市場は都市の精神と文化を表す

台北市の今日の新聞稿で、日本から昨日帰ったばかりの柯分哲市長の動静が載せてある。蔡英文主席の新政権への評など様々なコメントも纏めてある。


栄浜商店街を歩く 柯文哲:市場は最も都市の精神と文化を代表できる場所だ
発布機關:臺北市政府秘書處
発布科室:媒體事務組
発布日期:2016/1/31

農暦新年将に至らんとす、多くの民衆は新年の買い出しを始めた、台北市長柯文哲は31日午前栄浜商店街を歩き申年の發財金を出して民衆が新しい一年に新しい希望があるよう祝福した。彼はまたその場で宣伝大使を引き受け、壇上で正月料理を食べ販売活動をし、新年詰め合わせを三万五千元の値段で売った。彼は表明した、「市場は最も都市の精神と文化を代表できる場所だ、だから将来市場の再開発を重要な仕事とする*」
*)日本の築地市場を訪れた感想では清潔さや運用などに感心して参考にすると言っていた。台北市長、東京駅と都議会を訪問 都市美学を称賛 中央社の記事では都市の美学についても参考にすると言っている。

メディアのインタビュー
メディア:あなたはなぜ蔡英文が総統就任後、台日関係は更に友好的になると考えたのか?

柯文哲:国防及び外交は総統の職権だ、台北市長はただ都市外交でいささか努力して民間交流を少し促進し、善意を増やし、観光客を招く等々ができるだけだ、外交はやはり総統の重要な仕事だ。

メデイアが重ねて聞いた
メディア:蔡英文が台日関係を改善することについて自信が有るか?

柯文哲:国際情勢は比較的良くなるはずだ。

メディア:新国会もうすぐ始まる、何か提案したいことはあるか?(原文は新國會就任在即,是否提出建議?)

柯文哲:国家の最も重要なのは効率だ、法案には過渡期に受理されない問題がある、それゆえ処理しなければならない法案は速やかに処理しなければならない、市議会或いは立法院にかかわらず、法案の審査効率を上げなければならない。

最近台北市での交通大渋滞のことについて、柯文哲は表明した、
「今回の日本訪問に交通局長の鍾慧諭も同行しており、話し合った。彼はまず客観的な数字を集め、近々内部で検討したいと言った。台北の車両のETC装着率は9割を超えているので、将来いくつか重要な道路を選んでETCレーンを設け、台北市の交通状況を数値化する、例えば流量、流速等、既に交通局に迅速に処理するよう申し付けている」

メディアが関連予算問題について聞いた、
「本来予算はある(本來就有預算在)、ただ来年になって推進する予定だった、しかし私は今年解決しなければならないと、優先的にいくつか重要な交差点を選んでやるよう要求した」

(中略)

メディア:台北ランタンフェスティバルの福祿猴が物議を醸しているが

柯文哲:民政局が説明するだろう、主要なランタンが出揃うのを待って、またどんな様子か見てみる。剽窃疑惑については、設計者が出てきて説明しなければならない。

メディア:数日前馬総統が太平島に上陸した、両岸が連携して南シナ海を守るのではと推測している外部の声も有る、柯文哲の見方は?

柯文哲:南シナ海、東シナ海を問わず、大国の間の小国は難しい、新任の総統がすぐに直面しなければならない問題だ、だから私は始まってから引き継ぎ期間が長すぎる問題を言った(因此他一開始才說交接期太長是很大的問題)、国家を代表するのが誰なのか難しくなり、社会に混乱をもたらす。
(以下略)


https://www.youtube.com/watch?v=Os1zYudkVP4
スポンサーサイト

アメリカ軍艦南シナ海の西沙諸島を航行

アメリカ国防総省によると、アメリカ海軍太平洋艦隊のカーティス・ウィルバー ミサイル駆逐艦が今日南シナ海のトリトン島の12海里内を航行したという。国防総省はアメリカの軍艦派遣は南シナ海での航行の自由作戦のためだという。南シナ海では台湾、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ブルネイなどが主権を主張しているが、中国は南シナ海のほとんど全域の領有権を主張している。

アメリカのカーティス・ウィルバー ミサイル駆逐艦艦長 Jeff Davis は当艦がトリトン島海域を航行する時、海域内に中国の艦艇はいなかったと言った。また中国、台湾、ベトナムが航行の自由を制限しようとする試みへの挑戦だと言った。
美軍艦駛近中建島 稱行使航行自由 中央社
美驅逐艦進南海中建島12海里內航行 蘋果日報
军事专家分析:哈里斯的言论得到美国军方高层的支持 環球網
http://world.huanqiu.com/exclusive/2016-01/8478067.html
外媒:美军舰驶入西沙群岛中建岛12海里区域 環球網
http://world.huanqiu.com/exclusive/2016-01/8477927.html

中国外交部の30日夕方の発表文。去年米爆撃機が中国人工島付近を通過した時、アメリカが発表した後中国側も公表した。今回もアメリカの公表の後になった。


問:アメリカの「The Wall Street Journal」の報道によると、アメリカの国防総省高官は、アメリカ海軍カーティス・ウィルバー ミサイル駆逐艦が事前の通報なしに、中建島(トリトン島)12海里海域に入ったと認めた、しかし詳細について述べるのは拒否した。報道ではまた、これは中国が当地域で領土と海洋権益を主張することへの再度の挑発行動だと言った。お聞きする中国側はこれに対して何か論評はあるか?

答:「中華人民共和国領海及び接続海域法」に基づき、外国軍艦が中国領海に入るのには、中国政府の批准を経なければならない。アメリカ軍艦は関連中国法律に違反し、勝手に中国領海に入った、中国側は法によってそれに対して監視、呼びかけ等の関係措置を採った。われわれはアメリカ側が中国の関連法律を尊重遵守し、中米の相互信頼と地域の平和と安定に役立つことを多くなすよう促す。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1336605.shtml 中国外交部


问:据美国《华尔街日报》报道,美国防部高级官员证实,美军威尔伯号导弹驱逐舰未事先通报,驶入了中建岛12海里海域,但拒绝透露更多细节。该报道并称,这是又一次挑战中国在该地区领土和海洋权益主张的行动。请问中方对此有何评论?

