柯文哲「二二八事件68周年中樞紀念儀式」演講稿

今日午前台北市の「二二八和平公園」で「二二八事件68週年中枢紀念儀式」が行われ馬英九総統や柯文哲台北市長が演説をした以下は柯文哲市長の演説全文


ニニ八事件に関心を持つ全ての友人たち、こんにちは。

今日は二二八事件68周年の記念日です、私はこの場の多くの友人たちと同じように、受難者(被害者)の家族の立場でこの紀年会に出席している。私の印象の中では毎年二二八には私の父はいつも目に涙をためて法事から帰ってきた。父の涙を見て私の心も痛んだ。しかし私は知っていた、祖父を思う私の父の心はもっと苦しいことを。

1947その悲しみの年、台湾人民の多くは身内を失い、友を失った。台湾社会は多くの知識階級の俊秀を失い、その後の台湾の歴史に長期に亘って恐怖と沈黙と懸隔を残した。人と人との間に築かれた目には見えないが冷たく高い壁、それが現在までずっとこの社会を分裂させている。

受難者の家族として内心は当然沈鬱ではあったが、これによって私達は強固になった。二二八の痛みはどれほどのものか? それは言葉にできないくらいのものだ。私の父は前の世代の苦しみを次の世代にまで背負わせてはいけないと思い、私と祖父の話をしたがらなかった。そのため私は写真を通してしか祖父を知らない、歴史的事実としてしか祖父を知らない、私の父が毎年二二八記念会で流す涙によってしか祖父を知らない。

私の祖父柯世元先生は台北師範学校卒業後、新竹の小学校で教師をしていた。皇民或いは国民であろうとこれらは彼自身が決定したことではない。彼は一人の台湾人であっただけだ、一人の真面目に仕事をし己の本分を守った台湾人であっただけだ。たとえあのように時代の悲劇を免れ得なかったとしても、二二八事件発生時、知識人の一人かもしれないというだけで清郷*をする国民党に捕まり監禁され殴られるには十分な理由だった、出獄後病に臥し三年後没した、享年54歳。*)清郷は粛清のために全戸一斉捜索をし手配者あるいは怪しいと思う者を連行或いは殺害した国家政府の作戦。

祖父が世を去った時、三年間病に臥していたため、家庭は赤貧洗うが如しだった。私の父は祖父の葬式に新しい下着を買ってあげるだけのお金しかなく、祖父の納棺には一揃いの新しい服さえ揃えてあげられなかった、これが私の父の一生の痛恨事だ。二二八事件は前の世代の家庭を破壊し家族を殺した、また私の父の進学の機会も奪った、これはまた父の別の痛恨事だ。

二二八、私の祖父の命を害し、私の父の人生を壊し、私の感情を損なった。*
*)原文は二二八,傷害我祖父的生命,傷害我父親的人生,傷害我的感情。

一つの二二八事件が柯家三代の人々に痛苦を造り出した、多くの受難者の家族にもまた同様の痛み苦しみがあるはずだ。私が台北市長選挙に立候補しようとしていた時、私の父は極力反対してきた。父は「私は二二八で父を失った、私は今度は子供を失うような目に会いたくはない」と言った。この言葉によって私は考え始めた、私達は次の世代にどのような台湾を残すべきか? この言葉によって私は出馬を決心した。
台湾人は自分で自分の運命を決定しなければならない、台湾人は台湾というこの土地の主人にならなければならない!

