台北市政府廉政委員会

台北市政府廉政(清潔な政治)委員会が29日初めて開かれた台北市長柯文哲氏が委員長でメンバーは21名。市政府の人間は7名、市政府外が14名、14名の中の6人は選抜で選ばれた。選び方は自分でネットを通して300人あまりが申し込み指定された3個の審査で50人余りに絞られ最後に市長室の会議で投票によって6人が選ばれた。14名の中には元中華民国総統の李登輝氏の次女李安妮氏も含まれている。

柯文哲市長は言った、過去の廉政透明委員会は市政府の委員が外部招聘の委員より多かった。そのため大部分の案件が一面的な見方しかされてこなかった。今回の最大の改変は外部招聘委員が市政府内部の人間の倍になったことだ。廉政透明委員会で最重要なのは市政府チームの腐敗を予防し治療をするという問題だその後に不法行為を検査するという問題が重要になる。廉政透明委員会の将来の任務は7項目ある、不正の検挙はその中の一部だ、更に重要なのは全体の廉政法令研修、規格審議或いは重大な購入工程の評価に関すること、そして最も大事なのが市政府全体に透明廉政メカニズムを打ち立てることだ。

五大案件、遠雄(グループの)大巨蛋(ビッグエッグ建設)、新店機廠連開案(即美河市案)、双子星(摩天楼建設)案、松山文創園区案、三創資訊園区案は優先して調查する予定。担当はくじ引きで3,4人が担当する。柯文哲市長は会の中で過去の機密文献でも、国家安全に関わるもの以外は全て機密解除して、廉政委員会の委員に閲覧調査の権限を与えるとした。また委員の同意があればネット上に公開もできるとして、三ヶ月以内の四月頃をめどに結論を出すようにと言った。

この五大案件の調査は全て以前の国民党市政時代の不正な官民癒着を点検するものになる。当然既成勢力に絡んだ人々の反発が出てくる。23日市長室主任蔡壁如氏がインタビューを受けていた時電話を取ると「柯文哲は有る事無い事しゃべりすぎる。殺すぞ(要把他斃了)」と脅迫電話を受けたと市政府は28日認めた。警察は電話をかけてきた人間の特定作業と柯文哲市長の警備の強化をしている。メデイアの中には過去に不自然な死をした人の報道をするところもある。
接到恐嚇殺死柯文哲電話? 市府證實 EToday
幕僚證實 恐嚇電話「把柯斃了」 蘋果日報
劉文雄(Liu Wen Hsiung)元親民党立法委員(国会議員)イスラム教徒








北市廉政透明委員會 先查5大案 風傳媒
北市 廉委會成軍 查5大案 蘋果日報
廉政委員會成軍 柯拍板查5大案 聯合報
廉政會首次會議 柯P:重點是建立透明機制 newtalk
北市廉政委會開張 查5大案 YAHOO!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title
貴重な資料をありがとう
  • 2015-04-17│15:13 |
  • URL│
  • [edit]
Re: No title
> 貴重な資料をありがとう
ありがとうございます。浅学非才の拙訳です、煮るなり焼くなり好きにして自分のために役立ててもらったら幸いこれに過ぐるものはありません。
  • 2015-04-17│19:17 |
  • suiyuetui URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)