柯文哲台北市長、台北を Smart City にする

台北市の新聞稿柯文哲:用眾人的智慧 打造臺北成為智慧城市で柯文哲市長が将来は智慧城市(Smart City)の実現を目指すと語っている。


柯文哲:衆人の智慧を用い台北を Smart Cityにする
発布機関:臺北市政府秘書処
発布日期:2015-7-1

台北市長柯文哲は今日(1日)第一回台北市智慧城市委員会を主催した、柯文哲は会後表明した、「私の一貫した理念は衆人の智慧は個人の知恵を超えることができると信じることだ、これらの業界の極めて優れた人が委員となってもらい非常に感謝している、委員の皆さんの討論を通して台北を智慧城市にするよう努力し、将来の台北市政府は八千万を投入して智慧城市専門の弁公室を作る予定だ」

彼は言った、「今日はただ智慧城市への第一歩をどう踏み出すかを討論しただけだが、将来はまず公共住宅六千戸を起点にして、別に10から15億元を加えるやり方で、省エネ、節水、安全等の要素を加える」同時に柯文哲は言った、「今年はまず智慧城市専門弁公室((Project Management Office, PMO)を成立させ、八千万を投入し変化に向き合い、開放された心で、情勢の変化に合わせて適応する」

台北市副市長林欽栄も説明し四つの結論を述べた:第一、台北智慧城市委員会は違う分野の成員を受け入れ、智慧城市の白書と枠組みを共同で定義し並びに法令規範と国際戦術を提供する。第二、台北は自己の道を歩かなければならない、大衆の智慧を運用することが重要な鍵だ。第三、専門弁公室はさらに重要だ、市政府の干渉を受けてはいけない、産業との連携を恐れてはいけない。第四、智慧城市の一種の枝分かれ例えば YouBike2.0のようなものと智慧城市の実体の場所例えば公共住宅の智慧住宅は併存させ共に重要だ。

記者が智慧医院の概念を尋ねたことに対して、柯文哲は表明した、「これは大きくて特別に講義しなければいけないような問題だ。私の考えでは、まず工程(流程)を決定し、更にソフトを決定し、やっとハードを決定する」彼は言った、「我々は強力な情報科学技術があるけれども、医院の智慧化の時期はまず工程をどう改めるかを考慮しなければならない、工程はどんな用途が有るか、そしてソフトを書いて走らせる、最後にハード*。同様に智慧城市の最も重要なのが工程改造だ、台北市の智慧化の過程は都市の工程(流程)の新しい設計をどうするかだ。
*)原文は柯文哲表示,這是很大、需要專題演講的問題。他認為,先決定流程,再決定軟體,才決定硬體。他說,雖然我們有很強的資訊科技,但是醫院智慧化的時候要先考慮流程怎麼改,流程有什麼用途,再去寫軟體來跑,最後才是硬體。

別に、或る記者が現在人手不足なのにまだ10数億智慧城市(公共住宅部分)に使うのは、お金を大事に使うと言えるのかと質問した、柯文哲は言った、「現在多くの無駄が有る、工程を改善し、問題に向き合う、実際すぐに解決できないと思える、例えば朝の道路の水道管撤去と情報センター、現在は地図が有る、しかしまだ3D図はない、水道管がどれくらい深いかわからないためだ(例如早上去道路管線與資訊中心,現在有地圖,但是還沒有3D圖,因為不知道管道有多深。)」

柯文哲は言った、「就任以後、手始めに忠孝西路の公共車輌専用道の撤去をした、当日7時現場に行って検証した、しかし一時間近くかかった、本来水道管が地下120センチだと思っていたが、しかし掘ってみると20センチで水道管にあたった」柯文哲は言った、「あの時私は要求した、一年半内に全台北市の道路幹線の3D図を完成させるようにと、しかし今日主管機関はやっと全市には三年かかると言ってきた、どうであれ、問題に向き合い、やれば良い、智慧城市もまた同じ」


柯文哲擬用8千萬 設智慧城市專案辦公室 中央社によると、智慧城市委員会第一回会議に出席した市政府外の委員は台北捷運公司董事長賀陳旦、研華智能董事長劉克振、華碩集団副董事長兼総裁曽鏘声、Google台湾董事総経理簡立峰、和沛科技総経理翟本喬と奧美集団大中華区副董莊淑芬等の人。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)