2017年5月中国国防部定例記者会見-日本関連抜粋

2017年5月中国国防部定例記者会見-日本関連部分の抜粋
http://www.mod.gov.cn/shouye/2017-05/25/content_4781393.htm 中国国防部


2017年5月国防部例行記者会
時間:2017年5月25日15:00-15:55
場所:国防部国際軍事合作弁公室
発布人:国防部新聞局副局長、国防部新聞発言人任国強上校(大佐)

記者:日本の岸田文雄外相は数日前、日本が朝鮮の継続する挑発行為に対応する時、全面的十分なミサイル防衛システムを持って、安全を保障しなければならないと言った。またあるメディアが、日本はアメリカ製の陸上型「イージス」システムの導入に傾いており、「THAAD」システムを採用するつもりはないと報道した。お聞きするこれについて何か論評は有るか?
陸上型イージスがTHAADより優勢 日本のミサイル防衛強化策 newsweek

任国強:我々は関連動向に留意している。中国側は、弾道弾迎撃ミサイル問題は、ことは戦略の安定と国家間の相互信頼に関係しており、慎重に処理しなければならないと、一貫して考えている。特に歴史的原因に由って、日本の軍事安全保障分野の関連動向はアジアの隣国と国際社会に注視され続けている、日本は弾道弾迎撃問題で慎重に事を行わなければならない。

記者:(第一の質問は略)、第二の質問、日本政府は18日釣魚島(尖閣諸島)付近の海域で小型無人機一機が中国海警船から飛び立ったのを発見し、日本の航空自衛隊が戦闘機を緊急発進させ対応した。お聞きする中国側の今回の無人飛行機飛行の目的は何か? 中国側は日本の航空自衛隊の行動に対してどう応える?

任国強:第二の質問に関して、我々も関連報道に関して留意している。釣魚島とその付属の島は古来より中国の固有の領土だ、中国の関係する公務活動は中国の主権の範囲内の事だ。日本側の関連行動に対して、中国軍隊は全工程監視をしまた必要な処置措置を採った。

記者:数日前ある日本のメディアは、中国が海南島に红旗-9防空ミサイルシステムを配備したと報道し、またこれによって、中国側は既に南シナ海に「飛行禁止区域」の設定を始めたと考えている。お聞きする事実か?
中国が海南島にミサイル配備、米軍けん制か 産経ニュース

任国強:我々は関連報道に留意している。中国が海南島で武器を配備することは完全に中国の主権の範囲内のことだ。いわゆる「飛行禁止区域」に関して、完全に日本の某メディアの憶測ででっち上げだ、何もないところからでっち上げるスケールの大きさに私は非常に驚かされた。

記者:アメリカ「ニューヨークタイムズ」は20日、2010年から中国はアメリカのCIAの中国スパイ網を潰したと報道した。日本のメディアは22日、6名の日本男性が中国でスパイ活動に従事して勾留されたと報道した。お聞きするこれについてどう評するか?
中国、CIA諜報活動を破壊=情報提供者を殺害・収監―米紙 YAHOO!

任国強:あなたが提起した質問に関して、我が外交部の同僚が回答した、あなたに主管部門に尋ねるよう勧める。中国の法律によって、およそ中国の国家の安全に危害を及ぼす行為はすべて法に依って処罰される。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)