答:根据《中华人民共和国领海及毗连区法》有关规定,外国军舰进入中国领海,须经中国政府批准。美军舰违反相关中国法律,擅自进入中国领海,中方依法对其采取了监视、喊话等相关措施。我们敦促美方尊重、遵守中国相关法律,多做有利于中美互信和地区和平稳定的事。

2016年1月29日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2016年1月29日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


問:日本の中央銀行は今日金融緩和政策を強化するマイナス金利採用を決定し、日本円の大幅下落をもたらした、中国側はこの種のやり方に対してどう見るか? これは中国経済とりわけ対外貿易に対してどんな影響が有るか?
日銀のマイナス金利導入で相場大荒れ! 米ドル/円は急上昇→急反落→ジリ上げ Diamond Financial Research,Inc

答:この問題はあなたが関連財政経済部門に尋ねてください。総じて言えば、我々は各国が責任を持った経済金融政策を行うことで、世界経済の回復成長に役立つことができるよう希望する。


http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1336349.shtml 中国外交部


问:日本央行今天决定强化货币宽松政策,将采用负利率,造成日元大幅贬值,中方对这种做法怎么看?这对中国经济尤其是对外贸易会有什么影响?

答:这个问题请你向有关财经部门了解。总的来讲,我们希望各国能采取负责任的经济货币政策,以利于世界经济的复苏增长。

台湾はもうすぐ春節(旧正月)

台湾の今年の正月は2月8日月曜日、休みは12日金曜日までになる。頼清徳台南市長の26日のFacebookに正月の話題が出ていた。


あと10日で私達は「金猴年」に入る。今日特別に「斉天献瑞」で、全市民の友人に良いお年を! 皆さんの新しい一年が、家内安全、無病息災でありますように!

直轄市に昇格して以来、毎年私達はお祝いの吉祥語で春聯を作り市民に新年の挨拶をする。2011年は「和楽同春」、2012年は「五福龍来」、2014年は「七喜春満」、去年は「八達祥和」だった。

今年は私達は「斉天献瑞」を春聯の祝賀の詞とする。30日前には台南各家庭はこの春聯賀礼を受け取るはずだ。

「斉天」は今年が斉天大聖孫悟空の「金猴年」を連想させるほかにも、「寿与天斉(不老長寿)」は古来から人々の恒久的な願望だ。この詞で皆さんが、積極的に努力して、艱難を畏れない堅い意志と信念で素晴らしい豊かな生活を達成するよう祈ります。

去年、私達は一緒に艱難辛苦の一年を歩いた、市民各位の台南市への支持が私達に共に困難な問題を克服させたことを感謝します。今年の「金猴」の福の加護の元、台南が平安で飛躍の年を迎えると信じる!


台北市も今日の新聞稿年末の大掃除の話題を載せている。


松山猴清潔 誓師總動員
發布科室:臺北市松山區公所
發布日期:2016/1/28

農暦春節がもうすぐやってくる、台北市政府の「105年農暦年年末大掃除、国家清潔週間と春節期間環境維持執行計画」に協力し、市民に清潔快適な生活環境で申年を迎えてもらうため、松山区役所は特に105年1月28日(木曜)午前9時30分新東公園(民生東路5段與撫遠街交叉口)に於いて、松山区清掃活動開始決意表明儀式を開催した。

今回の活動は松山区大家長薛秋火区長、環境保護ボランティア中隊華国雄中隊長と松山区清潔隊が共同で本区各里の環境保護ボランティア分隊、里民を率いて新東公園で決意表明し、また一緒に掃除し、松山区を一新し、清潔にする。清掃をいい加減にしないほかにも、同時に松山区の健康サービスセンターから招いた防疫ボランティアと一緒に、デング熱防疫作業を進めて、新年前に掃除することで、住居や市街地を清潔にして同時に防疫もして、松山区の市民が平安で清潔な新年を迎える事を期待する。


http://baike.baidu.com/link?url=JC_vMixTH0A2s2nB3RG6TGZr7jcTfRrA8xv3RpNDoG1obLO86DG2ygtaXDKMFov7eos0DboaoEnWywC0Ycv8ybVZyFt8TQnnweT1-IJeaJe
年末清掃活動https://www.youtube.com/watch?v=zRU_rZhw7Yk

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2016-1-27)(全文)

国務院台湾事務弁公室新聞発布会集録(2016-1-27)
http://www.gwytb.gov.cn/xwfbh/201601/t20160127_11376021.htm
注意! 中国共産党は中国と台湾が実質的にそれぞれ別の国になっていることを否定するため台湾を「台湾地区」「台湾島」等と言って国家扱いしなかったり中国を台湾に対する本土という意味で「大陸」(これは国民党も同じ)等と表現しますがここでは原文どおりの表現を使っています。またこの記者会見では中国寄りの質問しかでません。また中国共産党と国民党が主張する「九二共識」は李登輝元総統ら当時の関係者はでっち上げだと否定しています。日本李登輝友の会

前回の発布会の後の主な出来事
台湾の選挙で蔡英文率いる民進党の圧勝https://www.youtube.com/watch?v=AGTvKFZS8-0

中共国務院 台湾事務室副主任を収賄処分 新唐人テレビ
ここから発布会


1月27日午前10時、国台弁(国務院台湾事務弁公室)は新聞発布庁で定例新聞発布会を挙行した。発言人馬暁光は最近の両岸の注目の問題について記者の質問に回答した。

馬暁光:各メディアの友人、おはようございます。今日の発布会を始めます。みなさん質問をどうぞ。

央視海峡両岸記者:2015年は既に過ぎ去った、両岸関係にも多くの大きな出来事が発生した。あなたに2015年の両岸関係の進展について論評してほしい、また2016年の両岸関係がどうゆう方向に発展していくか展望してほしい。

