安倍首相戦後70周年談話後すぐの反応

安倍晋三首相の戦後70年談話が今日午後6時から発表された。二時間後の環球網のサイトを見ると速報のような感じで安倍首相の談話関連の記事が多く掲載されていた。
平成27年8月14日安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸

午後八時頃の環球網のサイト冒頭
スナップショット5

各記事の見出しを見ると
「日本投降70周年『安倍談話』の中に謝罪を書き入れる」「曾て侵略した国家に向って謝罪、最後は中国に言及」「再び戦争を起こさないと言う」「永遠に植民地統治と決別しなければならないと誓う」「日本の元首相の反省との対比」「安倍談話は謝罪の言葉は含むが未だ明確に侵略を表明せず」「学者評:『安倍談話』にいいねはまだ早い」「専門家詳解:謝罪は詭弁に満ちている、ついには台湾を独立国家としている」「村山:結局何を謝っているのかわからない」「米メディア:安倍はバランスを取った」「韓国メディア不満」「外国メディア:安倍は子孫の代まで謝罪に傾注の宿命づけを願わず」「安倍が中国人が日本人孤児を育てたことに感謝し、中日の対話の門は開かれていると言った」「世界各地のネット上で『安倍談話』を批判、アメリカもとばっちりで批判される」「10種類の日本語を使った謝罪表明のやり方」「「韓国ネット:談話はみなゴミ」「『安倍談話』にまつわり見える東京での虚々実々の駆け引き」「金燦栄:『安倍談話』の技巧はどこか」「廉德瑰:全体の感じ『安倍談話』の中には罠がある」「劉迪:安倍の歴史修正主義路線は挫折した」「熊達雲:安倍はなぜ村山談話否定に固執するのか」「アンケートあなたは『安倍談話』の内容に満足ですか? 満足5% 不満足95%」

どれか要約しようと思ったが見出しだけで十分かもしれない。

その後中国外交部が論評を発表した、
http://www.fmprc.gov.cn/mfa_chn/fyrbt_602243/dhdw_602249/t1288941.shtml 中国外交部


2015/08/14
問:8月14日、日本の安倍晋三首相は戦後70周年の首相談話を発表した。中国側はこれに対して何か論評は有るか?

答:中国側は日本の指導者の関連談話に留意している。外交部副部長張業遂は既に日本の駐中国大使小寺昌人に中国側の厳正な立場を表明した。日本軍国主義が引き起こした侵略戦争は中国とアジアの被害国人民に重大な被害をもたらした。過去のあの歴史を正確に認識し対応することは、歴史を心に刻み正義を守る要求であり、日本とアジアの隣国との関係改善の重要な基礎であり、また未来を切り開く前提でもある。国際社会が共同で第二次大戦の勝利70周年を記念する今日、日本はあの軍国主義侵略戦争の性格と戦争責任に対するはっきりした明確な説明をし、被害国人民に真摯な謝罪をし、綺麗に徹底的に軍国主義の侵略の歴史を切り取ることは理の当然で、この重要な原則においていかなるごまかしもしてはならない。

歴史問題は中日関係の政治的基礎と中国人民の感情に関係する、中国側は一貫して「歴史を鑑とし、未来に向かう」ことを主張してきた、歴史を正視することだけが未来を切り開くことができるのだ。、と主張している。中国側は、日本側が中日国交正常化以来日本側が歴史問題で中国側に示した厳正な態度と約束を適切に厳守し、侵略の歴史を正視して深く反省し、平和的発展の道を堅持し、実際の行動でアジアの隣国と国際社会の信頼を得るよう促す。





中華民国(台湾の方)政府も新聞稿で回答している


中華民国政府は日本の安倍晋三首相が発表した戦後七十周年談話に回答する
2015/08/14 中華民国外交部

第二次大戦終結七十周年に際して、日本の安倍首相は談話を発表して、日本の歴代政府の立場を継承し、日本が過去に引き起こした戦争の過ちを反省し、日本の深い悔悟及び謝罪を説明し、歴史の教訓を記憶し並びに国際社会の平和と繁栄に貢献しなければならないとした。中華民国政府は日本政府が今後歴史の事実を正視し続け、深く適切な反省ができ、未来志向及び責任ある態度で、周辺国家と友好協力関係を発展させ、共同で地域の平和と繁栄を増進させるよう努力することを希望する。

中華民国と日本は戦後堅実な友好関係を打ち立てた、既にアジア各国は戦争の暗い影から踏み出し、和解と協力の善き手本を達成した。馬総統は2008年就任後対日関係を特に重視して、両国を「特別なパートナー関係」と位置づけ、双方の長期協力の基礎の上に、友好関係を推し上げ、今現在多くの成果を上げている。2013年4月我が国と日本は「台日漁業協議」に署名し、東シナ海を「平和と協力の海」に発展させ、東アジア地域の平和と安定を増進させた。


台湾の来年の総統選挙の候補者野党民進党主席の蔡英文氏も論評を発表した民進党の新聞槁から


安倍演説で初めて侵略植民等の字が表明されたことに対して、蔡英文はこれに対して肯定的に評価した、また日本が引き続き地域の平和の中で重要な役割を果たすことができるよう希望する;私達はまた一緒にアジアの平和と安定を維持して各国が経済問題の対応に集中できるようにすることを願っている。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。ニュース記事は要約や各記事のまとめです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)