2017台北自然生態系保全活動

台北市の新聞稿から


大自然のジュークボックス 台北の生物多様性を聴く
發布機關:臺北市動物保護處
發布科室:產業保育組
發布日期:2017/5/20
聯絡人:許萌芳組長

2017台北自然生態系保全活動 落ち着いて心で聴いてみよう

また522国際生物多様性の日がやってきた、台北市の一年一度の保全会「2017台北自然生態系保全活動」は、今日(20日)賑やかに行われた、今年の活動は「音と生物多様性」を主題とし、主催者の台北市動物保護処と七星生態系保全基金会が民衆が心を鎮めて身辺の音に耳を澄ますよう促し、長い間おろそかにしてきた聴覚を再び研ぎ澄まし、景色の中の音を守る重要性を体感するまたこの機会を借りて騒音管理と生態系が同居する都市の理想を宣伝指導する。

今年の活動は信義区四四南村で開催され、現場には35の生態系保全活動推進に努力している団体が集結し、この年度の盛会と市民の近距離での相互活動を通して、生態系保全推進の成果を見せる。台北市政府の家長柯文哲市長、環境保護処李応元署長、林務局廖一光副局長も開幕式に列席し、違う環境音に耳を澄ますことにより、脳波測定器で生理状態の変化を測り、自ら環境音の心身状態に対してもたらす影響を示した、これによって騒音管理と景色の中の自然音を守る重要性を広報した。今回現場に臨時に設置した聴力測定車で民衆は無料で聴力の検査をできた。

台北市動保処厳一峯処長は表明した、「台北市は生態系に優しい都市に向かって発展しなければならない、『傾聴』は保全の鍵となる能力だ! 台北市民が環境の声を傾聴し、自分の耳を開くことを通して、その他の生物の存在に気づき、その他の生物に自己『発言』の空間と力をもたせ、動物と相和し共生する環境を打ち立てるよう希望する」

七星生態系保全基金会執行秘書江孟蓉がさらに説明する、「声の再発見と学習を通して、人々は環境の中の全く違うものを発見し、もともとこんなに多種多様な生物が私達と同じ都市の中に生存していたと気づく。心の壁を突破する活動を通して各保全団体の努力の結果を認識できる他にも、民衆は更に台北市がビルが林立し人口が多いけれども同時に各種生物が共同で生存している家だと体感できる」


環評修法 柯文哲槓環保署長李應元-民視新聞 https://www.youtube.com/watch?v=chR_QYAFsNo

ビデオで怒鳴っている人は、台北ドームの工事で遠雄建設が樹木を抜いて移動するのに反対している人だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)