北部豪雨災害対策本部を蔡英文総統が視察

台湾では1日から豪雨が続き死者が2名となっている。新北市「三芝区の2日午前0時から3日午後4時20分までの降水量は656.5ミリに」なった。
台湾の豪雨 死者2人、行方不明1人 引き続き大雨に警戒 中央社
蔡英文総統は今日午後桃園市の第三作戦区(北部)災害対策センターを視察した。
総統府新聞稿から


総統が第三作戦区(北部)災害対策本部を視察
公布日期  中華民國106年06月03日

続けて豪雨が台湾を襲っていることに対応して、蔡英文総統は今日(3日)午後馮世寬国防部長同伴で、桃園に行き第三作戦区(北部)災害対策本部を視察し、国軍がはじめに地方政府を助け災害防除と救助、避難任務を遂行したことを賞賛し、また政府は更に危機感を持って随時洪水対策をし旱魃への準備作業をする、そうしてこそ国民の生命財産安全を保障できると言った。

総統は到着後まず「災害状況」、「作戦区防災編成チーム」と「災害救助執行概況」の概略を聴取し、また台北防災区とテレビ連絡をし、台北地域災害状況と災害救助の様子を理解した。

総統は挨拶で表明した、「昨日早朝から台湾各地は次々と大豪雨が発生し、超大豪雨という状況だ。気象局の予報情報を通して、中央と地方政府は緊密に連携し全力で災害状況を掌握し急いで対応する」

「国軍がはじめに人員装備の配置を完成させたことは非常に良かった、特に土石流と冠水地区にはじめに予め兵力を配置し、十分に地方政府を助け、災害防止救助避難を行ったことが良かった」

「とりわけ国軍第三作戦区の部隊も速やかに防災救助作業に投入され、基隆、新北と台北市の被災地区を助け、災害復旧作業を展開した。第三作戦区の部隊だけでなく、国軍全体も全力で災害に対応した。災害が発生したところに、国軍も行き、国軍を見れば、国民は安心する。私は全ての防災救助の支援をする国軍の兄弟姉妹に感謝する」

「今回の雨の勢いは本当に大きい、特に今日の雨の勢いは中南部と山間部に集中している、みなさんは絶対に気を抜くことはできない。私は特にいくつかの事項を提起し、全ての政府部門は全力で実行するように。第一、部隊は引き続き動員能力を確保し、災害救助に対応して、随時防災救助作業に投入する。第二、行政院各部会と地方政府は連携を保持し、十分に協力し、最大の能力で、災害救助、避難、応急修理、負傷者の救助等の作業を行い、また連絡を保持し、引き続き対外に説明し、社会大衆が災害情報を速やかに知ることができるようにする。第三、政府各単位は資源を統合し、災害後の復旧作業の準備作業をする。その中で、農委会は特に野菜価格の変化に注意する。このほか被災者を助ける救助関連と災害後の救済に対して予め点検しておく。政府の準備が十分であれば、人民も安心できる」

最後に総統は指摘した、「現在台湾は気候変動の挑戦に直面している、暴風雨の頻度が上がっている、水害発生の確率も上がっている。」「私達は更に強い危機意識で、洪水、旱害等の作業について、随時準備をする、そうしてこそ国民の生命財産安全を保障できる」
showImage3.jpg
写真は新聞稿から



その他
2男扮解放軍跪「日少女」 中媒、網友崩潰痛罵 自由時報
今年2月あった広州のアニメ博で日本のアニメキャラクター風の少女に中国の解放軍の制服を来た二人が跪いている写真が、中国で現在流れて非難を浴びている。
600_phpoHbkbK.jpg
写真は自由時報の記事から、ネットから採ったとある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)