台湾大佳河浜公園で竜舌蘭が咲く

台湾大佳河浜公園で数十年に一度咲くと言われる竜舌蘭の花が咲いている。
731710434849.jpg
台北市の新聞稿から


見逃せばまたN年待つことになる 一生にただ一度の開花 大佳河浜でこの種の花が咲く
發布機關:臺北市政府工務局水利工程處
發布科室:河川管理科
發布日期:2017/3/17
聯絡人:游百崧

大佳河浜公園にジャックの豆の木が出現? 実は9号水門近くの竜舌蘭が開花したのだ! 数本の竿のようなものがそこに聳え立っている、もし仔細に眺めれば、それらのそびえ立つ竿はは株の中からまっすぐに立っていると気づく、ジャックの豆の木のように、空に向かって長く高く伸びまるで電信柱のようだ。

台北市水利処は言う、「見た人はきっと疑問に思うことだろう、なぜ茎のようなものが伸びているのか、結局花か? 竜舌蘭は多年生の灌木で、相当乾燥に強い。その花は非常に変わっていて、株の中心から伸び、高くそびえた花は受粉を助ける昆虫を呼び寄せ、それによって受粉し次の世代を育てるためなのだ」

水利処河管科は指摘する、「一般に竜舌蘭は一生にただ一度花を開く、成長して開花するまでは数十年の時間を必要とする、それ故竜舌蘭の開花にはなかなかお目にかかれない。興味のある市民が大佳河浜公園に来て、めったに見れない光景を鑑賞するのを歓迎する。開花期間は4月の中頃まで、河に沿ってサイクリングもでき、付近の迎風河浜公園は犬の運動ができる公園で、市民が自分のペットを連れて河浜公園で活動するのを歓迎する」

水利処はまた市民に注意を呼びかける、「竜舌蘭の葉の縁には細く鋭い刺がある、葉の汁には毒性がある、接触すると皮膚を刺激し、熱を感じたり、痒み、発疹、水疱が出る人もいる、それ故鑑賞するときは触らないように」

大佳河浜公園竜舌蘭の場所:
大佳小学校付近の9号水門から進むとすぐ見える

植物少知識
1, 龍舌蘭、または番麻、万年蘭、百年草という、原産地は北アメリカ。
2, 龍舌蘭の葉は広く長い、ただ茎は非常に短く、成長に適した環境は排水良好で日当たりの良いところ、成長して開花するまで十年以上必要。
3, 龍舌蘭の花序は地表植物の中で最長、数メートルに達する。
4, 龍舌蘭の葉は処理した後、その繊維は縄や布にできる。
5, 著名な竜舌蘭酒(Tequila)は竜舌蘭の茎から竜舌蘭の汁を絞り出す、汁を発酵蒸留し竜舌蘭酒を造る。
731710444316.jpg
画像は新聞稿から


一生只開一次花 龍舌蘭開花宛如傑克魔豆藤-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=chlK-0WF2OE


台北市の別の新聞稿記者が柯文哲市長に時代力量等と連携するのかと何度も聞いているが、それはない、誰とでも友好関係は作ると答えている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)