台湾漫画の資料を急いで保護する

中華民国文化部の新聞から
3cad322e-4dfb-4fe2-b2b0-176c46ba0657.jpg


漫画資料の応急措置、鄭麗君部長が交通大学漫画館の蔵書を参観
2017-10-20
阿三哥と大嬸婆諸葛四郎と呂四娘等の漫画キャラクターは多くの三、四年生の子供時代の思い出だ、文化部長鄭麗君は今日(20日)交通大学を訪れ、浩然図書館の三人の客家系の葉宏甲、劉興欽、陳定国の作品原稿のデジタル化の成果を参観した。同時に鄭部長は交通大学客家学院と人文社会センターが葉宏甲の漫画「大戦魔鬼党」を主題とし、諸葛四郎をゲームの主役として製作したVRアクションゲームを体験した。

鄭部長は漫画館の所蔵品をながめた後語った、「我が国の早期の漫画作品は整理と研究を欠いている、作品の多くは民間で所蔵されている。そして漫画史料は庶民の生活の最も身近な文化記憶を支えている。漫画資料の保存は緊急性があり、どう積極的系統的に保存し、更に文化資料の保存利用を達成するかということは文化部の一刻の猶予も許されない任務だ」

部長は同時に交通大学の漫画図書と資料を保存する努力に感謝し、更に新科学技術で文化記憶を新しい閲覧相互交流方式に転化したことを評価した。そして文化部は台中市政府と協力し、水湳智慧城で国家漫画博物館を作り、109年に落成する予定だ。当博物館は徴収、保存、展示等の伝統的博物館の任務を果たすだけでなく、更に文化科学技術の応用を結合させ、デジタル保存、デジタル内容体験を具え、漫画文物の新しい効用を加え運用する。これによって文化部は将来交通大学と密接に交流し、交通大学が引き続き進めるその他の漫画家の原稿と漫画館蔵品のデジタル化を全力で支える。文化部はハード面の他にも、ソフト面から先行させ、10月から一連のまんが文物徴収作業を展開し、記憶の伝承から始め、台湾の歴史文化記憶の深化を追求し、台湾マンガ史を再建し、更に進めて漫画を領域横断発展の鍵となるメディアとし、文化産業に付加価値を加え加速させる役割の力とし、無限の可能性を切り開く。


その他
壽喜燒暖心老闆圓夢 癌末弟「安詳靜靜睡著」離世 蘋果日報

台湾高中生大学第一志愿:北京大学取代台湾大学 環球網
http://taiwan.huanqiu.com/article/2017-10/11333381.html
中国の環球網では台湾関連の記事の連日の見出しが、中国の経済発展によって台湾人が中国に引き寄せられ、みんな中国人になりたがっているという雰囲気の見出しのオンパレードになっている。その記事の中では必ずと言っていいいほど、台湾の国民党寄り、中国寄りのメディアの記事を引用している。連携でもしているのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)