四百年来、この土地の政府は次々と変わった、しかし台湾は我々の故郷だ、これは変えようがない。私は常に言っている「私達が変える現在は次の世代の将来だ」真相があってはじめて赦(ゆる)しがある。赦しがあってはじめて和解がある。和解があってはじめて平和がある。歴史の悲劇を私達の子孫の身に再び経験させないのは、私達この世代の人間の責任だ。

政府に公平正義があってはじめて、社会に調和となごみができ、国家の未来がある。親愛なる友人たち、ニ二八の紀年は歴史に向きあい、真相を検証し、台湾社会を再び立ち上がらせ、継続前進させるためだ。今日柯文哲は受難者の家族の立場でこの紀年会に参加した、台湾社会が再び(このような)無念さを感じないように、愛と平和に満ちることができるよう期待する。謝謝各位。









柯文哲「二二八事件68周年中樞紀念儀式」演講稿全文 台北市新聞稿
Facebook
スポンサーサイト

台北で中国大陸の台湾学生たちの座談会が開かれる

台湾海峽交流基金会主催の「2015年大陸台生就学及び就業座談会」が26日台北で挙行された。以下中国大陸側の報道の要約。

清華大学、北京大学、人民大学、復旦大学、南京大学、武漢大学、成都中医薬大学、香港大学、澳門大学等の20余りの大陸とホンコン・マカオの大学・専院校で学んでいる百人余りの台湾学生代表が座談会に参加し、奨学金、台湾居民来往大陸通行証の取得補助、両岸金融等の就業関連資格証相互承認等の問題についても話した。

台湾海峽交流基金会副董事長施惠芬は座談会で、関連問題は海基会が海協会等の関連部門との交流協議を通じて解決するだろうと言った。施惠芬は、2008年以来交流は日増しに密接になってきた。経済貿易面だけでなく、文化教育面でも交流が非常に多くなってきた。統計では現在、両岸での姉妹校や学際協力などは既に9000件を越し、台湾で学ぶ大陸学生は29000人余り、大陸で学ぶ台湾学生は万を越している。「我々は両岸青年学生が相互認識、相互理解を増進するよう希望する」と言った。

往年のようにただ学生代表同士で座談するのではなく今年は特別に(大陸の)台商協会代表も参加して、台湾企業の人材募集と大陸での台湾学生の就職説明会等があった。施惠芬は台湾学生が大陸で学ぶことは両岸の特色を理解し経験豊富になりその後の仕事でも(大陸の)台湾企業のレベルアップに貢献する。(大陸の)台湾企業は台湾系学生に職業と発展機会を提供できる。相互に利益のある協力だ、と言った。

北京清華大学的24歳修士生呉筑瑄は弟と参加していて、人によって感じ方は違うが私の見るには大陸の教育の質と水準は台湾よりいい、就職や創業の機会も台湾より多い。両親とも会社経営をしているので、大陸で両親と企業を大きくしていきたいと言った。

上海盈宏企業管理咨詢有限公司CEO鄭美瑄は既に大陸で10年以上仕事をして、豊富な人材養成の経験を有している。彼女は台湾の経済水たまりは本当に小さい、それに比べて大陸の経済は巨大だ。そして二点の提案をした、一つは台湾の「小確幸」の心を棄てよ。小さな世界にいないで大きな競争の世界に飛び出しなさい。そして二つは、大陸の若者の苦労を耐え忍び積極的に勝ち抜いて行くぞという姿勢を学ぶように。私の給料は台湾の外資系幹部の時の三倍になった。台湾の若者は大陸進出の機会をずっと逃してきた、しかしまだ間に合う。彼女が話している時しんと静まり返っていたが、話し終わると場内は拍手になった。

http://tw.people.com.cn/BIG5/n/2015/0226/c104510-26601657.html 人民網
http://taiwan.huanqiu.com/roll/2015-02/5765938.html 環球網
http://www.chinanews.com/tw/2015/02-26/7082257.shtml 中国新聞網

2015年2月27日中国外交部記者会見

2015年2月27日中国外交部記者会見の抜粋


問:26日、アメリカ合衆国国家情報長官は世界の脅威に関する評価報告を公表して、アメリカ国家と経済の安全に対するサイバー攻撃の脅威は増大していて、ロシア、中国、イランと朝鮮がサイバー攻撃を行う主要国家だと言った。中国政府はこれに対して何か応えることは有るか?
「テロ死者、過去45年で最悪水準」 米国家情報長官 日本経済新聞

