台湾の甲子園、黒豹旗高校野球大会が開幕戦

台湾の甲子園を目指している高校野球の大会が昨日14日開幕した。開幕式はあったが試合は雨天順延らしい。教育部の新聞稿から


高校野球最大の盛事、200校が一緒に Play Ball 第五回「中信盃黒豹旗全国高校野球大会」開幕戦 桃園平鎮高校
vs 桃園内壢高校
上版日期:106-10-14

申し込みチームが史上最高になった第五回「中信盃黒豹旗全国高校野球大会」が、今日(14日)午後1時台北市天母野球場で開会式を開催し、体育署林徳福署長、中華棒球廖正井理事長と中国信託代表が大会開始を宣告した。

本大会の参加チームは各区からの学校数を北一区(北北基宜花)-66校、北二区(桃竹苗)-32校、中区(中彰投雲嘉)-51校、南区(南高屏東)-48校、離島区(金馬澎)-3校に分け、総申し込み学校は200校に達し(現在全国の高校の合計503箇所から、純女子校27箇所を除き野球をするのが可能な476箇所の内42%に達する)。その他今年は33校が62名の女性メンバー10名の女性コーチを含み合計72名の女性が参加して、開会式には女黒豹を表彰し、勇気を持って挑戦した女性を励ました。今後一ヶ月毎日試合があり、各校は64の大会昇級リストを目指して奮闘し、11月26日の決勝戦の優勝旗を奪い合う。

黒豹旗は「台湾甲子園」を作ることを目標としている。
(以下略)


中信盃黑豹旗開幕 200勁旅參賽刷新紀錄 2017-10-15 TITV 原視新聞https://www.youtube.com/watch?v=EN3EgGjDXok

スポンサーサイト

2017台北ユニバーシアード開幕

今日(19日)2017台北ユニバーシアードが開幕した。
世大運開幕 柯文哲勉用運動寫熱血章篇 中央社
台北市の柯文哲市長は挨拶でまず
「蔡総統、国際大学スポーツ連盟会長、全ての審判選手、各国の来賓から世界各地の観衆の皆さん今晩は、私が台北市長柯文哲です、台北市民を代表して皆さんの2017台北ユニバーシアード参加を歓迎します。」と歓迎の挨拶を述べた。

「国際大学スポーツ連盟が我々にこの機会を与え、142の国家、1万1千名以上の選手と役員を台北に集結させ、民族と距離を越え、平和と友情を共に分かち合い、また我々主催都市台北の自身と情熱と活力を世界に向かって証明する機会を持たせてくれたことに感謝します」

「ユニバーシアードは台湾有史以来最大の国際スポーツ大会だ、台湾この美しい島には豊富な自然、多くの民族がある。台湾人民はいつも一つ一つの挑戦の中で困難を恐れず前進し、今日自由と民主を享受している。我々はそれを大切にし、また引き続き努力してそれを保つ」と言った。

反年改阻世大運選手進場 朝野齊聲譴責 中央社
選手の入場が蔡英文政権の年金改革に反対する人々(主に国民党系だろう)によって一時的に阻止された、政府や与野党全てがこの人々を非難している。

世大運開幕 抗議團體拿國旗與警爆衝突https://www.youtube.com/watch?v=S3WHDmEY6qw

2017台北ユニバーシアードまで約一ヶ月

8月19日から始まる2017台北ユニバーシアードまで約一ヶ月となり、今日71ヶ所の「熊蓋讚親善団サービス所」が開設された。台北市の新聞稿から


熊蓋讚サービス所開始の記者会 柯文哲:政府と民間の分厚い力を結合し 共同でユニバーシアードを運営。
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/7/9

台北市長柯文哲は今日(9日)午前熊蓋讚サービス所全面開始の記者会に出席し、また記者会見で7月15日から全台湾71ヶ所の熊蓋讚親善団サービス所を設立すると宣言し、各サービス所の中では全台湾の民間の力を集め千名にのぼる親善大使がユニバーシアードの入場券、試合、各館の情報提供をする。

