中華民国陸軍軍官学校校歌に「党旗飛舞」の歌詞変更問題

中華民国陸軍軍官学校校歌の歌詞に「党旗飛舞」という歌詞がある。陳水扁時代この「党」を「国」に変えようとしたが作詞家の家族の反対を口実にしたり国民党の影響が強くできなかった。数日前民進党の劉世芳議員が立法院で国防部予算の審議の時、校歌の歌詞の改訂を要求した。
軍校高唱黨旗飛舞惹議 退將極力護航「黨」字 newtalk
什麼旗在飛舞?綠委要改陸官校歌 退將嗆先改祖墳堂號 聯合報
陸官校歌「黨旗飛舞」改不改? 高華柱:應尊重歷史 自由時報
改陸軍官校校歌先改祖墳堂號? 徐永明:黨國不分洗腦 ETtoday

改訂要求の理由は、国家の陸軍士官学校では党と国家を明確に分けるべきだというものだ。これに対してさっそく反対の声が出た。
陸軍退役中将呉斯懐はFacebookでこれを批判して、「狭隘、無知なイデオロギーの論調だ」「既に時代の潮流に合わない? 私は国防部に彼女を訴えるよう提案する、もし陸軍軍官校の校歌を変えるなら、まず彼女の祖先の墓の名前を変えろ!」「古今の中国外国の歴史上、各種の理由、闘争、戦争のため、前代を否定して改めることはあった、しかしこのように狭隘、無知なイデオロギーの論調はめったにない」「もしそんなに台湾国を打ち立てないなら、もっと徹底して脱中国化をやれ、台湾の全部を消滅させるのでなければ、まずあなた達の祖先の位牌、お墓に彫ってある文字を台湾に変えよ、急いで研究してあなた達の言語を開発しろ、現在の言語文字は全部中華文化だ、明らかに時代の潮流に合ってないじゃないか!」「台湾のほとんどすべての神仏は拝むな、観音菩薩、媽祖、関公、三太子、玉皇大帝皆大陸から来たものだ!」「清明に墓を掃除して祖先を拝むのも、端午にちまきを食べ龍舟を漕ぐのも、中秋に月を愛で月餅を食べるのも、春節に家族揃って年越しするのも、みーんな取り消せ、全部大陸の風俗だからだ、気骨がある台湾人民なら人の真似をしてついていくな!」

劉世芳議員はこの意見に言い返して、「数日前私が質問した時、外交と国防委員会の朝野の議員は皆反対しなかった、退役将校は結局政党と国家とどちらに忠誠を誓うと言うのか? 両者は同じ階層ではない、私は呉斯懐に言いたい、物干し竿に包丁を括りつけて武器にするように、何でもかんでも政治化するな」「一生校歌を歌ってきた老将の気持ちは理解できるが、『党旗飛舞』が指すのはどこの党旗なのか? 現在の国家は政党の上にある、私が要求するのは、国防部はこの問題を正視するべきだ、そうでなければこのイデオロギーは軍校の現在養成される生徒に対して奇々怪々の(教育だとの)誹りを免れない」

高華柱元国防相は6日午前、「党の字は当時の時代的意義がある、すべて歴史を尊重しなければならない、どの時代にも違う歴史的背景がある、フランスの国歌も現在まだラ・マルセイエーズを歌っている、これもまたその歴史的背景がある」と言った。

台湾の民族主義政党時代力量党の徐永明議員は「過去の党と国家を分けない教育が確実に少数の人を洗脳しており、党と国家の区別がはっきりしていない、『党旗』の鎖から抜け出せるよう願う」と言った。

国防部発言人陳中吉は頬を緩めて言った、双方の意見を尊重し、変えるかどうか総合的に考慮する。

20161106中天新聞 綠嗆改陸官校歌「黨旗飛舞」 退將批:先改祖墳https://www.youtube.com/watch?v=JR6uT53oUIY
スポンサーサイト

