2015年5月25日中国外交部記者会見-南シナ海関連抜粋

2015年5月25日中国外交部記者会見-南シナ海関連の抜粋


問:報道によると、アメリカのラッセル国務次官補などは最近、「中国の南シナ海での行為は紛争の公平な解決と航行自由の原則への挑戦をしている、アメリカ海軍はこれらの原則を守らなければならない。アメリカ海軍軍艦飛行機は引き続き国際海・空域での航行と上空通過の権利を十分に行使するだろう」と言明した。中国側はこれに対して何か論評はあるか?
南シナ海「2国間関係に影響」=米長官、中国主席に伝達 YAHOO!
南シナ海で米中の緊張高まる 人工島建設で対中牽制強化「次の段階」で米軍が12カイリ進入も YAHOO!

答:これまでずっと、各国が国際法によって南シナ海で享有している航行と飛行の自由にはいかなる問題も存在しなかった、将来も存在すべきではない。中国は南シナ海の航行と飛行通過の自由と安全を一貫して重視並びに維持してきた。但し航行と飛行通過の自由は外国軍艦、軍機が国際法に違反して、他国の合法権利及び航空と航行の安全を無視できることと絶対等しくはない。アメリカ軍機が中国側の島に接近偵察する動きは、誤った判断と海空の予測不能の事件を極めて引き起こしやすく、十分に危険で無責任だ。中国側はアメリカ側のこの種の挑発行為に断固反対する、既にこれについてアメリカ側に厳正な申し入れを行った。

私が強調しなければならないのは、中国側の国家主権と領土の完全性を守る意志は盤石である。我々はアメリカ側が間違いを正し、理性を保持し、無責任な言行を停止するよう促す。

問:報道によると、最近、アメリカの当局者が、中国とアセアン国家が今年11月東アジアサミット前に「南シナ海行動規範」を成立させることができない理由がないと表明した。中国側はこれに対して何か論評はあるか?
南シナ海 wikipedia
平成26年版 防衛白書 南シナ海をめぐる動向 防衛省

答:目下、中国とアセアン各国は「南シナ海行動宣言」を全面的に有効化具体化する枠組みの下、「南シナ海行動規範」協議を着実に推進し、協議で一致した基礎の上に「規範」の成立の実現を目指して努力していて、関連協議は既に積極的な進展を得た。アメリカは南シナ海問題の当事国ではない、十分に中国とアセアン各国のなす努力を尊重し、言行を慎み、協議のため良好な雰囲気を創り、ぶち壊したり、邪魔をしたりをしないようにしなければならない。

問:「環球時報」は今日評論を発表して、アメリカ側が中国に南シナ海の島での埋め立てを停止するよう二度と要求しないようにしなければ、中米衝突は不可避だと言った。これは中国の公式の立場を代表するか否か、これは社会大衆の観点か?
米が主張撤回しなければ戦争も、中国国営紙が南シナ海問題で警告 ロイター

答:「環球時報」の評論文章はメディア自身の観点を代表している。

近日、我々はアメリカ側の一部の人が中国側が南沙諸島の一部で島を守る建設活動についていささか耳障りな声、本質のすり替え、耳目を混乱させる事を発生させたことに留意している。我々はアメリカ側の関連言行に重大な懸念を表明した。中国側の関連問題での立場は我々は既に非常にはっきりと詳細に述べた。我々はアメリカ側とアジア太平洋地域でよい相互作用を進めたい、ただまさしく王毅外相が少し前ケリー国務長官との共同記者会見のときに指摘したように、中国側の国家主権と領土の完全性を守る意志は盤石だ。アメリカ側がもし本当にアジア太平洋地域の平和と安定を見たいのなら領土主権問題で(特定の)立場をとらない約束を遵守し、役に立つ言行を多くし、煽り立てたり騒ぎを引き起こすようなことを慎み、無責任な挑発的言動を停止し、中国側と共同で努力して、南シナ海地域の平和と安定を守らなければならない。





http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1266659.shtml 中国外交部
http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1266658.shtml 中国外交部
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)