柯文哲澎湖の海軍基地を慰問

台北市の新聞稿から


海軍西嶼レーダー基地を訪問 柯文哲:台湾の民主自由、多元開放の生活は国軍の兄弟姉妹達の支えに頼っている
發布機關:臺北市政府秘書處
發布科室:媒體事務組
發布日期:2017/9/9

台北市長柯文哲は9日澎湖軍慰問日程を進め、午前まず海軍西嶼レーダー基地に到着、指揮官呉賢仁中佐と兵隊の全体の熱い歓迎を受けた。柯文哲曰く、
「レーダー基地作業の苦労は救急重症患者の医者にとって特に理解できる、だから私は国民が民主自由、多元開放を享受できるのは昼夜を分かたず、年中無休の国軍の苦労が支えていると覚えていて欲しい」

「このレーダー基地は海峡の中間の最も重要なレーダー基地だ、台湾西南部海域の監視に責任を負っている。特に最近対岸の飛行機、軍艦が絶えず台湾周辺を周回している、それゆえ監視の任務は重要だ」

「レーダー基地はICUの監視機械に似ている、随時病人の血圧、心拍、呼吸を監視し問題があれば警告を出す、そして監視機械の特徴が、年中無休で止まってはいけない、レーダー基地と同様年中無休で作業している。苦労の程度は救急重症患者を診る医者だったわたしには、特に理解できる」

「今回の台北市政府は特に中秋前澎湖の軍慰問を行った。国民に憶えておいて欲しいのは、国家の一群の人が昼夜を分かたず祭日もなく仕事をし続ける、そして台湾が大切にしている民主自由、多元開放の価値、これらは全て国軍の兄弟たちが不眠不休で支えている、そうすることではじめて後方の民衆は民主自由、多元開放の安心した生活を享受できるのだ。それゆえ私はここで後方の台湾人民を代表して、全ての前線の国軍兄弟姉妹達に感謝の意を表し、また皆さんと中秋節を祝いたい」(原文は柯文哲表示,這次臺北市政府特別在中秋佳節前夕來澎湖勞軍,是希望國人要記住,國家有一批人是日夜不分、沒有佳節可過的繼持續工作著,而臺灣所珍惜的民主自由、多元開放的價值,都是靠國軍弟兄們不眠不休地撐起來的,才能讓在後方的民眾可以享受民主自由、多元開放、安居樂業的生活。所以他在此代表在後方的臺灣人民,向所有在前線的國軍弟兄姊妹們表達感謝之意,並祝大家中秋佳節愉快。)

(以下メディアとのインタビューは略)


赴澎湖參加敬軍柯文哲興奮拜訪海軍艦https://www.youtube.com/watch?v=7UnoPQuNJ8w


柯文哲市長のFacebookでは徴兵で澎湖に来ている台北市民を慰問に来たとある。澎湖は彼の妻の出身地だが妻の両親が台北に同居のため来てから二十数年来ていないと書いている。

同仁大啖澎湖海鮮 只能吃素的柯P神回... 自由時報
澎湖の名物は海鮮料理だが市長は現在宗教の関係で精進中で食べなかった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)