2017年9月25日中国外交部記者会見−日本関連抜粋(韓国の日本批判に乗じる、日本の選挙で反安倍側の応援、パンダでイメージアップ)

2017年9月25日中国外交部記者会見−日本関連部分の抜粋(韓国の日本批判に乗じる、日本の選挙で反安倍側の応援、パンダでイメージアップ)
http://www.fmprc.gov.cn/web/fyrbt_673021/t1496591.shtml 中国外交部


問:韓国の聯合通信によると、この前或る日本のメディアが、トランプ大統領が韓日首脳と三者会談をした時、韓国が国連総会期間中朝鮮に800万ドルの人道支援を提供することに対して、強い不満を表明したと報道したことに対して、韓国青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は22日、トランプ大統領は当時韓国の朝鮮に対する人道援助についていかなるマイナスな反応も示しはしなかった、日本のメディアの上述の報道はまったく事実ではないと表明した。彼はまた日本のメディアが匿名の日本政府筋の話を引用して韓米日首脳会談に対して悪意で事実でない報道をしたことについて遺憾の意を表明し、日本の上述のやり方は韓日関係にマイナスの影響をもたらす可能性が有ると言った。中国側はこれについて何か論評は有るか?
トランプ氏が対北人道支援に怒った? 日本報道に「遺憾」=韓国 YAHOO!
中国「日本はアメリカに戦争をさせたがっている」 韓国に伝達 The Huffington Post Japan

答:我々は、この報道以外にも、日本の首脳が確かに韓国側の朝鮮への人道援助提供に対して違う考えを表明したことに留意している。韓国が朝鮮に対して人道援助を提供する問題に関して、私は先週既に中国側の立場を表明した。朝鮮と韓国は同じく一つの民族に属する、中国側は朝韓双方が接触交流を強化し、相互信頼を増進し、和解協力を推進し、関係を改善することを、一貫して支持してきた。韓国側の朝鮮に対する人道援助というやり方が半島の北南双方の関係改善に役立ち、半島情勢を緩和させるのに役立つよう希望する。

問:報道によると、日本の安倍晋三首相は今日、28日に衆議院を解散する予定だと宣言した、なぜなら彼は憲法第九条を改正し、自衛隊をその中に書き入れると主張しているからだ、これは総選挙の重要な議題の一つになるだろう。中国側はこれについて何か論評は有るか?

答:総選挙を行うことそれ自体は日本の内政であり、我々は他国の内政に論評しないことで一貫している。しかし、あなたが今言及した具体的な質問に関しては、歴史的原因に由って、日本の軍事安全保障分野の動向、特に平和憲法を厳守できるかどうかの問題に関する動向は、いかなるものであってもアジア国家を含む国際社会が強い関心を持ち続けてきたのだ。我々は、日本国内でもこれに対して注視し続けていることに留意している。それゆえ、我々は日本側が実際の行動でアジアの国家を含む国際社会に信頼され、平和的発展の道を歩むことをぜひとも堅持するよう希望する。

問:今年六月、日本東京の上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃんの名前が「香香」に決定した。園側は中国側はこの命名を高く評価していると言った、あなたはこの名前についてどう評価する?

答:我々は既に何度も話してきた、パンダは中国の国宝であり、また中国と多くの国家人民の間の友好の重要な使者だ。我々はパンダが引き続きこのような働きを発揮するのを歓迎する。



烏龜生病要開刀怎麼辦?跟著獸醫師看診找答案
台北市の新聞稿、クサガメの手術の仕方を訳したかったが時間がなく無理だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)