蔡英文主席、アメリカのアーミテージ氏と会談

5日の民進党の新聞稿にアメリカの元国務副長官アーミテージ氏との会談が出ていた。


民主進歩党主席と総統選挙参加者蔡英文はワシントン時間4日昼党秘書長呉釗燮及び立委蕭美琴同伴で美台商業協會(US Taiwan Business Council)食事会に出席し、会長 Rupert Hammond-Chambers氏自ら迎えて接待してもらった。その後元アメリカ国務副長官 Richard Armitage氏とProject 2049 Institute Chief Executive Officerの Randy Schriver氏を訪ねた。アーミテージ氏は表明した、「古い友人として、彼女に期待して歓迎する。同時に蔡主席のCSISでの演説とWSJの評論が非常によいと賞賛されているすばらしい、そのため彼女の考え方を少し聞きたい。同時に如何に平和と安定の両岸関係を取り扱うか知りたい」

蔡英文は表明した、「アーミテージ氏は長い間台湾のことに非常に気にかけており、しばしば台湾の直面する問題にいつも関心を抱いている態度で指摘をしてもらうしばしば指摘をしてもらい、台湾の直面する問題にずっと関心を抱いている*。彼はずっと台湾の良き友人だ、それで今日は特に彼を訪問した、台米関係とアジア情勢の判断について彼に教えを請い意見を交換できることを希望している」
*)*)原文は阿米塔吉長久以來對台灣事務都非常關心,時時給予提醒,對於台灣所面對的問題都抱持關心的態度。

アーミテージ氏は蔡主席の訪問に古い友人の立場で歓迎した。彼は言った、「蔡英文のWSJの投書とCSISの演説は非常に良かった、彼女の『平和安定の両岸関係』の考え方についてさらに深い理解をしたいし北京の今後の態度についても討論したい」彼は言った、「北京は永遠に疑うはずだ、しかし現在まだ評論は少ない、蔡主席の離米を待って論評するのだろう」

アーミテージ氏は表明した、「第一、アメリカはある種特定の言い方にこだわらない、両岸関係を安定できること(にこだわる)*。第二、私とRandy Schriver氏は民進党と国民党が公平に競争する関係が維持されるのを望む」彼は強調した、「数年前一部のアメリカのメディアの評論が2012年総統選挙に影響したのはとても不幸なことだったと思う。今回は一部の人間が今回の選挙に影響を与えないことを確保し、十分に台湾の民主主義を展開できるよう、私もbestを尽くすだろう」
*)原文は美國並不在意某種特定的說法,而是能維持穩定的兩岸關係。習近平と国民党が蔡英文氏に認めるよう迫っている「九二共識」のことか?

アーミテージ氏は表明した、「尚未だ蔡主席と会った人と対話していないが、ただ既にいくつかの好意的な反応を聞いた、その中の一つは今回の蔡主席の準備は万端で、且つ2011年の訪問団とは違うというものだ。私はこれは画期的な始まりだと思う、私は多くのアメリカ人も期待していると思う」




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)