IMFが中国の株価下支え策に警告

最近の中国の株価下落を下支えするために中国政府は5兆元(8052億ドル)使ったという。
中国の株価下支え策、官民合わせて5兆元規模 効果に疑問符 ロイター
IMF、中国金融市場の自由度に疑問提示=関係筋 ロイター

台湾や中国のメディアはIMFが中国の5兆元の株価下支え策に警告をしたと報じている。
大陸砸錢救市 IMF大喊該停止了 ETtoday
陸砸25兆救市 IMF示警 聯合報
知情人士:IMF敦促中国退出救市措施 网易财经
http://money.163.com/15/0724/15/AVA2E6ML00253B0H.html
消息人士:传IMF正敦促中国撤出股市救市措施 新浪财经
http://finance.sina.com.cn/money/forex/whqqscgd/20150724/133022783122.shtml
外媒:IMF将讨论人民币加入SDR 年内或得出结论 環球網
http://world.huanqiu.com/hot/2015-07/7102113.html

6月から、上海総合指数は3週間で30%近く下落した。下落を救うため預金準備率引き下げ、利下げ、21の証券会社の売買停止、IPO発行暫時停止など一ヶ月内に40項目の措置を取った。使った金額の合計は5兆人民元、GDPの10%になるという。IMFのスポークスマン Gerry Rice は7月23日木曜日ワシントンで定例記者会見を行い発言して、市場に対する過度の干与は金融体系開放と資本市場の発展に不利になるだろう、過去の関係当局の国際化への努力が水泡に帰するおそれがあると言った。

消息筋によると中国側は既にこの措置は暫定的なものだとIMFに表明したという。またSDRに人民元を加えるかどうかのIMFの結論は年内に出るという。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)