台湾の人工知能シンポジウム

中華民国科技部の新聞から


科技部とNVIDIAが手を携えAIイノベーション生態圏を作る
前瞻及應用科技司 聯絡人:林珈伶博士

科技部と国際人工知能メーカーNVIDIAが手を携える、今日(26日)共同で人工知能シンポジウムを開催し、600人を超える台湾のAI分野の先端研究者と満を持して待っていた産業新創団体を集め、産、学、専門分野の交流を通して、火花を散らし、台湾のAI研究分野のため新しい洞察とイノベーションの機会をもたらす。シンポジウムは台北寒舍艾美酒店で開催され、午前NVIDIAの黃仁勳総裁の講演で開幕し、午後科技部陳良基部長と黃仁勳総裁が対談を行い、科技部の提出した「AI科研戦略」の計画のもとで、どう台湾の分厚い情報産業分野の優位性を発揮し、ソフトハードバーチャルリアルの分野を横断し総合する人材を養成し、NVIDIAがリードする勢いの高性能計算市場への手配を参考にして、人工知能イノベーション生態を構築し、学術研究と産業イノベーションを整合することで、更に進んで台湾にAI分野で一定の位置を占めさせるよう話し合った。シンポジウムには国内の台湾の人工知能分野の重要人物李琳山教授とNVIDIAのAI実験室責任者徐宏民教授等を含む著名な学者を招き、研究成果を共有し、参加者に人工知能分野の中の最新の概念を提供する。

黃執行長と陳部長の対談では、台湾はAIを発展させる絶好の機会を有しているとの認識で一致した
台湾に国際AI産業Value Chainの中で鍵となる役割を果たさせるために、陳部長は特に科技部AI科研戦略を説明し、5大策略を通して人材、技術、場所、産業構築から作られるAIイノベーション新生態圏を構築し、また世界の産学研究のエネルギーを連結し分野を横断した科学技術の人材を養成招致する。
(以下略)



その他
巴斯:習近平將中國經濟基礎建立在沙地上 自由時報
要約をしようとしたら日本語の記事があった。
習氏の無謀な政策を歴史は記憶するだろう-ヘッジファンド運用バス氏 Bloomberg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)