柯文哲は挨拶で表明した、
「8月19日まで残すところ後一ヶ月となった、これにより、私はそろそろ民間の力を動員する時期だと考える。各民間社会団体、団体のほか、台北市政府民政局の民生システムの動員能力に相当自信を持っている。政府と民間の力を結合して一緒にユニバーシアードを運営するよう希望する」

「最近近しい人は皆ユニバーシアードの券の販売状況に関心がある、私はまず発売を開放することを優先し、最後もし本当に必要ならその時民間の社会団体を動員するようにと考える。政府が推進して困難な点があった時、民間の力にどれくらい頼れるか。台湾の民間の力は相当分厚いので、私は非常に自信がある」

会の後柯文哲はメディアのインタビューを受けた。
記者:このサービス所を始めた後、人々のユニバーシアードに対する関心を喚び起こす自信は有るか?

柯文哲:過去高雄で開催されたワールドゲームズ2009の経験が参考になる、通常大衆の関心が起こるのは開幕前最後の一ヶ月だ、券の売り上げ、と記念品販売はこの期間明らかに上昇する。だから私は開幕前一ヶ月前後ゆっくりと大衆のユニバーシアードへの関心を呼び起こせるはずだと考える。

(以下略)


世大運-世大運售票差? 柯P淡定: 賣多少算多少-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=wzKVG0Pfmpw


【2017臺北世大運主題曲(2017台北ユニバーシアードテーマ曲)】擁抱世界擁抱你MV (Full Version) https://www.youtube.com/watch?v=rBvJ3CFnnQU

バドミントン中国マスターズで台湾ペア男子が優勝等のニュース

世界バドミントン連盟(BWF)の Grand Prix Gold 賞金総額15万ドルの中国マスターズが18日から中国江蘇省常州で開かれている。台湾のバトミントンの陳宏麟と王斉麟選手が今日男子ダブルスで優勝した。決勝では日本の井上拓斗と金子祐樹選手と対戦した。これは2人がペアを組んで初めての優勝だ。
2017 中國羽毛球大師賽決賽男雙 陳宏麟/王齊麟(中華) vs 井上拓斗/金子祐樹(日本) https://www.youtube.com/watch?v=eMkU3VHxlzA


その他
澳學者籲全世界告訴中國:台灣不屬於你! 自由時報
オーストラリアのモナシュ大学アジア言語と研究センター教授 Bruce Jacobs は今年秋「Changing Taiwanese Identity」を出版する。彼は今週講演で「全世界とアジアの民主主義国家は中国にこの言葉を言わなければならない、『台湾はあなたに属していない』」と言った。

蔣介石銅像去留惹議 姚文智籲政府加速處理 newtalk
民進党の現職の姚文智立法委員は今日八田與一と蒋介石銅像の首切断事件、柯文哲台北市長の民進党の移行期の正義批判などについて語った。柯文哲市長が「気にくわないものは全て壊すのか」「我々は違う過去を持つが、共通の現在にいる、今後共通の未来に行きたいのかどうか」「民進党は社会を引き裂いている」といったことに関して、口実を探したり、郷原の言*で大衆に媚び綺麗事をいうべきではない。移行期の正義の最後の一里の道は独裁時代の象徴蒋介石の銅像だ、政府はそれを消滅させる方法を考えなければならない、イデオロギーから完全に変えなければ安心できない、追求するのは百分の百の民主主義だ。およそ83歳以下の台湾人は共通の過去を持っている、違う過去は持っていない。違うと思うのは国民党独裁時代の洗脳のせいだ、と言った。
*)子日、郷原徳之賊也個人の論語のサイト

台湾台東市の小学校野球で人間教育

日本の学校の部活動では技術よりも挨拶とか生活態度を重視する例は珍しくないが、台湾の新聞稿で日本の部活動の雰囲気に似た記事を見つけた。
台湾教育部の新聞稿から


教育家ブログ人物のモデル、豊田国小校長方穎豊 野球で人生を逆転
師資培育及藝術教育司 聯絡人:劉仿桂
上版日期:106-03-11

台東市豊田国小野球チーム校長方穎豊は、5年前豊田国小で野球チームを作り、子どもたちを率いてセロから着実に始めた。今この野球チームは学校内の学習の雰囲気を変えただけでなく、多くの子供の運命さえも変えた。

