台湾の亜投行(AIIB)参加に対する民進党の新聞稿

民進党の新聞稿に亜投行の話題が出ていた。亜投行は2015年6月29日正式に発足した。
中国の議決権26%超、拒否権確定…AIIB nifty
<アジア投資銀>50カ国が署名、7カ国見送り…設立協定 biglobe


政府の亜投行(アジアインフラ投資銀行、AIIB)参加は立法院の決議に従い、完全な評価を提出し国会の実質的な監督によらなければならない
2015-06-30

我が国が亜投行に参加することに対して、民主進歩党発言人阮昭雄は今日(30日)表明した、「国際組織と国際活動に参加することは全国民が期待するところだ、ただし単独且つ完全な会員資格で参加しなければならない、その他の会員と同等の権利義務を享有し且つ名称はいかなる矮小化の嫌いもあってはならない。政府は立法院の前の決議に照らして、亜投行に提出する前の段階で、政府は完全な評価をする必要があり並びに国会に特別な調査報告をし、国会が実質的な監督と十分な討論をできるようにしなければならない」

中国側が昨日アジアインフラ投資銀行協定規則の内容を発表したことに対して、阮昭雄は指摘した、「亜投行協定の第三条第三項規定の参加方式は、国際メディアの解読では『台港澳』条項とされており、明らかに私達の国の格を矮小化しようとする意図が有る。このため私は強調したい、国家主権は妥協を許さない、また話し合いしてはいけない、私達は政府が立場と国家の尊厳を固く守らなければならないし国家主権に危害を加えるいかなる措置もとってはならない、同時にすぐにこの疑いに対して国民に向ってはっきりと説明しなければならないと要求する」

その他、メディアが蔡主席が選挙を輔けに行く予定の延期について聞いた、阮昭雄は表明した、「蔡主席は現在(八仙楽園粉塵爆発事故)負傷者の治療と援助、善後処理を優先する、これにより選挙応援日程は延期する」メディアが馬英九総統が中米の友好国訪問とアメリカ通過について聞いた、阮昭雄は言った、「「台湾の国際的立場は苦しい、総統は国家を代表している、私達はその成功を楽観視しているしまた総統の訪問が順調なことを祈る(我們樂觀其成,也預祝總統出訪順利)」

最後、メディアが世論調査が蔡英文の傾向が「急独」、洪秀柱の傾向が「急統」と現れていることを聞いた、阮昭雄は表明した、「蔡主席の提出したのは『両岸現状維持』の考え方と政策原則だ、七割以上の絶大多数の国民の指示を獲得した。最近の幾つかの世論調査もまた、蔡主席が国際事務及び両岸関係の処理においても国民党候補者に比べて多くの人の信任を得ていることを明らかに示している」


中華民国財政部も今日新聞稿で亜投行について発表して、亞投行協定第3條第3款について述べている。題名は「財政部再次重申,未獲尊嚴平等對待,寧不加入亞投行」(財政部は再び表明する、尊厳平等の対応を獲得できなければ、むしろ亜投行に参加しない)。内容は会に入る名称は、APEC、WTOの国際慣例を参考に「中華臺北」(Chinese Taipei)が譲れない最低線で、Taipei,China等を含む人民の期待に背くものは受け入れない。また亞投行協定第3條第3款により主権や責任を負えない国は代理で変わりの成員国が申請できるがそれは香港が対象だ。そのような自国を矮小化するようなことがあれば、寧ろ参加しない、と言っている。



スポンサーサイト

2015年6月29日中国外交部記者会見-日本関連抜粋

2015年6月29日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋


問:日本の週刊雑誌が近日報道したところでは、日本の安倍晋三首相は6月始め各メディアの担当記者との内輪の座談会で、安保法制改革で南シナ海の中国を叩く(原文は安保法制改革是冲着南海上的中国)、と言った。メディアは評して安倍は中国を自衛隊と米軍の仮想的とみなしていると言った。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
安倍首相、オフレコで“安保法制は中国が相手”・・日本報道に中国ネット民「全国民、戦争準備だ!」「永遠に日本人を信じるな」YAHOO!
安倍酒后吐真言:谋划对华战争 想联美敲打中国
http://mil.huanqiu.com/observation/2015-06/6793145.html 環球網

