六月四日を前に中国国務院前総理李鵬氏のニュースが中華圏で掲載される

六月四日直前に中国国務院前総理李鵬氏のニュースがアメリカ香港台湾などで掲載されている。まず台湾の新聞では
博訊獨家驚爆:「六四屠夫」李鵬疑病逝北京 自由時報
「六四屠夫」李鵬 傳在北京病危 蘋果日報
内容はアメリカの「博訊新聞網」という新聞が中国国務院前総理李鵬氏の死去を報道したというものだ。具体的には李鵬氏は重い病で中国解放軍301医院に入院していたが、体が日増しにやせ衰え数ヶ月何度も危ない時があった。しかしとうとう亡くなったというものだ。享年まで書いてあって87歳とある。自由時報は外部はニュースに強い関心を寄せているとしている。

香港の新聞では
六四前夕李鵬又被謠傳病危 因悲劇心結未解? 香港經濟日報
http://china.hket.com/article/609786/%E5%85%AD%E5%9B%9B%E5%89%8D%E5%A4%95%E6%9D%8E%E9%B5%AC%E5%8F%88%E8%A2%AB%E8%AC%A0%E5%82%B3%E7%97%85%E5%8D%B1%20%E5%9B%A0%E6%82%B2%E5%8A%87%E5%BF%83%E7%B5%90%E6%9C%AA%E8%A7%A3%EF%BC%9F
がまったく同じ記事をのせている。一説では2008年2月5日中風をしたと書かれ、一説では2008年元旦脳血栓で入院したと書かれたが、どちらも娘の李小琳氏に否定されたとある。

アメリカの元の記事は六四刽子手李鹏病危几个月,疑已经死亡 博訊新聞網らしい。(博讯北京时间2015年6月01日 首发 - 支持此文作者/记者)として

本社が今得た情報では、北京のある一人の「六四」事件関連の前の中国指導者が世を去った、噂では元国務院総理の李鵬だ。


で始まる短い記事を書いている。

また李鵬氏の経歴ではほとんどに共通して「六四」事件の責任者として書かれている。蘋果日報には

1989年5月19日,六四事件前夜,中国国務院総理李鵬はテレビで強硬措置の「五一九談話」を発表して,天安門広場の学生示威活動を動乱と断定して、学生の強烈な不満を引き起こした。伝えられる所では、李鵬は当時軍隊の出動での学生の武力鎮圧を主張し、更に戒厳令に署名し、最後は6月4日当日解放軍が天安門広場を血の海にする結果にした。


とある。

各記事の見出しや内容の中には中国語で「刽子手」「屠夫」「惡有惡報」などの単語が使われている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)