柯文哲台北市長がクアラルンプール訪問

台北市の新聞稿から


始めの訪問地クアラルンプールに着き肉骨茶を味わう 柯文哲:観光促進は多角的に取り組まなければならない
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/3/26

台北市長柯文哲は今日(26日)午後4時間以上飛行機で移動しマレーシアの首都クアラルンプールに到着した、第一弾の公開活動は新峰肉骨茶(Restoren Sun Hong)店に行きマレーシアの名物料理を味わった。

肉骨茶を味わった後、彼はインタビューを受けた。

問:今回マレーシアに来たのは台湾に来る観光客の数を増やしたいからか?(原文は媒體詢問這趟來馬來西亞是否有預計觀光客前往臺灣的成長數字?)

柯文哲:さっきマレーシアの大使と話したんだが、現在マレーシアの台湾にいる留学生は1万6千人だそうだ、だから事実上観光促進には多角的な取り組みをしなくてはいけない、直接観光促進をする他にも、別の方法、もっと多くのマレーシア人に台湾に進学してもらうのもありだ、彼らに台湾で学んでもらって、彼らの家族、友人の多くに台湾に来てもらう、そんなふうに観光促進には多くのやり方がある、外に出て見るといろんなアイデアが出てくる(有時候出來看一看會有不同idea)。

問:中国からの観光客が激減したのを補いたいのか?

柯文哲:中国からの観光客が減ろうが減るまいが、他の国からの観光客は増やさなくてはならない。

問:最初にすることが肉骨茶を食べるという、その心は?

柯文哲:私としては食べられさえすれば何でもいいんだよ。

問:この店は当地の有名店ですね

柯文哲:あそうなんだ。

問:食べてみて薬燉排骨に似てなかったですか?

柯文哲:似てる、ただ苦味がない。

問:なぜマレーシアまで来て肉骨茶を食べるんですか? マレーシアの観光客に台湾に来たら何を食べるようにと言いますか?

柯文哲:カ仔煎だな、カ仔煎、貢丸ビーフンが好きなんだ。

問:今回の日程では政治家との面会は少ないようですけど。

柯文哲:我々が他国に行く時は総じて控えめだよね。

問:つまり何かの配慮或いは背後に(中共の)圧力があるということか?

柯文哲:まあまあ、どこの国家でもその国家の内政問題というのがある、我々は多くの友人を勝ち取るが、人の家を引っ掻き回してはいけない。

問:困難に遭ったり日程に変数が加わったりするか?

柯文哲:まっいいじゃないか(還好)、食べ終わってから考えよう。

(以下後から書き加えられた夜の会での挨拶等は略)


73261833140.jpg
画像は新聞稿から
新南向!柯出訪東南亞 開拓穆斯林觀光財│三立新聞台 https://www.youtube.com/watch?v=kX_GD66R58Y
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)