台北市警察バイクによるひったくりを車上カメラから検挙

台北市の新聞稿から


バイク事故がバイクによるひったくり事件に変わる、鷹の目の警官に敵わず
發布機關:臺北市政府警察局中正第二分局
發布科室:南昌街派出所
發布日期:2017/10/2
聯絡人:所長 魏子淘

中正第二分局管内の重慶南路、和平西交差点で本日(2日)11時50分頃バイクによるひったくり事件が発生した。蕭姓のバイクに乗った女性がバックを左肩に斜めに背負っていた、左後方のバイクに乗りにひったくられたが、容疑者も自分の重心を失い左側のバスに接触、重力に引っ張られ双方は共に転倒怪我をした、事故後容疑者は自分から119番に事故で怪我をしたと通報した。救急車は双方を和平病院に送り包帯を播いて治療し、中正第二分局はすぐに警官を派遣して処理をした。警官はバスのドライブレコーダーを精査した時、目敏く容疑者がひったくりをして重心を失い事故を起こす様子を発見した。すぐに容疑者を逮捕し、強盗容疑で送検した。

警察側の調査によると、張容疑者はバイクに乗って重慶南路三段から北方向に行き、無防備なバイクに乗った女性について行き、手を伸ばして背中左側のバックをひったくった、しかし予想外にその左側に進行中のバスがあり、ひったくった勢いでバランスを失い、バスにぶつかり倒れ怪我をした。張容疑者は誰も気づいていないと思い、警察を騙してただの交通事故にしようと企んだ。あにはからんや事故処理の警官が細心であり、すぐにバスのドライブレコーダーを調査し真相を暴いてしまった。「天網恢恢疎にして漏らさず」の言葉通り、女性ライダーのため不正を見ぬき正義を保った。

中正二分局は表明する、現場で処理した警官の機転、プロ意識、積極的細心な監視カメラ等の調査、事件をはっきりさせ、鷹の目とも言え、無事に容疑者を送検できた、民衆への奉仕の精神は賛嘆に値する、表彰する予定だ。

中正二分局は民衆に呼びかける、バイクに乗る時はバックは荷物入れに入れ、離れる時は身につけ、強盗窃盗の被害を減らし、財産生命の安全を確保し余計な心配をしなくていいようにしましょう。


もうひとつの新聞稿から


(酔っ払った)男子が愛のため死にたがったが、警官はすぐに慰め家に帰した
發布機關:臺北市政府警察局松山分局
發布科室:松山分局行政組
發布日期:2017/10/2

臺北市政府警察局松山分局三民所の警官白曉帆と許又文は9月22日0時から3時巡回をしていた時、管内の新東街9巷口で一人の若者が朦朧として歩いているのを見た、落ち込んだ様子で、気になり職務質問をした。

「とてもつらい、女友達と喧嘩した」 この男子は全身酒臭く、大声で泣き喚き警官に「いっそ死んでしまいたい」と訴えた。このように落ち込んだ様子の話を聞き、警官はすぐに男子を道端に寄せて、辛抱強く慰めてい言った「人生は思い通りにならないことだらけだよ」 男子は警官の肩に持たれて泣き続けた、「けど私が思うにあなたの女友達はまだあなたのことを思っているんじゃないのかな」 男子は警官の話を聞き、ようやく落ち着き、警官は男を連れて行き三民所で休ませた。

三民所で男は自分の女友達と母親が焦って捜索願を出していたのを見て、複雑な様子で、感動し後悔し、(以下略)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)