柯文哲台北市長「老人の日」の行事に出席

柯文哲台北市長が老人の日の行事で夫人の陳医師と同席することになった。台北市の新聞稿から


第52回老人の日大会に出席 柯文哲、敬老の精神を持ち続けるよう希望
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/10/8

台北市長柯文哲は今日(8日)全国各界が祝う第52回老人の日大会に参加し、挨拶で語った、
「中華民国老人福祉協進会は民国55年より始まり、全国模範老人と敬老モデルを表彰する活動を続けてきた、今年は31人の模範老人と19人の敬老モデル、5人の孝行な学生だった、これは敬老の精神の提唱に対して相当助けになると考える」

「台湾は将来5年内に、65歳以上の人口が20%を越える、それゆえ将来何年かして台北市は突然高齢化社会に入る。その主要な原因は第二次世界大戦後のベビーブームと少子化の関係が人口構造を比較的特殊に変えたからだ。この急速な高齢化の社会の中で、もし老人を長生きするだけでなく健康で楽しくさせるのなら、政府と民間が一緒に努力することが必要だ」

「去年も同じ場所で同じ表彰をした、しかし今年とは違う人を表彰した。私は毎年の開催を通して『吾が老を老として、以て人の老に及ぼす』の精神を引き続き推し広め、敬老の精神を伝え続けていくことができるよう希望する」

「この機会を借りて広告し市政府の政策を宣伝させてもらうと。医師として、意外に思ったのは去年肺炎が台湾の十代死因の第三位になったことだ、第一位はがん、およそ20%を占める、第二位は心臓病、第三が肺炎だった。私はいつ肺炎が第三位になったのか思っていたが、人口の高齢化のせいかもしれないと思い至った、人は老いると風邪をひきやすい、抵抗力も衰える、この時もし肺炎にかかると重症化し、脳に障害を与えたり、臓器に悪影響を与え透析などの重い後遺症を残す可能性があり、更に重い時は死亡するときもある」

「だから、今年の10月1日から、65歳以上の老人は必ず予防接種を受けるよう、もし以前肺炎レンサ球菌ワクチンの予防接種をしていなければ、今回するのが良い。老人にはインフルエンザの予防接種をして、もうひとつ肺炎レンサ球菌のワクチンを打てば二重の保障になる。老人には健康で長生きしてもらわなければならない、健康であってこそ楽しいからだ、それゆえ健康が重要なのだ」

「人はいつも『活動活動』と言う、この言葉は面白い、『活きて』いくなら『動』かなくてはならないためだ。それゆえみんなに家を出て歩くよう勧める。私は今日一日医師を担当し、老人の家を訪問する、私はいつも先輩たちには話しかける、外に出て歩いてくださいと。家でテレビばかり見ないでください、というのはテレビを見始めると、長い間見て眠り、最後にはテレビに見守られる。またこのようなため、480元の敬老カードは現在使用範囲を拡大されてバス、鉄道、猫空ロープウェイ、YouBikeですべて使える、来年は観光バスも使えるよう考慮している」

「これらのことをする目的はただ一つ、皆さんが機会を見つけては外に出て活動するように奨励するためだ、たくさん街に出て歩いて人と交流する、人と話せば頭ははっきりしてくる、これが健康にとって良い」

その後柯文哲は万華区に行き引き続き一日地域医師を担任し、中風で寝たきりの老人を訪問した。台北市聯合医院和平婦幼院区の陳佩琪医師も招かれ医師に付き添い出席した。彼女は語った、「医師は医療問題に対して詳しい、特に小児科医師はワクチンに対しては熟知している分野だ。65歳以上の老人は、もしまだ肺炎レンサ球菌のワクチンを打っていない場合急いで受けるように、50歳以上の老人もインフルエンザワクチンを打てる」
(以下略)


