2017年4月中国国防部定例記者会見-日本関連抜粋

2017年4月中国国防部定例記者会見-日本関連部分の抜粋
http://www.mod.gov.cn/shouye/2017-04/27/content_4779339_4.htm 中国国防部
http://news.ifeng.com/a/20170427/51011418_0.shtml 鳳凰網資訊


時間:2017年4月27日15:00-16:10
場所:国防部国際軍事合作弁公室
発布人:国防部新聞事務局局長、国防部新聞発言人楊宇軍大校(上級大佐)

問:海外メディアの考えでは、昨日中国の二番目の空母が進水し、国内の民衆は歓喜雀躍した、しかし中国の隣国日本の軍拡の動きのたびごとに、中国側はいつも懸念と警戒を表明してきた、これは中国が「二重規範(ダブルスタンダード)」をとっているのではないか? という。論評してもらえませんか。第二の質問、(以下略)
進水した中国初国産空母に地元紙、ビミョーな表現「並外れてもいないが取るに足らなくもない」ZAKZAK
中国初の国産空母 40年前のロシア空母を完全コピーか=専門家 大紀元

楊宇軍:まず第一の質問に答える。最初に私ははっきりさせておきたい、中国は二重規範をとっていない。日本の軍事力拡大、これについて警戒心を持つことは絶対に中国一国ではない(原文は绝不只是中国一家)。原因に関して、私は「二つの見る」を使って回答できると考える。一つは歴史を見る。日本は歴史上曾て侵略戦争を引き起こし、アジア太平洋の国家の人民に重大な災いをもたらした。二つには今日を見る。日本当局は歴史を反省しないだけでなく、たびたび歴史問題において「逆行する」。例えば、今年4月21日、日本の安倍晋三首相は再度靖国神社に真榊を奉納し、日本の内閣高官と国会議員は参拝に行った*。日本のメディアの4月17日の報道によると、日本の国立公文書館は最近第二次世界大戦中の日本軍「慰安婦」強制連行の事実を記録した文書資料を提出した、しかし日本政府の高官はこれについて見てみぬふりをし、きっぱりと否定した**。4月14日、日本政府は世間 の非難を物ともせずに平然と天下の大罪を犯し、思いがけずヒトラーの「我が闘争」を学校教材とすることに同意すると公然と言明した***。
*)2017年4月21日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(首相の靖国神社への真榊奉納)等のニュース
**)2017年4月20日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(日本の公文書館が慰安婦資料を内閣官房に提出への反応)等のニュース
***)2017年4月18日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(日本政府の学校での「我が闘争」使用についての回答)


私は数例挙げただけだが、わずか1週間内にこれだけ多くの事件が発生している、日本側が歴史認識の上で問題を起こしていることを十分証明できる。人々が懸念するのには理由がある、歴史をあえて直視しようとせず軍備拡大を急ぐ日本は今後どのような道を歩むのか? 日本の若者世代をどのような未来に向かわせるのか? 軍国主義の道を再び歩むのか? 再び他国の未来の平和と自由を侵犯するのか? 私はこの問題の上で、日本側が深く反省する必要があり、国際社会は強く警戒する必要があると考える。

第二の質問、(以下略)



その他のニュース
総統府新聞稿
蔡英文総統へのロイターのインタビュー全文

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)