5年前豊田国小野球チーム成立のきっかけから方穎豊は語り始めた、9年から12年に至る教育課程の中で一貫して社会大衆の教育に対する価値観は学習の成績を重視することが一般的だ。成績の良い子は比較的多く面倒を見てもらえる、逆に家庭環境に恵まれない子あるいは先天的に能力に問題がある子は学科能力が人に劣りやすくなるため、自信を失う。

彼は喩える、100メートルを15秒でしか走れない選手はたとえ努力訓練しても、13秒くらいまでは記録を縮めることはできるかもしれない、しかし10秒まで縮めることはできないだろう。子供を道具のように扱いがちな大人たちが、子どもたちに大人の設定した目標まで達するよう要求するとき、子供が本当はしたいこと、どう子供の成長に寄り添うかということを忘れてしまう。

自身がスポーツマン出身の方穎豊は、かつて陸上やバスケットをやっていた、彼はしかし子供を変えるスポーツとして野球を選択した。彼は説明する、野球選手は陸上選手がたとえどんな訓練を経なくても好成績を出せるようなことはない、またバスケット選手のようにスター選手を作り出しやすいこともない。

たとえ野球チーム内でスターが出たとしても、もし全体の力が一定程度に達していなければ、試合で勝つことはできない。一人の良い野球選手は天賦の才のみだけでなく、更に後天的な努力が必要だ。だから教育を主とするなら、方穎豊には、野球が絶対その他のスポーツよりも最適だと思えた。

29年の長い教員生活で、方穎豊は野球に26年接してきた、しかし豊田国小野球チームは、彼が初めてゼロから作ったチームだ。彼は笑って言う、はじめは野球チームは勝つことを目標にしていないため、加入したい子供は人に優れた条件を備える必要はないと考えていた。彼は学校の教師に対して、あなた達が頭が痛いと思っている子供をいくらでも送り込んでいいですよと言った。

今年24歳のアメリカのピッツバーグパイレーツのマイナーリーグ現役捕手張進徳は良い例だ。10数年前、張家の5兄弟は東河郷山中の部落で祖母に育てられていた、方穎豊は、この子どもたちが5人の内3名が学習障害手帳を持っているのに気がついた、小学入学前には少数民族の阿美族の言葉だけを話していたためだ、しかし天性の野球の才はあった、刺激が足りないだけだった。そして彼は思い切って彼らが学校を家にするように手配し、野球の練習以外でも彼らの品行と学習をみた。今張進徳は前途洋々の野球の新星だ、彼の二番目の弟は張進龍は中国富邦悍將(Fubon Guardians)メンバー、三番目の弟張育成はインディアンズのマイナーにいる。

一般の野球チームと違い、始まりから教育の角度から出発するよう希望していた豊田国小野球チームは、方穎豊が全人格教育で子供に対した。このため豊田野球チームの正式名称は「豊田自動少年野球の家」だ、というのは彼が代表のチームは野球チームというだけでなく、子どもたちのもう一つの家なのだ。

チームの中で、子どもたちは自分のものを自分で整理する、毎日時間通りに宿題を終わらせる、チームは最大の機能を発揮できるように希望する、子供の必要な栄養に気をつける、子供の体調に気を配る、子供の家庭の機能の足りないところを補う、方穎豊の演じる役割は、コックのようで、まず食材の成り立ちを理解しなければならない、そうしてやっと美味しい料理を作り出せる。

「私達のチームで世界一の選手とコーチを要求してはいけない」方穎豊としては、すべての子供に完璧を要求はしない、彼はむしろ片目で見て片目は閉じる、子供の良いところはよく見つめ、大勢に影響のない欠点は見つけても目をつぶる。子供の変わっていく姿が、野球の生活で彼を支える最大の動機だ。

教育家ブログは教育従事者がお互いに励まし、教育への情熱を共有する場所だ。教育家ブログサイト
http://teachersblog.edu.tw/ ;教育家ブログFB:https://www.facebook.com/teachersblog.tw


【真情映台灣】20150225 - 方穎豐 https://www.youtube.com/watch?v=Ar5pjQ3rZU0

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)