偕妻探視失能老人! 柯P力推居家醫療服務https://www.youtube.com/watch?v=u1piiXJ7n_o


その他
容安瀾建議台灣不獨?總統府:個人說法 沒有評論 中国時報
アメリカ国務省元報道官が蔡英文総統が「一つの中国」を認めたり台湾独立の否定をすれば習近平主席の達成したい目標を満足させられる、台湾独立は現在予定していないなどと言ってみたらどうかなどとシンポジウムで発言した。
スポンサーサイト

柯文哲澎湖の海軍基地を慰問

台北市の新聞稿から


海軍西嶼レーダー基地を訪問 柯文哲:台湾の民主自由、多元開放の生活は国軍の兄弟姉妹達の支えに頼っている
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/9/9

台北市長柯文哲は9日澎湖軍慰問日程を進め、午前まず海軍西嶼レーダー基地に到着、指揮官呉賢仁中佐と兵隊の全体の熱い歓迎を受けた。柯文哲曰く、
「レーダー基地作業の苦労は救急重症患者の医者にとって特に理解できる、だから私は国民が民主自由、多元開放を享受できるのは昼夜を分かたず、年中無休の国軍の苦労が支えていると覚えていて欲しい」

「このレーダー基地は海峡の中間の最も重要なレーダー基地だ、台湾西南部海域の監視に責任を負っている。特に最近対岸の飛行機、軍艦が絶えず台湾周辺を周回している、それゆえ監視の任務は重要だ」

「レーダー基地はICUの監視機械に似ている、随時病人の血圧、心拍、呼吸を監視し問題があれば警告を出す、そして監視機械の特徴が、年中無休で止まってはいけない、レーダー基地と同様年中無休で作業している。苦労の程度は救急重症患者を診る医者だったわたしには、特に理解できる」

「今回の台北市政府は特に中秋前澎湖の軍慰問を行った。国民に憶えておいて欲しいのは、国家の一群の人が昼夜を分かたず祭日もなく仕事をし続ける、そして台湾が大切にしている民主自由、多元開放の価値、これらは全て国軍の兄弟たちが不眠不休で支えている、そうすることではじめて後方の民衆は民主自由、多元開放の安心した生活を享受できるのだ。それゆえ私はここで後方の台湾人民を代表して、全ての前線の国軍兄弟姉妹達に感謝の意を表し、また皆さんと中秋節を祝いたい」(原文は柯文哲表示,這次臺北市政府特別在中秋佳節前夕來澎湖勞軍,是希望國人要記住,國家有一批人是日夜不分、沒有佳節可過的繼持續工作著,而臺灣所珍惜的民主自由、多元開放的價值,都是靠國軍弟兄們不眠不休地撐起來的,才能讓在後方的民眾可以享受民主自由、多元開放、安居樂業的生活。所以他在此代表在後方的臺灣人民,向所有在前線的國軍弟兄姊妹們表達感謝之意,並祝大家中秋佳節愉快。)

(以下メディアとのインタビューは略)


赴澎湖參加敬軍柯文哲興奮拜訪海軍艦https://www.youtube.com/watch?v=7UnoPQuNJ8w


柯文哲市長のFacebookでは徴兵で澎湖に来ている台北市民を慰問に来たとある。澎湖は彼の妻の出身地だが妻の両親が台北に同居のため来てから二十数年来ていないと書いている。

同仁大啖澎湖海鮮 只能吃素的柯P神回... 自由時報
澎湖の名物は海鮮料理だが市長は現在宗教の関係で精進中で食べなかった。

柯文哲台北市長が親民党に招かれ講演

台北市の柯文哲市長は台北ユニバーシアードの成功を受け支持率が回復した。 北市研考會民調 柯P施政滿意度達63% 自由時報の記事によると柯文哲市長の市政への満足度は63%に達した。
台北市の新聞稿によると演説で市長は


最後、市長はみんなを励まし、成功の三条件は天分、運気、努力だ。嫌になることが多い或いは躓いても、這い上がれば良い、私が世論調査で支持率が下がった時、なお自分の信念を堅持し、毎日7時半に出勤し続けた、それゆえ失敗を恐れさえしなければ、成功の機会はある、失敗と成功の唯一の違いは意志力のみだ。


