2017年9月22日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(共同通信社の「非常に具体的な」質問への回答)

2017年9月22日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(共同通信社の具体的な質問への回答)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1495923.shtml 中国外交部


問:アメリカ政府が新しい対朝鮮への独自制裁を宣言した。あなたはこれに対してどう応える?
トランプ米大統領、北朝鮮と取引の個人・企業標的にした追加制裁を発表 BBC

答:あなたが指摘したのはトランプ大統領が昨日署名した大統領令と理解していいのか? (記者頷く)もしそうなら、私はあなたが中国側の立場を理解していると信じる。中国側はこれまで国連安保理の枠外の独自制裁の実施に反対してきた、この立場は明確で一貫している。

問:アメリカのトランプ大統領は昨日ニューヨークで、中国中央銀行は通知を出して、すべての銀行に朝鮮のために新しい口座を開設しないよう要求したと表明した。こレは中国側が朝鮮に対して制裁を開始したことを意味するのか? 具体的状況を紹介できるか?

答:私が知っているところでは、あなたが言った状況と事実は合致しない。原則として、中国側は国連安保理の決議を一貫して全面的厳格に執行し、我々自身の国際的義務を果たす。

問:今言った対朝鮮への金融制裁の問題に関して、あなた今事実と合致しないと言った。現在各種の報道で多く出ている、あなたはどこを指して事実と合致しないと言っているのか?

答:確かに、最近朝鮮半島情勢に関する各種各様の言論がある。今日本の共同通信社が提起した質問は非常に具体的だった、私の回答も非常に具体的だった。

問:ある報道では、中国人民銀行は既に中国の銀行に朝鮮との業務往来を切断するよう要求する指示を下したと言っている。事実か?

答:今、共同通信記者が既に同様の質問をした。私が把握しているところでは、あなたが言った状況は事実と合致しない。

問:あなたがさっき言った意味は、トランプ大統領が昨日言った話は事実と合致しないということか?

答:私は再度あなたに説明しよう。第一、私が知る限り、あなたが今言った状況は事実と合致しない。第二、全ての国連安保理の朝鮮核問題に関する制裁決議について、中国側はこれまで厳格、確実に執行してきている。



新聞稿1060923培育現代氣象小孔明─氣象小博士學習營 台北市新聞稿

視察小南門區民活動中心共餐據點 柯文哲: 建立制度需要時間 現階段先發展各據點的特色 台北新聞稿
柯文哲節の中から抜粋


柯文哲は話した、最近の彼の悟りはもし一日でも我々が誰かの死ぬ時を凝視できたら、初めて人生とは何かを振り向いて見ることができるというものだ、というのは人は終には死ぬ、しかしだからこそ死は人生の目的ではないんだ、人生の過程にこそ命を追い求める価値がある、ある日この道理を悟る、俗世の成功失敗は彼が見るに、そんなに執着する必要はない、彼が常に言っているのは真剣に毎日を過ごす、もし可能なら楽しく過ごす、更に可能なら周りの人を楽しく幸せにする。



遲來的愛-白色恐怖時期政治受難者遺書巡迴屏東展出 文化部新聞稿
白色テロの時代の被害者の遺書巡回展の抜粋、


高雄海洋科技大学黄春蘭教授は語る、父親の黄温恭は高雄市の路竹区の人、早年日本の歯科専門学校を卒業して、路竹区で初めての歯科医師になった、しかし二二八事件の時、国民党政府の虐殺鎮圧を目撃したため、反対運動に入る決心をした。民国41年「中共臺灣省工作委員會燕巢支部案」容疑で告発逮捕され、15年の判決、しかし蒋介石は死刑に変えさせた、彼は民国42年5月19日銃殺前の夜妻と娘に遺書を書いた、民国100年になってやっと彼女の下に届いた。彼女は希望する、今回の展覧活動を通して青年学生に白色テロの時代の歴史及び遺書の価値を理解して欲しいと。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)