台湾の空軍退役大尉、中共のスパイとして逮捕

台湾の空軍を退役した大尉が退役後中国へ行って商売を営んだ。しかしその後商売で失敗し中華人民共和国国家安全部に取り込まれ、台湾に帰国しては空軍と軍事情報を持つ人間の取り込みを行った。それを台湾の軍の情報局が察知して逮捕された。
空軍退伍上尉赴中經商失敗 成共諜遭羈押 新唐人電視台
空軍退伍上尉成共諜 遭羈押禁見 中央社
空軍退伍上尉被吸收 返台蒐情資遭逮 蘋果日報

台湾の国防部軍事情報局と法務部調查局が合同で調査した後、2日に逮捕され、高等検察署に移送された。高等検察署は3日夜この事件を認め、短く経過を表明した。それによると台湾高等法院は3日、退役大尉の陳国瑋に対して反国家安全法違反の容疑で勾留接見禁止を裁定した、その他の事件の詳細は発表しないとした。

軍の情報部も発表し、この事件は軍事情報局が主体的に発見、報告し、「国家情報工作法」によって関係部署と協力して捜査した、現在この事案は既に司法による取り調べの段階になっている、報道内容については論評しないと表明した。

報道によると、陳容疑者は退役して十年になるが、その同級生、知り合いは現在中佐、大佐になっており陳容疑者は台湾に帰国して彼らを中共のスパイにとり込もうとした。しかしその中にちょうど軍情報局の人間がおり、すぐに報告した。軍情報局は監視を始め、陳が先月30日上海から台湾に帰った後、陳がその手下と会い、関連情報資料を渡した後、調査局が機が熟したと考え、2日に逮捕した。

台湾海軍がミサイルを誤って発射、一人死亡

今日(1日)午前8時15分頃、高雄市の左営軍港に停泊中の錦江級哨戒艇「金江艦」(500トン級)が対艦ミサイルを誤射した。対艦ミサイルは台湾海峡の澎湖諸島沖の台湾漁船「翔利昇号」を直撃し、1人が死亡、3人が負傷した。
海軍、対艦ミサイル誤射 台湾海峡の中間線は越えず 中央社
海軍誤発射のミサイルが台湾漁船を直撃 1人死亡 中央社


【不斷更新】荒唐!飛彈誤射內情 全推給1中士操作作戰及攻擊模式 蘋果日報

雄三飛彈事件 竟是中士誤射 自由時報

の記事によると、国防部が記者会見でミサイル誤発射は手順を踏まず、監督する幹部もその場にいなかったと言った。ミサイルは8時15分に発射され、17分に目標に到達した。ミサイル担当の軍曹高嘉駿は装備の点検修理テストの予定にしたがわず、テスト手続きが終わった後、すぐに発射手続きに入った、また模擬作戦パターンを選ぶ所を作戦パターンを誤って選び、雄風ミサイルを発射した。まだ3発のミサイルが残っていた。雄風ミサイルは戦術ミサイルで,アメリカの戦略弾道ミサイルのとは違い,自爆はできない*。海軍司令黃曙光は、発射には少なくとも5段階の手続きがあり、その中には3つの保険的手続きと2名の上官の確認があるが、当時上官は誰もおらず、高嘉駿は自分で慣れていると考え、このようなことが起こるとは考えていなかった、と言った。本人を含む少なくとも7名の軍士官が処分される。
*)【雄三誤射】海軍參謀長:飛彈可執行自毀 蘋果日報の記事では特殊な装置でこのミサイルは自爆はできるがこの船には設備がなかったと言っている。

