中華民国106年10月税関輸出入貿易統計速報

中華民国106年10月税関輸出入貿易統計速報.。中華民国財政部統計処の新聞稿から


106年10月税関輸出入貿易統計速報
発布日期 106年11月7日
発布單位: 財政部統計処
連絡人  統計処 梁冠璇 科長

一、輸出:
10月輸出275.4億米ドル、歴年同月で最も良い、先月比4.7%減;基準時期の高さの影響を受けて、前年同月比の増加幅は3.0%に下がった;1月から10月までの輸出累計2,590.2億米ドル、前年同期比13.0%増。

輸出金額と年増率
輸出入

主要国家に対する輸出(美国はアメリカ、東協はASEAN)
輸出入2

二、輸入:
10月輸入223.4億米ドル、先月比0.6%増、前年同月比0.1%増;1月から10月までの輸入累計2,132.1億米ドル、前年同期比13.0%増。

輸入金額と年増率
輸出入1

主要国家からの輸入
輸出入3

2017年主要国家/地区の輸出入の年増率(出口は輸出、進口は輸入)
輸出入4
図表は添付の新聞稿PDFから

新聞稿pdfの総合分析から
一、世界の景気の安定した成長と各電子最終製品の最盛期の牽引効果の恩恵を受けて、10月の輸出は275.4億ドル、歴年同月最高となった、ただ去年の9月の台風来襲による製品出荷の繰り延べで基準月の数字が高くなっていたため、前年同月比は僅(わず)か3.0%の増加で最近13ヶ月の中で最小の増加幅だった。輸入も同じく基準値の影響を受けて、0.1%の成長幅だった。1月から10月の累計輸出入は前年同期比共に13.0%増。

二、10月の主要製品の輸出には増加したものと減少したものがあった、その中の機械は海外投資の好転と業務自動化(Automation Intelligence)の趨勢に連れて、年増16.0%で最もよく、電子部品の出荷が増えて年増10.6%でこれに次ぐ、両者の輸出規模はそれぞれ一ヶ月の歴年記録と比較して5番目と2番目だ、10月までの累計は共に歴年同期最高。プラスチック製品、卑金属とその製品の輸出は原油価格、鉄鋼価格の上昇に連れて増加幅もまた全体の平均水準よりも良い。鉱物製品は基準時期の影響を受けて下げ幅が2割を超えた。

三、10月の主要輸出市場の中で、中国大陸と香港の規模は119.2億ドル、一ヶ月の記録の中では二番目、年増4.9%だった。対欧州、ASEAN、アメリカは各増7.1%、3.1%、0.6%、どれも連続13ヶ月プラス成長だ。1月から10月までの累計は日本に対する以外は、その増加幅は約一割或いはそれ以上、アジア地域全体に対する輸出は年増14.5%、、占有率は72%に達し新記録だ。

四、今年の国際経済の回復ペースは加速し、モバイルデバイスのイノベーションとグレードアップ効果とIoT、車載用電子部品、人工知能、スパコン等の新興のビジネスチャンスが引き続き好調で、加えて中国大陸と欧米の年末の買い物シーズンの最盛期がやって来る、みな我が国の輸出の勢いを支えるのに有利であり、一年全体の輸出入は極めて高い成長パターンを示し、また両方とも最近6年で最大の増加速度になるのが期待できる(原文は全年進、出口可望呈現中間偏高成長格局,並雙雙創下近 6 年最大增速。)。


下次發布日期: 106年12月8日下午4時
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)