馬暁光:2015年両岸関係は着実に前進し、新しい重要な進展があった。一つ、両岸指導者は66年を経て初めての会談を実現させ、両岸政治交流に歴史的進展を与え、新しい高みに立った。二つ、双方の両岸事務主管部門の連系意思疎通メカニズムは有効運用され、両岸各分野の交流協力推進のために重要な働きを発揮した。三つ、海峡交流基金会海峡両岸関係協会両会は新協定に調印し、両岸関係の平和的発展に新しい成果を加えた。四つ、両岸貿易投資は安定的にに発展し、経済協力は持続して深化した。両岸貿易総額は1885.6億ドル、大陸が批准した台湾資本の事業項目は2962件、実行ベース台湾資本15.4億ドル、大陸の関係主管部門の承認を経て台湾に投資した企業の事業は95件、投資金額は4.36億ドル。福建が金門地区に水を供給する工事は正式に開始された。両岸は低温流通体系、LED照明、電子商取引等の産業協力面で新しい進展があり、中小企業協力は着実に進んだ。大陸は積極的に市場の働きを発揮させ、台湾農業業の産品を大陸市場に輸入するよう一層推進した。台湾居民の大陸での個人経営企業体の設立申請を拡大緩和した。21ヶ所の海峡両岸青年創業基地と一箇所の海峡両岸青年就業創業モデル地区を設立し、条件付きの国有企業、民間企業と台湾企業が台湾青年の実習、就業のため職場を提供した。五つ、両岸人民の往来は着実に拡大し、各分野の交流は継続して良好な情勢を保持している。両岸人民の往来総量は延べ985.61万人、同比4.73%増。その中で台湾居民が大陸に来たのは延べ549.86万人、同比2.47%増、大陸居民が台湾に行ったのは延べ435.75万人、同比7.73%増、全年での大陸居民が台湾観光に行く数は延べ340万人に達する予定で、史上最高となる。大陸はなお台湾にとって最大の観光客供給国だ。大陸は台湾同胞の大陸往来ビザ免除とカード式台胞証を実施した。台湾に個人旅行できる都市と旅行会社を拡大開放した。両岸の定期旅客便数を毎週840便から890便に増やした。福建黄岐から台湾馬祖までの海上直行航路を開通させた。蘇州に両岸郵便発着のための総合局を増設した。大陸学生が台湾に留学するための編入試験の規模を拡大開放した。関係省区市の主要な指導者が台湾に交流に行くことを継続して促進し、両岸の文化、芸術、教育、民俗、末端と青少年交流のため絶えず新しい機構を作った。六つ、両岸同胞は各自の方式で中国人民抗日戦争の勝利と台湾光復70周年を記念し、歴史を回顧し、先人烈士を偲び、更に深く大陸と台湾が割くことのできない運命共同体だと体得した。両岸関係部門は意思疎通協調を強め、共同で犯罪を取り締まり、両岸企業権益紛争と両岸民衆に関係する重大な突発事件を処理し、両岸同胞の権利を守り、両岸交流往来の健全な秩序を守ることに努力した。

2015年両岸関係が得た新しい成果は、両岸関係の平和的発展が一つの両岸同胞に互恵協力、幸せをもたらす正しい道だと十分に説明しており、「九二共識」を堅持し「台独」に反対することが、台湾海峡の平和を維持し、両岸関係改善と発展を推進する「海の重り」だということを十分に説明している。

現在台湾島内情勢に重大な変化が出現しているけれども、大陸と台湾が一つの中国に属してるという法理と現実は変わらないしまた変えることは不可能だ。国家主権と領土の一体性を守る重大な原則問題の上では、我々の意志は堅きこと盤石の如しで、態度は終始一貫している。新しい一年において、我々は中央の対台湾政策方針を貫徹し続け、「九二共識」を堅持し、いかなる形式の「台独」分裂活動にも断固反対し、両岸同胞と一緒に、両岸共通の政治的基礎を守り、台湾海峡の安定を守り、両岸同胞の根本利益を守り、両岸関係の平和的発展過程を守る。

中央国際広播電台記者:国台弁主任張志軍は数日前ブリンケンアメリカ合衆国国務副長官と会談した、関連状況を紹介してください。

馬暁光:1月21日、張志軍主任は北京でブリンケンアメリカ合衆国国務副長官と会談し、質問に応じて現在の台湾海峡情勢と両岸関係を説明した。張主任は表明した。8年来、両岸双方は「九二共識」を堅持し、「台独」に反対する政治的基礎の上に、両岸関係の平和的発展の道を切り開き、台湾海峡の平和と安定を保持してきた。この良好な情勢をますます大切にしなければならない。我々の台湾に対する基本方針は一貫して明確だ、台湾地区の選挙結果に因って変わることはない。我々は「九二共識」を堅持し、いかなる形の「台独」分裂活動にも断固反対し、国家の主権と領土の一体性を断固として守り続けるだろう。張主任は強調した。現在の島内情勢の変化は両岸関係の発展に不確定性をもたらし、台湾海峡の平和と安定は挑戦に直面する。アメリカ側は継続して一つの中国政策と中米三つのコミュニケの原則を厳守し、中国側の重大な懸念をしっかりと尊重し、適切に台湾問題に関する処理をしなければならない。

福建東南衛視記者:報道によると、台湾経済主管部門責任者*は数日前表明して、両岸貨貿協定協議は暫時停止すると言った、お聞きする大陸側はこれに対してどういう方針を取るか?
*)中華民国経済部部長(日本の経済産業省大臣)を中国では国家扱いしないのでこう言う。

馬暁光:2011年3月から、両岸協議団は両岸貨物貿易協定について既に12回の業務交流を開催した。この過程において、大陸側は互恵共存共栄の原則に基づき、両岸同胞の利益を増進するため積極的な努力を善く尽くしてきた。次の協議については、双方の意思疎通の状況と両岸関係の形勢で決まる。

福建厦門衛視記者:台湾民進党団総召集人柯建銘は数日前表明して、民進党は海峡両岸サービス貿易協定は見直して再び話し合いをはじめなければならないと言った、お聞きする国台弁はこれに対して何か論評は有るか?

馬暁光:我々がまず考慮するのは、両会が権限を委任された協議の政治的基礎と協定を成立させた正統性は守られなければならないということだ(原文は我们首先考虑的是,两会受权协商的政治基础和所达成协议的权威性应该得到维护)。

台湾東森電視台記者:伝えられるところでは、大陸は台湾への観光客の割り当てを減らす可能性が有るという、お聞きするこの制限命令は本当か?