答:我々は関連報道に留意している。もし関連報道内容が事実なら、日本側はこれに対して真剣に説明明確化をしなければならない。

確かに、我々は最近日本に一連の否定的な動向が出現していると見る、国内で安全保障政策を急いで改正しようとして憲法改正軍備拡張を推進している、もう一方では南シナ海の問題では地域情勢の緊張をおおげさに言って作り出している。日本側の上述の否定的な動向及びその背後の本当の意図は人に強い警戒心を抱かせる。私は強調したい、南シナ海問題での中国側の国家領土主権と海洋権益を守る意志は固く揺るがない。歴史的原因によって、日本側の軍事・安全保障分野での関連動向はアジアの隣国と国際社会の広汎な注目を受けている。日本国内でのいかなる緊張を言いふらし対立を煽動する言行も、世界の平和と発展の潮流に背いて、人心を得ることはなく、また必ず全ての平和を愛する人々の反対と譴責を受けるだろう。歴史が既に証明したことは、それらの自らの力を正確に計ることができず、水を濁して(混乱を起こして)魚を捜そう(利益を得る)と企んで、火中の栗を拾う者は、とどのつまり自分でその結果をかぶり、持ち上げた石を自分の足に落とすだけだ(历史已经证明,那些不自量力,企图浑水摸鱼、火中取栗者,到头来只会自食其果,搬起石头砸自己的脚。)。我々は日本側が適切に歴史の教訓を汲み取り、継続して平和的発展の道を歩み、軍事・安全保障分野で慎重にことを行い、同じ轍を踏むことを避けるよう促す。


http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1276869.shtml 中国外交部

台湾から北朝鮮に精密機械を輸出

3名の台湾人と企業3社が北朝鮮に精密機械を輸出したとして韓国政府の制裁対象にされた。中華民国の経済部のニュースとして発表されている。


発布単位 国際貿易局
発布日期 2015-06-27 午後 05:11
企業が北朝鮮及びイラン等の国家への武器拡散に関係し助けないようにして、制裁リストに入らないよう再度注意をする

報道によると、3名の台湾人と3社の台湾企業が北朝鮮と精密機械交易をした疑いで、韓国政府から6月26日に制裁対象に加えられた。前述の韓国政府の金融制裁対象に入れられた台湾人は:蔡顯泰(発音訳TSAI, Hsein Tai)、蘇盧奇(発音訳SU, Lu-Chi)及張文福(発音訳CHANG,Wen-Fu),台灣公司為GLOBALINTERFACE COMPANY INC、TRANS MERITS CO. LTD及TRANS MULTI MECHANICS CO. LTD.。

経済部国際貿易局は業者に注意する、我が国の戦略的高度科学技術産品の管理制限関連規定を遵守しなければならない、国外からの発注を処理する前に、国外交易対象が「国際輸出管制実体リスト」に入っているか確認しなければならない、別に注意して欲しいのはもし輸出品の規格が「EU軍民共用品と一般軍品輸出管制リスト」及び「イラン、北朝鮮への輸出に注意する品のリスト」に属しているかどうかだ、制限をされると、法によって先に貿易局に戦略的高度科学技術製品の輸出許可証発行の申請をしなければならない。

貿易局は強調する、未だ許可を得ないで戦略的高度科学技術製品を北朝鮮、イラン等の管制地区に輸出したものは、貿易法の処分を受け5年以下の懲役、拘留或いは罰金150万元以下になる*、国際制裁に遭わないよう用心するように。
*)原文は得處5年以下有期徒刑、拘役或科或併科新臺幣150萬元以下罰金,並恐將遭到國際之制裁。”拘役或科或併科”到底是什麼意思???


台灣人助北韓武器擴散 被南韓列入制裁 中央社

頼清徳台南市長、大阪で台南の魅力とマンゴーをアピール

頼清徳台南市長のFacebookで日本の大阪へ行くことを発表していた。


実現しようと長い間頑張ってきた、台南ー大阪直通便が、とうとうチャイナエアラインの多大な協力で開通する! 10月28日から毎週水曜土曜、どの便も台南大阪間を往復する。大阪等関西地区の日本の友人に更に台南を知ってもらうために、私はただちに明日土曜チームを引き連れ大阪に行き、観光紹介及び一連の台南産品販売会を開催する。

今回は観光課が旅行業界、国際ホテル業者及びおみやげ業者を連れ、一緒に台南を日本の友人に紹介する他にも、更に夏日的紅寶石(夏の日の紅玉)ー台南愛文芒果を販売する! 台南市は毎年夏にいつも日本の東京でマンゴーの販売会をする、今年は私達は特別に大阪まで行き、日本の関西地区の友人に台南芒果(マンゴー)の美味しさを知らせたい!

