台湾の地殼変動はどれくらい?

800px.png
図はwikipediaより
台湾の中央地質調查所が新聞(ニュース)を発表している。


發布單位 中央地質調查所
發布日期 2015-07-28 下午 02:00
標題 臺灣地殼變動知多少?(台湾の地殻変動はどれくらいか知っていますか?)

台湾はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの衝突地点でフィリピン海プレートは毎年約7cmの速さで西北方向へユーラシアプレートを押している、地殻がこのように動いている地質環境で、地震が頻繁に発生し、災害性地震の発生もまた断層活動と密接な関連がある、断層活動がもたらすかもしれない災害並びにその災害(の被害)を減じるやり方の理解は、政府が向き合わなければならない課題と責任だ*。現在ある断層活動性評価取得の方法の中で、大地の測量は速くて有効的な方式だ、大地測量は地表の変形に対する観測だ、GPS及び精密水準測量技術の使用を含み、その水平及び高さの精度はmmに達している、経済部中央地質調査所は91年より次々と全台湾陸上活動断層帯に観測点を設置し、大地測量の観測活動を進め、累積して今まで既にGPS連続観測処77ヶ所、GPS移動式観測点(campaign)932地点及び断層を跨いだ精密水準測線の長さは合計1,077km、毎年定期的。重複性の大区域観測を進めることで、全台湾の水平及び高さの速度場と歪み率場を取得して**、全台湾の地表の変形と地下の歪みの累積状況を理解する。
*)瞭解斷層活動可能帶來的災害並設法降低其災害,是政府必須面對的課題及責任。
**)藉由每年進行定期性、重複性的大區域觀測,獲取全臺水平及高程方向速度場與應變率場,了解全臺地表變形與地下應變累積情形。

2002-2014の観測結果が示しているのは(付属図の一)、台湾北部地域水平速度変化は西から東の時計回りで、速度場の量は比較的小さい;台湾東側の宜蘭地域は外界に近づく速度が速くなっている、海沿いでは毎年約4cm(40mm/yr);台湾中南部地域は東から西に向って移動、速度場は比較的大きい、移動速率は毎年約6cm(60mm/yr);花東地域は東南から西北に移動、移動速率は毎年約7cm(70mm/yr);全体としては、台湾の地殻変動はかなり速い、全台湾の中で圧縮歪み率は花東縦谷地域に集中している、圧縮軸の軸向きとプレートが集まる方向は符合している、皆西北-東南方向で台湾西部の主要な歪み行為は圧縮歪みだ、圧縮軸軸向きは大体東-西方向だ。

大地測量の整合性観測を通して、我々が各断層の活動特性を理解する助けとすることができ、それによって研究結果を国土計画、地震防災計画、耐震設計工事評価等の用途に提供するようになる。観測資料が時系列の累積性を具えることに因って、観測計画の持続推進をすることが、長期の観測成果を有効な防災、減災の資料に転化させることになる。*
*)透過大地測量的整合性觀測,可以幫助我們了解各條斷層的活動特性,進而將研究結果提供國土規劃、地震防災規劃、工程耐震設計評估等用途。由於觀測資料於時間序列上具有累積性,唯有持續推動觀測計畫,才能將長期的觀測成果轉化為有效的防災、減災資訊。


GPS連続観測から得られた電子基準点の地殻変動 国土地理院



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)