馬暁光:まず私がはっきりさせておかなければならないのは、大陸関係部門は未だ大陸居民が台湾観光に行くことに対して割り当て人数を設定したことはない、割り当ては台湾の一方的なやり方だ。我々は台湾への観光が健全に秩序よく発展する環境が維持され、大陸観光客の権益は重視され保証されるよう希望する。台湾への観光客の人数の変化については、需給関係であり、旅行社と観光客の意志によって決まる。次の段階で、我々は両岸関係の情勢と両岸観光市場の需給等の状況に基づいて、関連事項を状況を見て決める。

福建海峡導報記者:最近数十万の大陸のネット利用者がFacebookを通して自己の立場を表明し、両岸ネット利用者の間の「表情包」大戦は熱い話題となった、お聞きするあなたはこのような交流をどのように見るか?
2016年中国大陆网友“出征”Facebook事件 Wikipedia

馬暁光:私もメディアを通してこのニュースを見た。私は、両岸青年は交流を強化し、交流の中でお互いの意思疎通と理解を増進し、両岸関係の正確な認知を不断に深化させ、両岸同胞の民族感情が不断に打ち解け合うようにしなければならないと考える。

香港中評社記者:二つの質問、第一、蔡英文は最近1992年の両会会談について少し態度表明をした、お聞きしたいこれに対して何か論評は有るか? 第二の質問、大陸は最近大陸居民が台湾桃園空港を経ての乗り継ぎ業務を試験的に開放する予定だという、お聞きする、現在大陸旅行客の乗り継ぎはどの面で具体的成果があるのか? 謝謝。
蔡英文第二回政見発表立論内容 民進党日本語ページ
陸國台辦:擬試點開放陸客赴台中轉 中央社1月5日
陸客中轉 陸委會:樂觀但無時間表 中時電子報1月29日

馬暁光:第一の質問、1949年以来、海峡両岸はまだ統一はしていないけれども、大陸と台湾は同じく一つの中国に属しているという事実はまったく変わっていないし、また変えることは不可能だ。「九二共識」は両岸関係の平和的発展の政治的基礎であり、その核心の意味は両岸は同じく一つの中国に属するということだ。共通の政治的基礎を堅持し守り続けることによってのみ、両岸関係の平和的発展を着実に成長させることができるのだ(只有继续坚持和维护好共同的政治基础,两岸关系和平发展才能够行稳致远)。

大陸旅行客の乗り継ぎの試験的実施の問題について、海協会と海基会は今関連準備作業について意思疎通を進めている、準備が終わり次第すぐに実施できる。

新華社記者:台湾の選挙後の政局はいくつかの新しい変化が起きた、お聞きするこれは新しく開通した両岸ホットラインに対して影響するかどうか? 国台弁と陸委会の間に作った意思疎通メカニズムは中断するかどうか?

馬暁光:我々は何度も強調してきた、両岸関係の平和的発展で得た成果はみな双方が「九二共識」を堅持し、「台独」に反対する共通の政治的基礎の上に樹立したものだ。この政治的基礎をしっかり守ってこそ、手に入れた両岸関係の平和的発展の成果を失わずにすむのだ。もしこの重りが動揺すれば、両岸関係は必然的に衝撃を受ける。謝謝。

台湾聯合報記者:二つお聞きしたい、台湾指導者馬英九は近く太平島に行く可能性がある、国台弁はこのことに対してどう考える? もう一つ、先週台湾中南部に寒害が発生した、現在両岸のサバヒー契約養殖の状況はどうなっているか?
馬総統、南沙諸島・太平島視察 中国大陸や米比からは反発の声 中央社 この発布会翌日の28日のニュース
厳しい寒さで農水産品に被害 関係者が悲鳴 中央社

馬暁光:第一の質問、中国は南シナ海諸島に対して争う余地のない主権を有している。国家の主権と領土の一体性を守り、中華民族全体の利益を守ることは両岸同胞の共通の責任と義務だ。

第二の質問、数日前、特大の北極からの寒波が海峡両岸の農漁業生産にに対して影響と一定の損害を与えた、我々はこれに対して注目している。

近年、我々はずっと積極的に市場メカニズムを通して台湾農漁業産品の大陸への輸入を推進し、受益者を増やしてきた。サバヒーの契約養殖については、私の理解によると両岸民間企業が進めているが、あなたが言う関連具体状況は私は現在まだ把握していない。

台湾中国時報記者:大陸旅行客の乗り継ぎ問題。現在(大陸の)三つの都市が開放されているが、次に開放される都市はどこか? 時間はいつか? 大陸は大陸旅行客乗り継ぎと両岸民衆の往来を更に便利にするという問題を切り離すことに既に同意しているかどうか? もうひとつ質問、亜投行(AIIB)は既に正式に動き出した、台湾は今年上半期加入するかどうか? もし将来加入の機会がない場合、民進党が「九二共識」を承認したがらないことと関係があるかどうか?

馬暁光:まず、大陸客乗り継ぎに関して、大陸旅行客乗り継ぎの試験的開放は両岸首脳会談の成果を具体化するため、また両岸民衆の往来を便利にするため、両岸航空産業発展の助けるためだ。今回我々が南昌、昆明と重慶の3つの都市にしたのは、それらがみな大陸中西部の海外出国の注目の都市だからだ。これは大陸関係業務主管部門が総合的に各方面の要素を考慮した後出した決定だ。

次に更に開放を拡大するかどうかは、最初の試験的開放の運行状況及び両岸関係発展の大環境を見て別に確定しなければならない。

最後に私が指摘したいのは、「その他の便利で早い新航路開設協議継続」は本来「海峡両岸航空運輸補充協定」の中の既定の内容であり、また「大陸旅行客乗り継ぎ及び両岸同胞往来を便利にする」議題の完全な内容、つまり両岸同胞往来の費用を下げ、「大陸旅行客乗り継ぎ」の吸引力を強め、運輸量の障害を突破し、運行の危険を避ける必要からであり、道理のあることだ。(我想指出,“继续磋商开通其他更便捷的新航路”,本来就是《海峡两岸空运补充协议》中的既定内容,也是“陆客中转及便利两岸同胞往来”议题的完整内容,是降低两岸同胞往来成本,提升“陆客中转”的吸引力,以及突破运力瓶颈,规避安全风险的需要,是有道理的。)双方が歩み寄り、お互いが積極的に開放する態度を持つことができ、両岸民衆往来を便利にするため現実的な措置を取るよう希望する。これがあなたの第一の質問への回答だ。