今回特別に観光局が智慧を絞った計画として、30日大阪公会堂で台南各界の力を合わせた観光紹介の催し及び台南美好生活展、台南講座を開催する。現場では楊士毅老師の巨幅鳳凰花切り絵があり、「樹下に故事を説く」情景がありありと展開される。また奉茶の葉東泰老師が現場でお茶を入れる、奉茶は台南の茶文化を表わしている。莉莉水果(リリー果物店)室の李文雄支配人は台南の果物文化について語る。その他土溝(地名)の若い友人黃鼎堯、陳昱良は土溝農村美術館の創造再生について語る。

同時に私達は十種類の台南の生活の断面で、大阪公会堂に「台南美好生活」の小展覧会を企画公開し、台南の生活の一部分を複製し、日本の友人にその場の生活を感じさせ、台南を訪れた感覚にし、客でありながら我が家に帰ったかの如く感じさせるつもりだ。

29日の夜私達は公会堂で映画「KANO」も上映し、台南と日本が共有する野球精神でお互いの友情を深める。

これにより、みんなは大事な情報を日本の友人に伝えることができる、彼らを招いて現場で紹介活動をしてもらうことで、台南への理解を深め台南への観光を誘う!

【主題】台湾映画KANO鑑賞会
【開催日時】2015年6月29日(月)18:00~21:00(17:40入場開始)
【会場】大阪中央公会堂1階大集会室 大阪市北区中之島1丁目1番27号 TEL:06-6208-2002
※ 当日に300個台南マンゴー及びドライマンゴーをお贈ります。

【主題】台南展覧
【開催日時】2015年6月30日(火)13:00~16:30
【会場】大阪中央公会堂3階中集会室 大阪市北区中之島1丁目1番27号 TEL:06-6208-2002

【主題】台南学講座
【開催日時】2015年6月30日(火)18:00~20:30
【会場】大阪中央公会堂3階中集会室 大阪市北区中之島1丁目1番27号 TEL:06-6208-2002

【主催】台南市政府観光旅遊局
【後援】台北駐大阪経済文化弁事処/台湾観光協会大阪事務所/チャイナ エアライン大阪支店/チャイナ エアライン台南支店

柯文哲台北市長就任半年目の感想

柯文哲台北市長が6月24日のfacebookに就任半年になる感想を載せていた。


台北市政府の静かな革命

明日で市長に就任して半年になる、私はこの六ヶ月強く感じたのは「時間が足りない」だ。(ということは)全力でやって、その毎日の少しずつの改革の積み重ねがやがて量から質に転換し、台北を変えるだけでなく台湾をも変えると期待するしかない。

過去半年、台北市政府は食品安全委員会を成立させ、食品衛生専門家たちに市民が関心を持つ食の安全を審査させた。Smart city委員会を成立させ、科学技術のイノベーションで市民生活の質を具体的に高めていきたいと思っている。廉政透明委員会を成立させ、社会が注目している重大案件を公開し、市民が検証できるようにした。また公民参与委員会を成立させ、審議式の民主を積極的に推進し、「開放政府、全民参与、公開透明」の約束を実践し、台北市民を共同で市の政策決定に参加させる(た?)。私は人々の智慧は個人の智慧よりも大きい、柯文哲は一個人として市長を務めるのではなく、私には後ろ盾となる市民の智慧が有ると信じる。

過去半年、市政府は議会の第一会期の質問を経験した、議場で私達は虚心に議員の意見を受け入れ、理性的に政策について討論し、市民にとって最も有益な施政を追い求めた。民意、専業、価値は私の施政の3つの核心概念だ、そして議場はその3つが集まる場所なのだ。

過去半年、私はしっかりと自らを省み、間違いがあればすぐに改めた。人の行為は過去の経験の影響を受ける、以前私は台湾大学病院の外科集中治療室にいた、一つ動作を間違うとその代償は人の命だ、そのため私は間違いへの許容度が非常に低い、ただ今は私は市長だ、それも首都の市長だ、私が率いるのはもはや救命医療のチームではない、八万人の公僕だ、私は彼らの士気を鼓舞しなければならない、激励を多くし叱りつけるのは少なくしなければならない。50歳以後、私は徐々に私以外の人は私と同じような素質はしていないと悟ってきた、私は自分が厳しすぎると認める、柔和さと人を励ますという点は私の最も不得意とするところだが、私は努力して調整、改善していくだろう。

問題に向き合うことは問題解決の第一歩だ、現場の同僚との対談を通して、上司に部下を理解させ、部下に上司を理解させる、数回の座談会を通して、私と科長級以上の同僚は顔を突き合わせて意思疎通をした、私は同僚たちが勇気を出して手を挙げ上司の間違いを指摘するよう希望する、そういう便当会*が、台北市の「静かな革命」で、改変台北が市政府から始まるということだ。心に善きことを思い、力を尽くして為し、私は初志を保って継続努力するだろう。
*)與中階幹部便當會 柯文哲:讓他們倒垃圾、吐苦水 ETtoday




