民進党のサイト等がハッキングされ情報を盗まれる

駭客攻擊 民進黨陷資安危機 中時電子報
民進黨官網遭駭 選舉機密遭外洩 蘋果日報
蔡英文涉選舉機密規劃遭黑客攻擊外洩 中評社
http://hk.crntt.com/doc/1038/0/7/5/103807518.html?coluid=142&kindid=0&docid=103807518&mdate=0620155327
民進黨選舉規劃密件外洩 文匯報
http://paper.wenweipo.com/2015/06/21/TW1506210001.htm

数日前民進党の公式サイトがハッカーの攻撃を受け数日休止したそうだ。そして蔡英文主席が訪米している期間中に、呉釗燮党秘書長ら多くの幹部の電子メール、ウェブメッセージがハッキングされただけでなく、党のクラウドストレージ(ウェブ上に情報を保管しているところ)にも侵入された。蔡英文氏のスケジュール、内部のやりとりを含む選挙関連の機密、重要文書すべて漏れたおそれがある。「被害は甚大」らしい。

民進党がハッカーの攻撃を受けるのは初めてではないため、党幹部はただの規模の大きい電子メール侵入事件だと考えていた。黄重諺民進党新聞部主任は、「状況は相当深刻で、幹部のメールだけでなく、民進党新聞部、国際部、組織部、末端党員の電子メールパスワードまで改竄された。この数日会議を開いて対策を検討している」と言った。

呉釗燮党秘書長は訪米前、gmailのパスワードが改竄され連絡が困難になった。帰ってからまたパスワードを改竄された、今も復旧中だ。黄重諺民進党新聞部主任はLINEに見知らぬモバイル機器から侵入されただけでなく、ワシントンに到着した後gmailに「一時間前パスワードを変更しました」とあるのを発見した。

蔡英文競選辦公室曝光 有反竊聽裝置 YAHOO!
民進黨中央黨部 疑遭竊聽、偷拍 大紀元 2006-05-13



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)