答:近年来、アメリカは他国に対して大規模なネットワークの監視コントロールを行っていると暴露された、サイバー空間の脅威はどこにあるのか国際社会では自ずと公論ができている。

中国政府はサイバー空間のサイバー攻撃等脅威となる行為に反対する立場は一貫して明確でありまた厳粛に捉えている。サイバー攻撃は全世界的な問題だ、国際社会は協力して対応し共同でサイバー空間の平和、安全、開放、協力を守る必要がある。

中国政府はサイバー空間の平和と安定の強固な守護者だ、またサイバー空間の秩序と規則を構築する主導者でもある。今年1月中国は上海と協力してその他の構成国を組織して、国際連合総会に共同で「情報セキュリティ国際行為準則」改正草案を提出し、サイバー空間の安全維持について一歩進んだ提案を出した。もし関連国家が本当にサイバー空間の安全に関心があれば、建設的な立場で国際規則の討論に参加し、国際社会と共同で安全を追求しなければならない。

問:イギリスのウィリアム王子が来週中国を訪問する、関連スケジュールを紹介して欲しい。

答:中国政府は英国のケンブリッジ公ウィリアム王子が中国訪問することに対して、この訪問が更に進んだ英国王室と各界の中国に対する理解を増進し両国人民間の友情を深め、中英関係の発展を推進することを希望する。この訪問の具体的状況は随時発表するだろう。


http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1241240.shtml 中国外交部

2015台南芸術節(Tainan Arts Festival 2015)

頼清徳台南市長のFacebookで「2015台南芸術節」(Tainan Arts Festival 2015)のお知らせがあった。


「2015台南芸術節」(Tainan Arts Festival 2015)が今日夜正式にはじまった! 2月26日から6月27日までの台南芸術祭は三系列の主題「世界的古典」、「至高の台湾」、「都市を舞台に」を推している、国内外から来た47の専門の団体によって170の場所で多彩な芸術が表現される。

清徳は全国民が台南に来て文化首都の芸術文化の魅力を体験し、一年に一度の味わいし尽くせない芸術の饗宴に参加することを心より歓迎する。

今晩七時、「開幕の夜ー世紀の音楽の巨匠久石譲」が「2015台南芸術祭」の序曲を奏でる。入場券は売り切れだけれど台南市民に久石譲の姿をひと目でも見せるために、市政府は同時進行で台南文化中心の「星光広場」、「仮日広場」で屋外放送をして、人々に無料鑑賞の場を開放する。

清徳は、四ヶ月の台南芸術祭を通して全市民と全国民がひとしく国内外から来た最高級の芸術団体の文化芸術の洗礼を享受できるよう期待している!


この動画は限定公開らしいのですぐ削除されるかもしれない


2015年2月26日中国外交部記者会見ー台湾関係等

2015年2月26日中国外交部記者会見ー台湾関係等の抜粋


問:報道によると、台湾当局は駐米代表処で使う自動車をアメリカ国務省が発行する新しいナンバープレートに次々と変えている。中国政府はこれに対して何か論評はあるか? アメリカ政府に申し入れを行うか?
台湾、米国で外交官ナンバーが使用可能に 断交後初めて 中央社

答:最近アメリカ政府が台湾の駐米機関に新しいナンバープレートを発行した、しかしこの種類のナンバープレートは「外交ナンバー」というわけではない。我々は既にアメリカ政府が一つの中国政策と中米の三つの共同声明を厳守し、国際法の準則を守り、台湾と公式関係を発展させず、台湾の駐米機関の名称、性質、職能と活動等を厳格に非公式の関係に限定し、中米関係に負の影響をもたらさないよう要求した。