と言った。また柯文哲:你要一例一休 成不了大人物 中央社の記事によると、市長は弟が仕事が忙しい、毎日8時間働いていると言った。市長は話を遮り、台湾大学附属病院に入った時8時間働いたことは一日もない、毎晩12時に家に返ったと言った。「もしあなたが週休二日で働いていたら、永遠に大人物にはなれない」と言った。
柯P稱一例一休無法成大人物 勞動部說話了 自由時報

曹長青稱柯P當總統3年內賣台 網友這樣說... 自由時報
政經看民視というテレビ番組の中の,獨立評論員曹長青という人が、台北ユニバーシアードの閉会の挨拶で柯文哲は11回も台湾という言葉を使ったが、しかし英文ではほとんどがweやourに変えられていた、自分の直感では彼が総統になったら3年以内に台湾を中国に売り飛ばすと言った。

反年改激怒民族主義 李來希:台灣何時成了民族? 自由時報
全国公務人員協会理事長李来希氏は民進党の年金改革に反対の立場だが、台北ユニバーシアード開幕で反年金改革団体が大会を妨害して台湾人の台湾民族主義を刺激し反発を受けていると言われ、Facebook上で、「台湾民族主義意識とは何か? 台湾はいつから別の民族になったのか? ユニバーシアードが腹の足しになるのか?」と書いた。中国人意識の強い人々の台湾人などいないという反発がわかる文章だ。

小英左眼瞼周圍長黃斑 動刀處理無礙視力 自由時報
17歲女交窮男友 怒媽用殺雞刀砍斷她頭後自殺 蘋果日報

柯文哲台北市長58歳の誕生日に稲刈り体験

柯文哲台北市長が58歳の誕生日に稲刈り体験で食農教育の広報をした。主催者は行事の前にケーキと花束で市長の58歳の誕生日を祝った。
柯文哲58歲生日願望 世大運順利還有... 新唐人亜太台
台北市の新聞稿から


北投稲刈り体験活動 柯文哲:食農教育を引き続き推進し、台北市のため多元的価値が新旧併存するよう保つ。
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/8/6

台北市長柯文哲は今日(6日)午前北投区に行き北投稲刈り体験活動に参加した、自ら笠と長靴姿で、稲刈り脱穀をしたあと、当地の米製の食品を試食した。

柯文哲は挨拶で語った、
「市政府は毎年『北投稲刈り体験活動』を開催している、この重要な意義の一つが食農教育の推進だ。私はずっと台北で民主自由、多元開放の進歩的価値を推進しようとしてきたが、この北投の稲刈り体験の中では、この種の新旧の文化が併存するという多元的価値を体現させたい」

「社会形態が変化してきているため、最近の子どもたちは皆米のご飯を食べている、しかし必ずしも米がどのように作られるか見ているわけではない、私の子供のように20歳になっても飯盒炊飯(焢窯)の経験がないものがいる、だからこのような市政府開催の行事を通して、次の世代に自分が食べるご飯と食物がどのようにやってくるのか理解させたい」

「北投区関渡平原は台北市最大の面積の稲作地帯だ、台北市のようなコンクリート・ジャングルの都市の中に農村の雰囲気を持った場所を保有することができるのは、都市全体の文化の発展にとって大変意義がある事であり、稲作文化全体が伝承されていくよう希望する」

行事が終わった後メディアのインタビューを受けた。
記者:自身の今年の誕生日の願いは市長の再選成就か?

柯文哲:再選は望外のこと、心に善をいだき、全力を尽くせば自ずと結果は良くなるだろう。

記者:2018年市長選の基調は進歩的価値で確定か?