2015年6月26日中国外交部記者会見-日本関連抜粋

2015年6月26日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋


問:日本政府は来年の主要国首脳会議の外相会合を広島で開催すると発表した。広島は第二次世界大戦中原子爆弾の被害に遭った、日本政府は、これは国際社会に向かって世界平和の維持を呼びかけ、核不拡散を堅持するためだと言っている。中国側はこれに対して如何に論評しますか?
核軍縮アピール、広島で外相会合…サミット関連 So-net
2016外相会合「広島開催決定」で 中韓を黙らせる安倍外交のしたたかさ 現代ビジネス

答:我々は関係国が全体的に、正確に国際社会に向かってあの不幸な歴史を紹介できるよう希望する。広島で関連行事を開催し、自国の体験から道理を説き(原文は现身说法)、国際社会に向って全体的に正確にあの時代の歴史を紹介し、正しい歴史観を樹立し、二度と再び軍国主義と戦争の道を歩まないことを確実に保証する、これは各国に対して役に立ち、また日本自身にも役に立つ。


http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1276347.shtml 中国外交部

2015年6月中国国防部定例記者会見-日本関連抜粋

2015年6月中国国防部定例記者会見-日本関連の抜粋
時間:2015年6月25日 15:00-15:55
場所:国防部外事弁公室
発布人:国防部新聞事務局局長、国防部新聞スポークスマン楊宇軍上級大佐


楊宇軍:記者の皆さん、こんにちは、今月の国防部定例記者会への出席を歓迎します、以下質問をどうぞ。

記者:日本のメディアの報道によると、近日中日海空連絡メカニズムの調印をするだろうという、中国側は事実と認めるか。もし事実なら、より多くの情報を披露できるか。第二の質問、韓国メディアの報道によると、韓中国防部の直通電話が来月中旬正式に開通するという、この事は事実か?
日中、衝突回避へ7月にも署名 海上連絡メカニズム infoseekニュース
韓中の国防”ホットライン”が来月開通…北の孤立が加速化 nifty

楊宇軍:第一の質問は中日海空連絡メカニズムに関してだ。中日防衛部門海空海空連絡メカニズム構築は両国と両国国防部門指導者が成立させた共通認識で、誤った判断が引き起こす海空の思いがけない事故を避けるのに役立ち、両国防部門の安全と相互信頼を増進させる。周知の原因に因って、当メカニズム関連の作業は一度停滞して進まなかった。去年末、中日双方は中日関係の処理と改善について四つの原則的共通認識を成立させた後、双方はメカニズムの関連問題について継続して協議してきた。

6月19日、中日両国防部門は北京で海空連絡メカニズム第五回実務者協議を行った。双方は当メカニズム関連の技術的問題について更に進んだ話し合いを進め、いくつかの共通認識を成立させ、当メカニズム運用開始の関連準備作業を速めることに合意した。今後、双方は関連問題について継続して協議を続ける。

第二の質問、去年7月、習近平主席は招きに応じて韓国を訪問し、中韓両国元首は両国国防部が直通電話をできるだけ早く開通させることについて共通認識を成立させた。中韓は国防部直通電話を設け、双方の相互信頼増進に役立たせ、誤った判断を避ける。現在、中国側の技術作業グループが韓国で、韓国側と直通電話関連技術問題について協議を進めているところだ。

記者:或るメディアの報道によると、フィリピン海軍と日本の海上自衛隊は最近海上合同軍事演習を行った、その目的は南シナ海地域での中国に対する監視を強めることだという。お聞きするこれに対して何か答えることは有るか?

楊宇軍:我々は一貫して主張している、関係国間の二国間軍事協力は地域の平和と安定に有利となるようにしなければならない、第三者の利益を損なわないようにするべきだ。或る国家が地域外の国家を仲間に引き入れ南シナ海問題に介入させ、大いに筋肉を見せびらかし*、一生懸命地域の緊迫した雰囲気を誇張している、この種のやり方は南シナ海の地域情勢に不利な影響をもたらすだけだ。
*)原文は大“秀肌肉”、この“秀肌肉”をgoogleで画像検索するとこうなる





http://news.mod.gov.cn/headlines/2015-06/25/content_4591691.htm 中国国防部
http://military.people.com.cn/n/2015/0625/c1011-27208550.html 人民網

国務院台湾事務弁公室記者会見集録(2015-6-24)(全文)

6月24日午前10時、国台弁(国務院台湾事務弁公室)は新聞発布庁で定例新聞発布会を挙行した。スポークスマン馬暁光は最近の両岸の注目の問題について記者の質問に回答した。

