2017年9月20日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(トランプ大統領が北朝鮮の日本人拉致を語る)その他

2017年9月20日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(トランプ大統領が北朝鮮の日本人拉致を語る)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1494927.shtml 中国外交部


問:アメリカのトランプ大統領は国連演説で日本人拉致問題を語った。中国側はこれについてどう論評するか?

答:昨日私は話した、9・19共同声明は関係各国が相互尊重の基礎の上に成立させた共通認識であり、各国の懸念にバランスよく配慮している。声明の中には今あなたが気に懸けていた問題も含まれている、私はあなたのためにもう一度読んであげよう。「朝鮮側及び日本側は、『日朝平壌宣言』に従って、不幸な過去を清算し懸案事項を解決することを基礎として、国交を正常化するための措置をとることを約束した」



科技部啟動「年輕學者養成計畫」 大膽創新、無畏啟航 中華民国科技部新聞
台湾の科学技術部の若い科学者養成計画

國際專家學者齊聚 內政部「臺灣濕地種子營」開放網路報名中 中華民国内政部新聞
台湾内政部の湿地環境教育及び人材養成講座参加者募集

內政部:去年國人平均壽命達80歲 内政部新聞
台湾の平均寿命が80歳になった。内政部新聞に掲載してあったわかりやすい図表3枚。
news_content_11864.jpg

news_content_11868.jpg

news_content_11871.jpg

張花冠曾和陳明文大吵一架 連小英都看傻了眼 自由時報
幕後》張花冠怒告陳明文 其實之前已對罵,連蔡英文都傻眼 風傳媒
民進党の張花冠嘉義県知事が同じく民進党の前の嘉義県知事で現在国会議員の陳明文氏をセクハラで訴えるという。直接の原因は13日晚に開催された嘉義県民雄大士爺文化祭昇天儀式で陳明文氏が知事の首に手を回し嫌がっているのに強い力で引き寄せ歩く間ずっと耳元で脅すように話しかけたからだ。知事が嫌がっているのはわかっていたはずだと言っている。知事でさえ女性というだけで被害に遭うため、台湾の女性のために訴えるという。上の記事では遠因として13日の午前の民進党中執会の話がでている。陳氏が頼清徳首相が入ってきた時、嘉義県に補助金等の予算をつける時は自分に言ってくれ、知事はいつも地方の立場で話すにいるので、自分が遮ると言って知事がそんな話は聞いていないと言って「嘉義県に補助金等の予算をつける時は自分に言ってくれ、張花冠嘉義県知事は地方で、嘉義県の議員はいつも嘉義県への補助金を邪魔して止めていると言っているからだ、自分に知らせてもらえれば、本当に邪魔することもできるからな」、と言ったこれに対して知事が「自分はそんなことは言っていない」と反論すると、「言っていない? 蔡易余はあんたが言ったと言っている」というと知事がまた反論した。すると陳氏は「公開の席で言っている、自分の言葉に責任を持て」言って、みんなの前で口論となり、蔡英文総統等みんなを唖然とさせたという。また二人は別々の人間を次回の嘉義県知事選挙の候補者として推していた。
攬牢牢講幹話 小文恐嚇小花 中国時報電子報
の21日の記事によると、陳氏は知事の首に手を回し、自分の進行中の賄賂等の容疑の裁判が二審で無罪になったら、気をつけろよ、言うことを聞かない人間がいるから等と言って脅したという、この辺からはどこまで本当かわからない話になってきている。
陳明文妻曾為張花冠下跪 40年老戰友翻臉內幕... 自由時報
同じく21日の記事では、二人はもともと仲は良かったが、去年の総統選挙後、張知事が二期以上は知事をできないため、合併によって、知事を目指そうとしたが、陳氏が合併に反対してから二人が反目し始めたと言う。

saieibunn6.png
画像は下のyoutubeの民視新聞のニュース映像から
 
被陳明文強搭肩 張花冠:不舒服擬提告-民視新聞https://www.youtube.com/watch?v=dC6zM_bd93g
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)