問:報道によれば、フィリピンエネルギー省の長官は、国家安全の原因で中国がフィリピン国家の送電網の運営に参加するのを中止すると言った、現在フィリピン国家の送電網で仕事をしている中国のエンジニアは帰国しようとしてしている、しかし中国国家電網はなおフィリピン国家電網の40%の株を持っている。中国政府はこれに対して何か反応は有るか?
中国人技術者削減へ まにら新聞

答:中国政府は関連報道に留意している。2007年中国企業は入札に参加してフィリピン国家の送電網の25年の経営権を獲得し、フィリピン国家の電力建設の為に重要な貢献をしてきた。フィリピン政府が公平、公正に関連問題を処理し、中国企業のフィリピンでの合法権益を適切に守り、外国投資者のためにフィリピンが良好な投資環境を創る方向に行くよう希望する。


http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1240837.shtml 中国外交部

FOODEX JAPANに台湾南部の県市が参加

台湾高雄市の陳菊市長がFacebookでFOODEX JAPANに参加することを表明した。


台湾を出て、初めて東京に立つ! 五つの県市連合出撃!

今日私と雲林の李県長、嘉義の張県長、台南の頼市長、屏東の潘県長は共同で宣言した、私達は南台湾の農漁業を率いて世界に向かう。

3/3から3/6私達は地元の農特産品を持って「東京国際食品展」に参加する予定だ。東京国際食品展は今年で40年目になり、過去各県市が参加し大きな反響を呼んだ。今年は五つの県市が団結して、販売を統合し、力を拡大し、効率利益を高め、南台湾農漁業産品の国際イメージ及び知名度を作り上げる。

台湾物産は豊穣で、海外へ行っての競争には絶対の自信がある。私達は更にこの自信と誇りを世界に伝え、アジアひいては全世界に南台湾の実力を見せなければならない。



陳菊 (花媽) 市長 Facebook

コメント欄
「花媽加油!祝你們一路順風平安!」(原文ママ)
「この中の人たちが総統や首相にならないのが残念だ」
「強国人(強権国家の人つまり大陸の中国人)の汚い手管に気をつけろ、世界的に嫌がらせをしてくる!!」

雲林の李県長(李進勇
Lee_Chin_Yung_130623.jpg

嘉義の張県長(張花冠
2014臺灣嘉義縣縣長張花冠於水上鄉廟口_Chang_Hua-kuan,_Magistrate_of_Chiayi_County,_TAIWAN

台南の頼市長(賴清德
440px-20101010_laichingte.jpg

屏東の潘県長(潘孟安
Pan_Men-an_by_VOA.jpg

写真はwikipediaより

中国王毅外相安保理で弁論会を主催

中国の王毅外相が国連安保理で公開討論会を主催して話した内容が日本でも報道されている。
中国外相「侵略歪曲」と批判 戦後70年、安保理討論会合 日本経済新聞
「歴史の真実認めぬ者いる」=戦後70年で安保理公開討論-中国外相 時事

内容が中国の外交部のサイトでも公開されていた


王毅:国連憲章に新しい生命力と活気を賦与する

2015年2月23日、外交部長王毅はニューヨーク国連本部で安保理事会主席の立場で、安保理事会の平和と安全の公開弁論会を主催した。王毅は「国連憲章」は時代遅れのものではないと表明した。我々は「憲章」の精神を復習しなければならないだけでなく、現在の時代潮流と実際の需要に結びつけ、絶えず「憲章」が内包するものを豊富にし、新しい生命力と活力を賦与しなければならない。