馬暁光:記者の皆さんおはようございます、今日の発布会を始めます。これから皆さんの質問に答えます。

福建厦門衛視記者:スポークスマンは曾て第七回海峡論壇は青年の発展への関心を更に強め、末端の人々を最優先にし、両岸経済発展の趨勢を更に緊密に繋げると紹介した。既に論壇は終わった、お尋ねする今回の論壇で上述の面の成果はどうだったか?
【中視新聞】海峽論壇放利多 俞正聲:台胞免簽證 youtube

馬暁光:第七回海峡論壇は6月19日に幕を閉じ、一連の多くで豊かな成果を得た。私は四つの面で簡単にいくつかの政策の要点を紹介したい。

一つは両岸民衆の交流往来の新しい措置を開始する。兪正声主席が論壇大会で、台湾居民の大陸との往来に対して「ビザ」(原文は签注)を免除し、適時にカード式の台湾居民来往大陸通行証を実施すると発表した。これは両岸同胞の交流往来を便利にし、両岸同胞の熱烈な歓迎を受けるだろう。
台湾から中国大陸への“ビザ”、7月から免除 行政院は歓迎の姿勢示す 中央社
台湾住民の“ビザ”免除 中国、台湾の野党は「香港化だ」と反発 産経ニュース

二つ目は両岸青年就業創業の新機構(プラットフォーム、原文は平台)を設立する。両岸青年社会団体、企業家、学生代表100人以上が今回の論壇開催の各青年活動に参加した。福建省は「台湾青年が福建に来て創業就業するのを激励支持することに関する意見」を発表して、9つの方面から台湾青年が福建に来て創業就業することに対して支援する。全国工商連副主席、紅豆集団総裁周海江は論壇大会で総額一億人民元の「連鎖品牌紅豆創業基金」設立を宣言し、台湾青年が大陸へ来て創業することを支援する。共青団福建省委和平潭総合試験区は両岸青年創新創業連盟を発起成立させ、計186の両岸青年創業企業を入居させ、その内130の観光、創造産業(クリエイティブ系)、農業、モノのインターネット等の多くの分野の台湾社会団体機構が入居の契約をした。両岸青年創業創新創客(MakerとHackerを合わせた人)基地を厦門の海滄区に作り、既に15の企業が登記した、27の企業が登記手続きをしている、台湾青年は基地内で一連の優遇政策を享受するだろう。

三つ目は、両岸末端民衆の交流を更に深める。福建側と台湾は50以上の同名同宗の村が友好関係を結んだ。今年は計6対の両岸の村と居民委員会が協力の調印をして、両岸コミュニティが共に治め共に建設する(原文は共治共建)ことを推進する。両岸公益組織は両岸青少年心理専門家研究機関を成立させ、両岸公益機構重大災害連動メカニズムを打ち立てた。両岸障碍者は初めて論壇で交流活動を行った、両岸の特色有る縁日は参加人数が70万人に達した。

4つ目は両岸経済協力win-win関係の道を切り拓き拡げる。国家食品薬品監督管理総局の発表では、台湾が既に20年以上販売している台湾産の漢方薬材料の登録申請の受理と審査批准、及び台湾産の一部の第一類医療機材登録は、均しく福建省食品薬品監督管理局に委託して実施し、以って台湾漢方薬材料と医療機器が大陸市場に進出しやすいようにする。福建省は福建自貿区建設と結合して、一連の福建台湾交流協力の政策措置を出台(実施)する、例えば2015年から台湾農民創業園に対する補助水準を引き上げるようなことだ。この他、今回の海峡論壇の期間中25の科学技術、経済協力計画の調印、20の茶葉貿易と協力計画の調印、11の両岸映画テレビ協力計画の調印が会った、二組の厦門台湾の銀行も境を跨いだ人民元業務の協力協議に調印し、境を跨いだインターネット金融協力を推進した。

新華社記者:国民党中常会は最近既に洪秀柱を2016年台湾「大選」(総統選挙)候補者に審査指名した、お聞きする洪秀柱の両岸論述に対して何か論評は有るか?

