2017年6月6日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(日本が一帯一路に参加か)

2017年6月6日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(日本が一帯一路に参加か)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1468189.shtml 中国外交部


問:昨日、日本の安倍晋三首相は東京で開催された国際会議で、「一帯一路」構想において中国側と協力を展開したいと表明した。中国側はこれに対して何か論評は有るか? 第二、日本側は来年中日首脳相互訪問の実現を希望している。中国側はこれに対してどう応える?
「一帯一路」、協力できるところは協力していく=菅官房長官 ロイター
米中、経済で一転接近 牛肉輸入や「一帯一路」協力(5/13) 日経電子版

答:第一の質問に関して、我々は安倍首相の態度表明に関して留意している。「一帯一路」建設過程の中で、中国側は沿線の国家と一緒に、公正、合理、透明の国際経済貿易投資規則体系の構築に終始努力してきた。またまさしくこの精神に基づき、中国は多くの国家と「一帯一路」実務協力協定を成立させ、全方位で多くの分野での協力計画と具体的プロジェクトを展開している。

「一帯一路」は重要な国際公共財で、開放包容の発展プラットホームであり、日本を含む世界各国にとってプラスになる。「一帯一路」建設推進の過程の中では、全ての参加国は皆平等な参加者、貢献者、受益者だ。我々は、「一帯一路」構想は中日両国が実現する互恵協力、共同で発展する新・プラットフォーム、「テスト地(原文は“试验田”)*」となることができると考えており、日本側が中国側と「一帯一路」建設枠組みの中で協力を検討するのを歓迎する。我々はまた日本側が両国関係の改善を希望する態度表明或いは願望を政策と行動の上で本当に実行できるよう希望する。
*)安倍首相、一帯一路協力表明――中国、高笑い YAHOO!
の記事によると「試験田」という言葉に差別的意味を込めて、日本を揶揄しているらしい。記事が本当ならこういう表現を考えて暗に非難する中国人(担当者)に失笑してしまう。。

第二の質問に関して、中国側は中日関係を発展させる事を重視し願う態度と立場は一貫している。我々は日本側の関連態度表明に留意している。日本側が中国との関係改善を希望する願いと態度表明を本当に政策と行動の中で実行に移すことができ、中日の四つの政治文書と四つの原則的共通認識を厳守し、関連問題を適切に処理し、中国側と一緒に中日関係が健全安定した発展の軌道に戻るよう努力推進できるよう希望する。

問:報道によると、ある人が、中国の地域での覇権主義的な行動の衝撃緩和の役割をアメリカに引き続き依頼できないのではと心配し、オーストラリア、日本、インド、ベトナム等の国がある種の非公式な同盟成立を模索する可能性が有る、が同時に中国を刺激しないように用心していると言った。中国側はこれに対してどう論評するか?
Unsure of U.S., Asia builds new alliances to counter China reuters

答:私は関連報道を見て、関連報道の真実性を疑っている。もし報道が不幸にも真実なら、グローバル化の発展が深まっている今日、冷戦思考をまだ徹底根絶できず、少数の人が依然としてゼロサム思考で国家間の関係を取り扱い処理しようとしていると再度言うほかない。

我々は共同、総合、協力、持続可能な安全観を樹立し、ウィン・ウィンの提携関係を核心とする新型国際関係の構築を主張する。我々は、いかなる形式の対抗、同盟結成、阻止も出口はなく、対話、協力、ウインウインこそが正しい道だと考える。関係国家が中国の発展を正しく取り扱うよう希望する。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)