2015年7月中国国防部定例記者会見-日本関連抜粋

2015年7月中国国防部定例記者会見-日本関連部分の抜粋
時間:2015年7月30日15:00-16:00
場所:国防部外事弁公室
発布人:国防部新聞事務局局长、国防部新聞発言人楊宇軍上級大佐


楊宇軍:各記者の皆さんこんにちは。今月の国防部定例記者会への出席を歓迎します、以下質問をどうぞ。

記者:今月21日日本政府は「2015年防衛白書」を批准した、その中で中国の東シナ海ガス開発作業台の建設停止を要求し、並びに中国の東シナ海、南シナ海での活動活躍は予測できない危険事態を引き起こすかもしれないと書いている。お聞きする、これに対してどう論評する?

楊宇軍:この問題に関しては、中国外交部が既に7月24日中国の立場を文書で発表し*、この問題の経緯を紹介した、具体的にはみなさんが外交部のサイト上でもう一度問い合わせることができる。強調する必要があるのは中国側のガス田開発活動は東シナ海での議論の余地のない中国管轄地域で進められ、完全に正当、合理、合法だ、日本側が四の五の言う権利はない。我々は、最近日本側がこれに対して反復して道理のない邪魔をし、甚だしくは公開で中国側のガス田開発活動が軍事目的を帯びていると非難していることに留意している、日本側の目的は「中国脅威論」を誇張し作り出し、日本国内で新安保法案を通過させるための口実を作っているのだ。我々は日本側がただちにこのような間違ったやり方を停止し、人為的な対立と緊張を作り出すことを避けるよう促す。
*)2015年7月21日中国外交部日本の「防衛白書」についての質問に答える

記者:我々は昨日日本の安倍晋三首相が参議院の答弁で、必要な時に集団的自衛権を行使できるとは、日本の自衛隊が南シナ海で機雷の除去に参加できるということだと表明して、彼の前の立場を変えた事に留意している、お聞きするこれに対して何か回答はあるか?
南シナ海の機雷除去、首相「集団的自衛権で対応」gooニュース

楊宇軍:第一の質問に関して、我々は最近日本の一部の政治家が頻繁に「中国脅威」を騒ぎ立てたことに留意している、その目的は現在審議中の新安保法案のための言い訳を提供するためだ、この種のやり方は耳目を混乱させて、故意に世論を騙すものだ。今年は世界反ファシズム戦争勝利70周年だ。今年このような特殊な年に、日本の軍事・安全保障政策は一体どのような変化をするのか? 日本は軍事大国化の道をいったいどこまで行くのか? 昔歩いた軍国主義の道を再び歩んでいくのか? これは周辺の隣国と国際社会に強い警戒心を抱かせるに値する。

記者:中国側が南シナ海で進めている軍事演習について、ある報道では軍事演習では百艘以上の艦船が参加するという。具体的な状況を紹介できるか? これらの艦船はすべて軍艦か? 或いは漁船や民間の船も参加するのか? 第二の質問、中国側は正式にアメリカ、日本或いはその他の西側国家の軍人を閲兵に参加させるか?
中国海軍が南シナ海で大規模軍事演習、統合作戦能力の向上が目的―米メディア nifty

楊宇軍:第一の質問に関して、最近我が軍は演習演練を展開している、これらはすべて年度訓練計画内の定例の手配だ。我々は最近解放軍演習訓練活動に関しての評論解読が多いことに留意している。その中には客観的なものもあれば、また事実と符合しないものもある。説明しなければならないことは、軍事演習訓練は軍隊の戦闘力を検証し高める重要な手段だ。我が軍が展開するいくつかの定期的な軍事活動に対する皆さんの関心に我々は感謝する、しかし同時にまた皆さんが、平常心、客観理性を保って取り扱うことができるよう希望する。

外国軍を招いて閲兵に参加交流することに関して、我々は現在関連国家の国防部門や軍隊と意思疎通を継続保持している。強調しなければならないのは、閲兵は中国人民の抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年活動の一部分だ、その目的は歴史を心に刻み、先烈を偲び、平和を愛惜し、未来を切り開くためで、中国と各国人民が共同で世界の平和を守る決心と能力を明らかにするためだ。

記者:中国が東シナ海に設置したガス田の問題に関して、日本国内では中国が軍事目的に使うのではないかと心配している、将来中国側が軍事目的に用いる計画が有るかないか確認できるか?

楊宇軍:この問題は私は先ほど答えた、中国の東シナ海ガス田開発活動は、争う余地のない中国管轄海域で進めている中国主権の権利と管轄権範囲内のことだ。日本国内の或る人はこの件を騒ぎ立てている、その目的は国内で新安保法案を通過させるための口実を作るためだ、我々は日本側の或る人士が自分のやり方に対して冷静に改めて考えることができるよう希望する。


http://www.mod.gov.cn/affair/2015-07/30/content_4611964.htm 中国国防部
http://news.tuxi.com.cn/news/174/1745062.html 突袭网
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)