馬暁光:皆さんご存知のように、我々は台湾の選挙には不介入だ*。2008年以来、両岸双方は両岸関係で平和的発展の新局面を始めることを推進し、一連の重要な成果を得た、(その)鍵は「九二共識」を堅持し、「台独」に反対する共通の政治的基礎を確立する所に在る、(その)核心は大陸と台湾が同じく一つの中国に属することを認めることだ。我々はこの基礎の上に、台湾海峡情勢の平和と安定を継続保持し、両岸関係の平和的発展を継続推進する。台湾のいかなる政党と個人も、「台独」に反対し、「九二共識」を認め、両岸関係の平和的発展の道を歩むことを堅持しさえすれば、我々は皆歓迎する。*)共産党機関紙「環球網」は連日洪秀柱有利と宣伝記事を書いている。

香港中評社記者:台湾居民往来大陸「ビザ」実施及び年内実施のカード式台胞証(台湾居民来往大陸通行証)に関して、ある島内言論ではこの政策の目的は「台湾の香港化、台湾居民の大陸公民化」をすることだと言う、お聞きするこれに対して何か論評は有るか?

馬暁光:最近の「国務院の『中国公民往来台湾地区管理弁法』改正に関する決定」は、公安部出入国管理局責任者の談話及び記者の問いへの答えで既に台湾同胞の大陸往来「ビザ」免除とカード式台胞証実施の政策措置及び実施の細則に対して、詳細で明確な説明をした、みなさんは新華社の関連報道で閲覧精査できる。両岸同胞は一家人(家族?)だ、我々が実施するこの政策は、更に両岸同胞の往来を便利にし、両岸同胞間の交流を深めるためであり、両岸民衆の福利のためで、それに因って両岸民衆特に多くの台湾民衆の普遍的歓迎を得、台湾の主流のメディアの強い肯定を得た。

私が指摘したいのは、カード式台胞証は現在5年有効の紙の台胞証に対して電子化された改訂版だということだ、「台湾居民来往大陸通行証」この名前は変えない、出入国証書の効能も変えない、有効期限はなお5年だ。台湾居民が有効になったカード式台胞証を使うようになれば、自動で出入国し行き来を更に早く便利にすることができる(原文は届时台湾居民凭有效卡式台胞证还可以实现自助出入境,来去更加便捷)。

両岸同胞の交流往来に役立つようなどんな政策でも、「台独」政治屋たちには死にそうなくらい恐ろしく、憎むことも甚だしい、しかし彼らのそれらの基本事実を歪曲した人を間違った方向へ導く言論は、台湾民衆の判断力をひどく低く見積もっている、これにより反駁する価値もなく、甚だしくは一笑に付す価値もないのだ。

台湾東森電視台記者:大陸側は既に一部の国民党老兵を9月3日の閲兵式に招くと言っている。お聞きする国民党老兵とは大陸の国民党老兵かそれとも台湾の国民党老兵を含んでいるのか? 台湾の一部の退役将校は参加する可能性がある、しかし台湾の軍部は婉曲に引き止め始めた、彼らを来させたくないのだ、国体弁はどうみるか?
大陸委、「抗日戦争は中華民国が主導」中国大陸の軍事パレードけん制/台湾 中央社

馬暁光:昨日国新弁(中共中央对外宣伝弁公室「中央外宣弁」又の名を国務院新闻弁公室「国新弁」)開催の新聞発布会で、関連部門の担当者が既に大陸側の抗日戦争勝利記念と世界反ファシストファシズム戦争勝利70周年関連活動挙行の手配について皆さんに紹介した。国体弁も既に何度も指摘し強調してきた、抗日戦争の勝利は全民族の偉大な勝利だ、敵の背後の戦場または正面の戦場を問わずどちらも重要な働きをした。新しい歴史的条件の下、両岸同胞が抗戦勝利を共同で記念することを通して、先烈を偲び、歴史を胸に刻み、抗戦精神を継承し、抗戦の成果を守り、一致団結、手を携え心を同じくし、共同で両岸関係の平和的発展と中華民族の偉大な復興に尽力するよう希望する。いくつかの関連活動の具体的段取りについては、確定を待って適時皆さんに広報する。

中国国際広播電台記者:今月(6月)末で両岸経済協力枠組協議締結から満五年になる、発言人に紹介していただきたい、五年来得た成果はどのようなものですか?

馬暁光:ECFA締結以来五年、貨物貿易における(関税撤廃及び削減の)早期採取(Early Harvest)、サービス貿易分野での(関税撤廃の)早期実施、投資保護と促進、産業協力、税関協力、中小企業協力、経貿社団事務所機構相互設置及び後続協議調印の面で積極的な進展を得て、両岸同胞のために本当に良い点をもたらし、両岸の経済協力のためにwin-winの効果をもたらす。

