台湾で9月7日から11日まで軍事演習

中国人民解放軍は最近モンゴルで「跨越2015・朱日和」の軍事演習を行い、台湾の総統府を攻撃目標にした。中華民国側は来週「漢光31号」演習を展開する。一部のメディアの報道によると、演習の中で、初めて「反特攻、反斬首」軍事訓練と総統が安全に避難する「萬鈞計画」の共同演習を実施する。

国防部官員によると過去の解放軍台湾攻撃の想定は中国の台湾攻撃準備の前に我方も戦いの準備を調え、総統が円山政軍指揮所に入り、「応急戦闘準備」の命令を出す。しかし今回想定しているのは、中国が台湾に潜伏、浸透している特攻人員を利用して、まったく準備していない状況下、直接我が総統府を攻撃し、国家元首を生け捕りに(しようと)するというもの、これにより総統保護の責任を持つ憲兵及び特勤センターの応戦が非常に重要だ。関係者によるとこの演習中、総統を安全に非難させる「萬鈞計画」でCM-32 雲豹に乗るか或いは総統の車で指揮所に行くかは現在まだ言えない。わかっていることは、総統府周辺の治安維持に責任を持つ憲兵202指揮部は現在「総統府防衛戦」の戦術計画を新たに作成しようとしている。総統府周辺の建築を利用して解放軍の進攻を遅らせる他、関渡指揮部を含む北部の陸軍第六軍団の主戦部隊がただちに解放軍が淡水河口から増援の特攻後援部隊を阻止できるようにし、侵攻しようとする解放軍を殲滅する。国防部員によると関指揮部は数日前風雨の中、淡水河を熟知している海巡隊や新北市消防局と民間救難組織の協力を得て赤い旗を建てたゴムボートで河を渡り上陸する共産軍になり、河の上を行き来し(演習で)想定される共産軍の上陸地点を確認していた。
反斬首 總統府內首度軍演 蘋果日報
國軍漢光/淡水河反突擊 共軍登陸點變多 聯合報
反斬首 總統府首度實兵軍演 中時電子報
“国军”忧心“总统府”安危 军演模拟解放军抢攻淡水河 環球網
http://taiwan.huanqiu.com/article/2015-08/7385635.html


しかし今日国防部は新聞稿でメディアの報道の反斬首作戦を否定した。中華民国国防部の新聞稿


国防部発布新聞稿
メディアの報道「漢光演習は総統府内での反特攻、反斬首軍事訓練実施と『萬鈞計画』との共同演習だ」等の報道は絶対事実ではないとはっきりさせる
104年8月31日
メディアの報道の「漢光演習は総統府内での反特攻、反斬首軍事訓練実施と『萬鈞計画』との共同演習だ」に対して、国防部は今日(31日)丁寧に明確化させる、メディアの報道は絶対事実ではない。

今回の「漢光31号」演習は統裁が本島、外島作戦区及び訓練海、空域で、共産軍の対台湾作戦行動を真似し、防衛軍を誘導し固安作戦計画に依って演習を実施する計画を採っている。その中の応急作戦段階の演習課目は、戦力保存、重要目標防護、反特攻、反突撃作戦を含んでおり、各級部隊作戦計画の適切性並びに作戦任務の熟練度を実務的に検査することで、戦場での運営を明確化し、連合作戦全体の戦力を上昇させる。


総統への攻撃を防御する初めての演習ということは、馬英九国民党政権による、蔡英文民進党政権になれば中国との間がこういう緊張状態になるという、国民への暗示の意味も有るかもしれない。もちろん国防部はそういう訓練ではないと否定しているが。






「淡水河辺」。余天氏は民進党の立法委員(国会議員)にもなったことがある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを残す

Secret


タグリスト

プロフィール

suiyuetui

Author:suiyuetui
FC2ブログへようこそ!
ネット上でのフィルターのかかってない日本語資料になれれば幸いです。
要約と著作権の関係はここここを参考にしています。
公人の声明、演説などの著作権が発生しないものを扱う記事が自然に多くなっています。
なおこのサイトはリンクも引用も自由にどうぞ。

注意しておきたいのは中国(台湾ではない)は中国共産党の独裁国家で日本のような言論の自由もありません。日本や西側各国では自由と民主の理念のおかげで様々な意見や情報を発信したり或いは見比べて比較検討して自分で判断することはほぼ可能でしょう。それこそ日本や西側の素晴らしいところでこれからも守っていかなければなりません、このサイトもその一助になれれば幸いです。そういう判断材料を提供したいという思いから、このサイトでは一次資料を掲載する場合が多いです。しかし特に中国の公式発表等は中国共産党の党員による中国政府(中国共産党)の一方的なプロパガンダという面もあります(その他ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言なども多い)。読む方もその一方的なプロパガンダ(や、ウソ、はったり、脅し、罵詈雑言等)の混じる文だけを見るのではなく、反対意見等を(例えば尖閣問題)、普段から読んで知っている或いは知らなければ自分で探してみる等の常識を持って読む必要があるのは当然です。また中国へのリンクは貼りません。urlは書いていますが中国には巨大な監視検閲網があるのを前提で自己責任でアクセスしてください。
メディア・リテラシー Wikipedia
Cookieを使わずにユーザーを追跡する仕組みが普及しつつある スラド

最新記事

月別アーカイブ(タブ)