第二の質問、我々は既に何度も表明した、台湾が適切な方式で亜投行に参加することを歓迎する、この態度は変わっていない。我々は、亜投行が新しく成立した国際組織として、ひとつの中国の原則及び亜投行の関連規約に基づき、台湾が亜投行に加入する問題を処理するだろう。

中国日報記者:張志軍主任がブリンケンアメリカ合衆国国務副長官と会談したのと同時に、アメリカ合衆国国務副長官は台湾へ行って要人たちと会った。或る専門家の指摘では、蔡英文と米日高官の頻繁なやり取りでは台湾問題を国際化し、経済と政治上での大陸との結びつきを減少させるよう希望している、国台弁はどのような回答をするか?

馬暁光:台湾問題は中米関係の中の最も重要で、最も敏感な問題だ。我々はアメリカ側がひとつの中国政策と中米3つのコミュニケの原則を厳守し、台湾に関わる問題を慎重適切に処理し、台湾海峡の平和と安定をしっかりと守るよう希望する。同時に、我々がまた強調して指摘しておかなければならないのは、「台独」に国際空間はない、両岸関係に損害を与えることを通して、所謂国際活動空間を拡大しようとする試み、このような考え方は現実的ではないしまた、国際社会が推し進めるひとつの中国政策の大きな構造とは相反している。

福建東南衛視記者:現在5月20日蔡英文が就任するまでまだ三ヶ月以上ある、あなたにお聞きしたい、この過渡期に彼女に対して其の言を聴きて其の行いを観るか*どうか? 別に、もし蔡英文が終始「九二共識」を承認しなければ、両岸の経貿関係が真っ先に影響を受けるか?
*)Web漢文大系

馬暁光:20数年来、両岸関係発展の歴史過程が既に十分に証明したことは、「九二共識」を堅持し、「台独」に反対する共通の政治的基礎が両岸関係の展望を明るくし、これに反すれば、両岸関係平和的発展の船は荒波に遭遇し、甚だしくは転覆する(20多年来,两岸关系发展的历程已经充分证明,坚持“九二共识”、反对“台独”的共同政治基础,两岸关系的前景就是光明的;反之,两岸关系和平发展之舟就会遭遇惊涛骇浪,甚至彻底倾覆。)。この一点はみんなはっきりわかっている(这一点大家都非常清楚)。

台湾旺報記者:お聞きする、台湾の選挙から今日まで、両岸ホットラインは使われたか否か? 第二の質問、南シナ海に関して、馬英九が明日太平島に上陸するかもしれないほかに、国台弁は蔡英文の南シナ海問題の主張に対してどう評価しているか? 第三の質問、台湾選挙後まだ日も浅い、大陸の中央テレビは解放軍が東南沿岸海域での軍事演習を放送し、二日後また一人の解放軍退役少将がメディアに文章を発表し、「台独」に隅に追いやられれば「武力統一」するしかないと言った。あなたはこのようなニュースと両岸の平和的発展という主張は相反すると考えないか?

場暁光:ホットラインの質問に関して、「九二共識」を堅持することは双方の両岸事務主管部門連携意思疎通メカニズムを打ち建て、またこのメカニズムが正常に運用される必要条件だ。両岸ホットラインは両岸関係が重大、緊急の問題の時に用いられる。双方の意思疎通を経由することはどれも必要な時に使用すると考えている(经双方沟通均认为有必要时使用)。今のところ私は最近両岸ホットラインを使用する手配をしたことは把握していない。

第二の質問、中国は南シナ海諸島に対して争う余地のない主権を有している。両岸は同じくひとつの中国に属している。両岸同胞は共同で国家主権と領土の一体性を守り、中華民族全体の利益と根本利益を守る責任がある。

第三の質問、国防部が既に関連状況を説明した。私がまだ指摘しておかなければならないのは、両岸関係の平和的発展の基礎は「九二共識」を堅持し「台独」に反対するところにある。この基礎があって、両岸関係の平和的発展の情勢を守ることができ、将来の発展も明るいのだ。もしこの基礎を破壊すれば、さっき私が話したように、両岸関係の平和的発展の舟は嵐に遭い、挙句の果ては転覆となるのだ。

香港鳳凰衛視記者:この前国台弁は国台弁副主任龔清概(きょう せいがい)が調査をされていると発表した、なぜこのような時期を選んでこのニュースを公表したのか? これは両岸関係の将来の発展に影響を与えるか?

馬暁光:明らかにあなたが鳳凰衛視の報道を含むメディアのいくつかの報道に留意すれば、あなたの疑問に答えることができるはずだ。私がここで言わなければならないのは、龔清概は重大な規律違反の容疑で組織の調査を受けている、中国共産党中央規律検査委員会のサイトには既にニュースが発表されている。中央台弁は断固として中央の決定を支持し、これを戒めとして高い水準で自らを律し、巡視の整頓改革を着実に行い、党風の廉政建設と反腐敗闘争を揺るぎなく推める。

