2015年7月6日中国外交部記者会見ー日本関連抜粋

2015年7月6日中国外交部記者会見ー日本関連部分の抜粋


問:報道によると、馬英九は国民党が抗日戦争中に主動的な働きをしたと表明した。あなたはこの事に対してどういう意見があるか? あなたは共産党あるいは国民党どちらが抗日戦争中決定的な働きをしたと考えるか?
抗戰勝利70週年 朱主席:緬懷先烈、正視歷史 中國國民黨新聞稿


答:中国人民抗日戦争の勝利は中華民族全部の子女が血を浴びて奮戦して得た勝利だ、この勝利は中華民族全部の子女が共同で記念し銘記するに値する。

最近、国務院新聞弁公室は新聞発布会を開いて、関連部門の担当者が中国人民抗日戦争と反ファシストファシズム戦争勝利70周年記念活動の具体的手配を紹介した。我々はこれらの活動開催を通して、世界人民と一緒に歴史を銘記し、先烈を偲び、平和を愛惜し、未来を切り開くよう希望する。

問:第39回ユネスコ世界遺産委員会会議は審議して日本の「明治工業革命遺址(明治日本の産業革命遺産)」を世界遺産名簿に登録することを決定した。あなたはこれに対して何か論評は有るか?
産業革命遺産、世界文化遺産に登録決定 3年連続19件目…韓国発言で最終日まで紛糾 YAHOO!
「韓国の逆転判定勝ち」 世界遺産登録、韓国メディアはこう伝えた  The Huffington Post

答:世界遺産委員会会議が審議し日本の「明治工業革命遺址」を世界遺産名簿に加えた。中国側は日本が審議での発言において承認したことに留意する、日本が承認した内容は、一部の世界遺産の施設で強制労働(原文は强制劳役)を実施した事実、日本政府が第二次世界大戦期間強制連行徴用(征用劳工)の政策を執行したこと、日本政府が適切な措置をとって強制労働(强制劳工)政策被害者を銘記(铭记)すると約束したことだ。世界遺産委員会は日本の上述の声明を案に記録した。日本側は実際の行動でアジアの隣国と国際社会に信頼されなければならない。

問:報道によると、日本とメコン河流域国家のサミットが4日「新東京戦略2015」という名の共同文書を採択した、その中で南シナ海情勢に対して懸念を表明した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?
第7回日本・メコン地域諸国首脳会議 外務省
日本政府によるメコン川流域への投資・・・AIIB対抗が狙い!=中国メディア YAHOO!

答:目下、中国と関係アセアン国家の共同の努力の下、南シナ海情勢は全体的に安定していて、国際法に基づいて各国が南シナ海で享有している航行と飛行の自由はいかなる影響も受けていない。

中国側は留意している、日本が最近南シナ海問題で高く飛び上がり(跳得很高)、利己的な心で地域の緊張状態を言いふらし続け、地域の国家関係を挑発、拉致し、中国とアセアン国家の南シナ海の平和を守る努力を妨害している*ことを。日本は南シナ海問題の当事国ではない、我々は日本側が南シナ海問題で騒ぎ立てることをやめ、中国を悪者にする攻撃をやめ、実際の行動で地域の平和と安定を守るよう促す。
*)原文は中方注意到,日本近期在南海问题上跳得很高,为一己之私不停渲染地区局势紧张,绑架和挑拨地区国家关系,干扰中国和东盟国家维护南海和平的努力。(人民網日本語版の訳。日本が最近南中国海問題において過度に活動し、自国のみの利益のために地域情勢の緊張を誇張し、地域の国々の関係を翻弄し、これに水を差し、南中国海の平和維持に向けた中国とASEAN諸国の努力を妨害していることに中国側は注意を払っている。http://j.people.com.cn/n/2015/0707/c94474-8916640.html)


http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/jzhsl_602247/t1278849.shtml 中国外交部
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)