柯文哲:ひまわり学生運動、洪仲丘事件を経て2014年統一地方選挙国民党大敗という重大事件の後、私はずっと台湾の政治は結局どの方向に行くべきか考えてきた、一般に2014年の選挙結果分析では、一種の世代間戦争が現れたと考えられている、しかし、私は将来台湾で世代間戦争のモデルが過去の藍緑両党の対立に取って代わることを望まない、だから私は一種の「価値観をガイドとする」政治理念(value driven politics)を提起し、所謂進歩的価値観を提唱したい。

(中略)
記者:昨日のオープンソースカンファレンスでの講演で、市政府の予算をネット上で市民に検視してもらうことを持ち出した、将来議員の監督は必要ないということか?

柯文哲:古代ギリシャのポリス文化の直接民主、17世紀の政党代議政治を経た後、21世紀はネットの発達により、直接民意に訴えることが再度可能になった。現在は間接民主主義が次第に政治的スペクトル上で直接民主主義に移行する過渡期のはずだ(原文は現在應該是間接民主逐漸在光譜上移往直接民主的過渡期)、過渡期においてはどのように全体的に調整していくか、当然まだ研究の余地がある。しかし、台北市の議員の素質は高い、自分が議会で質問を受ける時、どの議員の市政府に対する建議も、市政府は真剣に耳を傾けている。

(以下略)


2018六都選舉-倡直接民主免監督 柯文哲「進步價值」惹議-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=F987kD91-8o

2018年台北市長選で柯文哲市長の選挙主軸は「進歩的価値」

2018年の台湾地方選挙の話題が増えてき始めた。今日は2018年台北市長選挙の話題があった。
台北市新聞稿
2018選舉主軸 柯文哲:確定是「進步價值」聯合報
柯文哲民調領先 國民黨這樣回應 蘋果日報

柯文哲台北市長は今日午前、台湾大学社科院に行き、「COSCUP(Conference for Open Source Coders, Users and Promoters) 2017 開源人年会」に出席し短い講演をした。

聯合報の市長発言要約から引用
「市長になって、いろんな人にあって、その人毎に臨機応変に対応してきた、その経験から結局自分はどのような政治文化に変えたいのか考えさせられた。以前は台湾大学で8人のECOMチームを率いたが、管理上強い行動を取れた、『君は私の前から消えてくれ』と言って首を切って、人を永遠に消すことができた。しかし台北市政府の8万人のチームでは姿勢を変えなければならなかった、柔らかい方式を用い、相手を説得しなければならない、このことが私を政治指導者から文化の提唱者に変えた。私は2018年の選挙の主軸を「進歩的価値」にすると確定した、政策より重要なのは民主、自由、開放等の価値だ。以前の台湾の政治は藍、緑に分かれていた、2014年の市長選挙の勝利は人々を困惑させた、2年間研究してわかったのは、あれは世代間戦争だった。台湾は現在イデオロギーの分裂した社会だ、その年齢の分水嶺は「40歳」で、戒厳令解除その前後の世代で別れている。同性婚は40歳以下は7割が賛成、以上は7割が反対、私の世論調査と同じだ。私は東南アジアを訪問した時現地の国では、宗教、政治、文化等の分裂がひどかった、台湾は相対的に包容等の進歩的価値がある。私が曾て台湾大学病院のECOMのSOPをオープン化した時、成果が外部に漏れるだけではないかと疑問を持たれた、しかし今ではアジアの模範になった、みんなが私の真似をして、私(がはじめた手術方法)が標準になった。しかし欠点は最前線を維持することは苦しい、あっという間に追い越されるのだ」

2018六都選舉-北市長競選連任主軸出爐!柯文哲倡「進步價值」-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=f691Tc1K4Es

Coscup 2017 柯文哲 進步價值 演講

その他のニュース
台中電廠鍋爐破管 7日恐亮限電紅燈 中央社
送電鉄塔の台風に依る倒壊のため13日の復旧まで電力使用節約が呼びかけられているが、台中火力発電所1号機が故障し修理に3日かかるという、来週の電力供給に赤信号が出ている。

陸方勸退陸生 陸委會:誰阻交流很清楚 中央社
中国が学生の台湾留学を減らそうとしている、台湾陸委会は台湾は両岸交流を阻害していない、誰が両岸交流を阻害しているかみんなははっきりとわかっていると言った。

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)