ECFA貨貿協議の早期採取産品は2013年1月1日開始から既に全部関税ゼロに下げた。2015年3月末期限で、大陸の台湾からの輸入累計はECFA関税優遇を享受して貨物380億米ドルだ、減免関税は141.5億人民元だ。台湾税関統計に拠ると、大陸の台湾向け輸出累計はECFA関税優遇を享受して貨物64.7億米ドルだ、享受する関税優遇額は72.8億台湾元(約合わせて2.4億米ドル)。台湾の計46の金融機関と321の非金融企業が早期採取(Early Harvest)優遇政策を利用して大陸でサービスを提供している、大陸の金融機関3社と141の非金融企業が早期採取優遇政策を利用して台湾でサービスを提供している。両岸経合会産業協力工作小組は自動車、無線都市、低温流通体系、display、LED照明、紡績、医薬、電子商務等の8つの産業分組に分かれ、実験的企画と重要な計画協力を推進する。両岸税関電子情報交換システムの運行を接続することは、両岸貨物通関効率を大幅に引き上げる。両岸税関はまた共同で一部分の第三国の貿易によってECFAの優遇税率を適用できない状況を解決して、更に多くの経営者にECFAがもたらす利益を享受させた(两岸海关还共同解决了部分因第三方贸易无法适用ECFA优惠税率的情况,使更多经营者享受到ECFA带来的利益。)。2011年以来台湾の早期採取リスト項目の貨物品の大陸への輸出額は年を逐って増加している、輸出成長率は平均して全体の貨物輸出成長率より大幅に高い。その中の、石油化学業、紡績業と機械製造業の早期採取リスト産品の大陸への輸出は増加している、主要農産品の対大陸輸出増の幅は巨大だ。

現在、ECFA後続協議の中で、双方は既に両岸投資保護と促進協定(2012年)、両岸税関協力協定(2012年)、両岸サービス貿易協議(2013年調印したが台湾ではひまわり学生運動がおきて承認できていない)、両岸貨貿と紛争解決協議に調印して話し合いも違う程度で(はあるが)進展を得た。我々は双方が共同で努力して、お互い歩み寄り、速やかに既に調印した協定の有効化過程と各協定の後続協議の話し合いを完成させ、両岸同胞のため更に多くの互恵協力の発展機会を創造するよう希望する。

復権海峡導報記者:先月「張夏会」で、国体弁主任張志軍と台湾陸委会主委夏立言は8つの共通認識を成立させた、その中には「大陸客乗り継ぎ」関連の議題も含まれていた、お聞きする現在の進展状況は如何に?

馬暁光:現在、海協会と海基会は「大陸居民が台湾を経て他所へ行く及び更に両岸同胞往来を便利にする議題」について台北で話し合いを進めている。我々は双方が両岸事務主管部門の担当者が会って共通認識を成立させる基礎の上で、お互い歩み寄り、この議題の話し合いが近いうち進展があるように推進できるよう希望している。

新華社記者:張志軍主任と夏立言主委が共通認識を成立させる中、できるだけ早く両会の指導者が第11回会談を開くこと、及び福建が金門に水の供給を始めることが含まれている、この2つの議題の進展を紹介してください。

馬暁光:両会の指導者第11回会談に関して、双方はずっと密接な連携と意思疎通を保持している、既に関連議題について積極的な準備を進めている。両会が共同で努力して、成果を得、手はずを整え速やかに第11回会談を開催し新協定の調印を勝ち取るよう希望する。
金門水供給問題に関して。張主任は金門訪問期間中、実地に金門水供給工事の水を受け取る地点や田埔ダムを見分し、大陸は「同じ家族として、共に同じ河の水を飲む」の態度と誠意でこの計画を推進すると表明した。双方の事業主部門は各自の手続きを履行した後、話し合いを開催し、できるだけ早く水供給協力調印を勝ち取り、計画の建設を推進し近日工事を開始するだろう。

香港文匯報記者:最近馬英九は両岸事務機構を相互設置することに対して、大陸は防禦的な態度を持ち、台湾に政治的 意図があることを心配していると表明した。あなたはこれに対してどう論評するか?

馬暁光:両会の事務機構相互設置協議後二年以上過ぎ既に重要な進展を得た、双方は事務機構の趣旨、位置、主要機能等の面で基本的な共通認識を成立させ、協定本文の主要内容の面でも比較的多くの成果を得た。我々は一貫した態度を持っていて、双方が積極的に交流を持続させ、速やかに協定を成立させる目標に向かって邁進するよう希望する。

台湾三立電視台記者:スポークスマンに教えていただきたいんですが、あなたはさっきカード式台胞証は5年有効の紙の台胞証の改版だと言われ、名称も変えていない、私は突っ込んで聞きたいんだが、効能上更に便利になった付加機能というものはあるのか? それと以前の機能との違いは何か?

