洪秀柱、「両岸は戦争してはいけない」「台湾は夜郎自大ではいけない」

中国の中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』の国際版「環球時報」のweb版「環球網」に洪秀柱氏の話題がいくつか出ていた。その中から二つどちらも香港の新聞の転載だ。
まず香港の中評社に台湾国民党桃園市党部副主任委員徐鴻進氏が数日前表明したことを掲載しているらしい。曰く、


立法院副院長の洪秀柱氏は7月19日の国民党全国代表大会で指名されなければならないが、国民党がこの総統候補を差し替える可能性はあるのか。これは確実に間に合わない、どんなプロ選手でも練習せずにいきなり試合をしても、勝てるはずがない、洪秀柱氏で行くしかない。

朱立倫はどうか、本人がその気がないと言っている、新北市の八仙楽園パーティー粉塵爆発事故が重大事故だ、これも足かせになるだろう。

呉敦義副総統はどうか、彼は既に気配を消している、大任を任せても民意がついてこない。

王金平はどうか馬英九と王金平の権力闘争は国民党の分裂と九合一選挙の大敗となった。馬英九の責任が大きいが、王金平にも責任はある。彼が候補になれば確実に国民党は崩壊する。


http://taiwan.huanqiu.com/article/2015-07/6982090.html
この徐鴻進氏を検索すると22歳の時東京オリンピックにボクシングで出場したという記事があったがこれは話が逸れるのでurlだけ。http://hk.crntt.com/doc/1023/5/5/6/102355621.html 60年代東京奧運拳擊手 徐鴻進回味當年勇? 中評社

また同じく中評社の記事を転載した記事。洪秀柱氏は12日屛東県党部会議室で500人近くに語った、


洪秀柱は言った、「この数週皆さんは、私の話が分かりづらかったらしい、ある新聞に至っては私が言い過ぎた(爆冲*)という、本来両岸問題は私の得意分野だ。簡潔に言うと、九二共識を深化させ、相手に中華民国の存在を知らせ、正視させる!」
*)急加速という意味らしい爆衝的Yaris youtube

「私が中華民国が存在しないと言っているという、私は馬鹿か? 中華民国総統になろうというのに、中華民国が存在しないと言うか?」

洪秀柱は激情的になって表明した、「九二共識を深化し固める、中華民国現実の存在を正視する、台湾独立には反対だ、陳水扁でさえやれないと言った、台湾を害するからだ!」

洪秀柱は言った、「我々は台湾に永遠の平和と安定を創り、皆から戦争の恐れをなくし、安和楽利の日を過ごさせなければならない。それゆえ私の政見は中華民国の為に一筋の正しい道を捜し、皆に楽しい生活と希望を与える。この道は平和の道、両岸は戦争してはいけない、 台湾は再び毎日コオロギが鶏に対抗するような真似をしてはいけない、道を開き、国を閉じず、井底の蛙や夜郎自大になってはいけない」


http://taiwan.huanqiu.com/article/2015-07/6982415.html



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)