですか?

柯文哲:似てる、ただ苦味がない。

問:なぜマレーシアまで来て肉骨茶を食べるんですか? マレーシアの観光客に台湾に来たら何を食べるようにと言いますか?

柯文哲:カ仔煎だな、カ仔煎、貢丸ビーフンが好きなんだ。

問:今回の日程では政治家との面会は少ないようですけど。

柯文哲:我々が他国に行く時は総じて控えめだよね。

問:つまり何かの配慮或いは背後に(中共の)圧力があるということか?

柯文哲:まあまあ、どこの国家でもその国家の内政問題というのがある、我々は多くの友人を勝ち取るが、人の家を引っ掻き回してはいけない。

問:困難に遭ったり日程に変数が加わったりするか?

柯文哲:まっいいじゃないか(還好)、食べ終わってから考えよう。

(以下後から書き加えられた夜の会での挨拶等は略)


73261833140.jpg
画像は新聞稿から
新南向!柯出訪東南亞 開拓穆斯林觀光財│三立新聞台 https://www.youtube.com/watch?v=kX_GD66R58Y

柯文哲台北市長の人気が回復か

台北市は今日「台北エネルギーの丘」の名前で、全国で初めて埋め込み式太陽エネルギー発電所を開始した。柯文哲市長がらみでは今日はTVBSの主要政治家の人気度(聲望)調査で今まで世論調査で下がり続けていた柯文哲市長が第三位になったというニュースなどもあった。
公文上寫「10年後處理」...柯P再批前人不負責 自由時報
福德坑太陽能電廠 台北能源之丘啟用 中央社
政治聲望贏過小英 柯文哲:看看就好 自由時報
台北市の新聞稿から


「台北エネルギーの丘」開始記者会 柯文哲:非核故郷を推進しグリーンエネルギー台北を創る
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/2/17

台北市長柯文哲は今日(17日)「台北エネルギーの丘」開始記者会を主催し、挨拶で、非核故郷は一つの理想だ、しかし唯のスローガンではない、具体化し実践しなければならない、結局誰もがエネルギーは必要だが、どうきれいで安全グリーンエネルギーを手に入れるかが一つの努力目標となっている、と指摘した。

柯文哲は言った、
「『台北エネルギーの丘』は元は3ヘクタールのゴミ埋め立て場だった、現在表面には8,000枚の太陽電池パネルを設置し、去年(105年)の9月から工事を開始し、三ヶ月あまりで完成した。今年(106年)1月10日供給を開始し、データから見ると、自家供給以来、15万3000kWhの電力を供給した、今日の朝だけでも3,010kWhを供給し、グリーンエネルギーの模範だ」
「将来台北市政府は引き続きこのようなグリーンエネルギー方式に対応して、市政府が土地を提供し、民間の企業が資金を提供し共同で建設し、官民合同形式で台北市のグリーンエネルギーの発展を推進する。『台北エネルギーの丘』は全国で最大のグリーンエネルギー発電の太陽エネルギー発電所とみなせる」
「私は衷心からすべての『太陽エネルギーの丘』を推進した人に感謝する、わずか数ヶ月の時間で実施できたことは、台北市全体の効率が非常に良いことがわかる。背後の努力は推して知るべしだ、すべての同僚の払った苦労に感謝する、将来はここでレジャーや環境教育の要素も加えて、『台北エネルギーの丘』を台北市の環境保護の観光スポットにする」
(以下略)

世論調査の結果に対しての記者の質問
記者:あるメディアの調査では国内の政治家の中で声望が第三位だったが、自分をどう見るか?
(一位は陳菊高雄市長、二位は頼清徳台南市長、第三位は鄭文燦桃園市長と柯文哲台北市長、蔡英文総統は第十一位だった)

柯文哲:(笑)世論調査は株と一緒でちょっと見るのにはいいが、もし本気になってそこだけ重視していたら、正常な生活はできなくなる、毎日自分のできることに全力を尽くすことが第一だ。


首座「掩埋場」太陽能電廠 柯:公有屋頂也要做 https://www.youtube.com/watch?v=alRQw5mFqiE


A- A+ 朴裕河著《帝國慰安婦》讀後 從台灣人的觀點看日韓慰安婦的爭議 newtalk
台湾人から見た韓国の従軍慰安婦像などへのやや批判的な意見。この意見だけを盲信はしないが参考にはなった。

柯文哲台北市長が台北市議会年賀式で新年の挨拶、出席した議員は8名

柯文哲台北市長が今日台北市議会年賀式で新年の挨拶をしたが、出席した議員は63人のうち8名でその内で民進党議員は2名だった、女性スキャンダルが出た複数の議員は現れなかった。その場には国民党の主席選挙に出る呉敦義元副総統も現れた。市長と呉敦義元副総統は挨拶もそこそこであまり打ち解けた様子はなかった。国民党議員の多くは呉敦義元副総統と写真を撮り、柯文哲市長と写真を撮ったのは一人だった。
市議會淪桃花窟?被問童仲彥 柯文哲求饒:問一個好回答的 三立新聞台

台北市の今日の新聞稿から


台北市議会の新春年賀式に出席 柯文哲:新しい一年は堅実一途に市政を推進する
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/2/2

台北市長柯文哲は今日(2日)台北市議会新春年賀会に出席し、挨拶した時まず会場の呉敦義元副総統、呉碧珠議長と議員たちに挨拶し、また議会に去年予算案で大いに助けてもらったことにも感謝した。
彼は表明した
「台北市政府は新しい一年を手ぐすね引いて待っている、今年最も重要なのは2017台北ユニバシアードをおいてほかにない、これは台北市だけでなく台湾にとっても重要な国際競技だ、各準備活動は追い込みの時期に入っている、このため議会の助けが大いに必要だ」
「去年まだ通過しなかった法規も新たに整理して、次の会期で議会に提出する、また疑義があれば継続して処理する。最後に皆さんの健康と、諸事順調、一家の平安、そして最も重要な楽しく毎日を過ごせるよう祈る」

メディアの共同インタビュー
記者:呉敦義元副総統が現れて国民党の議員がみんなあっちへ行きましたね

柯文哲:呉敦義元副総統は過去台北市で二期議員をした、だから台北市議会は呉元副総統の実家だ(笑)、彼がこれらの議員を訪問するのも当然なことだ。

記者:呉敦義元副総統は(立候補している)国民党の党主席選挙前に票集めに来たとは感じなかったか?

柯文哲:それもまた合法、合理。(笑)

記者:呉敦義元副総統と意見を交換したか?

柯文哲:一般的な挨拶だった。

記者:呉敦義元副総統はインタビューで2017台北ユニバーシアードを手伝うと言った。

柯文哲:ユニバーシアードは台湾の誰もが熱心に参加する行事のはずだ、呉元副総統も全力で支持し協力すると表明された。

記者:去年の市議会は女性スキャンダルや麻薬(アルコール?)の多くの混乱があった、今日の年賀式でこの混乱を終わりにしたいか?
北市議會桃花窟 偷腥議員大盤點 壱週刊

柯文哲:当然日々良くなるよう希望しているよ。(ビデオではもう少し答えやすい質問をしてくれと言って笑っている)

(以下略)


北市議會團拜 吳敦義回娘家與柯聊世大運│三立新聞台 https://www.youtube.com/watch?v=NopyhmA6uIg



タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)