馬暁光:専門的な質問をしたいのなら具体的な実施部門に聞いてくださいな。私が理解している範囲では、紙に比べて更に携帯しやすくなっている、将来は自動的に通関手続きができる。当然、私は公安部門の担当者が発言で指摘したことに留意している、この種のカード式証書の設計は現在流行している国際標準を参照している、言っておかなければならないのは昨今の旅行証書の発展の趨勢と相呼応した機能に適合しているということだ。

台湾旺報記者:兪正声主席が台湾同胞に対して「ビザ」免除及び適時カード式台胞証に移行すると宣言したことに対して、台湾陸委会の反応は慌てて措置が間に合っていない、国体弁と陸委会の連携意思疎通メカニズムは問題が起きたかどうか?

場暁光:両岸同胞往来を便利にする、これが我々の一貫した政策主張だ、且つ長年我々はこのため続々と一連の前向きな措置を実行した。多くの台湾同胞の願いと要求に基づき、数日前我々はこの政策実施を宣言した。台湾同胞の大陸往来と両岸同胞交流往来を更に便利にし、また両岸同胞がますます近づきますます親しくなるだろうと信じる。同時に我々は双方が歩み寄り、両岸同胞往来が更に順調に、更に便利に早くなるよう希望する。

中国網記者:9月3日前後香港澳門台湾同胞、海外関連人氏が抗戦勝利座談会を開催し、中国人民抗日戦争と世界反ファシストファシズム戦争のいくつかの重大な問題にまつわる国際学術検討会を開く、お聞きしたいんだが、国体弁はこれの関連検討会を開催するか? おおよそ何時開催するか?

馬暁光:私が承知しているところでは、あなたが言われた関連活動の準備作業は進行している、確定したニュースが有れば我々は適時発表する。有一点是肯定的(はっきりしていることは、か?)、我々は多くの台湾民衆、抗戦に参加した老兵と彼らの親族子孫を含む各界人士が大陸に来て関連記念活動に参加することを歓迎する。

発布会はここで終わり、謝謝みなさん。


http://www.gwytb.gov.cn/xwfbh/201506/t20150624_10105645.htm 国務院台湾事務弁公室

2015年6月24日中国外交部記者会見-日本関連抜粋

2015年6月24日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋


問:報道によると、日本の安倍晋三首相は今年の夏発表する戦後70周年談話は内閣の閣議決定を経る方式を採用しないで、首相としての「個人的見解」と位置づけることを基本的に決定した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
70年談話、閣議決定見送りも=私的見解で安倍色反映狙う YAHOO!
70年談話、私見なら無意味=村山氏 YAHOO!

答:今年は中国人民抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年だ。日本の指導者が歴史問題でどのような態度表明をするか、どのような態度をとるか、中国を含むアジアの隣国と人民に注目されている、我々が留意しているのは、日本国内の民衆にも注目されていることだ。我々は日本の指導者が正しい態度をとり、深く侵略の歴史を反省し、歴代内閣の歴史問題での厳かな態度表明と約束を厳守し、平和的発展の道を歩むことを堅持し、実際の行動で中国を含むアジアの隣国と国際社会の信頼を得ることができるよう希望する。


http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1275555.shtml 中国外交部

2015年6月23日中国外交部記者会見-日本関連抜粋

2015年6月23日中国外交部記者会見-日本関連部分の抜粋


問:昨日、韓国と日本の指導者が相手方が開催した両国国交正常化50周年活動に出席し、相互に少し善意を示した(相互释放了一些善意)。ある分析では、両国関係は転換点を迎えた、迅速に改善するかもしれないと言う、中国側はこれに対して何か論評は有るか?
日韓国交正常化50周年式典、安倍首相と朴大統領がそれぞれ式典に出席 YAHOO!

答:我々は韓国と日本が関係を発展させるよう望んでいるし、我々は韓日関係の発展が当地域の恒久的な平和と安定に役立つよう、また関係国が平和的発展の道を歩むのに役立つよう希望している。

問:日本軍の哨戒機が今日南シナ海を飛行した、これは日本とフィリピンの空軍連合演習の一部分だ。中国側は懸念を表明するか?
“中国念頭に”自衛隊とフィリピン軍が訓練 livedoorニュース

答:この問題については我々は既に何度も話した。現在当地域の国家の最も関心があり、最も注目しているのは実際のところ発展の問題だ、我々は関係国が人為的にわざと騒ぎたて甚だしくはこの地域の所謂(いわゆる)緊張を作り出さないよう希望し、関係国の相互作用が当地域の平和と安定に適切に役立つことができるよう、そして相反することをしないよう希望する。


http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1275256.shtml 中国外交部



タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)