王毅は歴史の車輪は轟々と前進し決して止まらない、と表明した。またたく間に70年が過ぎ去り、人類の平和と発展の事業は長足の進歩を遂げた、しかし「憲章」の描いた美しい青写真は未だ完全には実現していない。世界大戦は免れているけれども、局地戦争と各種衝突は未だ絶えることはない、テロリズム等の非伝統的な安全に対する脅威はひっきりなしに起きている、グローバル経済は大きく発展したけれど貧富の差は依然大きい、気候変化等の新しい全地球的問題の提起はきりがない、多国間主義は時代の趨勢とはいえ、国際関係では各種非民主的、不平等な現象は以前存在する、国際関係の準則に背く行為はしょっちゅう発生し、往時の反ファシストファシズム戦争の歴史事実はとっくに公論となっているけれども、しかしなお認めたがらず、甚だしくは侵略の判決を覆し自らの罪を逃れようとしている者がいる。

70年後の今日、「国連憲章」は時代遅れのものではない。我々は「憲章」の精神を復習しなければならないだけでなく、現在の時代潮流と実際の需要に結びつけ、絶えず「憲章」が内包するものを豊富にし、新しい生命力と活力を賦与しなければならない。


http://www.fmprc.gov.cn/ce/cgct/chn/zgyw/t1239898.htm 中华人民共和国外交部

また「四要四不要 」という話もしている。
談國際關係 王毅:四要四不要 中央社


彼は表明した、21世紀の国際関係に対して、中国政府は「四要四不要 」を主張する。
第一、平和でなければならない、衝突してはいけない。安保理は早めに衝突予防策を講じ、早めに戦乱を制止し、速やかに平和の回復と再建をしなければならない。
第二、協力しなければならない、対立してはならない。世界各国とりわけ主要大国は協力の意識を強化し、対決意識を捨て、お互いの協議協力を通して世界と地域の平和と発展を困らせる重大問題を解決しなければならない。
第三、公平でなければならない、強権的ではいけない。国家は大小貧富を分かたず一律平等を堅持し、各国主権、独立と領土の完全性を尊重し、国際法と国際関係の準則を尊重し、文明の多様性を尊重しなければならない。
第四、相互利益でなければならない、ゼロ和ではいけない。中国政府はwin-winの関係、皆が共に利益を得る新理念、利益と運命共同体の新観念を樹立し、権力と責任を共に引き受けることを実践し、道義と利益が並び立つ新しいやり方を主張する。




日系企業撤退は中国経済構造の転換を提起する

アメリカの中国系の「侨报网」に日系企業の中国からの撤退のニュースが掲載されそれを香港や中国のサイトが転載、要約している。

2月に入って日本資本の中国撤退のニュースが続いている。中国の政府筋から見ればこれは日系企業の正常な経営活動で、別に中国からの全面撤退ではない。しかしこの日系企業の撤退は別の面で中国が転換しなければならないことを示唆している。

日系企業の撤退は2012年の釣魚島(尖閣諸島)での争いが悪化して日貨排斥の声が高まった時から、続いている。これは中日政治関係の悪化が経済面にまで影響していると言わざるを得ない。しかし「政冷経熱」という言葉も有るように、利益追求の資本の論理からすれば中日政治関係の悪化が根本原因とは言えない。

日本貿易振興会の発表したデータでは、2013年の日本の対外直接投資額は2012年より10.4%増えて1350億ドル。その内対中国投資額は91億ドルで32.5%の減少、しかし対ASEANに対する投資額は236億ドルで2.2倍に増えている。明らかに日本企業はASEANへの投資を重視するようになっている。

両国関係が如何に発展しようが日系企業の中国撤退の流れは長期的な趨勢だろう。短期的には中国の産業に不利になるかもしれないが、長期的にはこれを機に中国は、産業を安い労働力を使った産業と付加価値の低い製品を作る産業の構造からサービス型への転換をしなければならない。

日企撤离提醒中国加速转型 侨报
http://hk.crntt.com/doc/1036/2/9/1/103629124.html 中國評論通訊社
http://www.jiemuneican.com/junshi/45694d1189130.html 中国軍情

蔡英文主席の読書予定

蔡英文民進党主席のFacebookで読書の話題が出ていたので紹介してみる。


年末年始の休みがもう数日有る、みなさんはどう過ごすつもりですか? この時期親族の相手をする以外に、読書をしてもいいんじゃないでしょうか。友人たちが私のためにこれらの本を準備してくれました、生活が忙しくても時間を見つけて読書したいですね。

