柯文哲市長、チャイルドシートと教育部学生乱入事件について語る

今日の台北市の新聞稿(プレスリリース)から


業者を仲介しチャイルドシート予約サービスを提供 柯文哲:私達がやらなければならないことだ
發布機關:臺北市政府秘書處
發布日期:2015/7/27

未だ正しく使用されていないチャイルドシートの子供の交通事故死傷率は正しく使用していた場合に比べ8倍以上という事実に鑑み、台北市政府は民間業者とタクシー業者をの異業種提携を仲介し、120台のチャイルドシートを提供し子供のタクシー利用時に提供する。台北市長柯文哲は(27日)記者会に出席時強調した、「現代の児童の十大死因の内事故災害が第五位までに入る、大部分は交通事故と墜落事故だ*、事実上チャイルドシート使用は欧米では既に常識となっている」柯文哲は表明した、「台北市政府は今日業者とこの活動を推進するのは、文明国家に近づき台湾を欧米先進国家の標準に追い付かせ、類似の児童死傷事故を減らすためというだけだ」彼は言った、「ただやらねばならないことをやっただけだ」
*)https://www.youtube.com/watch?v=iT1aykwhhzE

(中略)

その他記者が聞いた、「あなたは教育部の大臣が学生を殴ったようなもんだと口を滑らしたが、教育部から反発はなかったか? 柯文哲がかつて12年間義務教育議論の時、12年間義務教育は教育部長が決定できたか聞いたか?*」柯文哲、「教科書改訂の問題は既に重要政策に関わり、多くの議論を巻き起こしている、既に首相や総統の態度表明が必要な事態かもしれない、教育部長個人の問題ではない」
*)柯文哲提到當年談判12年國教的時候,他也問過12年國教是教育部長可以決定的嗎?

記者:「藍(国民党)緑(民進党)対決に変わるか?」柯文哲:「藍緑対立ではない、皆はこれはイデオロギー問題だとわかっている、しかし私はどうしたらいいかわからない、不正常な国家が正常を保つのはとても苦しいことだ」

記者:「教科書改訂反対の学生による教育部占拠事件では三名の記者が逮捕された、台北市政府は既に調査チームを作ったか?」柯文哲:「逮捕調査専案小組は既に市政府内で会議を開いた、私は新聞を見て政策を決めるのに反対だし新聞を見て処罰を決定するのにも反対だ、事情がどうあれ説明の機会を与えなければならない、それゆえ私は鄧家基副市長に專案小組を作って任務を完成させるよう要求して、学生、記者、警察側を招いて調査し、警察側には最後に完全な報告書を提出させて、最後報告を見てやっとどのように責任を追求するか判断できる」

記者:「外部に批判がある、市長は中正の一分局長を処分していない、いまやっと調査チームを作ったという批判については?」柯文哲:「私はこの事件は自分も成長させてくれたと思っている、というのは以前私は外科医師だったが(政治的事件に対して)衝動的だった、(政治家になった今では)この様な争議のおこる事件では、自分の気持ちはどうであれ、まず当事者に説明の機会を与える、警察が正式な説明報告を上げる前にいったい誰を処分するというのか、それでは法治国家のあるべき状態ではない」

柯文哲:「慣例によって調査チームを作り、警察の当事者、記者、学生を呼び、警察の最終報告を見て、記者と学生が受け入れるかどうか見る、つまり最終報告書を見て誰がどのような責任を負うか決定する、メディアの圧力で誰を処罰するか決めるべきではない、これが文明国の作法だ」

記者:「調査が終わった後、もし問題があれば処罰するのか?」柯文哲:「過去台湾大学病院で創傷学部の主任を担当していたとき、唯一人知っていた警官が中正一分局的分局長方仰寧だった、聞くところではひまわり学生運動の後、方仰寧一人で46個の事件の被告を背負ってになっている*、政治的問題はいつも最後に現場の人間が背負わされる」
*)原文は方仰寧一個人背了46個案子的被告,

柯文哲:「教科書問題は上流の問題だ、争議がありながら処理していない、学生が教育部に行っても処理しない、最後は結局警察が後始末だ、今みんなは警察が学生を捕まえたと騒いでいるが、学生を捕まえるのは表面的な出来事で、最後の結果なんだ、上の方で教科書問題をまったく処理しないで、最後警察が処理したという次第だ、これを腐った風土と言うんだ」

別にメディアが二都論壇(forum)について聞いた。柯文哲:「もし双方に共通認識があれば、目標確定後は上手くいくはずだ、共通認識とは「交流促進、善意の増加」、相手方が何を言おうが尊重する、また相手方も相手の異見を尊重してくれるだろうと期待できる。私は「一五新観点」は将来の両岸交流の重要な原則だと信じる、相互認識、相互理解、相互尊重、相互協力、そして相互諒解。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)