蔡英文主席、林義雄元民進党主席の発言に応える

23日の民進党の新聞稿で元民進党主席の林義雄氏の発言に蔡英文主席が応えた。


第三勢力と整合させる 蔡英文:最も勝算のある人選と(民進党を)整合させて,進步的な力に国会を主導させる
2015-05-23

民主進歩党主席と総統選挙参加者蔡英文は今日(23日)午前「三合一照顧政策工作坊」に出席し、メディアが林義雄先生の言葉と第三勢力整合問題を聞いたことに対して、蔡英文は表明した、林先生の切迫した心情を理解できる、「ただ私は、次の国会で進歩的な勢力が主導できるかどうかを私より気にかけている人はいないと信じる」

蔡英文は表明した、「この前提の下、どの選挙区でも最も勝算のある、最も競争力のある候補者を指名する、その候補者は必ずしも民進党の人であるわけではない」 蔡英文は強調する、「民進党がもし台北市市長選挙でどれも整合の過程を経て譲ることができたら、立法委員も相対的な弾性があると信じる(原文は民進黨如果在台北市市長選舉都可以經過整合的過程讓出來的話,相信立委也有相對的彈性)」 このため蔡英文は表明した、「すべての指名の過程の中で十分に意思疎通をし、最も適当な人選を整合できるよう希望する。私も第三勢力の友人に呼びかけ、整合の速度を早める、なぜなら多くの第三勢力選挙に参加する友人が最初の選挙参加者になる、最初になれば比較的長い準備期間をとれる」

蔡英文は併せて表明した、「民進党は前段階で提出の13ヶ所の選挙区では暫時候補者の指名をしない、これは民進党内部の指名手続きの一部分であり、またこれを借りてこの十三ヶ所の選挙区で第三勢力の人選を優先して考慮できるようにとの誠意と希望を表現する。その他の選挙区に至っては、もし第三勢力に更によい競争力のある強力な候補者がいれば、民進党はすべて考慮したい」

蔡英文は併せて強調する、「候補者指名の手続きも支持者の心情を考慮しなければならない。民進党は民主的な政党だ、主席の言うことがすべてではない、とりわけ指名の過程で民進党は機構の運営を通して、支持者に全体の目標を理解させなければならない、そうすることによって彼らに整合された第三勢力の人選を支持するよう説得できる」

別にメディアが林義雄先生が蔡主席の「現状維持」に対しての疑問を話した事を聞いた、蔡英文は重ねて表明した、「現状を維持するは台湾海峡の平和な現状を維持することだ、並びに平和と安定の方向へ発展することだ、これが平和的現状を維持するという主張だ、各種の世論調査ではどれも絶大な多数の台湾人民の支持を得ている」 蔡英文は言う、「現状維持の基礎の上、社会のより大きな力を集めて台湾海峡の平和を維持でき、私たちが十分な時間と精力で(台湾)内部の改革に従事できるよう希望している」

彼女はまた強調した、「現状維持が包含する基本的意味は(維持現狀的基本意涵*)、両岸関係の処理に於いては公開透明、公共的な参加でなければならず、ならびに両岸往来の公平性を確保しなければならない。『これらは台湾前途決議文と一致しない点はない』」
*)請問"意義"和"意涵"這2個詞有什麼不同呢?

アメリカ合衆国国務次官補がワシントンで会えるのを楽しみにしていると表明した*ことに対して、蔡英文は表明した、「今回のアメリカ訪問日程の調整過程で、アメリカ政府の全力での強力に非常に感謝している、過程で双方の相互信頼と友好を感じた、私たちは今回の訪米過程で、台米関係を強化し相互理解を増進できる事を希望している」
*)美助卿︰美樂意與蔡在華府會面 自由時報


林義雄氏は民進党は20議席くらいを社民党時代力量に譲るよう主張しているという。
林義雄批混帳 民進黨:支持第三勢力具勝選實力人選 NOWnews
林義雄轟民進黨 綠營民代反批:老番顛、惱羞成怒 風傳媒
また中国政策では蔡主席が台湾前途決議文によって両岸問題を処理するのがそんなに困難な事かと言ったという。
林義雄批小英「按台灣前途決議文處理兩岸 有那麼困難嗎?」聯合報



これ以前元民進党主席の施明德氏が2016総統選に出るというニュースで中国時報紙が林義雄氏が全力で支えると見出しで書いたらしい。この日のメディアインタビューで林氏はそんなことは言っていない、(彼とはもう十数年会っていないが)一票は入れるかもしれないと言った。中国時報の記者には「請妳離開,請妳離開,中國時報記者請妳離開。」と言って記者がその場を離れないとインタビューは始めないと言った。點名中國時報 林義雄11度趕記者離開 聯合報


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)