1,「なぜ猫はいつもボスになりたがる」/杉作著、愛米粒出版
2,「私の箱子」/一青妙著,聯經出版
3,「届かなかった遺書:白色テロの時代に消えた人たち」/呂蒼一、胡淑雯、陳宗延、楊美紅、羅毓嘉、林易澄著,衛城出版
台湾の白色テロ1949年5月20日から1992年5月22日の時代の遺書、手紙
4,「それぞれが一つの傘」/李鴻彦著、馬丁Martin攝影,有種文化出版
香港雨傘運動の本
5,「野心の時代:新中国で富と真実と信仰を追求する」/Evan Osnos著、潘勛譯,八旗文化出版
アメリカ人Evan Osnosの中国分析
6,「大通り:高速中国の低速人生」/張贊波著,八旗文化出版
張贊波は中国のドキュメンタリー映画監督。中国の高速道路建設現場を三年間取材し「THE ROAD (大路朝天) 」という映画にした。それを本にしたのがこの作品。
7,「低収入家庭の製造」/洪伯勳著,群學出版
台湾の1.5%の低収入家庭を審査するメカニズムでの現場の人間の葛藤を描いている。
8,「つぶれないバラの花:一人の母親の318運動事件簿」/楊翠著,公共冊所出版
「つぶれないバラの花」を書いた楊逵の孫による2014年3月18日学生の行政院占拠についての本。
9,「105号線:タイ・ミャンマー国境の話」/黃婷鈺著,允晨文化出版
大学卒業後人道援助でタイ・ミャンマー国境で過ごした話。
10,「失われた時のカフェで」/Patrick Modiano著,王東亮譯,允晨文化出版
2014年ノーベル文学賞作家パトリック・モディアノの作品

H-6K爆撃機を大量生産か?

ロシアの戦略と技術分析センターサイトが2月18日報道した内容を新浪軍事などのサイトが要約して(多分)して報道している。

中国国家主席、中共中央総書記、中央軍委主席習近平が春節前西安軍部隊を視察した。その期間中第36航空師団(爆撃機師団)を参観、中国の最新型の長距離爆撃機H-6K(戦神)の操縦席に座った。

H-6K(戦神)はH-6を徹底して新しく改造したもので、エンジンをロシアのD-30KP-2にし新型の航空電子設備に変えている。新しいエンジンと機体の素材は爆撃機の航続距離を大幅に伸ばした。翼下には6発の长剑-10(CJ-10)中距離巡航ミサイルが搭載可能。

中国での各種新型戦闘機の生産計画が広く宣伝される背景の下、H-6K計画はずっとやや低調だった。これ(視察か?)と同時に、大規模生産計画に基づき、H-6K爆撃機は中国で唯一無二の能力を擁し、巡航ミサイルを使用して、アジア太平洋地区のいかなる地点にも密集突撃の実施を確実に保証できる*。
*)原文は与此同时,基于大规模生产预期,轰-6K轰炸机能确保中国拥有独一无二的能力,使用巡航导弹,对亚太地区任何地点实施密集突击。

中国はロシアのD-30KP-2エンジンを計239台買った。明らかにH-6K爆撃機の生産に用いるためだ。余ったエンジンはY-20大型輸送機生産のためだ。またIl-76輸送機のエンジン交換のための可能性も有る。現在H-6K爆撃機の足らないところは空中給油能力だ、Y-20大型輸送機を改良した給油機開発に成功すればその点も改善される。




http://mil.news.sina.com.cn/2015-02-21/1025822048.html 新浪軍事
http://bbs.tiexue.net/post_8635912_1.html 鉄血社区
http://news.sohu.com/20150218/n409083471.shtml 捜孤新聞

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)