台湾妖怪列表のwikipediaから陳守娘

台湾の昔話を探していたら台灣妖怪列表というwikipediaを見つけた。妖怪がいろいろ出てくるが、その中から比較的短そうな陳守娘というのを記事にしてみる。妖怪というよりは幽霊或いは怨霊と言ったほうが良いかもしれない。
まず概略


陳守娘は清朝道光年代の時の臺灣府城臺灣縣經廳口(今日の台南市北門路一段51巷附近)の人で地元の農民林壽の妻で台湾の著名な恨みを飲んで死んだ烈婦。陳守娘が惨死して祟った事件は、「林投姐」、「呂祖廟燒金」と合わせて「清代府城三大奇案」と呼ばれる。台北の伝説「周成過臺灣」を加えれば「清代臺灣四大奇案」と呼ばれ、更に1950年代発生の「瘋女十八年」を加えれば「臺灣五大奇案」と呼ばれる。



物語のあらすじは


陳守娘の夫林壽の死後、守娘は節を貫き再婚しなかった。しかし夫の妹は若く美貌だったが売春に従事していた。県の食客がその家に客として来て守娘を見かけた。食客は守娘の美しさに心を動かされ、陳守娘の義理の母と亡き夫の妹を金で籠絡し、守娘を抱かせるよう要求した。義母と妹は欲に目が眩み、守娘に売春を強要する、しかし守娘肯んぜず、そこで義母と妹は守娘を縛り上げリンチを加え最後に鋭利な凶器で下半身(陰部)を刺して殺した。

台湾の葬送で陳守娘の弟がやってきて納棺をしたが、その時守娘の凄惨な状態を見て謀殺を確信し、事が露見する。地元の人は守娘を昭忠祠後山仔尾(今の台南市中西区南門路117号附近)に葬り、憤ってお上に訴える。しかし県令は食客をかばいもみ消そうとする。それが民衆の憤激を呼び、石を投げて県令の輿を襲う、県令は慌てて逃走する。ことは大事となり、守娘の義母と妹は死刑となり(一説では祟り殺された)、食客は中国へ逃げ帰る。


以後は要約すると
その後、食客は惨死した。しかし、台湾府城(台南市)では夜中になると犬や鶏が鳴き続けた、また商いで貰った紙幣が紙銭に変わったり、役所では物が飛び、変事凶事が続き守娘のたたりということになった。みんなでお祈りお祓いし、果ては役所が恐れて改葬したりした。最後観音様にお祈りしてやっと納まった。今も臺南孔廟には陳守娘の牌位があり、欽褒節烈邑民人林壽妻陳守娘神位と書いてある。
[分享] 台灣鄉野小故事...最強女鬼傳說 批踢踢實業坊
台灣五大奇案-台灣最強女鬼傳說《陳守娘》

その他のニュース
台北跟高雄比? 柯文哲:要比阿姆斯特丹、大阪 自由時報
舉債戰火延燒 花媽嗆柯文哲「飽漢不知餓漢饑」自由時報
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)