【雄三誤射】政院高層透露:蔡正元確實比林全早知道 蘋果日報

では事件を知ったのは林全首相よりも国民党政策会執行長蔡正元のほうが早かったのではないかと言っている。

【TVBS】飛彈誤射轟天巨響 嚇壞居民:開戰了嗎https://www.youtube.com/watch?v=m3l9ZKCwU-s

蔡英文総統初の軍の視察

今日台湾の最英文総統は初めて軍の視察を行った。総統は2機のF-16型戦闘機の前で演説して、「これからいつも国軍と共に立ち、改革を推進し、家郷と国家を守る」と言った。また「私は三軍の統帥であり、今からは、国軍の栄辱はすなわち私の栄辱だ」と言った。
蔡英文総統、就任後初の軍事施設視察 総統専用機にも搭乗 中央社
中華民国総統府新聞稿
蔡總統與官兵合照握拳比戰力強 破傳言 中央社
蔡英文叮嚀國軍 天氣熱要預防中暑 蘋果日報
蔡英文:國軍的榮辱 就是我的榮辱 自由時報
台媒:蔡英文首度视察台防务部门 并将强调强化防务捍卫“国土” 環球網
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-05/8986236.html
台一男子持刀欲闯“总统府”发言人:对安保有信心 環球網
http://taiwan.huanqiu.com/article/2016-05/8986375.html

何ヶ所か訳すと、


今日は私は初めて総統と三軍統帥の身分でここに来て、我々第一線の国軍兄弟姉妹と集った。指揮官の案内で、私は佳山基地、南洞庫駐留兵士士官と401連隊の勤務状況を巡視した。
(略)
今日私がここに立っているのは、視察監督のための視察監督ではない。今日私は私の決心を表明するために来た。私はみなさんと全ての国民同胞に告げなければならない、将来毎日、私は国軍と共に立ち、改革を推進し、家郷と国家を守る。
我々は皆わかっている、花蓮佳山基地は台湾国防にとって二つの重要な意味がある。
第一、ここは我々東台湾の最重要な演習訓練基地だ。視察の中で私は、各種機体の補修整備からパイロットの勤務状況まで、あなた達が自分に厳しい要求をしているのを見た。
その迅速確実、少しのムダもない動きはあなた達誰もがいつもこの基地の台湾にとっての意味を心にとどめていることを表わしている。しっかりとした戦争準備訓練は2300万国民同胞の最も良い安全保障だ。各位は皆やり遂げている。
第二、佳山基地は台湾戦力保存の最も重要な基地である。私は今格納庫の中で各位が全ての装備を最良の状態にしているのを見た。あなた達は誇りに感じるべきだ、というのはあなた達がこの基地を素晴らしくするということは、台湾全体を素晴らしくすることと同じなのだ。あなた方がこの基地を手入れすることは、台湾の国防を手入れすることだ。
(略)


蔡英文首以三軍統帥身分 視察佳山基地-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=5uqZM11Ld6I

10月20日台湾国防部新聞稿

10月20日の国防部新聞稿から


海軍艦隊指揮部がメディアが「今年5月軍艦左営艦長が士官長が甲板上で魚釣りをするのを放任していた」と報道したことを説明する新聞稿

某メディアが「今年5月軍艦左営艦長が士官長が甲板上で魚釣りをするのを放任していた」と報道した*ことに対して、海軍艦隊指揮部は今日(20日)表明した、本部所属の軍艦左営で今年5月一般航行任務執行期間、兵士が後甲板で拖魚 をした、これは任務遂行に影響しなかったけれど、紀律違反だった、本部は既に当部署に改善を検討するよう要求した。
*)【獨家】戰艦居然淪為海釣船 拖釣一尾大旗魚 蘋果日報

海軍艦隊指揮部は指摘する、海軍は平時我が国海域の警戒巡視及び外島への運搬補給の責任を負っている、当メディアが「釣り船」と形容したのは、「大げさ」と言える。本案に対して、本部は宣伝教化を強め、兵士が艦艇の海上航行紀律要求を遵守するよう要求する。


海軍左營艦大魚照 肝膽相照被翻拍 聯合報
メディアの報道ではアメリカの海軍では任務がないときは釣りをしたり、泳いだり、バスケットや焼き肉などをするそうだが、今回は任務中に船の速度を落とし釣りをし写真をネットに投稿したようだ。





タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)