ついでに発表すると、我が組織の巡視の整頓改革状況は近日社会大衆に公表するだろう、みなさんの監督を歓迎する。

発布会はこれで終わる。みなさんの来駕に感謝する。

柯文哲台北市長日本訪問の参考url

1月24日から30日まで柯文哲台北市長が日本訪問をしている。様々なニュース新聞稿がでているのでurlのメモをしておく(ニュースは多すぎるので新聞稿を中心に)。
台北市新聞稿
1月24日
柯文哲飛抵東京 首站參訪手作基地與千代田藝術中心
1月25日
訪日第二天 參訪東京車站與拜會東京都議會 柯文哲:日本是重要盟邦
柯文哲拜會東京都知事舛添要一 盼藉兩市交流 鞏固臺日外交關係
1月26日
考察日本第三日行程 柯文哲:築地市場兼具觀光功能、改建後提升衛生的營運模式值得借鏡
參訪東京臨海廣域防災公園 柯文哲:著手製作學生防災手冊、手機版防災手冊
日本行「臺北之夜」 柯文哲邀日本的朋友們來臺參與2016臺北世界設計之都、2017世大運
1月27日
柯文哲訪日 參訪東京大學高齡者總和研究機構–柏計畫(柏市社區整體照顧體系建構計畫) 吸取日本經驗 面對高齡化問題
整合長期照顧服務軟實力 充實本市長期照顧服務量能 仿效「東京大學高齡者總和研究機構–柏計畫」推動臺北市社區整體照顧試辦計畫
拜會岸信夫 柯文哲:臺日良好的關係是東亞和平的重要因素
拜會東京奧委會森喜朗主委、古川俊治參議員 柯文哲分享籌辦世大運與從政心得
1月28日
市府考察團訪問橫濱、簽訂兩市消防合作備忘錄(MOU) 柯文哲:橫濱市融合現代與歷史特色值得學習
參訪橫濱市文化藝術進駐都市閒置空間情形 柯文哲:臺北市應研究日韓城市作法再規劃自己的文化場域
1月29日
柯文哲抵達大阪拜會當地政要 柯文哲:大阪市是最適合臺北學習的標竿城市
與大阪前市長橋下徹晤餐 暢談彼此從政經驗
柯文哲訪大阪 與橋下徹相見歡 中央社 ← 中央社のニュース
參訪JR大阪車站及大阪市交通局 柯文哲:學習大阪市「以交通轉運站做為中心發展商場」模式,套用臺北
1月30日
前往直島拜會香川縣知事及參訪地中美術館 柯文哲:佩服日本利用文創產業發揮島嶼最高價值
柯文哲結束日本訪問行程返臺 建立與日本市政交流溝通窗口

市長Facebook
1月24日
1月25日
1月26日
1月28日
1月29日
1月30日

youtube
柯文哲喝醉啦!



周子瑜事件後 柯訪日見國旗「很感動」
築地見山葵「本尊」 柯P:是餐桌上哇沙米嗎
柯文哲來訪 東京市長高喊「甘溫」-民視新聞
日設高齡社區 柯文哲實地取經
鋪總統梗?柯妙問「日首相有醫師嗎」|三立新聞台
訪姐妹市"夾道式歡迎" 柯P.橫濱市長簽消防合作
"便當便當日子明天過" 看鐵道展!柯P談兒時記憶
柯文哲興奮見橋下徹 欣賞改革「不討好」|三立新聞台
盛讚香川直島 柯P:社子島開發不能等-民視新聞

次期首相は張善政

昨日(25日)の報道によると、民進党が選挙に勝ってから毛治国行政院長(首相)は辞職を総統に申し出て同意された。馬総統は選挙で多数派になった民進党に組閣を希望した。多數黨組閣爭議 人渣文本:馬英九動機邪惡 自由時報しかし民進党は5月20日の蔡英文主席の就任までは国民党政権で行くべきだという意見らしい。結局蔡総統就任までは現在の張善政副院長が院長になることになった。
馬總統任命 張善政為行政院院長 中央社
張善政接閣揆 看守任期109天 自由時報
張善政、杜紫軍 2月1日接正副閣揆

張院長は2016年1月18日から2016年1月31日までは院長代理で2月1日から正式就任して5月20日までの109日の予定だ。張善政氏は副院長に国家発展委員会主委の杜紫軍氏を予定している

総統府発言人陳以信は25日言った、
「張善政はアメリカスタンフォード大学土木系修士、アメリカコーネル大学土木系博士、台湾大学土木系教授、国家高速電脳センター主任、国家科学委員会企画考核処処長、宏碁電腦公司電子化事業群副総経理、アメリカGoogle公司アジアハード運用総監、行政院科技政務委員、科技部部長と行政院副院長など企業と行政を経験している。政治に携わってからは、積極勤勉。行政院期間中は第三者決済、モノのインターネット(Internet of Things、IoT)、ビッグデータ運用、クラウドサービス、クリエイティブ産業、政府のオープンデータ化等に対応し、成果は卓越し、部局の統合運用の経験が豊富で、閣内と社会の好評を得ていた。国民の負託と政府の現段階の任務の完成を引き継げると信じる」

「馬総統は今日(25日)自ら将来の立法院多数党民進党主席蔡英文に電話をした、しかし蔡英文は忙しいとのため会話ができず、再び総統府秘書長曽永権から蔡英文指定の民進党前秘書長林錫耀に電話をして説明した。曽永権は林錫耀に馬総統は新任の行政院長人選について蔡英文の意見を聞きたいと希望した。林錫耀は蔡英文の代理として電話で答えた、『蔡主席は馬総統が憲法の職権によって行政院長を任命することに異議はない、尊重する』 曽永権は、馬総統は行政院副院長張善政が行政院長を引き継ぐよう命令すると林錫耀に表明した。

民進党が25日の新聞稿で電話の件を発表している


馬政府が新首相を任命する 民進党:総統の憲法職権を尊重する
2016-01-25

馬総統が今日(25日)正式に現行政院副院長張善政を行政院長に任命すると総統府が表明したことに対して、民主進歩党発言人楊家俍は表明した、「総統府側はきょう午前一度党中央に連絡してきて、首相任命問題について話した、ただ当時蔡主席は会議中のため、執行総幹事林錫耀を指名して総統府秘書長曽永権に電話させ、電話で林錫耀は蔡主席の立場を明確に再度表明して、憲法に基づき、首相の任命権は総統に属する、馬総統が新首相を任命することに対して、蔡主席は尊重し異議はないと言った」

