蔡英文総統がTwitterで日本語でも新年の挨拶

蔡英文台湾総統が春節前の大晦日の今日、Twitterで新年の挨拶を英語と日本語でした。内容は「日本の皆様、今年は実のある素晴らしい一年となりますよう、心よりお祈り致します。」というものだ。
失業率3
画像はTwitterの今日のツイートより

これに対して中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』の国際版環球網が今日の記事で、さっそくネット上で批判されている意見を使って間接的に批判している。批判しているのは中国の春節に英語と日本語を使っていて中国語ではないという点だ。「蔡英文と柯文哲はなぜいつも英語で更新するのか?」「蔡英文は売国奴だ」「台湾は日本の侵略で住民が虐殺された歴史を忘れたか」
中共にとっては蔡英文総統は独立派で常に否定すべき存在なのだろう。
蔡英文大年三十英日双语发推祝贺农历鸡年到来 遭网友怒批:汉奸! 環球網
http://taiwan.huanqiu.com/article/2017-01/10033227.html

その他のニュース
市長民調冠軍:台北柯文哲34.6% 新北賴清德33.1% 蘋果日報
台北市長誰有望?柯文哲民調領先群雄 新唐人亜太台

柯文哲台北市長は支持率が低下し続けており、次期市長選挙に出るかもしれない対抗する候補者の噂がマスコミで報道されている。しかし、次期台北市長の候補者の支持度を雑誌がアンケート調査した結果、柯文哲現台北市長がトップになった。現在の施政に不満はあっても、代わりになる候補者たちよりはましと有権者に判断されているようだ。台北市の候補者の中には前首相の張善政氏、元国民党主席の朱立倫氏、前回市長選挙に立候補した連勝文氏がいた。新北市の市長候補では頼清徳現台南市長がトップになったという。蔡英文政権の支持率も下降気味で批判も多いが、実際は国民党の政権よりもましと思っている人が多いかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)