楊家俍は林錫耀の談話を伝えて言った、「電話の中で、曽永権秘書長は林錫耀に言った、総統は現在行政院長代理の張善政を過渡期の内閣行政院長に任命するだろう。林錫耀は、憲法の精神に基づき、選挙後、新しい民意が生まれた後は、現政府は監視期間(原文は看守期)に入る、この期間は政府の最重要な仕事は通常運用を維持し、政局を安定させることだ、これを目標にすることおいて、民進党は可能な協力を提供したいと言った」


https://www.youtube.com/watch?v=n6YrXbSEBDQ

「韓国は既に8G(第8世代移動通信システム)ですよ」

中国の軍事評論家、羅援氏台湾独立に警告

中国の羅援という宣伝担当の軍事評論家が台湾に対して中国から離れようとするなと警告している。wikiによると「人民解放軍の中でも『強硬派の論客』と目されている。中国のテレビ局にて『東京を火の海にする』という発言をしたことなどで有名」らしい。
罗援:统则和独则战 若被台独逼入墙角就武统 環球網
http://mil.huanqiu.com/observation/2016-01/8439577.html
陆少将 被台独逼入墙角只有武统 中時電子報
いつもの脅迫のようだが要約すると

統一は絶対に動揺しない鋼鉄の意志
羅援

台湾問題はいかなる変化が起きようと、ひとつの鉄則に逆らえない、必ず歴史の潮流に順応しなければならない。歴史の潮流とは何か? それは中国の歴史は必ず統一に向かうということだ。それは誰も逆らえない。台湾と中国との統一は誰のどんな力でも阻止できない歴史的潮流だということだ。

我々は民意を尊重する、しかし民意には大きな民意と小さな民意がある。国家の統一は大きな民意だ。ひとつの地区の小さな民意は聞く必要はない。台湾の統一独立は13億の中国人民が決める。

我々は利害の考慮をする、しかし利害には大きな利害と小さな利害がある。国家の統一はどんな代価でも払う価値がある。2015年の1−10月、両岸の貿易総額は1296.4億ドル、その中で台湾は542.2億ドルの輸出超過だ。2014年両岸の人員往来は941.1万人で史上最高だった。その中で台湾から大陸へは536.6万人、大陸から台湾へは404.6万人だった。もし台湾が独立へ走れば、両岸のこれらの平和の配当は泡と消える。何が大事か一目瞭然だろう。

我々は勝算を計算するが、勝算にも大きな勝算と小さな勝算がある。GDP、兵力、装備どれを比べても台湾に望みはない。

我々は法によって事を行うが、法にも大きな法と小さな法がある。中国の「中華人民共和国憲法」「中華人民共和国国防法」「反分裂国家法」が大きな法でいかなるものもこの法を守らなければならない。

我々は両岸の平和的発展を提唱するが、統一の意志はいささかも風化させない。

統一は平和的統一と武力による統一があるが、我々は全力で平和的統一を追求する。しかし「台独」分子が我々を隅に追いやれば(原文は如果“台独”分子把我们逼入墙角)、我々には武力統一しかない。統一は平和であり、独立は戦争だ。独立と平和の間に等号記号を書くことはできない。

柯文哲市長読書の習慣について語る

柯文哲市長の日本訪問前日23日のインタビュー。台北市の新聞稿から


インターネット書店の読者活動に出席 柯文哲:読書は自己の精神を自由に探求させる
発布機關:臺北市政府秘書處
発布科室:媒體事務組
発布日期:2016/1/23

台北市長柯文哲は23日インターネット書店の読者活動に出席した、彼は活動の中で彼の自分の読書心得を披露した。彼は読書は自己の精神(原文は靈魂)を自由に探求させることができると言った。仕事上の本以外に彼は特にみんなにどんな本を読んだほうがいいかとか推薦する必要を感じない、どんな本を読むかはそんなに重要なことではないと言った。

柯文哲は表明した、
「市長になってから読書時間が少なくなったのにはどうしても慣れない。私はもともと読書が大好きだった、実際台湾大学をやめる前は、計算してみるのに毎朝大体五時間読書ができた。私は台湾大学で教授として基本的に知識を作る人であり伝達する人だったため、多くの世界の知識を吸収する必要があった、それで読書をもともと私の習慣にしていた」

「急いでここに来る途中、秘書が私に三冊推薦する必要があると言ったが、ここについてからみんなにどんな本を読むのがいいか言う必要はないと思った。仕事上で必要な本以外に、実際更に重要なのは、読書それ自体が自分の精神を自由に探求できるようにさせる習慣だということだ。それ故本来教育局が私に三冊推薦させるようなことは無用だと考える、ただみんながこの種の読書を楽しむ習慣或いは嗜好がありさえすればそれでいいんだ、何を読もうがそんなに重要なことではない」

「私は台湾の国民の読書のやり方についていつも思っているのは、アメリカ人は面白いもの新しい物を見て、いつも言うのが『これは面白い!』だ、しかし私達台湾人は新しいものを見た時の第一声が『なんの役に立つのか?』だ、私がいつも病人のためにネット上で資料を探したのも必要な知識がいるためだった」

現場の民衆が柯市長に普段どんな本を読むか聞いた、彼は言った、
「何でも読む、各種の本はみな読むべきところがある(各種書通通都有在讀)、私が気づいたのは、私は以前英文の本を読むほうが中文の本より多かった、医学ではまだ多くのものが答えがない(醫學還是有很多東西是無解的)、それゆえ一時期私の頭は英語で考えていた。現在市長となって英語で考えることは比較的少なくなった。通常は私は何を読むかとか考えず、どんな本でも手元にある本を読む(通常不是他讀什麼書,而是什麼書落在他手上,他就會看)」

活動後柯文哲はメディアの取材を受けた、
メディア:「蔡英文の本「英派」について何か感想はあるか?

柯文哲:あの本は読んだ、いいと思った。ただ後半になると文章の組み立て配置が乱れている(但書後面的文字編排布局亂亂的)、前半の内容はいい*」
*)下のビデオではメディアが、ということは民進党の政策の構成が悪いということかと聞き、市長が、違う違う本の話だ拡大解釈のし過ぎだと笑って答えている。

メディア:あるメディアの報道では柯市長が副市長候補に三、四人男性、民進党籍を考えているという

柯文哲:私はまだ気に留めていないとは言っていない(沒有講他還沒有注意到)、帰ってからまた見て研究する(回去再研究看看)。

メディア:副市長候補を既に面接したのか?

柯文哲:私は明日日本に行く、面接はしばらく中断だ。

メディア:誰を面接したのか?

柯市長は答えなかった。

メディア:民進党籍の副市長にする気はあるか?

柯文哲:必ずしも民進党籍とは限らない、能力があれば良い。

メディア:昨日忠孝橋で事故が起きて台北市の交通を混雑させた(讓臺北市交通打結)、ああゆう状況はSOP(標準作業手順書、危機管理マニュアルという意味か?)に従う状況ではないか?

柯文哲:昨日渋滞した車の中で耐えられなかった、すぐにlineで交通局長鍾慧諭にこのような場合はSOPに書いているように処理するよう言った。

メディア:あのような重大事故は新北市との連携を強化するべきかどうか?

柯文哲:問題に向き合うことが解決の第一歩だ、これは市長が処理することではない、交通局長がすぐに問題を分析して改善方法を提出しなければならない、昨日鐘局長に言っておいた。

メディア:臨時にホテルの部屋を今回の大寒波を避けるためにホームレスの人に提供したことがネットで賞賛されていたが、柯市長の考えか?

柯文哲:私はただ社会局、衛生局に温度が10度以下になったら臨機応変に対応するよう(衛生局將溫度低到10度以下啟動的系統整合一下而已)指示しただけだ。

メディア:今日大安森林公園でホタルの幼虫を放流するそうだが?

柯文哲:私は耐えられない(他實在是受不了了、多分大寒波の話だろう)、どう処理するか担当部署に回答させる。

メディア:市長が平素愛読している論語で選挙後の政局を形容してください。

柯文哲:「子曰く、天何をか言わんや。四時行われ、百物生ず。天何をか言わんや*」 意味は、聞く必要はない、なるようになるさだ。
*)Web漢文大系
(以下略)


https://www.youtube.com/watch?v=dkkzGAFZ7BU

蔡英文主席、当選証書を受け取る

昨日(22日)中央選挙委員会は劉義周主委がすべての委員を率いて民進党中央党部に行き蔡英文、陳建仁に当選証書を授与した。劉義周は1月16日6,894,144票の支持を得て,中華民国第14代総統に当選したと宣言した。蔡英文は証書を受け取った後間違いなく私の名前ですねなどと冗談を言った。收下當選證書 蔡英文:做不好 人民會把權力收回 newtalk

民進党新聞稿から挨拶文


中央選挙委員会、第十四代総統、副総統当選証書の手渡し式 総統当選人蔡英文挨拶全文
2016-01-22

民主進歩党総統当選人蔡英文は今日(22日)副総統当選人陳建仁、選対室総幹事林錫耀と共に中央選挙委員会の第十四代総統、副総統当選証書を受け取った。

蔡英文挨拶全文は下の如し:

中選会の劉主任委員、各委員、この場のメディア友人、また今回私と一緒に選挙を戦った陳建仁院士、私はこの機会を利用して再度各委員、主委が滞りなく今回の総統選挙を行い、台湾の民主を更に前進させたことに感謝します。

私達の民主はまだ若い、まだ多くの深化させなければならない部分がある。政権引き継ぎ、選挙事務の改革を問わず、中選会の各専門家の協力で民主の基礎を作ることが必要だ。私はここで皆さんに感謝をしたい、非常な感謝を。

今私は当選証書を受け取った。これは一枚の当選証書というだけでなく、人民が私に与えた一枚の招聘状だ。私はそれをしっかりとしまい、証書が賦与した責任を心に留めておくだろう。

民主国家の総統として、私は権力は天賦のものではないと知っている、それは人民から借りたものだ。もし為すことが善くなければ、時間が来れば人民は私に貸した権力を回収するだろう。

謙虚さが私達の態度だ、揺るぎなさが私達の立場だ、改革は私達の方向だ。そうして人民の期待に答える、それこそがこの一枚の招聘状の背後の最大の意義だ(原文は而回應人民的期待,更是這一張聘書背後最大的意義)。

人民は改革に期待している、私は改革に全身全霊を捧げる。どうか皆さんは安心して権力を私に貸し与えてください。私は常に自分に呼びかけるだろう、絶対に権力を濫用しないと。

民主党は曾て失敗した、だから私達はこの機会を大切にしなければならないとわかっている。私達は曾て失敗の中から信用を立て直し、曾て泥沼の中から必死に這い上がってきた。失敗は私達を目覚めさせたに気づかせてくれた、信用を取り戻すのは非常に難しかったが、信用を失うというのはあっという間だと。

台湾の民主化以来既に三度目の政権交代だ。私は全ての政治を志す人は体験理解したと信じる、プレートは移動し、鉄票は錆び(鐵票會生鏽*)、政権は交代したすると。民主はより成熟し、執政者に対する基準はより厳しくなっている。
*)国民党の固定票(鉄票)は動かなかったか減ったという意味だろう民進党日本語サイト

「お互いを鑑とし、人民を主とする事を思い続ける(以彼此為鑑,以人民為念)」 これこそが民主の時代の政党が競争していく最重要な原則だ。私は自分に呼びかける、選挙に勝つことは固より苦しいことだが、改革の推進は更に複雑面倒で一刻の猶予も許されないと。

国家を団結させ、産業を振興し、公平正義を実現する。これが私の将来四年の努力の方向だ。将来の四年間、「基礎を打ちたて、体質を調整する」、これが私達の穏やかな改革のやり方だ。

改革へは一歩で到達はしない、しかしもし一歩を踏み出さなければ永遠に到達はしない。新時代の挑戦は既に始まっている、この一枚の招聘状を受け取り、私は全力で踏み出す。

選挙は既に終わった、私達は激情は忘れなければならない、恩讐は忘れ、政治を日常に戻し改革をこの国家を団結させる最大公約数にしなければならない。これは私の約束であり、またこれから私が毎日努力しなければならないことだ。謝謝皆さん。


https://www.youtube.com/watch?v=8VP-w-7WdJg

https://www.youtube.com/watch?v=MSh3_JLeDKk

台灣大選結果堪稱是地殼變動 國民黨難再起 newtalk

タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)